2019年夏ドラマ

ドラマ『あなたの番です』考察【内山達生は実行犯だが主犯ではない】

ドラマ『あなたの番です』考察【内山達生は実行犯だが主犯ではない】

8月11日のオンエアで、神谷刑事と児島佳代の死因が明らかになりました。

また、手塚翔太と二階堂忍が怪しい人物としてたどり着いた男は、別の角度から水城刑事も怪しい人物としてマークした直後でした。

しかも、その男のアパートに急行した手塚翔太、二階堂忍、水城刑事の3人の前で絶命してしまったのです。果たして、この怪しい男はキウンクエ蔵前で起きている一連の事件の犯人なのでしょうか?

これまでの本編とhuluのみで配信されている『扉の向こう』の内容を合わせ、新たに考察記事を書きます。

ちなみに、これまでに書いた考察記事はこちらからお読みいただけます。

あなたの番です
ドラマ『あなたの番です』考察【手塚菜奈を殺したのは黒島沙和だった?!】日本テレビ系列で毎週日曜夜10;30から放映中の『あなたの番です』。 最近では珍しい、2クール連続放映のドラマで、謎が謎を呼ぶ展開に目...
あなたの番です
ドラマ『あなたの番です』考察【そもそも連続交換殺人なのか?!】2019年6月30日から、ドラマ『あなたの番です』の反撃編が始まりました。 早速、前クールで起きた殺人事件の犯人が1人確定しました。こ...
ドラマ『あなたの番です』考察【ゲームメーカーは床嶋ではないか?】
ドラマ『あなたの番です』考察【ゲームメーカーは床嶋ではないか?】2019年6月30日スタートの反撃編から、様々な事実が明らかになり始めたキウンクエ蔵前の一連の事件。 ミャンマー料理店店長・タナカマサ...
ドラマ『あなたの番です』考察【神谷刑事はなぜ殺されたのか】
ドラマ『あなたの番です』考察【神谷刑事はなぜ殺されたのか】8月4日のオンエアで、右足だけしか発見されていなかった児島佳世(片岡礼子)の遺体が、佐野豪(安藤政信)が勤務する食肉加工工場に、枝肉と一...

日テレドラマ ドラマ『あなたの番です』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。スピンオフ・Huluオリジナルストーリー『扉の向こう』も配信中です。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

やはり浮田の書いた紙を引いたのは黒島紗和

意識を取り戻し、警察の保護(監視)つきでキウンクエ蔵前に戻った久住譲(袴田吉彦)。

転落によるショックで記憶が混乱し、自分をデビュー直後の袴田吉彦だと思いこんでいるように装っていましたが、あっさり藤井淳史(片桐仁)に見破られました。

その後、藤井淳史(片桐仁)がタナカマサオを殺した時のアリバイ偽装をし、警察をごまかしたことを聞かされた久住譲(袴田吉彦)。

しかし手塚翔太(田中圭)に、浮田啓輔(田中要次)が殺される直前、それまで親しくなかったのによく話をしていたのはなぜか問い詰められた久住譲(袴田吉彦)は、浮田啓輔(田中要次)に聞かされたことを、手塚翔太(田中圭)に打ち明けようかと考えます。

しかし、それを藤井淳史(片桐仁)と桜木るり(筧美和子)に止められてしまいました。

久住譲(袴田吉彦)が浮田啓輔(田中要次)に打ち明けられたのは、交換殺人ゲームで自分が書いた紙に細工をし、誰が自分が書いた紙を引いたかわかるようにしたということ。

字を小さく書くことで、ぱっと見ただけでは何と書いてあるかわかりにくくしていたのです。

この方法は、前回の考察記事で可能性を上げた方法でした。

ドラマ『あなたの番です』考察【神谷刑事はなぜ殺されたのか】
ドラマ『あなたの番です』考察【神谷刑事はなぜ殺されたのか】8月4日のオンエアで、右足だけしか発見されていなかった児島佳世(片岡礼子)の遺体が、佐野豪(安藤政信)が勤務する食肉加工工場に、枝肉と一...

