2019年秋ドラマ

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察【克喜はニッポンノワールの人体実験の被害者だった!!】

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察【克喜はニッポンノワールの人体実験の被害者だった!!】

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第6回が放映されました。

ベルムズの元リーダー・Kこと喜志正臣(栄信)を殺害した容疑で公安に緊急逮捕された遊佐清春(賀来賢人)は、刑事になった時の教育係で公安から追われる身となった才門要(井浦新)に救い出され、逃亡生活に入ります。

逃亡開始後、すぐに才門要(井浦新)と別れた遊佐清春(賀来賢人)は、自分の息子だと判明した克喜(田野井健)をボナーロから連れ出し、逃走生活を送りながら、ニッポンノワールを負い始めますが・・・。

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察はこちらから

ドラマ『ニッポンノワール』【視聴率一覧&ドラマネタバレ・まとめ・見逃し動画配信・無料視聴方法】
ドラマ『ニッポンノワール』【視聴率一覧&ドラマネタバレ・まとめ・見逃し動画配信・無料視聴方法】2019年10月13日(日)から日本テレビにてドラマ『ニッポンノワール』第1話がスタートします。 このドラマは、全ての人間が疑心暗鬼の...

日テレドラマ ドラマ『ニッポンノワール』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

克喜が飲んでいたクスリの正体

才門要(井浦新)の手引きで逃走した遊佐清春(賀来賢人)は、ボナーロに克喜(田野井健)を迎えに行き、闇病院の院長に預けました。

さらに、碓氷薫(広末涼子)の家に侵入し、10億円強奪事件の捜査資料を持ち出します。

ネットカフェでそれらの資料を精査する遊佐清春(賀来賢人)でしたが、すぐに公安に見つかり、再び逃亡しました。

遊佐清春(賀来賢人)が逃亡しながら真相を追い続ける中、捜査一課碓氷班の刑事たちの行動も描かれます。

捜査一課碓氷班の多くが逃亡する遊佐清春(賀来賢人)を追う中、怪しい動きを見せる者もいました。

捜査一課課長・南部修介(北村一輝)は碓氷元警察庁長官(大和田伸也)と連絡を取っています。

才門要(井浦新)の今の恋人でもある高砂明海(立花恵理)は、厚みのある封筒(中身は札束?)をメガネをかけた人物(男性?)に渡しながら「職場には来ないでって言ったでしょ」と言っていました。

さらに、ガスマスクの男がベルムズを扇動し、ベルムズの現リーダー・陣内ナギト(落合モトキ)を奪還に来た際、病院を抜け出して戦闘に加わった江國光成(杉本哲太)は、病院でガスマスクの男らしき人物から「江國さん、先日はありがとうございました」と電話を受けています。

それぞれが怪しげな動きを見せる中、陣内ナギト(落合モトキ)の居場所を突き止めた遊佐清春(賀来賢人)は、ガスマスクの男について聞き出そうとしますが、公安の罠でした。

危うく確保されそうになった遊佐清春(賀来賢人)を、才門要(井浦新)が救い出します。

遊佐清春(賀来賢人)を助けた時点で、ニッポンノワールに命を狙われる身となった才門要(井浦新)は、遊佐清春(賀来賢人)を助けることにしたのでした。

一方、南部修介(北村一輝)は、捜査会議でニッポンノワールの存在を捜査員に公表し、10億円強奪事件の相撃ち画像が公安依頼で作ったフェイク画像だと公表します。

南部修介(北村一輝)は、自分も遊佐清春(賀来賢人)も命を狙われたことから、ニッポンノワールの存在を捜査員に公表することで、自分の身を守るつもりだと伝えました。

公安が遊佐清春(賀来賢人)を殺害し、被疑者死亡で送検するつもりだろうと仁平公安課長(相島一之)に釘を刺す南部修介(北村一輝)は、公安より先に遊佐清春(賀来賢人)の身柄を確保し、保護しようとも考えています。

ところが、闇病院に預けた克喜(田野井健)の様子を見に行った遊佐清春(賀来賢人)は、居場所を公安に所属する警察学校の同期・鈴木(矢本悠馬)に突き止めらてしまいました。

追手が迫る中、闇病院の院長から克喜(田野井健)が飲んでいた薬が日本未承認の劇薬の精神安定剤で、子供に使い続けていたら死んでしまうかもと聞かされて驚く遊佐清春(賀来賢人)。

克喜(田野井健)を迎えに来た深水咲良(夏帆)から「逃げて!」と連絡を受けた遊佐清春(賀来賢人)は、危うく才門要(井浦新)とともに捉えられそうになりますが、克喜(田野井健)を連れ、逃走に成功し、3人で高砂明海(立花恵理)の家に潜伏しました。

