2019年春ドラマ

ドラマ『あなたの番です』第14話 ネタバレ感想・考察と第15話あらすじ【総一(荒木飛羽)の実験に戦慄はしる】

ドラマ『あなたの番です』第14話 ネタバレ感想・考察と第15話あらすじ【総一(荒木飛羽)の実験に戦慄はしる】

2019年7月28日(日)に放送されたドラマ『あなたの番です』第14話はもうご覧になりましたか?

2週間ぶりの放送を待ちわびていた方も多いのではないでしょうか!前回のラストでは久住が目を覚まし、総一や幸子の事件への関わり方も気になります。総一はそらをお祭りに誘っていましたが、総一は動物を傷つけている疑惑があるのでそらの身が心配ですよね。第14話ではまた誰かに危険が迫るようです…!

ドラマ『あなたの番です』の1話から最新話までのネタバレと視聴率はこちらから確認できます。

あなたの番です ネタバレ まとめ
あなたの番です【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2クール連続ドラマとして話題のドラマ『あなたの番です』。 マンションに引っ越してきた新婚夫婦が住人たちの「交換殺人ゲーム」に巻き込まれ...
日テレドラマ ドラマ『あなたの番です』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。スピンオフ・Huluオリジナルストーリー『扉の向こう』も配信中です。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

本ページの情報は2019年7月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『あなたの番です』第14話・あらすじ

幸子(大方斐紗子)が言った「あの子」とは赤池夫妻殺害犯の事なのか?それは一体誰なのか…?考える翔太(田中圭)のもとに、久住(袴田吉彦)が目覚めたという連絡が入る。急いで病室に向かった翔太だが、久住の様子は以前と変わっていて…。

町内会の夏祭りの出店について話し合う住民会が開かれる。出席者は翔太、俊明(坪倉由幸)、田宮(生瀬勝久)、洋子(三倉佳奈)、柿沼(中尾暢樹)、黒島(西野七瀬)、シンイー(金澤美穂)、西村(和田聰宏)、尾野(奈緒)、二階堂(横浜流星)、木下(山田真歩)、藤井(片桐仁)、江藤(小池亮介)、(田中哲司)。尾野の案が採用され、オーガニック焼きとうもろこしの店をやることに決まる。

一方、早苗(木村多江)は、神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)の取調べで自供を始める。しかし、早苗の供述には矛盾があり、誰かをかばっているようだった。矛盾点を指摘されると、早苗はまた黙り込むのだった。
住民会の最後に、翔太は、洋子の名が書かれた紙を一同に見せて、誰が引いたのかと尋ねる。水城に頼んで調べてもらったところ、その紙には発見者の木下以外に6人の指紋が残っていた。翔太は順に名前を挙げ、それぞれの反応を見るが…。
二階堂のAI分析では、美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)、浮田(田中要次)、菜奈(原田知世)を殺害したのは同一人物で、交換殺人との関連は薄いという結果が出る。この4人を殺す動機を持つ人物はいないと思われ、快楽殺人の可能性が高まる。分析結果には、犯人の可能性が高い人物として意外な名前が挙がっていた――。

神谷と水城は、交換殺人ゲームについて澄香(真飛聖)に話を聞きに行く。近くでは、そら(田中レイ)が総一(荒木飛羽)と遊んでいた。総一の姿を見た神谷は、榎本夫妻に協力していたことをバラされるのではと動揺する。
夏祭りの夜、新たな犠牲者が!?果たして狙われるのは誰なのか―――!?

引用:公式サイトより

ドラマ『あなたの番です』第14話・ネタバレ

誕生日の夜のことを尋ねると気が動転して気絶してしまった幸子(大方斐紗子)が言っていた「あの子」は菜奈(原田知世)のことではないか?と江藤(小池亮介)に言われた翔太(田中圭)。そんな中、柿沼(中尾暢樹)から久住(袴田吉彦)が目を覚ましたという連絡を受け、病院に駆けつけましたが、久住は自分のことを18歳の袴田吉彦だと思い込んでいるようで事件の話は何も聞くことができませんでした。

臨時の住民会で、町内会のお祭りの出店について話し合いが行われていました。住民たちの会話から得られる情報をAIに入力していく二階堂(横浜流星)。そして話し合いが終わるころ、翔太は“石崎洋子(三倉佳奈)”と書かれたメモを見せて誰が引いたのか聞きました。メモに残っていた指紋は、あかね(山田真歩)以外で澄香(真飛聖)・久住・床島(竹中直人)・田宮(生瀬勝久)・藤井(片桐仁)・幹葉(奈緒)のものです。その場では誰も名乗り出ず、床島が引いたのではないかという結論になりました。

警察では早苗(木村多江)が取り調べが行われていました。明らかに誰かをかばっている早苗に対し、早苗と正志(阪田マサノブ)のアリバイがあり、総一(荒木飛羽)が疑わしいと水城(皆川猿時)が話すと、早苗は発狂したように大声を出し始めました。

二階堂から呼び出された翔太と沙和(西野七瀬)は、AIが導き出した結果を聞きました。AIは、菜奈・赤池夫妻・浮田(田中要次)を殺した犯人は交換殺人とは関係なく、快楽を求めて殺人を犯しており、かなり高いパーセンテージで総一が犯人だと導き出していました。

君子(長野里美)から不倫を疑われている田宮。そこへ宅急便が届き、箱を開けてみると血だらけの甲野の名札が入っていました。インターホンのモニターに映る男は帽子を深くかぶっており誰かわかりませんでした。

