2019年春ドラマ

ドラマ『あなたの番です』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話あらすじ【現実のスキャンダルをいじられる袴田吉彦】

あなたの番です

2019年5月12日(日)に放送されたドラマ『あなたの番です』第5話はもうご覧になりましたか?

第4話では502号室のバースデーケーキを囲んだ赤池美里・五朗夫妻が殺害されており、ケーキのプレートに“赤池美里”と書かれている現場に菜奈たちが遭遇するというショッキングな終わり方をしていました。美里の名前を書いたのは交換殺人ゲームがあった住民会に参加していなかった幸子なのでしょうか?美里たちを殺害したのは“あなたの番です”と脅迫されていたシンイーなのでしょうか?そして第5話では誰が狙われてしまうのでしょうか。

ちなみに、ドラマ『あなたの番です』第4話ネタバレはこちらからご覧になれます。

あなたの番です
ドラマ『あなたの番です』第4話 ネタバレ感想・考察と第5話あらすじ【手塚菜奈(原田知世)と細川朝男(野間口徹)は夫婦だった】2019年5月5日(日)に放送されたドラマ『あなたの番です』第4話はもうご覧になりましたか? 第3話ではシンイーが働いているブータン料...
日テレドラマ

ドラマ『あなたの番です』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

本ページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『あなたの番です』第5話・あらすじ

502号室でバースデーケーキを囲んで殺されている赤池美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)を見つけた菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)たち。ケーキの上には “赤池美里”と書かれたプレートがのっていた…。

マンション周辺で続く死に不安を感じて「引っ越そうか」と言う翔太に対し、「引っ越しは最後の手段にとっておこう」と答える菜奈。彼女は、マンション周辺の死と交換殺人ゲームとの関連を探り始める。

臨時の住民会が開かれ、菜奈は交換殺人ゲームのことを警察に話すべきだと提案する。しかし、住民たちは自分も容疑者になることを恐れ、子どもがいじめられる可能性や資産価値の下落を理由に菜奈の意見に反対する。住民会の後、菜奈は、ある人物から“赤池美里”の名前を書いたと告白される。
翔太は、交換殺人ゲームのことを黙っていた菜奈の苦悩を想像し、どうしたら彼女を助けてあげられるかと考えていた。

そんな中、菜奈は、翔太が交換殺人ゲームのことを知っていたと分かり、ショックを受ける。隠し事をしていた菜奈と、それを知りながら黙っていた翔太。さらに、菜奈がこっそり朝男(野間口徹)と会っているところを目撃する翔太。菜奈と翔太の関係に、ついに亀裂が――!?さらに、新たな犠牲者が…!!

引用:公式サイトより

ドラマ『あなたの番です』第5話・ネタバレ

502号室で赤池美里(峯村リエ)と五朗(徳井優)が殺害され、現場を見てしまった翔太(田中圭)は菜奈(原田知世)に引っ越しを提案しました。はじめは同意した菜奈でしたが、自分が書いた名前の人物がこの後どうなってしまうのか、引っ越してしまうと何も探れないと思った菜奈は「引っ越しは最後の手段に取っておこう」と提案しました。

警察がマンションに捜査に入り、502号室に指紋があって殺害時刻にアリバイがないのは妹尾あいり(大友花恋)だということがわかりました。刑事の神谷(浅香航大)はマンションの住人でもある榎本正志(阪田マサノブ)に「出世を妨害されると困る」と遠回しにプレッシャーをかけられたことを水城(皆川猿時)にこっそり話しました。

臨時の住民会が開かれ、菜奈はゲームのことを警察に言うべきではないかと話しました。しかし「殺人教唆の疑いをかけられるかもしれない」「週刊誌に嗅ぎつけられておもしろおかしく記事にされたらたとえ無実でも犯人扱いされる」など意見が出るだけで話はまとまりませんでした。そんななか尾野幹葉(奈緒)は菜奈に挑発的な態度をとり、翔太との距離が近いと感じていた菜奈は少し不快に感じたようです。

住民会に参加していなかった木下あかね(山田真歩)はポストの中を覗き見ていました。あかねは住人が捨てたゴミの中も確認しており、佐野豪(安藤政信)が捨てたゴミの中に血で汚れたタオルを見つけていました。

住民会が終わり、菜奈たちが部屋に戻ろうとすると102号室から大声が聞こえてきました。様子を見に行くと、北川澄香(真飛聖)が児嶋佳世(片岡礼子)からそら(田中レイ)を引き離そうとしていました。「遊んでくれているだけだ」となだめるあいり達でしたが、澄香は佳世だけはおかしいと怒ります。そらを別の名前で呼んだり、服を着せ替えたり髪型を変えさせたり、誰かの代わりにしていると言うのです。

住民会からなかなか戻ってこない菜奈を心配して翔太が様子を見に行くと会議室には誰もいませんでした。しかしホワイトボードに“殺人マンション!?”という消された文字の跡を見つけ、翔太は心配になって菜奈を探しに出かけました。

その頃、菜奈は黒島沙和(西野七瀬)・榎本早苗(木村多江)と一緒に浮田啓輔(田中要次)の車に乗っていました。そして浮田から「ゲームで赤池美里の名前を書いた」と告白されていました。美里は以前、幸子(大方斐紗子)から罵倒されていた様子を見ていたあいりから声をかけられた時に同じようにあいりを罵倒し、ケンカを止めに入った浮田のことを無視し続けていたようです。浮田はまさか本当に殺されるとは思わずメモに名前を書いたのです。そして菜奈たちは浮田から「警察には相談せずに探ってほしい」と頼まれました。