警察病院の秘密の地下室

ニッポンノワールを追う遊佐清春(賀来賢人)と才門要(井浦新)は、ベルムズのメンバーが警察病院に行った後で何人も行方不明になっていることを突き止めます。

その秘密を探るため、遊佐清春(賀来賢人)と才門要(井浦新)は、ガルムフェニックスの子供向けショーを警察病院で開くことを宝来撮影所のファイター田中(前川泰之)に依頼します。

一方、高砂明海(立花恵理)は「今から3時間後に才門警部と遊佐巡査長が警察病院に侵入しようとしています」捜査会議の席で公表しました。

仁平公安課長(相島一之)は、捜査員を急行させます。

南部修介(北村一輝)は、高砂明海(立花恵理)に「なぜ俺に報告しなかった」と責めました。

一方、警察病院ではガルムフェニックスのショーを終えたスーツアクター2名を、公安が遊佐清春(賀来賢人)と才門要(井浦新)と考え、拘束しようとしますが、中に入っていたのはファイター田中(前川泰之)と魁皇高校3年A組出身でスーツアクターを目指している青年・西崎颯真(今井悠貴)でした。

彼らを囮にして、医者に化けた遊佐清春(賀来賢人)と才門要(井浦新)はまんまと警察病院に潜入します。

魁皇高校3年A組出身のダンサー志望の青年・甲斐隼人(片寄涼太)から警察病院の極秘アルバイト募集の合格通知を受け取っていた遊佐清春(賀来賢人)は、秘密の地下室への潜入に成功しました。

遊佐清春(賀来賢人)と才門要(井浦新)を待ち受けていたのは、殴られても蹴られても平然と立ち上がる、まるでゾンビのような若い男たち。

彼らと戦い、なんとかさらに奥に進むとガスマスクの男が2人を待ち受けていました。

2人掛かりでなんとかガスマスクの男にマウントポジションを取り、押さえ込んだ遊佐清春(賀来賢人)は、ガスマスクを剥がそうとします。

しかし、再びスマホを見せられそうになり「同じ手を何度も食うか!」とはねのけますが、ガスマスクの右目にニッポンノワールのフラッシュ画像が映り、遊佐清春(賀来賢人)は再び気を失ったのです。

気がついた時、瀕死の重傷を負った才門要(井浦新)だけがそこにおり、ガスマスクの男は逃走した後でした。

瀕死の才門要(井浦新)は、碓氷薫(広末涼子)が克喜(田野井健)に託したUSBフラッシュメモリを遊佐清春(賀来賢人)に渡し、「奥の部屋に行き、PCに差し込め、克喜のすべてがわかる」と告げます。

奥の部屋に行き、セキュリティロックを解除して室内に潜入し、PCにUSBフラッシュメモリを差し込んだ遊佐清春(賀来賢人)の目に飛び込んできたのは、異様な実験室でした。

そこに、例のゾンビのような青年たちが現れますが、南部修介(北村一輝)が碓氷班の刑事を引き連れ、乗り込んできます。

ここで、第6回のオンエアは終わるのですが・・・。

遂に姿を現したニッポンノワールの実験場

遊佐清春(賀来賢人)が乗り込んだのは、ニッポンノワールの実験場であり、極秘プロジェクトの重要な研究・実験拠点に間違いないでしょう。

才門要(井浦新)は、ニッポンノワールに味方しているように見せかけ、独自にその存在を追い続けていました。

碓氷薫(広末涼子)が克喜(田野井健)に託したUSBフラッシュメモリがあの実験場のシステムを起動させるキーであり、実験場の場所が警察病院の隠された地下室にある、ということも突き止めていたと考えられます。

USBフラッシュメモリを入手したのは、最初は自分だけで潜入し、その秘密を暴くつもりだったのかもしれません。

しかし、独自捜査を続けるうち、克喜(田野井健)が遊佐清春(賀来賢人)の子供であり、遊佐清春(賀来賢人)もまたニッポンノワールに何かをされていると気がつき、ワナにはめられ、殺人容疑をかけられた遊佐清春(賀来賢人)を助けようと思ったのでしょう。

高砂明海(立花恵理)が捜査会議で公表したのは、ガルムフェニックスに化けて警察病院に潜入しようとする計画でしたが、実際の計画はファイター田中(前川泰之)たちを囮に、医者に化けて潜り込む、というものでした。