第1話の交換殺人ゲームの引いた紙を見たときに、一瞬目を大きく見開いた黒島紗和(西野七瀬)が、やはり浮田啓輔(田中要次)の書いた紙を引いた人物で間違いないでしょう。

ということは、久住譲(袴田吉彦)に「これから気になっているやつと対決する」とエレベータに乗り込んだ浮田啓輔(田中要次)は、隣人である202号室の黒島紗和(西野七瀬)を直撃したということです。

浮田啓輔(田中要次)は黒幕にとって都合の悪い事実にたどり着き、口封じで殺されたのです。

石崎洋子が嘘をつくその理由

以前から気になっていた、「石崎洋子」と書かれた紙に石崎本人の指紋が検出されていない理由について考えてみます。

石崎洋子(三倉佳奈)本人が書いたのであれば、当然本人の指紋が検出されるはずですよね。

しかし、手塚翔太(田中圭)が木下あかね(山田真歩)がゴミ袋から回収して保管していた「石崎洋子」と書かれた紙を警察に指紋鑑定してもらったところ、木下以外の指紋は住人5名と旧管理人・床島比呂志(竹中直人)のものでした。

手塚翔太(田中圭)は「木下さん以外6名」と言っていました。石崎洋子(三倉佳奈)の指紋が出ていれば、「書いた石崎さんと木下さん以外6名」と言うのではないでしょうか?

石崎洋子(三倉佳奈)が独身時代に美容師をしていたとしたら、お客様の髪を1日に何度もシャンプーするために指紋が削れ、検出されないという可能性もありえます。

しかし、『扉の向こう』で学生時代から細かに人生設計をするノートをつけている描写はありましたが、独身時代に美容師ではなかったようですから、専業主婦の指紋が削れるということは考えにくい。

重度の主婦湿疹(食器用洗剤によるひどい手荒れ)で指の皮膚がつるつるになっている可能性もありますが・・・。

また、『扉の向こう』の夢ノートで石崎洋子(三倉佳奈)は、120歳まで生きるという計画を立てていました。

そのような人物が、遊びとはいえ自分の名前を「殺したい人物」として書くのは考えにくい。万一、本気にされて殺されたら人生計画が破綻しますから。

つまり、交換殺人ゲームで「石崎洋子」という名を書いたのは石崎洋子(三倉佳奈)ではない別人で、指紋が検出された6名のうちのいずれか、ということになります。

検出された指紋の主は、北川澄香(真飛聖)、久住譲(袴田吉彦)、床島比呂志(竹中直人)、田宮淳一郎(生瀬勝久)、藤井淳史(片桐仁)、尾野幹葉(奈緒)の6名。

この6名のうち、紙に誰の名前を書いたかが判明していないのは、8月11日のオンエア時点で床島比呂志(竹中直人)と尾野幹葉(奈緒)の2名ですね。

書いたのがこの2名のいずれかだとして、なぜ石崎洋子(三倉佳奈)は自分の名前が交換殺人ゲームで書かれたことを知っているのでしょう?

おそらく、書いた本人が石崎洋子(三倉佳奈)に「ゲームであなたの名前を書いた」と告げたからだと考えられます。

両名とも不躾で非常識な言動をとる傾向がある人物ですから、現時点ではどちらだと断定することはできませんが、尾野幹葉(奈緒)が「わたし、石崎さんの名前、書いちゃいました〜」と言っていたら、めちゃくちゃ怖いですよね・・・。

ただのゲームだと思っていたのに、管理人・床島比呂志(竹中直人)の転落死を皮切りに、次々と不審な事件が起き始め、自分も自分の名前を引いた誰かに殺されるのでは?と石崎洋子(三倉佳奈)怯えているのではないでしょうか。

誰が自分の名前が書かれた紙を引いたかわからないから、住人の誰も信用できず、交換殺人ゲームについて自分が知っていることを打ち明けないのです。

だから、紙に自分の名前を書いたと言ったことも、引いた紙に「吉村とだけ書かれていた」と言ったことも、おそらく身を護るためについた嘘だったのでしょう。

北川澄香(真飛聖)の引っ越しを妨害したり、児嶋俊明(坪倉由幸)を犯人だと決めつけたり、新たに引っ越してきた住人の入居に反対したりするのも、殺されるかもしれないという恐怖からでた行動なのでしょうね。

改めて考察した「誰が誰の紙を引いたのか」?

