2019年春ドラマ

ドラマ『あなたの番です』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【黒島沙和(西野七瀬)の傷はDVによるものか?】

あなたの番です

2019年4月21日(日)に放送されたドラマ『あなたの番です』第2話はもうご覧になりましたか?

第1話では15歳差新婚夫婦の手塚夫妻が新居に引っ越してきたところからスタートしましたが、どこかしら変わった住人が多く登場し、冗談半分だったはずの交換殺人の話からラストでは管理人の床島が本当に殺されてしまいました。

第2話からもこの交換殺人が続いていってしまうのでしょうか??

ちなみに、ドラマ『あなたの番です』1話ネタバレはこちらからご覧になれます。

あなたの番です
ドラマ『あなたの番です』1話 ネタバレ感想・考察と2話あらすじ【衝撃のラストに騒然】2019年4月14日(日)から日本テレビ系「日曜ドラマ」枠にて、ドラマ『あなたの番です』がスタートとなりました。第1話はもうご覧になりま...

日テレドラマ ドラマ『あなたの番です』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

本ページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

 

ドラマ『あなたの番です』第2話・あらすじ

マンションを購入し、幸せな新婚生活を夢見ていた菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)。
引っ越し当日、菜奈が参加したマンションの住民会で、“交換殺人ゲーム”が行われる。それぞれが“死んでほしい人”の名前を紙に書き、クジのように引く。“殺したい相手”を交換して殺せば、捕まりづらい。そんなゲームだ。

もちろん、皆ただの憂さ晴らしのつもりだった。しかし、その日の夜。管理人の床島(竹中直人)が屋上から転落死。マンションの掲示板には“管理人さん”と書かれた紙が…。これは、恐ろしい交換殺人ゲームの幕開けなのか!?

翔太は、ショックを受けて沈んでいる菜奈を気遣う。そこへ住民会の会長・早苗(木村多江)が訪ねてくる。彼女は、引っ越してきたばかりの2人が事件で不安になっていないか、心配していた。早苗との話から、翔太は、床島が何者かに殺されたのではないかと考え始めるが、ゲームのことを翔太に知られたくない菜奈は、翔太が床島の死の真相を推理し始めないか気が気ではなかった。

そんな中、臨時の住民会が開かれる。参加者は、早苗、久住(袴田吉彦)、田宮(生瀬勝久)、浮田(田中要次)、黒島(西野七瀬)、シンイー(金澤美穂)、藤井(片桐仁)、美里(峯村リエ)、そして菜奈。床島の葬儀に住民会から供花を出すかどうかの確認をするため、早苗が招集したのだった。警察の捜査の結果、床島は自殺した可能性が高まるが、住民たちの間には、あのゲームが床島の死と関係あるのではないかと微妙な空気が流れる。藤井から「交換殺人の話をし始めたあんたのせいだ」と責められ、戸惑う菜奈。シンイーが“管理人さん”と書かれた紙を見せると、一同は“やはり床島は、あのゲームで殺された…!?”と住民たちは凍り付く…。
―――この紙は誰が書いたのか?そして、誰が引いたのか?引いた人物が床島を殺したのか…?
疑心暗鬼になる一同。藤井は、床島を名指しした人物に訴えかけるように「死んでほしい人を殺してもらったんだから、その人も自分が引いた紙に書いてある人を殺さなければルール違反になる」と言い出す。「この中に管理人さんを殺した人がいる訳がない」と結論づける一同だったが、悲劇はこれで終わりではなかった…!

引用:公式サイトより

ドラマ『あなたの番です』第2話・ネタバレ

新居に引っ越して来た手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)夫妻。楽しい新婚生活が始まると思いきや、菜奈が出席した住民会で交換殺人ゲームが行われます。そのことを翔太に話せない菜奈。そんなとき、管理人の床島(竹中直人)が屋上から落下する事件が発生しました。床島は亡くなり、マンションの掲示板に“管理人さん”と書かれたメモが貼られていました。

翌日、翔太は事件が起きてショックを受けている菜奈のことが心配で仕事を休もうとします。その時、住民会会長の早苗(木村多江)が訪ねて来て菜奈たちを気遣いました。早苗の口ぶりから、床島は他殺の可能性があるのかと思った翔太はミステリー好きの血が騒いだのか推理をし始めようとしますが、慌てて菜奈は話を逸らし、仕事に向かわせました。

床島の自宅を捜索していた刑事の水城(皆川猿時)と神谷(浅香航大)は、脳腫瘍と診断された床島の診断書を発見し、ヤケになっての自殺と考え始めていました。

翔太は菜奈に、床島他殺説を仮定して真犯人についての推理を披露しました。翔太の推理では、真犯人は幹葉(奈緒)だと言います。翔太は床島お手製のネームプレートを使っているのは幹葉だけで、痴情のもつれによって床島を殺害したのではないかと言いました。

そんな中、臨時の住民会が開かれました。床島の葬儀に住民会からお花を出すかどうか、香典はいくら包むのかということが議題にあげられましたが、藤井(片桐仁)が菜奈に突っかかったことで交換殺人ゲームの話が蒸し返されました。シンイー(金澤美穂)が“管理人さん”と書かれたメモが掲示板に貼ってあったと言い出したために、「誰が書いたのか?」「誰かが書いたものなら床島を殺してもらった代わりに自分もメモに書かれた人物を殺さなければルール違反になる」という話題になりました。