南部修介(北村一輝)が「なぜ俺に言わなかった」と責めますが、高砂明海(立花恵理)には別の思惑があったのです。

高砂明海(立花恵理)は捜査会議に潜り込んでいるニッポンノワールの息のかかった捜査員から遊佐清春(賀来賢人)と才門要(井浦新)を守るために、真の計画は南部修介(北村一輝)にのみ伝えろと言われていたのでしょう。

そう伝えたのは才門要(井浦新)で、地下室の存在を高砂明海(立花恵理)経由で南部修介(北村一輝)に伝えたからこそ、踏み込むことができたのです。

殴られても蹴られても立ち上がってくる不気味なゾンビのような青年たちは、ニッポンノワールの極秘プロジェクトで人体実験をされ、痛みを感じない強大な筋力を持つ人間に改造されたのでしょう。

行方不明になっているベルムズの構成員も含まれているに違いありません。

遊佐清春(賀来賢人)が「なぜベルムズなんだ、警察が闇でつながるとしたら、暴力団かアジアンマフィアだろ」と言っていましたが、そういった存在は、はした金では動かないでしょう。

被検体にする人間を集めるためなら、ベルムズを使って「ワリのいいバイトがある」と若者を集める方が手っ取り早いでしょう。

また、ベルムズを通して、金に困っていたり、家出をしたりしていて、行方不明になっても家族から騒がれる可能性が低い人物を被検体として選ぶことも可能ですから。

ニッポンノワールの被検体にされていた克喜

遊佐清春(賀来賢人)が断片的に取り戻した記憶の中で、碓氷薫(広末涼子)が克喜(田野井健)がニッポンノワールの被検体にされてしまったことが明かされました。

手のつけられないやんちゃで暴れん坊だった克喜(田野井健)がおとなしい子供になったことは、以前のオンエアでも南部修介(北村一輝)に語っていましたが、子供が飲み続けたら死んでしまうような、日本未承認の劇薬である精神安定剤を克喜(田野井健)は投与されていたのです。

それだけではなく、克喜(田野井健)が子供らしからぬ異様な怪力の持ち主であることが、深水咲良(夏帆)の口から語られました。

遊佐清春(賀来賢人)も、第1回のオンエアで克喜(田野井健)が拳銃を発射した際に、同じ違和感を覚えたと明かします。

拳銃を発射した際の衝撃は、かなり大きなもので、9歳の子供が構えて発射したら、おそらく衝撃で背後に倒れ込む(或いはふっとばされる)はずなのです。

ところが、克喜(田野井健)はそうはならなりませんでした。

ということは、ニッポンノワールの極秘プロジェクトで劇薬の精神安定剤を投与されただけではなく、ゾンビのような青年たちと同様の処置を受けたということです。

碓氷元警察庁長官(大和田伸也)は、克喜(田野井健)のことを「そろそろ返してもらわんと」と言っていましたが、実の孫が可愛くて返してではなく、「大事な被検体だから返して」という意味だったのでしょう。

一体、ニッポンノワールは、行方不明になっても騒がれないような若者を集め、殴られても蹴られても何度も立ち上がる不気味な人間にしてどうするつもりなのでしょう?

おそらく、感情も薬物かなにかでコントロールしているのでしょうから、ニッポンノワールにとって邪魔な人物を消すための実行犯として使うため、でしょうか?

深水星良(入山法子)を殺害した風間岳人も、警察病院の地下でニッポンノワールの極秘プロジェクトの処置を受けた人間だったのかもしれませんね。

碓氷薫(広末涼子)が殺害されたのは、ニッポンノワールの軍資金10億円を奪ってどこかに秘匿したことと、警察病院の秘密の地下室にある実験場システムを起動させるキーであるUSBフラッシュメモリを奪ったからだったのでしょう。

それらを取り返そうとするニッポンノワールの構成員によって命を絶たれてしまったのです。

N.N File case.17[Kiyoharu Yusa]

