2019年春ドラマ

ドラマ『あなたの番です』1話 ネタバレ感想・考察と2話あらすじ【衝撃のラストに騒然】

あなたの番です

2019年4月14日(日)から日本テレビ系「日曜ドラマ」枠にて、ドラマ『あなたの番です』がスタートとなりました。第1話はもうご覧になりましたか?

田中圭さん・原田知世さん演じる新婚夫婦がマンションで起こる交換殺人ゲームに巻き込まれていくというこちらのドラマ。原案・企画は秋元康さんです。公式ホームページのトップには「あなたには今、殺したい人がいますか?」というメッセージが現れ、なんだか不気味な雰囲気を醸し出しているのですが、どのようなストーリー展開となっていくのでしょうか?

日テレドラマ ドラマ『あなたの番です』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

本ページの情報は2019年4月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『あなたの番です』1話・あらすじ

手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)は、15歳年の離れた新婚夫婦。
幸せいっぱいの2人は、引っ越し作業に張り切っていた。仲良しファミリーや親切なカップル、幸せそうなお年寄りなど、すれ違うマンションの住民たちも皆いい人そうで、「思い切って買って良かった」と新生活に胸を膨らませる2人。

作業が一段落した頃、管理人の床島比呂志(竹中直人)が訪れる。床島は無遠慮に部屋に上がり込んで室内の写真を撮り、隅々までチェック。床島の態度に、菜奈は気圧されるばかり。 その後、菜奈と翔太は同じ3階の住人に引っ越しの挨拶へ行く。301号室の尾野幹葉(奈緒)から、このあと毎月1回開かれるマンションの住民会があるので、そこで他の住民にも紹介すると言われる2人。住民会への出席は、各部屋1人ずつ。ジャンケンで負けた菜奈が出席することに。

マンションの地下スペースで開かれる住民会。参加しているのは、101号室の久住譲(袴田吉彦)、103号室の田宮淳一郎(生瀬勝久)、104号室の石崎洋子(三倉佳奈)、201号室の浮田啓輔(田中要次)、202号室の黒島沙和(西野七瀬)、203号室のシンイー(金澤美穂)、尾野、304号室の北川澄香(真飛聖)、402号室の榎本早苗(木村多江)、403号室の藤井淳史(片桐仁)、502号室の赤池美里(峯村リエ)、そして床島。住民たちは新入りの菜奈に興味津々。

住民会の議題は、ゴミ置き場の清掃係を決めることだった。面倒な仕事だけに誰も自分から引き受けようとせず、結局、投票で決めることに。そして、ひょんなことから「人間誰しも、アイツ殺したいなあと思う瞬間がある」と言い出す床島。住民たちは戸惑いながらも、今まで自分が消えてほしいと思った人間について話し始める。ミステリー好きの菜奈が「殺人事件では、警察は動機のある人間を調べるので、すぐに捕まってしまう」と言うと、「殺したい人間がいる者同士が“交換殺人”をすれば、動機はないし捕まらないのでは?」と話は思わぬ方向に。床島は住民たちに、お互いに殺したい人間を発表し合うことを提案する。ゲームならばと皆、軽い気持ちで、余った投票用紙にそれぞれ“死んでほしい人”を書き、クジのように引くゲームが行われてしまったのだった。
こうして、住民会をきっかけに、菜奈と翔太を巻き込む恐ろしい殺人ゲームが幕を開ける…!!

引用:公式サイトより

ドラマ『あなたの番です』第1話・ネタバレ

※以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレご注意ください。

「あなたには殺したい人がいますか?」

日常生活において誰かを殺したい衝動に駆られても、ほとんどの人は行動にうつしません。それは捕まりたくないからです。巷で起きている殺人事件の約9割は知り合いによるものであるため、警察はまず被害者の交友関係から調べていきます。そのため、もしもその殺人を縁もゆかりもない人物が行なった場合、捕まる可能性はほぼゼロに近づくのです…。

手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)の新婚夫婦は思い切って購入したマンションへの引っ越作業に大忙しです。引っ越しが一段落して翔太が買い出しに出ているとき、管理人の床島比呂志(竹中直人)が部屋を訪ねてきて部屋に上がり、“現状確認”と言って部屋の写真を撮っていく様子に菜奈は少し気を悪くします。床島は住人全員にプレゼントしているという手作りのネームプレートを渡していきました。

翔太が戻ってきて、菜奈と翔太は隣の301号室に住む尾野幹葉(奈緒)に挨拶に行きました。幹葉は月イチで行われる住民会で紹介するため、代表者1名が出席するよう言って扉を閉めました。

すると304号室へ入ろうとする女性と男の子の姿を見かけ、菜奈と翔太は声をかけました。しかし304号室の住人は北川そら(田中レイ)だけで、女性は102号室の児嶋佳世(片岡礼子)でした。

303号室にも挨拶しようとインターホンを押す翔太が返答がなく不思議に思っていると、501号室の佐野豪(安藤政信)が空き部屋だと教えてくれました。

住民会にはジャンケンで負けた菜奈が出席することになりました。床島にプライバシーを侵害され、なんだか菜奈は居心地が悪いようです。住民会の議題はゴミ捨て場の清掃当番についてでしたが立候補する人はおらず、投票で401号室の木下あかね(山田真歩)に決定しました。どうやら普段からゴミの分別に厳しい住人のようです。

