朝ドラ

朝ドラ『なつぞら』第5話 ネタバレ感想・考察【同級生にからかわれるなつ】

なつぞら

NHK朝ドラ「なつぞら」第4話が4月5日(金)に放送されました。

 

やっと柴田奏樹(草刈正雄)に仕事ぶりを認めてもらえた奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)に安心しました。娘の夕見子(子ども時代・荒川梨杏)も理解してくれたみたいなので、仲良くやってくれればと思ってしまいますね。

なつぞら感想一覧はこちら

1話 2話 3話 4話

 

朝ドラ『なつぞら』第5話 あらすじ

帯広から柴田牧場に帰ってきたなつ(粟野咲莉)は泰樹(草刈正雄)の許しを得て学校に通うことになった。登校初日の休み時間、転校生に興味津々の同級生たちに囲まれると、東京で浮浪児だったことをからかわれてしまう。そのとき、教室でひとり絵を描いていた山田天陽(荒井雄斗)がなつをかばう。放課後、お礼を言おうと天陽に近づいたなつは、まるで生きているかのように躍動する、ノートに描かれた馬の絵に目を奪われる。

引用:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-04-05&ch=21&eid=01694&f=4681

朝ドラ『なつぞら』第5話のネタバレ

柴田奏樹(草刈正雄)と奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)が帰ってきた日の夜、夕見子(子ども時代・荒川梨杏)が、自分の服を奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)にあげました。

 

朝奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)が牧場に行くと、柴田奏樹(草刈正雄)が「おはよう、なつ。」と言い従業員も柴田剛男(藤木直人)も驚きます。

 

今日から奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)も一緒に夕見子(子ども時代・荒川梨杏)の通っている学校に行くことになりました。無理に働かなくてもいいよと言う夕見子(子ども時代・荒川梨杏)に、楽しいよと奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)は言いますが、牛乳が嫌いな夕見子(子ども時代・荒川梨杏)は嫌だと言います。

 

学校で奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)は、夕見子(子ども時代・荒川梨杏)と同じクラスになり、席も隣になりました。休憩時間に、クラスの子から家が焼けて東京から疎開してきたのかと聞かれ奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)は、違うと言います。同じクラスの男の子で東京から開拓にきた子もいました。奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)が孤児院の前は浮浪児をしていたと言うと、クラスの子はばい菌とか持っていると言い怖がります。

 

東京から開拓で来ていた男の子が、病気なら北海道に来る前に死んでいると言って奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)を助けてくれます。その子は、ノートに大好きだった馬の絵を上手に書いていて、奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)はビックリします。

 

学校から帰ると、郵便屋さんが来ていましたが、奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)の兄からの手紙は無く、奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)は、郵便配達の山田正治(戸次重幸)に出し方を聞きます。手紙を自分で書こうと思った奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)は、柴田富士子(松嶋菜々子)に手紙を出すためのお金を貸して欲しいと言います。

 

そのお願いに柴田富士子(松嶋菜々子)は、東京にいるお兄さんも親戚のところにいる妹も、なっちゃんの大切な家族なんだから、気持ちを隠すことはないと言い、いくらでも手紙を書いていいと言われます。久しぶりに、父が書いてくれた手紙を見て、本当の家族を思い出し寂しそうな奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)でした。

朝ドラ『なつぞら』第5話のネット上の感想

『なつぞら』第5話の感想・考察

夕見子(子ども時代・荒川梨杏)とも仲良くやってくれそうな感じで良かったし、学校も通えるようになってほっとしました。

 

柴田富士子(松嶋菜々子)が何気に言った手紙書いてみればが、奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)がやっと、手紙の書くお金を貸して欲しいと自分の気持ちを言えるようにしてくれて本当に良かったし、奥原なつ(子ども時代・栗野咲莉)が優しい人たちに出会えてよかったと思いました。

 

ただお兄ちゃんから手紙が来ないのが心配ですね・・・

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