澄香に話を聞きにきた水城と神谷。そこにはそら(田中レイ)と遊ぶ総一の姿もありました。総一に顔を見られている神谷は慌ててその場を離れました。澄香は総一のことを素直でいい子だと話しますが、総一に疑いを向けている水城は心配そうな表情でそらと総一を見ていました。

翔太は久住に話を聞きに病院に行きましたが、久住はまだ何も思い出していない様子でした。しかし、病室の外で翔太が入院中にお世話になっていた看護師との会話に聞き耳を立てている久住の様子は久住そのもので、どうやら記憶がないふりをしているようです。

部屋で菜奈のクローゼットを開けた翔太は、引っ越しの時に崩してしまったジグソーパズルが修復されているのを見つけました。それを壁に飾りましたが、どうやらパズルのピースが1つ違っているようです。

総一から「実験がんばる」と伝言を受けた早苗はまた話を聞ける状態ではなくなってしまいました。そして水城が正志にそのことを伝えると「早く総一を逮捕してくれ!」と言い、事件について自供を始めました。総一の言う「実験」とは動物や人間に危害を与えてどうなるか観察するということだったのです。他に犠牲者が出る前に捕まえてくれと正志に頼まれた水城と神谷は慌てて動き始めました。

お祭り会場ではそらと総一が見当たらないと騒ぎになっていました。総一はそらを人気のないところへ連れ出し、首を絞めて殺そうとしました。そこへ翔太・二階堂・南(田中哲司)がたどり着き、そらの命を守ることができました。

その頃、急に早川教授に呼び出されたと学校に向かっていた沙和は、駅のホームで誰かに線路に突き落とされました…!

ドラマ『あなたの番です』第14話・総一(荒木飛羽)の実験に戦慄はしる

やはり総一は動物に危害を加えていましたね…。過去には同級生を道路に突き飛ばしていました。そらを殺してしまうのではないかと思っていましたが、本当に手をかけてしまいました。しかし翔太たちが間に合ったおかげで、そらが殺されずに済んでよかったです。総一をかばい続けていた早苗が留置所の布団の綿を食べるシーンは鳥肌ものでしたね。逮捕されてからの木村さんの演技には驚かされてばかりです!

ドラマ『あなたの番です』第14話・ネット上の感想

ドラマ『あなたの番です』第14話・感想

2週間ぶりの『あなたの番です』でしたが、情報量が多すぎて大変でしたね。目を覚ました久住でしたが、袴田吉彦のふりをしています。袴田さんがとぼけて袴田吉彦のふりをしているのは少し笑ってしまいましたが、朝男を殺した罪から逃れるために嘘をついているのでしょうか。

総一はやはりそらに手をかけてしまいましたね。猫を殺したのでは?と疑っていましたが、小学生の頃からその前兆があったようです。同級生を道路に突き飛ばしたこともあるようですが、南がその同級生の父親なのでは?という考察も出ていました。南の正体は次回わかるようです。

沙和が駅のホームから突き飛ばされてしまいましたが、突き飛ばしたのは幹葉なのでしょうか。一瞬映ったシルエットが幹葉のような気がしましたが…。菜奈と翔太を見て翔太につきまとい、菜奈を殺したのかも?と噂されている幹葉でしたが、独特の性癖でもあるのか沙和と二階堂の様子を見て鼻血を出すほど興奮していましたよね。あれほど翔太に肩入れしていたのに、一気に興味をなくして二階堂にターゲット変更したようですね。沙和が一命をとりとめていることを祈るばかりです。

次回も何かの真相が明らかになるようですね。二階堂が作っているAIも総一の快楽殺人疑惑を当ててきたので、着実に完成に近づいてきています。田宮の不倫や西村の事業など、一見関係のなさそうなエピソードも実は事件に関係してくるのでしょうか。反撃編も後半戦に突入していきますが、残っている謎が多すぎて次回以降も怒涛の展開になって行くかもしれません。全ての事件が線で結ばれてスッキリできるようなラストを迎えて欲しいですね。

ドラマ『あなたの番です』第15話・あらすじ

翔太(田中圭)、二階堂(横浜流星)、(田中哲司)は、総一(荒木飛羽)を捕まえ、そら(田中レイ)を保護する。そらは澄香(真飛聖)のもとに戻り、総一は警察に引き渡される。翔太たちは、現場に駆けつけた水城(皆川猿時)から、黒島(西野七瀬)が電車のホームから突き落とされたと聞いて…。

神谷(浅香航大)は、正志(阪田マサノブ)の供述から収賄と交換殺人ゲームの隠蔽によって、懲罰会議にかけられることになり、当面謹慎処分となる。神谷のために手柄を上げると息巻く水城をよそに、神谷は独自に捜査を続け、思わぬ事実にたどり着く。一方、翔太は、早苗(木村多江)と正志の協力者である謎の声の主が神谷だと気付いて…。

二階堂のAIによる分析では、菜奈(原田知世)を殺した犯人は現時点で赤池夫妻(峯村リエ・徳井優)、浮田(田中要次)、そして佳世(片岡礼子)の4人も殺している可能性が高いという結果が出る。そして、その犯人像に近い人物として、ある住民の名前が挙がる――。

そんな中、夏祭りの出店で使った金の精算をするため、住民たちが集まる。南は住民たちに向かって「知ってることがあるなら何でも言い合いましょう」と言い出す。南に焚き付けられ、お互い疑心暗鬼になる住民たち。彼らは南にも疑念を抱き、彼を問い詰める。すると南は、自分の正体を明らかにする――!

引用:公式サイトより