早苗にランチに誘われた菜奈は翔太も誘い、出かけることにしました。遅れてきた翔太は木下あかね・江藤祐樹(小池亮介)・西村淳(和田聰宏)を連れていました。あかね達は住民会に参加させてもらえないのはなぜか尋ね、ゲームの存在を知っていることを伝えました。

菜奈は翔太がゲームのことを知っていて驚きました。その夜、お互い隠し事をしていた2人は仲直りしましたが、その夜呼び出された菜奈は細川朝男(野間口徹)に呼び出されて外に出ました。起きていた翔太は菜奈と朝男が会っているのを見て驚きました。

翌日、菜奈がゴミを捨てに行くとあかねが「あなたは怖くないの?」と声をかけてきました。交換殺人ゲームを知ったあかねは自分がゴミを開けていることを知られることよりも菜奈を気にかけ、“302号室の人”と書かれたメモを見つけたと菜奈に教えてくれました。

自分が狙われているかもしれないと知った菜奈は恐怖で顔が引きつります。その時、久住譲(袴田吉彦)が声をかけてきました。住人同士で疑心暗鬼になるのが嫌だからと菜奈にメモの内容を伝えにきたのです。久住はメモに、昔から似ていると言われて困ることが多いという理由で俳優の“袴田吉彦”と書き、引いたメモには“細川朝男”と書かれていたと言いました。菜奈は自分が書いたメモを久住が持っていたことを知りました。

まさか俳優を殺しにいく住人はいないだろうと考えていた久住でしたが、その頃、撮影現場で用を足しに1人になった袴田吉彦は覆面で顔を隠した黒ずくめの3人組に襲われ、撲殺されてしまいました…!!

ドラマ『あなたの番です』第5話・ドラマの中で現実のスキャンダルをいじられる袴田吉彦

第5話の最後で久住譲役の袴田さんが「袴田吉彦って知ってます?」と言い出した時は何事かと思いましたね(笑)マンションとはまったく関係のないところで交換殺人ゲームに巻き込まれてしまう袴田吉彦さん。自ら週刊誌のページを開き、あだ名は“ポイントカード”など自虐的なセリフが続いてついつい笑ってしまいました。衝撃的だったからか、Twitterでもトレンド入りしていたようですね!

ドラマ『あなたの番です』第5話・ネット上の感想

https://twitter.com/coconatu_7272/status/1127588395700482049

ドラマ『あなたの番です』第5話・感想

第4話でのショッキングなラストから事件はさらなる展開を見せました。赤池美里を殺したのはシンイーなのでしょうか。なぜ五朗も殺してしまったのか、謎は残ったままです。そして“赤池美里”と書いた浮田は殺人の順番がまわってきてしまいましたが、実行に移すのでしょうか。

“袴田吉彦”と書いた久住は殺人の順番が回ってきましたが、朝男を殺してしまうのでしょうか。菜奈は自分のメモの在りかを知ったために久住を止めることができますが、藤井の時と同じような脅迫を久住が受けるならば殺人を実行に移してしまうかもしれません。

翔太は朝男と菜奈の密会を目撃してしまい、ジムでダンベルを持ちながら怖い顔をして朝男に近づいていましたね。まさかいきなり殴ったりしないだろうと個人的に考えているのですが…。

菜奈はやはり朝男の名前をメモに書いていましたが、夜中に朝男に呼び出されて会っている時の様子は前回オフィスで会った時の表情とは違い、笑顔を見せていました。おそらく菜奈と朝男は元夫婦もしくは離婚成立前の夫婦と予測を立てていますが、翔太に隠れて夜中に会う理由がわかりませんよね。

そのほかにも佐野豪や西村淳など、まだ謎だらけの登場人物も多くいますよね。澄香と佳世の言い争いも今後トラブルに発展しそうな予感がします。出てくるシーンが時系列通りでない可能性もあるので、もしかしたら殺人の順番も思っているのと違うかもしれませんが、少しずつ出てくるヒントを拾いながら追っていきましょう!

ドラマ『あなたの番です』第6話・あらすじ

俳優の袴田吉彦が殺害され、久住(袴田吉彦)は責任を感じていた。久住が交換殺人ゲームで引いた紙に書かれていた名前は“細川朝男”。菜奈(原田知世)は久住に、“細川朝男”と書いたのは自分だと告げ「殺さないでください。もし誰かに脅されたら相談してください」と頼む。

菜奈は翔太(田中圭)に、自分が交換殺人ゲームで朝男(野間口徹)の名を書いて、それを久住が引いたことを説明。さらに、朝男との本当の関係を打ち明ける。 一方、久住は“あなたの番です”と書かれた脅迫状を受け取るが…。

102号室の児嶋佳世(片岡礼子)は、夫・俊明(坪倉由幸)との関係が冷え切り、追い詰められていた。寂しさのあまり、マンション内の子供たちを見つけては自分の子のようにかまおうとする佳世。

菜奈、翔太、早苗(木村多江)、黒島(西野七瀬)、久住は、ゲームで書いた名前と引いた紙に書かれた名前を教え合うために臨時の住民会を開催。そこで新たな事実が判明する! 連鎖する殺人の真相を突き止めるために動き出した菜奈と翔太。しかし、2人の思いとは裏腹に、またしても犠牲者が出てしまう…!!

引用:公式サイトより