石崎洋子(三倉佳奈)について考察したことを加え、改めて誰が誰の紙を引いたのかを考察したものを一覧表にまとめました。

イタリックの赤字が嘘をついている可能性があるもの、イタリックの青字が私が仮定したものです。

これからの本編オンエアでまた修正が入ると思いますが、8月11日現在の考察では下記のようになりました。

ゲーム参加 部屋番号 オープニング赤丸 住人名 書いた名前 引いた名前
101   久住譲 袴田吉彦 細川朝男
× 102   小嶋佳代・俊明 × ×
103 田宮淳一郎・君子 こうのたかふみ 管理人さん(ゴミの分別ができない人)
104   石崎洋子・健二 白紙 (石崎洋子) 「302号室の人」(吉村)
201   浮田啓輔、妹尾あいり、柿沼遼 赤池美里 赤池幸子
202 黒島沙和 「波止陽樹」(早川教授) 赤池美里(織田信長)
203   シンイー、クオン、イクバル タナカマサオ 袴田吉彦
× 204   西村淳 × ×
301   尾野幹葉 石崎洋子 波止陽樹
302 手塚菜奈・翔太 細川朝男 こうのたかふみ
× 303   空室 × ×
304   北川澄香・そら 小嶋佳代 白紙
× 304   二階堂忍 × ×
× 401   木下あかね × ×
402 榎本早苗・正志・総一 管理人さん 山際佑太郎
403   藤井淳史 山際佑太郎 タナカマサオ
× 404   江藤祐樹 × ×
× 501 佐野豪 × ×
502   赤池美里、吾郎、幸子 赤池幸子 小嶋佳代
× 502   南雅和 × ×
旧管理人 床島比呂志 302号室の人 石崎洋子
× 新管理人   蓬田蓮太郎 × ×

石崎洋子(三倉佳奈)が自分の名前を書いたのが嘘だと考えられることから、考え直してみました。

もし、歴史上の人物「織田信長」を書いていれば、嘘をつかずにそう答えたでしょうから、北川澄香(真飛聖)が引いた白紙を石崎洋子(三倉佳奈)の紙としました。

また、交換殺人ゲームで黒島紗和(西野七瀬)が紙に書いたのは、DV彼氏だったのではないかと考えてきたのですが、8月11日のオンエアで名前が判明しましたので、その名前「波止陽樹」を入れてあります。

また、浮田啓輔(田中要次)が紙に小さな字で書いたことが8月11日のオンエアで明らかになったことから、浮田啓輔(田中要次)の紙を引いたのは一瞬目を大きく見開いた黒島紗和(西野七瀬)で固定しました。

黒島紗和(西野七瀬)と尾野幹葉(奈緒)が誰の名前を書き、誰の名前を引いたのかがオンエアで明らかにされた時に、事件の全容が明らかになるのでしょうね。

西村が交換殺人ゲームについて知ったのはいつか?

臨時の住民会がしょっちゅう開催されるのに、呼ばれないことに不審を抱いた木下あかね(山田真歩)、江藤佑樹(小池亮介)、西村淳(和田聰宏)が、手塚翔太(田中圭)についていき、榎本早苗(木村多江)に詰め寄るシーンがありましたね。

その場で、手塚翔太に「交換殺人ゲームの話はしないで」と言われていたのに、木下あかね(山田真歩)が話題に上げ、江藤祐樹(小池亮介)と西村淳(和田聰宏)が「ええっ!?」とギョッとしていました。

しかし、キウンクエ蔵前への帰リ道の途上、江藤祐樹(小池亮介)は交換殺人ゲームのことを全く知らない様子でしたが、西村淳(和田聰宏)は何かを考えている様子でした。

その様子から、木下あかね(山田真歩)は榎本早苗(木村多江)に詰め寄る以前から、西村淳(和田聰宏)が交換殺人ゲームのことを知っていたのではないか、と疑いを強めます。

その情報を手塚翔太(田中圭)に渡す代わりに、501の住民・佐野豪(安藤政信)がゴミとして出した血まみれのタオルの写真を返してくれ、と迫りました。

必ず、あなたにとっても有益な情報を手に入れてみせますから、と言って。

木下あかね(山田真歩)は現時点では、事件の有力な容疑者として佐野豪(安藤政信)をマークしているようですが、それ以上に気になるのが西村淳(和田聰宏)です。

木下あかね(山田真歩)が考えるように、西村淳(和田聰宏)が交換殺人ゲームについてゲームに参加していない他の住民より先に知っていたのだとしたら、その情報はいつ、誰からもたらされたのでしょう?

