2019年夏ドラマ

ドラマ『凪のお暇』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話のあらすじ【凪がゴンへお別れを告げる!慎二は円とオフィスラブ開始!?】

ドラマ『凪のお暇』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話のあらすじ【凪がゴンへお別れを告げる!慎二は円とオフィスラブ開始!?】

2019年8月16日に放送されたドラマ『凪のお暇』第5話はもうご覧になりましたか?

前回は、凪がゴン沼にどっぷりハマってしまい、ゴンがクズであることが分かってもゴンから離れることができませんでした。

しかし今回はついに凪が目を覚ましゴンとお別れすることを決意するのですが…!?

ドラマ『凪のお暇』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

女性視聴者メロメロ!!凪のお暇を無料視聴する方法はこちら
ドラマ『凪のお暇(なぎのおいとま)』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月からTBSにてドラマ『凪のお暇(なぎのおいとま)』第1話がスタートします。 このドラマは、コナリミサト氏にが手がける漫画...

ドラマ『凪のお暇』1話~最新話はParaviでご覧頂けます。
30日間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

30日間無料でParaviを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『凪のお暇』第5話のあらすじ

ゴン (中村倫也) に恋をし “闇堕ち” してしまった 凪 (黒木華)。心配した 慎二 (高橋一生) は雨が降る中、凪に会いに行く。しかし、素直な気持ちを伝えられない慎二は、またしても凪を過呼吸に追い込みそうになってしまう。

凪はたまたま通りかかった みずず (吉田羊) と うらら (白鳥玉季) の親子に助けられ、そのまま2人の家に行く。久々にうららの顔を見て、みずずの手料理を食べて、凪は自分がいつからうららと遊んでいないか、いつから自炊をしていないかと考える。

一方、慎二は風邪をこじらせながらもスナック 「バブル」 へ行くが、店は2号店開店準備のため閉まっていた。 翌日、凪は 緑 (三田佳子) に誘われてラジオ体操に参加する。自堕落な生活を続けていた為ため、久々に日差しを浴びてふらつきながらも買い物へ。 その帰り道、ママ友3人とランチしているみずずの姿を見つける。妙な空気を感じ取った凪は、そっと様子をうかがうことに。

そして、自分の部屋に戻り、見渡した凪は、すっかりしおれた豆苗や、相棒の扇風機にタオルがかけられていることに気づく。そこにゴンが訪ねてくるが…

引用・公式サイト

ドラマ『凪のお暇』第5話・ネタバレ

大島凪(黒木華)は隣人の安良城ゴン(中村倫也)に夢中になってしまい、ハロワにも通わず自炊もせず自堕落な生活を送っていました。

そんな凪のことを心配した元カレ・我聞慎二(高橋一生)は雨の中凪に会いに行き「他に女がたくさんいるような男でいいのか!?」と言いますが、凪はそれでも良いと答えます。 「闇堕ち」して以前とはすっかり変わってしまった凪を前に、慎二は涙を流すのでした。

凪は慎二に「泣いてるの?」と問いかけますが、素直になれない慎二は「ドブスが!雨だよ雨!むしろ笑えてくるよ」と言いのけます。そしてその後も凪に暴言を吐くのでした。

そんな二人を目撃した白石みすず(吉田羊)とうらら(白鳥玉季)は暴言を吐き続ける慎二から凪を助けます。凪は白石家にお邪魔になり、温かいお風呂に入れてもらい、美味しい食事もご馳走になるのでした。

凪はその時、いつから自分が自炊をしていないのか、いつからうららと遊んでいないのかと考えるのでした。 みすずは慎二のことを、「言葉は悪いけど凪さんのことを心配しているように見えました。」と凪に言いますが、凪は「そんなはずはないです」と頭を横に振ります。

その頃、慎二は雨に濡れたせいで風邪を引いてしまっていました。自室のベッドで一人横になると、以前風邪を引いた時に凪が看病してくれたことを思い出します。 しかし「もう凪はいないんだ」と自覚し、凪との思い出の食器等を捨て、スマホに入っていた凪の連絡先や写真を消します。そして「これが人生リセットってやつか~!」と笑うのでした。

凪が自室に戻ると、ゴンが訪ねてきました。そして凪を抱き締め「凪ちゃん本当ごめん。こないだご飯作ってくれたのに約束忘れてて」と謝ります。そして今から散歩とかどう、と誘ってくるのですが、凪はエリィ(水谷夏穂)から言われた「あいつに依存したらだめ」という言葉を思い出し返事に躊躇します。

