朝ドラ

朝ドラ『なつぞら』第1話 ネタバレ感想・考察と第2話あらすじ【なつが頑固じいさんとご対面】

なつぞら

2019年4月1日(月)から広瀬すずさん主演のNHK朝ドラ『なつそら』が放送開始しました。今回で100作目の作品であるのと、新元号開始年度際のという記憶に残るスタートになりましたね。これからの話の展開も楽しみです。

『なつぞら』 あらすじ

1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の義父・泰樹は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介(やっかい)者と言いながらも内心、不憫(ふびん)に思っていた。子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを懸命に手伝う。なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術(すべ)をとことん叩き込む。なつも天真らんまんな子どもらしさを取り戻していく。

やがて、なつはすてきな馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカで流行(はや)っていた漫画映画の魅力を教えられ、" 絵が動く" 夢のような世界があるのかと感動する。高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。なつに旅立ちの日が近づいていた―。

『なつぞら』第1話のネタバレ

昭和30年(1955年)8月、広大な北海道日高山脈の牧場が見える丘で、キャンパスに向かい絵を描いていた奥原なつ(広瀬すず)。そこに手を振りながら学生帽を被った一人の男性が現れます。かつて奥原なつ(広瀬すず)は、その男性、佐々岡信哉(工藤阿須賀)に助けられていたのです。

 

アニメーションで回想が始まります。

 

昭和20年3月東京大空襲の日、家族と逃げていた途中で奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)は、家族を見失ってしまいます。一人で避難所の学校に着いたときは、あちこちで火の手が上がり焼夷弾が降っていました。

 

その時誰かが奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)の手を引いて、一緒にプールに飛び込み生き延びれたのです。

 

昭和21(1946)年5月戦争が終わった翌年の初夏に、9歳の奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)と柴田剛男(藤木直人)が柴田牧場に向かいます。柴田剛男(藤木直人)はこの牧場の婿養子でした。

 

柴田牧場に着くと、柴田富士子(松嶋奈々子)と、3人の子ども達と、柴田奏樹(草刈正雄)が出迎え、奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)が居ることに不思議そうに見られました。

 

奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)は柴田剛男(藤木直人)の戦友の子で、戦地で死んだときは、生き残った方が、日本の家族に遺書を渡す約束をしていて、奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)の家を探したが見つからなくて、事情があって奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)だけ引き取ってきたと、柴田富士子(松嶋奈々子)や柴田奏樹(草刈正雄)に説明します。

 

柴田家のお風呂に入りながら、奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)は佐々岡信哉(工藤阿須賀)と空襲から助かった時に、兄の奥原咲太郎と妹の奥原千遥に再開しその時に、母親が死んだことを教えられて悲しかった事を思い出して泣いていました。

 

引き取って生活することに納得した柴田富士子(松嶋奈々子)に対して柴田奏樹(草刈正雄)は、牛や馬みたいに役に立たないのを増やしてどうすると言われてしまいます。

 

浴衣に着替えさせてもらった奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)は柴田富士子(松嶋奈々子)に抱きついて泣いてしまいます。

『なつぞら』第1話のネット上の感想

 

『なつぞら』第1話の感想・考察

NHKの朝ドラには、演出に鉄板のパターンがあると、以前テレビで聞いたことがあり、水に落ちる場面と、高いところに登っている事、のぞき見をしているというのがあるそうです。今回の『なつぞら』では、回想シーンから、水落ちに、のぞき見は柴田家の人の話を聞くなつが居て、1話から全て出てしまうのかと、ドキドキしながら、あっという間の15分間でした。高いところに登っているのは、これからの演出なのか、最初の十勝の高台の風景がそれに当たるかは、どうなんでしょうか?

 

今週中は、まだ子ども時代と一緒に話が進んでいくと思うので、楽しみですね。奥原なつさんのモデルになった人が、奥山玲子さんではないかという情報もあって、アニメーションをされていた方なので、所々にアニメーションになるのも、新鮮でした。オープニングもアニメーションだったし。

『なつぞら』第2話あらすじ

戦争で両親を失った9歳のなつ(粟野咲莉)は、剛男(藤木直人)に引き取られ北海道・十勝にやってきた。剛男の説得で妻の富士子(松嶋菜々子)は、なつを受け入れることを決意するが、娘の夕見子(荒川梨杏)は、両親が優しく接する自分と同い年のなつの存在が気に入らない。そんな中、なつは柴田家の牧場で働かせてほしいと願い出る。富士子の父で、北海道の開拓者である泰樹(草刈正雄)は、なつの発言に意外な反応を見せる。

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