おそらく、西村淳(和田聰宏)にその情報をもたらしたのは、床島比呂志(竹中直人)でしょう。

西村淳(和田聰宏)の証言によれば、床島比呂志(竹中直人)とは麻雀マットを貸し借りするような間柄で、しかも床島比呂志(竹中直人)はタバコで穴を開けてしまったからと、新品を買って返しています。

新品の麻雀マットは、新管理人の蓬田蓮太郎(前原滉)から手渡されることになったのですが。

西村淳(和田聰宏)と床島比呂志(竹中直人)はモノの貸し借りをする、プライベートでの交流があったのです。

住民会で交換殺人ゲームをやったとは言わないまでも、「ものすごく不愉快なゲームをやったんだよ、あんたがいなかったときに」と床島比呂志(竹中直人)に聞かされたのでしょう。

手塚翔太(田中圭)が鍵を持って管理人室に行った時、床島比呂志(竹中直人)はいませんでしたが、代わりに西村淳(和田聰宏)鍵を鳴らして出ていった後でしたから、手塚翔太(田中圭)が行く前に2人は管理人室であって話していたのだと思います。

詳しい内容までは知らなくとも、住民会で何か不愉快なゲームをやったのは知っていた西村淳(和田聰宏)は、榎本早苗(木村多江)に詰め寄った帰り道、「あのことか」と思い至ったのです。

もし、床島比呂志(竹中直人)が交換殺人ゲームのゲームメーカーだったとしたら、協力者になっている可能性はありそうですね。

桜木るりは何者なのか

現在、藤井淳史(片桐仁)の部屋には、半同棲状態なのか桜木るり(筧美和子)がいます。

イクバル宅の不法滞在者が指名手配された際に「こんなかわいい顔をしているのに」と手配書を見た刑事さんたちが話していましたが、不法滞在者2名のことを話していたとは思えません。

もしかしたら、桜木るり(筧美和子)、すでに袴田吉彦殺しの容疑者として指名手配され、藤井淳史(片桐仁)の部屋に転がり込んでいるのでしょうか?

桜木るり(筧美和子)は藤井淳史(片桐仁)の勤務する病院の看護師ですが、タナカマサオを爆殺した際の藤井淳史(片桐仁)のアリバイを捏造しています。

また、タナカマサオの名前を書いたシンイー(金澤美穂)が袴田吉彦の殺害をなかなか実行できず、悩んでいるのを見かねたイクバル宅の不法滞在者が、部屋に住まわせてもらっているお礼で袴田吉彦をロケ現場で襲撃することに。

桜木るり(筧美和子)は、その途中でイクバル宅の不法滞在者に合流、彼らと袴田吉彦を撲殺しました。

さらに、菜奈(原田知世)を殺され、一連の事件を探る手塚翔太(田中圭)を見張る目的でなのか、手塚翔太(田中圭)のジムに彼を指名して入会してきたのです。

しかも、手塚菜奈(原田知世)は殺害された時にスマホを持ち去られていますが、通話記録から最後の通話が藤井淳史(片桐仁)の勤務する病院のナースステーションだったことが判明しています。

桜木るり(筧美和子)は一体何者なのでしょう?

藤井淳史(片桐仁)をすっかり尻の下に敷き、久住譲(袴田吉彦)も桜木るり(筧美和子)の言いなりになっていましたよね。

浮田啓輔(田中要次)から聞かされた「赤池美里」と書いた紙を引いたのが誰かを住民会で明らかにし、自分たちが犯した罪もそいつにかぶってもらえばいい、と言っていました。

恐ろしい看護師さんですね。

桜木るり(筧美和子)が藤井淳史(片桐仁)を助け、袴田吉彦殺しに加わった理由は何だったのか?

現段階ではまだ推論を立てる材料が揃っていませんが、桜木るり(筧美和子)はもしかしたら、キウンクエ蔵前の交換殺人ゲームのゲームメーカー協力者なのかもしれません。

何者なのかについては、今後のオンエアを見つつ、考察を続けていきたいと思います。

内山達生は実行犯だが主犯ではない

手塚翔太(田中圭)、二階堂忍(横浜流星)がたどり着いた、怪しい人物の内山達生(大山田悠平)は、黒島紗和(西野七瀬)の言葉によれば、彼女の高校時代からのストーカーでした。

手塚翔太(田中圭)と二階堂忍(横浜流星)は、内山達生(大山田悠平)のアパートに乗り込もうと、水城洋司(皆川猿時)刑事に連絡し、同行を依頼します。

折しも、行方をくらましていた佐野豪(安藤政信)の身柄を食肉加工工場で押さえようとしていた水城洋司(皆川猿時)刑事は、1日だけバイトした怪しいやつがいた聞き、その男の履歴書を確認している最中。

水城洋司(皆川猿時)刑事が確認していた履歴書の男は、手塚翔太(田中圭)と二階堂忍(横浜流星)がアパートに乗り込もうとしている内山達生(大山田悠平)!

