2019年春ドラマ

ドラマ『あなたの番です』第11話 ネタバレ感想・考察と第12話あらすじ【木下あかね(山田真歩)の部屋に突入!黒幕の正体が発覚?!】

あなたの番です

2019年6月30日(日)に放送されたドラマ『あなたの番です』第11話はもうご覧になりましたか?

前回の特別編では菜奈と翔太の出会いからプロポーズまでが描かれ、それと同時に菜奈の葬儀を終えた翔太の様子も描かれました。菜奈を殺害した犯人は、菜奈の仕事部屋のパソコンに翔太への挑戦状とも取れるようなメッセージを残していました。それに触発された翔太が反撃にでる“反撃編”が本日からスタートします!

ドラマ『あなたの番です』の1話から最新話までのネタバレと視聴率はこちらから確認できます。

あなたの番です ネタバレ まとめ
あなたの番です【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2クール連続ドラマとして話題のドラマ『あなたの番です』。 マンションに引っ越してきた新婚夫婦が住人たちの「交換殺人ゲーム」に巻き込まれ...
日テレドラマ

ドラマ『あなたの番です』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

本ページの情報は2019年7月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『あなたの番です』第11話・あらすじ

菜奈(原田知世)を襲って逮捕された早苗(木村多江)は“ミキサー主婦”として世間の注目の的となり、山際の殺害も早苗と正志(阪田マサノブ)の犯行という疑いが強まる。 神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)が取り調べするも、早苗は完全黙秘。監禁容疑で逮捕された正志も、黙秘を続け、「お互い何もしゃべらずにいよう」と暗に神谷を牽制する。

翔太(田中圭)は、菜奈の最後の姿を映した動画のことを警察に通報。神谷と水城は、302号室にサイバー班を連れてくる。サイバー班が菜奈のパソコンを解析するものの、動画はすでに削除されている上に巧妙な経路で送られたらしく、投稿者は特定できない。翔太は、警察の捜査が進まないことにいら立ち、思わず水城につかみかかってしまう――。

尾野(奈緒)と顔を合わせた翔太は、これから住民会が行われると聞き、出席する。出席者は翔太と尾野の他、田宮(生瀬勝久)、洋子(三倉佳奈)、西村(和田聰宏)、木下(山田真歩)、藤井(片桐仁)、江藤(小池亮介)。この中に菜奈を殺害した犯人が…?と住民たちを観察する翔太。まずは、早苗の代わりの住民会会長を決めることに。話し合いが難航する中、西村が立候補して新会長に決まる。すると、管理人の蓬田(前原滉)が304号室に引っ越してきた住民・二階堂(横浜流星)を連れてくる。二階堂は、人工知能・AIを研究する大学院生だった。二階堂の自己紹介をきっかけに、人工知能が凶悪事件の犯人のプロファイリングに使われるという話になり、住民たちの間に微妙な空気が流れる…。

一方、黒島(西野七瀬)は、早苗と正志の息子・総一(荒木飛羽)を近くの公園で見かける。総一は施設から戻り、叔母のサンダーソン正子(池津祥子)と402号室で新生活を始めている。黒島は、慣れない“普通の生活”に戸惑う総一に優しく接する。そんな2人を、何者かが見ていた…。 翔太は、菜奈を殺した犯人は住民のうちの誰なのかを推理する。「犯人を見つけたとして、迷わず復讐できるかな」と自問自答する翔太。そして彼は、304号室を訪ね…。

引用:公式サイトより

ドラマ『あなたの番です』第11話・ネタバレ

早苗(木村多江)が逮捕されてからというもの、マンションの前には週刊誌やテレビの取材陣が多数押し寄せていました。その様子を見た藤井(片桐仁)は自分が田中(名倉右喬)を事故に見せかけて殺したことがバレるのではないかと不安になっていました。

正志(阪田マサノブ)にも山際殺害の疑惑がかかり、水城(皆川猿時)と神谷(浅香航大)が取り調べをしていますが、完全黙秘を貫いています。

翔太(田中圭)の家に警察が訪れて菜奈(原田知世)のパソコンを調べましたが、犯人の手がかりは残っていませんでした。翔太は神谷から菜奈の死因が塩化カリウム製剤を注射されたことによるものと聞き、神谷に怒りをぶつけました。

