2019年夏ドラマ

ドラマ『ルパンの娘』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話のあらすじ【泥棒コスチュームは力の源だった!】

ドラマ『ルパンの娘』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話のあらすじ【泥棒コスチュームは力の源だった!】

2019年7月25日に放送されたドラマ『ルパンの娘』第3話はもう御覧になりましたか?

今回の第3話では桜庭和馬(瀬戸康史)の家に泥棒をおびきよせて捕まえるというありえない設定でドラマが進んでいくのですが、あの深キョンの泥棒コスチュームはセクシーなだけでなく、実は力の源だったということが判明しました!

泥棒コスチュームを着るとスイッチが入っちゃうんでしょうね!今回も深キョンのバトルシーンが非常に面白かったですよ!ということで、ドラマ『ルパンの娘』第3話のネタバレをご覧ください。

ドラマ『ルパンの娘』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ルパンの娘 モス
ドラマ『ルパンの娘』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月からフジテレビにてドラマ『ルパンの娘』第1話がスタートします。 このドラマは、2015年8月に発表された横関大氏の同名小...


ドラマ『ルパンの娘』1話~最新話はFODプレミアムでご覧頂けます。
1ヶ月以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

FOD無料おためし1ヶ月以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年7月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ルパンの娘』第3話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は、交際相手の桜庭和馬(瀬戸康史)が警察官であることを祖母、マツ(どんぐり)に知られてしまった。華はマツに尊(渡部篤郎)たちには黙っていて欲しいと頼むのだが、答えは得られない。一方、和馬はアポ電強盗逮捕の手柄を典和に褒められる。だが、美佐子(マルシア)は華からの連絡が和馬の犯人逮捕のきっかけだと知り疑念を深めて行く。

タワーマンションに戻った華は、尊から“Lの一族”を潰すつもりかと言われてしまう。マツがバラしたのだと観念する華。しかし、尊が怒っていたのはマツの手刀を浴びた和馬が倒れてしまったこと。そんなことでは泥棒一家に迎え入れることは出来ないと尊と悦子(小沢真珠)。話はズレていたが、どちらにしても華は和馬と別れを決意しなくてはいけない流れになってしまう。そこに、渉(栗原類)からお宝を見つけたと報告が入る。IT会社社長が某王国の秘宝を落札したのだ。しかも社長は脱税した金で購入する悪人。“Lの一族”、次のターゲットが決まった。

和馬はSNS強盗の担当に。SNSで目をつけた相手の住所や行動を追って、留守中に高級品を奪う手口だ。その頃、華は美佐子に誘われ桜庭家にいた。美佐子は華に料理などを手伝わせ、指紋や血液型などを身に付けた鑑識能力で探ろうとしている。和馬が帰宅すると、美佐子は和一(藤岡弘、)を呼びに行って欲しいと華に頼む。華が部屋に入ると、瞑想中の和一が真剣をふりかざして来た…。

引用:公式サイトより

ドラマ『ルパンの娘』第3話 ネタバレ

和馬(瀬戸康史)の警察バッジを三雲マツ(どんぐり)が拾ってしまい、和馬(瀬戸康史)の職業が分かってしまいます。華(深田恭子)は、両親には黙っていて欲しいと言いますが、分かったとは言ってもらえませんでした。

家では、父親の尊(渡部篤郎)が和馬(瀬戸康史)を認めないというので、和馬(瀬戸康史)の職業がバレたと華(深田恭子)は思いますが、職業ではなく三雲マツ(どんぐり)の攻撃で気を失っうようでは泥棒は務まらないと言い別れるように言われます。

そんな時三雲渉(栗原類)が次のターゲットを見つけます。秘宝が見つかり脱税したお金でお宝を落札しているIT社長でした。

和馬(瀬戸康史)の家では、アポ電強盗からの連絡が来たと華(深田恭子)から電話が来て、自分が気が付くと犯人を逮捕できていたと和馬(瀬戸康史)は言い、それを聞いていた美佐子(マルシア)は華(深田恭子)を怪しいと思います。

華(深田恭子)の職場に来た美佐子(マルシア)は自宅に招き、一緒に料理をするふりをしながら、華(深田恭子)の髪の毛や血液、指紋を隠し取ります。仕事から帰ってきた和馬(瀬戸康史)が、母親が集めた華(深田恭子)の物を見つけ疑うのは酷いと言います。