第6回の放映開始冒頭、『N.N File case.17[Kiyoharu Yusa]』という意味深な文字が現れます。

続いて「11月1日 2度めのフラッシュバック 起動」という文字が現れました。

前回のオンエアで、克喜(田野井健)と遊佐清春(賀来賢人)はニッポンノワールの極秘プロジェクトの被検体にされているのではないかと考察しました。

やはり、遊佐清春(賀来賢人)の記憶喪失は、日本ノワールの極秘プロジェクトの被検体にされたことによるものだと考えて良いでしょう。

遊佐清春(賀来賢人)はここ数ヶ月の記憶を失っていただけではなく、碓氷薫(広末涼子)に関する記憶も失っていました。

警察学校在籍時に、教官として在籍した碓氷薫(広末涼子)のことも忘れていたようですが、それは一夜限りの関係だったから、というわけではないでしょう。

薬物投与や催眠などで、碓氷薫(広末涼子)に関する記憶そのものも消されていた可能性があります。

その記憶を呼び覚ますためのキートリガーとなるのが、ニッポンノワールのフラッシュ画像ですが、記憶を呼び戻すのは少しずつです。

いずれにせよ、オンエア終盤で「11月11日ニッポンノワールの実験場潜入、遊佐清春覚醒まで残り34日」という意味深なテロップが出ましたから、34日後の12月15日が最終回オンエアとなり、遊佐清春(賀来賢人)がそこで失った記憶をすべて取り戻す展開になりそうです。

再び、ガスマスクの男は誰か考える

これまでの考察で、ガスマスクの男として可能性のある人物を2名上げてきました。

1人は才門要(井浦新)、もうひとりは名越時生(工藤阿須加)です。

第6回のオンエアで、才門要(井浦新)とガスマスクの男が直接対決をしていますから、可能性が高くなったのは名越時生(工藤阿須加)ですね。

南部修介(北村一輝)が高砂明海(立花恵理)ら碓氷班を伴い、警察病院の地下にあるニッポンノワールの実験場に踏み込んだメンバーの中に、名越時生(工藤阿須加)の姿はありませんでした。

また、碓氷薫(広末涼子)の計画では、碓氷班が強盗4人組を逮捕する予定だったのですが、その計画が狂い、強盗団は殺されたのです。

なぜ計画が狂ったのかと言えば、碓氷薫(広末涼子)の計画がニッポンノワール側に漏れていたからでした。

これまでのオンエアで名越時生(工藤阿須加)はストーカーかよ!とツッコミたくなるほど、碓氷薫(広末涼子)を追っかけていたことが明かされていますが、好きだから付け回していたのではなく、動向を探るために監視していたのかもしれません。

そうだとすれば、名越時生(工藤阿須加)がガスマスクの男である可能性はかなり高くなったのではないかと思います。

その一方で、もうひとり気になる存在が出てきました。

グレて家出したまま行方不明になった、20歳になる南部修介(北村一輝)の長男です。

ニッポンノワールがベルムズを使って行方不明になっても騒がれなさそうな若者を集めていることを考えると、南部の長男は取り込まれているかもしれません。

南部修介(北村一輝)は、長男の行方を独自に追ううちに、ベルムズとニッポンノワールの癒着にたどり着き、さらに探索を進めている間に碓氷薫(広末涼子)が10億円強奪事件を起こしたのかもしれません。

今のところ、名越時生(工藤阿須加)がガスマスクの男として最有力候補だと思いますが、ニッポンノワールに刺客に仕立て上げられた南部修介(北村一輝)の長男の可能性も視野に入れつつ、今後のオンエアを見ていこうと思います。

まとめ

遊佐清春(賀来賢人)との間にもうけた一人息子の克喜(田野井健)をニッポンノワールの被検体にされてしまった碓氷薫(広末涼子)。

克喜(田野井健)を救おうと心に決め、ニッポンノワールの極秘プロジェクト妨害し、10億円強奪事件を起こし、警察病院の地下にある秘密の実験場システムの起動キーであるUSBフラッシュメモリを奪い、秘匿します。

自分が殺されるかもしれないと悟った碓氷薫(広末涼子)は、遊佐清春(賀来賢人)に克喜(田野井健)の出自と10億円強奪事件の主犯が自分であることを打ち明け、その後殺害されました。

殺害を実行したのはニッポンノワール。

遊佐清春(賀来賢人)もまたニッポンノワールに被検体にされているのか、失った記憶をニッポンノワールのフラッシュ画像を見せられるたび、少しずつ取り戻しています。

遊佐清春(賀来賢人)を助けたことで、命を狙われるようになった才門要(井浦新)は、警察学校に潜入した際、ガスマスクの男と激しく戦い、瀕死の重傷を負い、亡くなりました。

秘密の実験場で対峙する、遊佐清春(賀来賢人)とゾンビのように殴られても蹴られても立ち上がる不気味な青年たち。

そこに踏み込んできた南部修介(北村一輝)率いる碓氷薫。

来週のオンエアは、この戦いがどうなるのかというところから始まります。

果たして、遊佐清春(賀来賢人)と克喜(田野井健)親子の運命は?!

来週のオンエアを楽しみに待ちましょう!

ABOUT ME
ナツメ
ナツメ
亡くなった身内が、某都道府県警の捜査1課長だったシャーロキアンです