その後、住民会が開かれることを知った翔太は出席しました。住民会では早苗が逮捕されたあと、会長を誰にするか相談するところから始まり「事業拡大を考えているため順番を早く消化したい」という西村(和田聰宏)が立候補しました。

沙和(西野七瀬)はマンションの近くの公園で総一(荒木飛羽)を見かけ、学校に行き始めたという総一の話を聞いていました。すると総一の叔母である榎本サンダーソン正子(池津祥子)が話しかけてきました。沙和は自己紹介し、3人で話していましたがその様子を誰かがうかがっていました。

そんな中、304号室に新しい住人が引っ越してきました。大学院生の二階堂忍(横浜流星)は蓬田(前原滉)に連れられて住民会に出席し、AIの研究をしていることを話しました。事件が騒がれるなか引っ越してきたため、あかね(山田真歩)に週刊誌の記者かと疑われたり洋子(三倉佳奈)に入居を反対されたりしましたが、AIの行動パターン分析がFBIのプロファイリングにも利用されており、来年から警視庁の実証実験に使われるという話を聞いた翔太は二階堂に興味を持ちました。

翔太は菜奈が買っていた食材を使って鍋を作り、二階堂の部屋を訪ねました。そしてAIを使って事件のプロファイリングをしてほしいと頼みました。最初は自分の研究内容とは違うと言っていた二階堂ですが、マンションで起きている事件が交換殺人ゲームによるものと聞くと「AIがもっともパフォーマンスを発揮する」と乗り気になりました。二階堂の少し変わった感覚に違和感を感じる翔太でしたが、二階堂に事件解決の協力を頼みました。

翔太は二階堂を連れて沙和の部屋へ行き、ホワイトボードに残された事件の情報を入力してもらいました。そして洋子、シンイー(金澤美穂)の部屋を訪ねて得られた個人の情報を入力していると、201号室から西村・瀬尾あいり・柿沼遼が出てきました。「まずはゲームに参加した人の情報を集めよう」と藤井・沙和の情報を入力しました。幹葉の部屋にも行きましたが応答がなく、扉にかけてあるネームプレートの裏にたくさんの目が書いてあることに気づきました。二階堂はそんな翔太の様子を見ながら翔太の情報も入力しています。

翌朝、翔太がシンイーを二階堂の部屋に連れてきました。シンイーは、蓬田があかねに3階のどこかの部屋のスペアキーを渡していたのを目撃していたのです。それを聞いた翔太は管理人室へ行き、蓬田から話を聞きました。翔太は302号室のスペアキーを渡していたと思い、蓬田に詰め寄っていましたが、管理人室では賃貸の部屋のスペアキーしか預かっておらず、あかねに渡したのは304号室=現・二階堂の部屋の鍵であることがわかりました。

スペアキーの箱からあかねの部屋の鍵を取った翔太はあかねの部屋へ向かい、二階堂・沙和・蓬田が後を追いました。あかねの部屋の壁には事件の記事や住人の写真が貼り付けられており、机には“死体の隠し方”などの本が並べてありました。棚にはマンションの住人が捨てたゴミから回収したものが並べてあります。驚いた沙和がステレオのスイッチを入れてしまうと、チェッカーズの「ジュリアに傷心」が流れました。赤池夫妻が殺された時に幸子が歌っていた曲です。

そこへあかねが部屋に帰ってきました。あかねは「このタイミングで私までたどり着いちゃいますか」と不敵な笑みを浮かべました。

ドラマ『あなたの番です』第11話・木下あかね(山田真歩)の部屋に突入!そこにあったものとは

蓬田から無理やりスペアキーを奪い、勝手にあかねの部屋に上がり込んだ翔太。あかねの部屋にあったのは事件の記事や住人の写真、“死体の隠し方”などの本、住人のゴミを回収したものでした。不敵な笑みを浮かべたあかねでしたが、ゲームに参加していないあかねは順番が回ってくることはなかったはずですよね。個人で事件を調べているか、本職(作家?)のネタにしようとしているのか…恐らく犯人ではないと思われます。