華(深田恭子)を送る帰り道で和馬(瀬戸康史)は、今度はSNS強盗事件を担当することになったと言います。華(深田恭子)は別れると言えずにいました。そんな二人の様子を円城寺輝(大貫勇輔)が見かけ和馬(瀬戸康史)が刑事であることを知ります。

家で華(深田恭子)が、和馬(瀬戸康史)とは別れなければならないよねと独り言を言っていると、三雲マツ(どんぐり)は結婚すればいいしバレなければ良い、ばれないようにしてやると言われます。和馬(瀬戸康史)に事件を解決させて捜査一課にするんやと話します。

SNS強盗事件の担当をしていることを知った三雲マツ(どんぐり)は作戦を思いつきます。華(深田恭子)に、和馬(瀬戸康史)の両親あてに旅行券を渡させ、両親が旅行の間は和馬(瀬戸康史)はうちに居て欲しいと言い、私が遊びに行きたいとお願いします。それと、家の写真を何枚か欲しいと言います。

和馬(瀬戸康史)からの家の写真を手に入れ、この写真に加工をして餌をまき犯人をおびき寄せると三雲マツ(どんぐり)は言います。

写真に加工が終わり、華(深田恭子)がてんとう虫3号を和馬(瀬戸康史)の家の門に置いていると美佐子(マルシア)が現れてしまい、華(深田恭子)は何とかごまかしてその場から逃げます。

三雲渉(栗原類)が秘宝を盗んだだろうと思う3人グループを見つけ、雲尊(渡部篤郎)と悦子(小沢真珠)は、取り戻しに行くことに決めます。

その3人組の犯人は、三雲マツ(どんぐり)の首にかけている秘宝の写真をネットで見つけます。

和馬(瀬戸康史)の家族が旅行に行くと、華(深田恭子)は和馬(瀬戸康史)の家に向かいます。物音がして和馬(瀬戸康史)が席を外した時、華(深田恭子)の前に雲尊(渡部篤郎)と悦子(小沢真珠)が現れます。狙っていた秘宝を自分達より先に盗んだ犯人を追ってきたら、ここに来たと話します。

旅行に行っていた美佐子(マルシア)が帰ってきました。彼女の首には秘宝がかかっていました。二階の物音を確認しに行った和馬(瀬戸康史)が危ないと三雲渉(栗原類)から聞いた雲尊(渡部篤郎)と悦子(小沢真珠)は和馬(瀬戸康史)の元に行き、犯人と格闘する和馬(瀬戸康史)を見た雲尊(渡部篤郎)は、やるじゃないかと感心します。

1階に居る美佐子(マルシア)と華(深田恭子)の前にも、犯人が現れます。三雲マツ(どんぐり)から服を受け取った華(深田恭子)は、美佐子(マルシア)を眠らせると犯人と格闘します。

3人の犯人の内の一人が秘宝を盗み逃げますが、雲尊(渡部篤郎)が取り返しに成功し、悦子(小沢真珠)の元に秘宝は来ました。

果敢に犯人に向かった華(深田恭子)の姿に美佐子(マルシア)は、今までのことを謝るのと華(深田恭子)を桜庭家の嫁に認めると言うのでした。

捕まえた犯人の取り調べで、和馬(瀬戸康史)は犯人から女にやられたと聞いたと華(深田恭子)に言い、一枚のイラストを見せます。その絵には、盗みに入るときに着る服の姿の華(深田恭子)でした。

上司に呼ばれていた父の桜庭典和(信太昌之)は、和馬(瀬戸康史)にと、警視総監の娘との縁談を進められていました・・・

ドラマ『ルパンの娘』第3話・ネット上の感想

ドラマ『ルパンの娘』第3話 dramania7読者の感想

読者A
読者A
華と和馬の結婚に関して、華のお婆ちゃんが協力してくれることになったのは、非常に良かったと思います。さらに今まで一番華のことを疑い、鑑識までやっていた和馬の母親も、華のことを認めてくれたようです。

