朝ドラ

朝ドラ『なつぞら』第24話 ネタバレ感想・考察【爺ちゃんは愚かだった?】

なつぞら

NHK朝ドラ「なつぞら」第24話が4月27日(土)に放送されました。

柴田泰樹(草刈正雄)が居ないまま舞台が始まってしまいました。果たして劇が終わるまでに間に合うのか心配です。

なつぞらネタバレ感想一覧はこちら

1話 2話 3話 4話 5話

6話 7話 8話 9話 10話

11話 12話 13話 14話

15話 16話 17話 18話

19話 20話 21話 22話

23話

朝ドラ『なつぞら』第24話 あらすじ

泰樹(草刈正雄)と天陽(吉沢亮)が会場に来ないまま、なつ(広瀬すず)たちの演劇の幕が上がる。これまでの練習の成果を発揮すべく、必死に演じるなつ。終盤を迎えたそのとき、泰樹と天陽が会場に現れた。なつの演じる姿を見ながら泰樹は、天陽の家であった出来事について思い出す。終演後、楽屋を訪れた天陽から、最初から見ていなかったことを知らされるなつ。そして、なつは泰樹に演劇の感想を尋ねると…。

引用:http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-04-27&ch=21&eid=20305&f=4681

朝ドラ『なつぞら』第24話ネタバレ

柴田泰樹(草刈正雄)が居ないまま舞台が始まります。

なつ(広瀬すず)が演じるペチカは、私が結婚をすると川下の村に行きますが、小畑雪乃助(安田顕)が演じる旅人のポロロが森の中でペチカそっくりの、以前に助けた白蛇に会い、願いを叶えると言われ、ペチカが川下の村に行かなくて良いようにとお願いしてしまいます。

白蛇はその願いを叶えますが、村人の病は解決せず、ペチカも眠りから覚めなくなってしまいました。自分だけの願いを叶えてしまったポロロは、愚かだったと自分を責めます。

その時白蛇が現れ、私もポロロが好きだったので、ペチカをポポロから遠ざけてしまいました。お詫びに、私の皮を焼いてペチカに食べさせればペチカは助かると言われました。

白蛇が居なくなった森にポポロが行くと、白い衣装を着た良子(高田望生)が出てきて、牛かと言うポポロに、白蛇だよと言い、舞台は笑いの中幕を閉じました。

楽屋に戻ったなつ(広瀬すず)達柴田泰樹(草刈正雄)は、舞台が無事に終わりホッとします。村長を務めた番長の門倉努(板橋駿谷)も、緊張で芝居の出るタイミングが合わなかったけど満足感はありました。山田天陽(吉沢亮)も楽屋に来て、途中から柴田泰樹(草刈正雄)と舞台を見れたことをなつ(広瀬すず)は知りました。

柴田富士子(松嶋菜々子)達の場所に来たなつ(広瀬すず)は、柴田泰樹(草刈正雄)と山田天陽(吉沢亮)が居たので、途中からの芝居だと分からなかったじゃないかと言いますが、柴田泰樹(草刈正雄)に見せたかったんだなと言います。

山田天陽(吉沢亮)の牛乳を飲んできた柴田泰樹(草刈正雄)は、牛乳の質の割に買い取り価格が安すぎると言って、柴田農場の牛乳も農協に出し団結すると言いました。

私が愚かだったと言う柴田泰樹(草刈正雄)に、なつ(広瀬すず)は「違うよ。絶対ないよ。爺ちゃんは私の誇りだもん。爺ちゃんみたいになりたくて生きてきたんだから!私は自分のためにやったの。夢中だった。ごめんなさい。爺ちゃんが愚かなはずない!」と泣きながら柴田泰樹(草刈正雄)に抱きつきました。

なつ(広瀬すず)は、産まれて初めて物語を表現し、人を思う気持ちを強くしたようでした・・・

朝ドラ『なつぞら』第24話 ネット上の感想

朝ドラ『なつぞら』第24話感想と考察

メーカーの検査を信用していた柴田泰樹(草刈正雄)でしたが、山田天陽(吉沢亮)の牛乳を飲んで気付いてくれて良かったと思いました。そして、他の酪農家とも団結すると言っていたので、農協との問題も解決しそうですね。

柴田泰樹(草刈正雄)は、自分の思っていたことが愚かだったんだと、劇を観て思ってしまいますが、なつ(広瀬すず)の一生懸命な言葉にきっと柴田泰樹(草刈正雄)に届いたと思います。舞台のペチカのように、溝が出来ていた皆をなつ(広瀬すず)が、守ったんだろうと思い感動的な話でしたね。

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