住民会が終わって解散しようとしたとき、翔太がやって来ました。管理人室の窓ガラスが割れているというのです。様子を伺っていると、中から早苗の夫・正志(阪田マサノブ)が現れました。正志は警察官であり、ガラスが割れているのに気づいたために捜査していました。正志から床島は病気を患っており、事件性はないと判断されたと聞かされた一同は安心しました。

その後、平穏な毎日を過ごしていた住人たち。菜奈と翔太も幸せな毎日を過ごしていました。ある日、菜奈と翔太が買い物帰りに見つけたブータン料理の店でシンイーが働いていることを知り、食事をすることにしました。そこには藤井と久住(袴田吉彦)も食事をしていました。マンションの住人によく出くわすのだそうです。

食事をしながら菜奈と翔太の馴れ初めについて尋ねる藤井でしたが、店のテレビに殺したい相手である同期の山際が映っているのを見てヒートアップしていきます。翔太に交換殺人ゲームのメモの話をしていない菜奈は、藤井がその話題に触れるために気が気ではありません。藤井が山際のことを殺したいと息巻いていると、山際が殺されたというニュースが流れました。4人は驚き、言葉を失いました。

部屋に戻った藤井は、住民会で自分が「死んで欲しい相手を殺してもらったなら次は自分が殺さないとルール違反だ」と言ったことを思い出し、自分が引いたメモに書いてある“タナカマサオ”という名前を眺めていました。誰か分からない藤井が頭を抱えていると突然インターホンが鳴り、部屋の外に“ルールは守りましょう”と書かれた紙が置いてありました。

その後、藤井の元に毎日のように“あなたの番です”と書かれた紙が送りつけられ、嫌気がさした藤井は早苗に苦情を言いに行きました。部屋に戻った藤井が一息ついていると、洗濯機が動いていることに気づきました。中をのぞいてみると、そこには発見されていないと言われているバラバラにされた山際の頭部が入っていたのです…!

ドラマ『あなたの番です』第2話・黒島沙和(西野七瀬)の傷が気になる

第1話でも沙和の体に傷がある描写がありましたが、第2話では服で隠れていた部分もあらわになっていました。かなり痛々しそうな傷が多くありましたが、1話で手を繋いでいた男性から暴力を受けているのでしょうか?沙和も住民会でゲームに参加していましたが、メモには誰の名前を書いたのでしょうか。気になるところですね。

ドラマ『あなたの番です』第2話・ネット上の感想

https://twitter.com/_reinon/status/1120334790333308928

ドラマ『あなたの番です』第2話・感想

第2話も衝撃のラストでしたね!洗濯機の中に人の頭が入っていたらショックで倒れてしまいそうです。しばらく洗濯機のフタを開けるのが怖くなりそうな演出でした。

このドラマ2クール続く異例の連続ドラマで毎回誰かが死ぬ設定になっていたので、マンションの住人だけだと明らかに人が足りないな~と感じていましたが、殺したい人がマンション以外の人もアリだったんですね。

今回の勤務医『藤井』が殺したかったのは同僚の『山際』という男でしたよね。1話ごとで出演してくる人間も対象となるなんてちょっと想定外でした。

マンションの住人だけならそのうちネタ切れになるのでは?と思っていたので、脚本を書いている福原充則氏や原作を担当している秋元康氏にいっぱい食わされた感じでした(笑)

第3話では“あなたの番です”と追い詰められた藤井が殺人を犯してしまうのか、注目ですね…!

ドラマ『あなたの番です』第3話・あらすじ

昔から恨んでいたタレント医師の山際(森岡豊)を“殺してもらった” 藤井(片桐仁)。“殺したい人間を殺してもらったら、次は引いた紙に書かれた人物を殺す番”というのが、交換殺人ゲームのルール。『あなたの番です』という度重なる脅迫状や自宅への何者かの侵入から、藤井は、山際を殺して自分を脅迫する人物がマンション内にいるのではないかと疑う。一方、マンション住民の間では、山際を殺したのは藤井だという噂が広がる。

山際殺害事件に興味津々で推理モードの翔太(田中圭)は菜奈(原田知世)に、自分の推理を披露する。しかし、交換殺人ゲームが現実になっているのでは…と不安な菜奈は、心ここにあらず。元気のない菜奈を心配する翔太。

そんな中、臨時の住民会が開かれる。招集をかけたのは淳一郎(生瀬勝久)だった。彼は、根拠のない噂で藤井を傷つけるのはやめようと一同に訴えるが、その思いとは裏腹に、住民たちは、お互いに疑心暗鬼になるのだった。

一方で、『あなたの番です』と藤井に次の殺人を促す脅迫は、ますますエスカレート。追い詰められ、精神状態が不安定になっていく藤井。“タナカマサオ”とは誰なのか? 藤井の混乱は、極限に達する。そして藤井は、思いがけない事実にたどり着いてしまう――!

引用:公式サイトより