しかし、犯人の似顔絵から、和馬は華のことを少し疑い始めているようです。それを華がどう説明するのかが、次回で最初に気になるところです。さらに、和馬は警察官の女性と見合いをすることになりました。和馬の昇進がかかっているようで、華とのことをどうしていくのかも気になります。

読者B
読者B
華のおばあちゃんのマツが考えた泥棒ホイホイ作戦がうまくいって良かったです。一時はどうなることかと思ったのですが、ちゃんとLの一族みんなで力を合わせて危険を回避できたのがいいポイントでした。

華のスーツ姿を今回は見れないのかと思ったのですが、華がスーツを着たので、かっこいい華の姿を見れて嬉しかったです。華がまた泥棒を倒したので、本当にかっこよくてドキドキしました。ハラハラドキドキを楽しめたので良かったです。

読者C
読者C
今回は華と和馬のアクションシーンが多めでとてもかっこよかったです。華が、最初犯人が現れた時に弱かったので演技なのかと思いましたが、おばあちゃんから泥棒の衣装を貰って着替えたらいつものように強くなったので、あの衣装にはそんな効果もあるのだとビックリしました!

おばあちゃんが応援してくれたお蔭で、和馬のお母さんや華の両親に結婚相手として認めて貰えたので安心しました。しかし、華の人物像を犯人たちに描かれてしまったので、和馬にバレないか心配です。

読者D
読者D
和馬の家に、泥棒や華の両親、さらには和馬のお母さんまで大集合した時はどうなることかとドキドキしたけど、なんとか切り抜けられて良かったです。しかも、犯人を捕まえたことで和馬のお母さんに交際まで認めてもらえるなんて嬉しかったです。

だけど、犯人が誰にやられたのかを自供してしまったので、華はどうやって和馬に弁解するのかが気になります。また、和馬にお見合い話も来てしまったいたし、せっかく家族に認めてもらえたのにまた一波乱起こりそうな気がしてドキドキします。

読者E
読者E
警察の家に泥棒をおびきよせて捕まえるという、おばあちゃんの発想も凄いですが、結局華の両親たちまで集合してしまうという事態に笑えました。

泥棒スーツに着替えると人が変わったようになる華ですが、動きにキレがあると同時に、フライパンなどのその場のものを使って攻撃したり防御したりで、見ていて飽きません。おばあちゃんの作戦のおかげもあって、和馬の母親も華のことを気に入ったようですし、ドタバタしながらもちゃんとストーリーが進んでいるので、続きも楽しめそうです。

読者F
読者F
華が交際している和馬が刑事だと知った祖母のマツが両親にバレたら串刺しや、Love is overなどの発言があったので反対していると思ったら、バレなきゃいいと手助けする展開になり、Love is overはLove is allと間違えて言っていたのが可笑しく笑ってしまいました。

華の父親の尊は、毎回呆気なく倒される和馬を情けなく思っていた所から、今回の闇の格闘家との激しいバトルで華麗な動きを見せて押さえ込む姿に納得したものの、男としてではなくL一族の後継者として認めたとはやっぱり視点が違うなと面白く感じました。華が桜庭家で初めて対面した和馬の祖父の和一と繰り広げた、和一の素早い動きから真剣を振り回されるのを、華麗に避けて最後は真剣白刃取りで終わるアクションは迫力満点で、和一の鋭さは今後どういかされるのか楽しみが膨らみました。

ドラマ『ルパンの娘』第4話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は、桜庭和馬(瀬戸康史)の母、美佐子(マルシア)の信頼を得た。しかし、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えない。

そんな折、和馬の父、典和(信太昌之)が見合い話を持って来た。相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきの)。華を気に入った美佐子は反対するが、典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、捜査一課への異動も出来ないため、華との結婚も無くなると言う。途方に暮れる和馬に、美佐子はとりあえず見合いをするよう勧める。見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、和馬は勇気づけられる。だが、見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。
華は円城寺輝(大貫勇輔)の協力で、和馬とエミリのデート現場へ潜入。円城寺が仕掛けた盗聴器で二人の会話を聞く華だが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白。実は、断片的な会話に過ぎず、和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。
傷心の華が家に帰ると、尊(渡部篤郎)たちが騒いでいる。ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのだ。泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心。そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師。この男が女性たちから騙し取った金で集めた金塊を奪い取ろうというものだった。

引用:公式サイトより

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