悪趣味と言わざるを得ないあかねのコレクションですが、二階堂が作ろうとしているAIにはかなりの情報量となります。あかねがどういった意味で「このタイミングで私にたどり着いちゃいますか」と言ったのか分かりませんが、真相解明のきっかけになるかもしれませんね。

ドラマ『あなたの番です』第11話・ネット上の感想

ドラマ『あなたの番です』第11話・感想

ついに反撃編が始まりましたね。菜奈が殺され復讐に燃える翔太ですが、少し暴走気味に犯人を突き止めようとしています。新しく引っ越してきた二階堂もそんな翔太の様子をみて“常識なし”と入力していました。常識が少し欠けているのは菜奈が殺される前からだったような気もしますが…。

二階堂がプロファイリングにも使われるAIの研究をしていることを知った住人の中には困惑した人もいるようです。藤井は世間が騒ぎ立て始めたことで自分のしたことを突き止められるのではないかと怯えています。今回で藤井が田中を殺したことがはっきり分かりました。

今回も不思議な行動をしている人がいましたよね。新しく住民会の会長になった西村は、シンイーに何か頼みごとをしたり、なぜかあかりと遼の部屋から出てきたりしました。今までまともに住民会に出席していなかった西村ですが、一体何をしているのでしょうか。

マンションの部屋の間取りは同じはずなのに二階堂の部屋は奥の部屋がなさそうでした。蓬田からあかねが304号室のスペアキーを借りていたという情報がありましたが、澄香が引っ越してからあかねは304号室に出入りしていたのかもしれません。誰かが何かのために塞いだのでしょうか?早苗の部屋のように実は奥の部屋が存在するが二階堂は知らずに入居しているという考察もありました。

翔太から二階堂の部屋に呼び出され、沙和は二階堂の部屋で眠ってしまった時に、消臭スプレーをかけておくように言われていましたが、沙和はスプレーしませんでしたね。スプレーが何度もアップで映っていましたが、今後の伏線なのかもしれません。

まだまだ回収されていない伏線だらけで犯人が誰か分からない状態ですが、ストーリーは急展開を迎えて行きそうです。第12回では幹葉が翔太の部屋に勝手に入っているという事件が起きます。殺される直前の菜奈に話しかけている犯人の口調が幹葉に似ていましたが、もし本当に菜奈を殺したならスペアキーを持っていてもおかしくありません。なぜ幹葉は302号室に入っていたのか?行動がかなり怪しいだけに、幹葉が何者なのかはっきりしてほしいです。次回の放送も見逃せませんね!

ドラマ『あなたの番です』第12話・あらすじ

木下(山田真歩)の部屋に踏み込んだ翔太(田中圭)と黒島(西野七瀬)、二階堂(横浜流星)たち。部屋中埋め尽くされた事件の資料や凶器、薬品、人体解剖図…。木下の正体とその目的とは一体…!?

翔太は木下が集めたマンション住民のゴミを、半ば強引に持ち出して調べ始める。各部屋のゴミから、複数の交換殺人ゲームの紙をはじめ、怪しい証拠品が次々と出てくる。二階堂がそのデータをパソコンに入力していく。調べていくうちに黒島のゴミから香典袋が見つかり、翔太は彼女に疑念を抱く。

翔太は、これまでの推理をまとめたホワイトボードを黒島の部屋から自分の部屋へ移すことに。翔太と二階堂がボードを運び出していると、203号室からシンイー(金澤美穂)が出てくる。ボードに書かれた推理の内容を見たシンイーはすぐ部屋に戻り、同居人のクオン(井阪郁巳)、イクバル(バルビー)と話し合う。

翔太は、二階堂のために鍋を作って304号室を訪ねる。「他人の手料理は苦手」と断る二階堂に翔太は、犯人を捕まえるまで毎日、二階堂のために料理を作ると大まじめに告げる。 二階堂から、もっと菜奈(原田知世)の情報が欲しいと言われた翔太が、部屋に戻ると、玄関に見慣れない靴が…。なぜか尾野(奈緒)が菜奈の書斎にいた。なぜ尾野が部屋に…!?

引用:公式サイトより