その時、凪の部屋のノックが鳴り、ゴンの取り巻きの女の子が「ゴン知らない?」と聞いてきました。そして凪の部屋にいるゴンを見つけるや否や、ゴンを連れて行ってしまいます。 凪はその女の子の顔がゾンビの様な顔をしていたことに恐怖し、「もしかして私も同じ顔している…?」と愕然とするのでした。

翌日、坂本龍子(市川実日子)の元に凪から着信がかかってきますが、先日凪と揉めてしまい気まずくなったので、龍子は出ることはしませんでした。 凪は「そうだよね、こんなゾンビともう関わりたくないよね…」とうなだれながら歩きだします。

すると、ママ友3人とランチしているみずずの姿を見つけるのですが、みすずが他のママ友からオブラートに包まれながらもサンドバック状態になっているのを発見します。 凪が助けるかどうか迷っていると、みすずと同じ職場の男性が颯爽と現れ、男らしくみすずを助けるのを見て「いいぞ!」と嬉しくなります。

残されたママ友は露骨にみすずの悪口を言い始めたため、凪は文句を言おうとしますが、結局言うことはできませんでした。 落ち込んだまま歩いていると、うららに会います。するとさっきのママ友がやってきて嫌味たっぷりなことをうららにも言い始めます。 そんなママ友にうららは「今から行きたいところがあるので、ついてきてくれませんか。」と言うのでした。

うららがママ友と凪を連れてやってきたのは、ファッションビルを建設中の工事現場でした。ママ友達も皆このビルが建つのを楽しみにしているようです。うららは工事現場の中に駆け出し、みすずを見つけると「お母さ~ん!」と呼び、大型重機に乗っていたみすずがうららの元に来ます。

そしてうららは「このファッションビルが建つの皆楽しみにしてるって!」と言うと、みすずは嬉しそうに顔を綻ばせ、ママ友達は複雑そうな顔で笑うのでした。

ママ友達と別れた後、うららは凪に「お母さん超かっこいいでしょ!」と笑い、凪も満面の笑みを浮かべます。

すると凪は何かを思いついたようで、うららに「私ちょっと旅に出てくる!」と言って駆け出してしまいます。

凪は一旦自宅に戻り自転車を漕いで、ゴンと行った海に一人で行きます。そして「さよなら、ゴンさん!さよなら、私の恋心!」と心の中で叫び、ゴンから貰った合い鍵を投げます。

こうして凪は自分のお暇を取り戻せた!と喜びますが、実はこれは凪の妄想で、海までの道が分からず迷ってしまっていました。暗い道の中を必死で自転車を押しながら歩きます。途中転んだりして迷った末に辿りついたのは、慎二の行きつけのバー・スナック「バブル」でした。

凪はここに入り、海までの道を教えてもらおうとしますが、凪が客じゃないと分かったママ(武田真治)は凪に「冷やかしなら帰りな」と言います。しかし従業員の杏(中田クルミ)が、凪が膝をすりむいていることに気付き、ママが手当てをしてくれました。

凪はママと杏にゴンとのことを話し、どうしても自分の足で海に行きたい、と告げます。凪の話を聞いて感動したママが海までの地図を描いてくれて凪に渡してくれました。

こうして凪は無事に海に辿りつき、「十分!」と満足気に笑います。

その頃、ゴンは取り巻きの女の子の一人にサヨナラを告げられていました。その後、女にだらしないゴンをエリィは叱咤しますが、ゴンは「可愛い、面白い、だから優しくしたい、じゃだめなのかなあ」と呟くのでした。

凪は自宅に帰り、ゴンに恋してから散らかり放題だった部屋の掃除をはじめ、黄色い扇風機に「ただいま、ごめんね」と話しかけます。

そして凪はゴンの部屋を訪ね、「鍵お返しします。それで二人で会うのはもうやめようと思って。」と告げ、ゴンのことを「ちぎりパンみたいな人」だと例えます。そして「今の私にとってゴンさんはあまりに美味し過ぎるんです。」と言うのですが、ゴンは「ごめん全然何言っているか分からない。美味しいなら食べたい時に食べればいいじゃない」と凪に迫ります。