住民会が終わり、住民同士の交流をはかる歓談タイムが始まりました。お菓子係の502号室・赤池美里(峯村リエ)と集金係の202号室・黒島沙和が動きます。集金しにまわる沙和に菜奈はルールを尋ねました。お菓子は住人のカンパでまかなっており、カンパは1000円以上が普通だということがわかりました。

すると急に床島が菜奈に「殺したい人はいるか?」と聞いてきました。403号室・藤井敦史(片桐仁)との話の中で「出会ってすぐに殺意を抱いた」という話になったため菜奈に聞いてきたのです。夫婦揃ってミステリー好きの菜奈は、警察は交友関係から調べるため少しでも殺したい相手と関わりがあるといずれ捕まってしまうと話しました。それを聞いた藤井は交換殺人ならバレにくいと言い出し、全員の殺したい相手を紙に書いてクジ引きするというゲームが始まりました。くじ引きの結果、菜奈が引いたメモには“こうのたかふみ”と書かれていました。

部屋に戻った菜奈は、住民会での出来事を翔太に話せませんでした。そんな菜奈に、翔太は婚姻届を出しに行くのはまた今度?と尋ねました。まだ2人は婚姻届を提出していなかったのです。菜奈は年の差もあって翔太の気持ちがこの先ずっと変わらないのか不安に感じているようでしたが、翔太は菜奈に気持ちを伝えて安心させるのでした。

夕飯の買い出しに出た菜奈は、引っ越しで出たゴミをゴミ捨て場に持って行きました。そこには切り刻まれたクマのぬいぐるみが捨ててあり、菜奈は驚きました。

その後、外で402号室・榎本早苗(木村多江)に会い、ふたりは打ち解けました。その様子を謎の男(野間口徹)が見ていました。

マンションのロビーでは掲示板に貼られた清掃係の紙を睨みつけていました。通りがかった204号室・西村淳(和田聰宏)に、なぜ自分が清掃係に決まったのか尋ねましたが、西村も住民会を欠席していたと伝えて去りました。

管理人室の前では遊んでいたそらに、201号室の妹尾あいり(大友花恋)と柿沼遼(中尾暢樹)が声をかけ、部屋に戻るように促しました。そらは部屋に戻る途中で、203号室のシンイー(金澤美穂)、クオン(井阪郁巳)、イクバル(バルビー)たちが階段を駆け下りてくる所に遭遇し、駐車場に車を停めようとしている榎本正志(阪田マサノブ)と早苗を目撃しました。

食事を終えた菜奈と翔太は、ソファの下に鍵が落ちているのを見つけました。床島のものだと思い、翔太が管理人室に届けに行きました。声をかけたものの返事がなかったため、翔太は部屋に戻りました。床嶋に電話をかけることにしたふたりですが、近くから携帯電話の着信音が聞こえてきます。ベランダから聞こえてくる音に近づいていき、カーテンを開けるとそこには逆さに吊るされた床島の姿が!驚く菜奈と翔太ですが、床島が目を覚ましてさらに驚きます。吊るされている床島も驚いて暴れた拍子に落下し、亡くなってしまいました。

その頃ロビーの掲示板には“管理人さん”と書かれたメモが貼り付けられていました…。

ドラマ『あなたの番です』第1話・衝撃のラストに騒然

電話をかけるとどこからともなく着信音が聞こえてきて、カーテンを開けたら竹中さんが逆さ吊りになっていて、しかも目を開けるというのはかなり怖い演出でしたね!私も驚きすぎて思わず声が出てしまいました。ホラーが苦手な方はかなり衝撃を受けているようでした。

ドラマ『あなたの番です』第1話・ネット上の感想

https://twitter.com/hobbysyumi/status/1117792046436081664

ドラマ『あなたの番です』第1話 感想・考察

「交換殺人をすれば捕まりにくい」という理論は当たっているのかもしれませんが、殺人を犯すことにあまりためらいがなさそうな住人が揃っているのがかなり危険なマンションだなという印象でした。

他の住人たちは癖の強そうな人が多いですし、素性のわからない人も多くいます。冗談だと思っていた交換殺人が実際に始まり、引っ越し初日で菜奈と翔太は巻き込まれてしまいましたが、菜奈と翔太は無事に乗り越えることができるのでしょうか。今後の展開が楽しみなドラマですね。

ドラマ『あなたの番です』第2話・あらすじ

管理人の床島(竹中直人)が屋上から転落死した。マンションの掲示板には“管理人さん”と書かれた紙が…。これは、恐ろしい交換殺人ゲームの幕開けなのか!?

翔太(田中圭)は、ショックを受けて沈んでいる菜奈(原田知世)を気遣う。一方、住民会で行われたゲームのことを翔太に知られたくない菜奈は、翔太が床島の死の真相を推理し始めないか気が気ではなかった。

そんな中、臨時の住民会が開かれ、菜奈が参加。住民たちの間にはあのゲームが床島の死と関係あるのではないかと微妙な空気が流れる。藤井(片桐仁)から「交換殺人の話をし始めたあんたのせいだ」と責められ、戸惑う菜奈。シンイー(金澤美穂)が“管理人さん”と書かれた紙を見せると、一同は“やはり床島は、あのゲームで殺された…!?”と一気に不安になる。

―――この紙は誰が書いたのか?そして、誰が引いたのか?引いた人物が床島を殺したのか…?「まさか、そんな訳ない。偶然だ」と結論づける一同だったが、すでに悲劇はこれで終わりではなかった…!
引用:公式サイトより