急遽、内山達生(大山田悠平)のアパートに急行し、手塚翔太(田中圭)と二階堂忍(横浜流星)と合流して踏み込みますが、ドアを開けた途端にダーツが発射され、内山達生(大山田悠平)の胸に命中。

ダーツに毒が塗ってあったのか、内山達生(大山田悠平)は絶命しました。

はたして、内山達生(大山田悠平)は、一連の事件の犯人なのでしょうか?

① 児嶋佳代(片岡礼子)の遺体が発見された食肉加工工場で1日だけバイトしていた

② 児嶋佳代(片岡礼子)の右足が入ったゴルフバッグを送る手配をした20代の男と背格好が一致する

③ 神谷将人(浅香航大)刑事が殺された公園で採取された下足痕の大きさが、浮田啓輔(田中要次)の絞殺現場に残された下足痕と同じ大きさ

④ 国際理工大学の医療工学科に在学中で一般人より医薬品の知識などがある

⑤ 手塚菜奈(原田知世)のパソコンに残された不気味な動画のダーツの絵と同じものが、内山達生(大山田悠平)のパソコンにも表示されていた

これらの事実から考えると、内山達生(大山田悠平)は一連の事件の実行犯の可能性が高いと思います。足のサイズ26.5センチも、男性の平均的なサイズでしょうから、170センチ前後の身長の男性の足のサイズと考えて矛盾はありません。

また、神谷将人(浅香航大)刑事の胸ポケットに赤池夫妻殺しの凶器であるナイフが入れられていたことから、赤池夫妻殺しにも関与した可能性はあります。

しかし、内山達生(大山田悠平)には赤池夫妻を初めとするキウンクエ蔵前の住民と神谷将人(浅香航大)刑事殺す動機がありません。

これら一連の事件の動機として考えられるのは、犯人(主犯)にとって都合の悪い事実を知ってしまったからでしょう。

私は黒島紗和(西野七瀬)を以前から疑っていますので・・・。

高校時代から、黒島紗和(西野七瀬)を信奉してなんでも言うことを聞く状態だった内山達生(大山田悠平)が、殺害を命令されて実行したのではないかと思います。

キウンクエ蔵前で暗躍する2つの殺人グループ

現在、キウンクエ蔵前では2つの殺人実行集団による事件が起きています。

1つは、住民会で行った交換殺人ゲームによる殺人。

管理人・床嶋比呂志(竹中直人)の転落死をきっかけにしておこった、榎本早苗(木村多江)、藤井淳史(片桐仁)、桜木るり(筧美和子)、イクバル宅不法滞在者、久住譲(袴田吉彦)による殺人です。

こちらは、交換殺人ゲームを操るゲームメーカーがいて、住民たちが恐怖で操られたのだと思います。

もう1つが、被害者が口角をあげられている不気味な事件。

赤池美里(峯村リエ)、赤池吾郎(徳井優)、浮田啓輔(田中要次)、児嶋佳代(片岡礼子)、手塚菜奈(原田知世)、神谷将人(浅香航大)刑事が殺された事件です。

浮田啓輔(田中要次)と神谷将人(浅香航大)刑事が事件の犯人に気が付き、殺されたと考えられることから、これらの一連の事件は、犯人にとって不都合な事実を知った口封じの可能性があります。

しかし、こうのたかふみの事件はどちらなのか判然としません。

二階堂忍(横浜流星)の言葉を借りれば、「ゲームのルールに則れば、次の実行者は菜奈さんのはず」なのですが、手塚菜奈(原田知世)は目撃者となっています。

生真面目な田宮淳一郎(生瀬勝久)が「人にやらせるよりは自分が」と実行したのかと思いましたが、彼は現在、正体不明の脅迫者に怯えていますから、こうのたかふみを手にかけてはいないでしょう。

こうのたかふみの事件については、もう少し材料が出てくるのを待ちましょう。

ドラマ『あなたの番です』全話ネタバレ記事

ドラマ『あなたの番です』の全話ネタバレ記事です。

ドラマ『あなたの番です』1話 ネタバレ感想・考察と2話あらすじ【衝撃のラストに騒然】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode1

 

ドラマ『あなたの番です』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【黒島沙和(西野七瀬)の傷はDVによるものか?】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode2