凪は続いてゴンを女子中学生みたいだと例え、ゴンも「それは食べちゃだめだ。お縄になっちゃう」と納得し、凪とゴンのただれた関係は終わりを迎えるのでした。

凪が去った後、ゴンは凪と一緒に過ごした時間を振り返り、今まで感じたことない感情が沸き上がってきて戸惑いを覚えます。

その頃、慎二は大阪支社から異動してきた社員・市川円(唐田えりか)と距離を縮めていました。

龍子は就職先を見つけたようですが、そこは馬鹿高いセミナーを契約させるために設立された怪し気な会社だったのです…。

一方、凪のもとにはスナック「バブル」のママから声がかかり、凪は「バブル」二号店で働くことになりました。

そうとは知らず、慎二は「バブル」二号店に円を連れて来店するのですが…。

ドラマ『凪のお暇』と原作の漫画『凪のお暇』を比較したい場合は最新刊まで無料で読む方法がおすすめ!

ドラマ版と原作、どのくらい内容が違うのか?キャストの設定が違うのか気になったりしますよね。そこで今回は、原作『凪のお暇』を無料で読む方法をお伝えいたします。

結論!

『music.jp』の30日間無料おためしと『U-NEXT』の31日間無料トライアルを利用することで原作『凪のお暇』を無料で読むことができます。

その理由ですが、下記の表をご覧ください。

U-NEXT 登録時600pt
music.jp 登録時961pt
FODプレミアム 1300pt
ebookjapan 登録時300pt

実は、各動画配信サービスは無料おためしに登録すると、ポイントがもらえます。

今回は『music.jp』『U-NEXT』に焦点を置いてお伝えしますが、『music.jp』の30日間無料おためし登録をすると961ptが貰えます。

そして『U-NEXT』の31日間無料トライアルに登録すると600ptが貰えます。

このポイントを利用して、原作『凪のお暇』を読むことができるんです。
もちろん、退会・解約も非常に簡単に行えます。

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用する

無料トライアル31日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。


 

music.jpの30日間無料おためしを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はmusic.jp公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『凪のお暇』第5話・ネット上の感想

ドラマ『凪のお暇』第5話・感想・考察

今回は凪がついに目を覚ましてゴンにお別れを告げましたね。でもゴンへのお別れの言葉も「ゴンさんはちぎりパンみたいな人で、今の私には美味し過ぎるんです」という凪の優しさがにじみ出ているものだったので、とても良かったです。

そんな凪にゴンも自分の初めての感情に気付き、次週の予告では緑さんに「それは初恋よ」って言われていて、ゴンも凪への恋心を自覚するようなのでとても楽しみです。

しかしゴンは凪への恋心を自覚したからといって、他の女の子への接し方を変えられるのでしょうか。凪に振り向いてもらうためには、ゴンはかなり変わる必要があると思います。

ゴンの「変化」は今後の見どころの一つですね!

また、慎二は円とオフィスラブを展開しちゃっていますね!私としては慎二はずっと凪のことを追いかけて欲しいので、早急に円とは疎遠になって欲しいです。そして慎二とゴンで凪を取り合う展開を期待しているのですが、一体どうなるのでしょうか。

そして龍子はどう見ても怪し気な会社に就職してしまいましたが、大丈夫でしょうかね。龍子はもともと騙されやすい性格しているので心配です。凪と早く仲直りして欲しいです。

どうやら来週以降の展開は、原作のコミック未収録の様なので、ドラマ版の完全オリジナルストーリーで進むのでしょうかね。来週以降もたくさんのときめきを期待しています!

ドラマ『凪のお暇』第6話・あらすじ

ゴン (中村倫也) と別れ、再びリセット人生をスタートした 凪 (黒木華) は、ママ (武田真治) から声をかけられ、スナック 「バブル」 2号店でボーイとして働くことに。ママや 杏 (中田クルミ) の接客の邪魔にならないように、雑用を片付けるが、時折、お客さんから話を振られてもうまく答えることができず落ち込んでいた。

一方、慎二 (高橋一生) は、会社の同僚の 円 (唐田えりか) と交際をはじめ、楽しいオフィスラブを送っていた。ある日、「バブル」 2号店を訪れると、ボーイとして働く凪と鉢合わせをしてしまう。しかし、慎二はそれをママたちに悟られないよう、いつもの営業スマイルで初対面のフリをするが…。

その頃、凪から返された鍵を見つめ、自分の中に起きている感情の変化に戸惑うゴン。凪のことを考えると胸がチクッとする、この胸の痛みがなんなのか分からないでいると、緑 (三田佳子) からそれは “初恋” だと言われ、凪のことを好きだと自覚するが…。

引用:公式サイト