 

ドラマ『あなたの番です』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話あらすじ【恐怖の中に光る手塚翔太(田中圭)のかわいさが話題】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode3

 

ドラマ『あなたの番です』第4話 ネタバレ感想・考察と第5話あらすじ【手塚菜奈(原田知世)と細川朝男(野間口徹)は夫婦だった】⇒https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode4

 

ドラマ『あなたの番です』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話あらすじ【現実のスキャンダルをいじられる袴田吉彦】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode5

 

ドラマ『あなたの番です』第6話 ネタバレ感想・考察と第7話あらすじ【児嶋佳世(片岡礼子)を殺したのは黒島沙和(西野七瀬)?】⇒https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode6

 

ドラマ『あなたの番です』第7話 ネタバレ感想・考察と第8話あらすじ【袴田吉彦の2度目の死にショック】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode7

 

ドラマ『あなたの番です』第8話 ネタバレ感想・考察と第9話あらすじ【尾野幹葉(奈緒)の怖すぎる演技が話題】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode8

 

ドラマ『あなたの番です』第9話 ネタバレ感想・考察と第10話あらすじ【402号室の秘密が明らかに】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode9

 

ドラマ『あなたの番です』第10話 ネタバレ感想・考察と特別編あらすじ【菜奈(原田知世)の死!まさかの展開に衝撃】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode10

 

ドラマ『あなたの番です』特別編 ネタバレ感想・考察と第11話あらすじ【菜奈(原田知世)を殺した犯人は誰?】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-special-edition

 

ドラマ『あなたの番です』第11話 ネタバレ感想・考察と第12話あらすじ【木下あかね(山田真歩)の部屋に突入!黒幕の正体が発覚?!】⇒https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode11

 

ドラマ『あなたの番です』第12話 ネタバレ感想・考察と第13話あらすじ【黒島沙和(西野七瀬)は双子なのか?】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode12

 

ドラマ『あなたの番です』第13話 ネタバレ感想・考察と第14話あらすじ【久住(袴田吉彦)覚醒!そして袴田吉彦殺害の3人目の犯人は桜木るり(筧美和子)だった!!】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode13

 

ドラマ『あなたの番です』第14話 ネタバレ感想・考察と第15話あらすじ【総一(荒木飛羽)の実験に戦慄はしる】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode14

 

ドラマ『あなたの番です』第15話 ネタバレ感想・考察と第16話あらすじ【今までで1番怖いシーン!?児嶋佳世(片岡礼子)発見される】⇒https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode15

 

ドラマ『あなたの番です』第16話 ネタバレ感想・考察と第17話あらすじ【内山達生(大内田悠平)がブル!?】
https://dramania1.com/anata-no-bandesu-episode16

まとめ

浮田啓輔(田中要次)が書いた紙を引いたのは、黒島紗和(西野七瀬)です。

また、「石崎洋子」と書かれた紙に本人の指紋がなかったのは、書いたのが別人で、石崎洋子(三倉佳奈)は、書いた人物に「あなたの名前を書いた」と言われたのでしょう。

誰が誰の名前を書き、引いたかを考察し直した際、北川澄香(真飛聖)が引いた白紙は石崎洋子(三倉佳奈)のものだったと考えられます。

西村淳(和田聰宏)は、床島比呂志(竹中直人)から住民会で不愉快なゲームをしたことを聞かされ、後日それが交換殺人ゲームだったと知ったのでしょう。

現在、キウンクエ蔵前では2種類の殺人実行集団が暗躍しています。

次回のオンエアで、桜木るり(筧美和子)にそそのかされた久住譲(袴田吉彦)が、浮田啓輔(田中要次)が書いた紙を引いたのが誰で、対決した翌日に殺されたことを住民会で暴露するかもしれません。

久住譲(袴田吉彦)の暴露によって、事件が大きく動くかもしれませんね。

また、どこかに大きな穴を掘っていた佐野豪(安藤政信)も、あちこち傷だらけでキウンクエ蔵前に帰って来ましたが、一体何をやってきたのでしょう?

まさか、一緒に穴を掘っていた食肉加工工場の従業員を・・・?!

『あなたの番です』も残すところあと6回でしょうか。

謎が謎を呼ぶこのドラマの謎解きを、最後まで楽しみましょう!

ABOUT ME
ナツメ
ナツメ
亡くなった身内が、某都道府県警の捜査1課長だったシャーロキアンです