2019年秋ドラマ

ドラマ『同期のサクラ』第7話 ネタバレ感想・考察と第8話あらすじ【桜は決して枯れない!たとえ散っても必ず咲いてたくさんの人を幸せにする!】

ドラマ『同期のサクラ』第7話 ネタバレ感想・考察と第8話あらすじ【桜は決して枯れない!たとえ散っても必ず咲いてたくさんの人を幸せにする!】

2019年11月20日に放送されたドラマ『同期のサクラ』第7話はもうご覧になりましたか?

前回は育児と仕事の両立の大変さについて考えさせられました!

今回は美咲島に架ける橋に重大な問題点が発覚し…!?

ドラマ『同期のサクラ』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『同期の桜』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】
ドラマ『同期のサクラ』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年10月から日本テレビにてドラマ『同期のサクラ』第1話がスタートします。 このドラマは、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障...

日テレドラマ ドラマ『同期のサクラ』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『同期のサクラ』第7話のあらすじ

2019年11月―。サクラ(高畑充希)の病室に訪れた黒川(椎名桔平)は、眠り続けるサクラに、「こんなことになったのは俺のせいかもな」と語りかけていた……。  

2015年11月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま、社会人7年目を迎えていた。故郷の島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父の柊作(津嘉山正種)と共に橋を渡るのを楽しみにするサクラ。しかしなぜか最近「橋は架からない」という不吉な夢ばかり見ることに不安を感じていた……。  

その日、モデルハウスで新築の家の販売会をしていたサクラは、かつての上司・黒川から「島に架かる橋に問題が起きた」と突然呼び出される。急いで本社に駆けつけ、待っていた葵(新田真剣佑)に案内されて土木部へ行くと、そこには人事部長から常務に出世した黒川と、かつてサクラと衝突した土木部の担当役員・桑原(丸山智己)の姿が。黒川は、橋の着工後に想定より地盤が弱いことがわかり、もし完璧を期すのであれば基礎を予定より深く打ち込まなくてはいけないと話す。今の深さでも安全基準はクリアしているため問題はないのだが、噂が広がり島民の間に不安が広がっているため、島の出身者として現地の説明会で島民を説得してほしいと頼まれるサクラ。調査会社の資料を見て今のままでも安全基準に問題がないことに納得したサクラは、島の説明会に行くことを決め……。

その夜、サクラは百合(橋本愛)、葵、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)と共にいつもの喫茶店へ。美咲島に行く話で盛り上がる中、蓮太郎は一級建築士の試験に受かったことを報告。さらに付き合っている人がいる、と意外な相手を発表する!楽しい時を過ごすサクラだが、不吉な夢のことは頭から離れず……。 そして島での住民説明会前日。サクラの故郷を見ようと同行した同期たちと共に、島の建設予定地に立ったサクラは感慨深く満面の笑みをこぼす。そんな中、葵だけは複雑な表情を浮かべているのだが……。 柊作がずっと体調不良をサクラに隠していたことを島民に聞いたサクラは実家の祖父の元へ向かう。病院に行くことを勧めるが、柊作は都合の悪いことは聞こえないふりをするばかり。その夜、サクラの実家を訪れた同期たちは柊作自慢のコロッケが並ぶ食卓を囲み、楽しい夜を過ごす。

入社してからの思い出話に花を咲かせるサクラと同期の姿をホッとしたように見つめていた柊作だが、サクラが席を外した隙に「話がある」と同期たちに怖い顔で迫り……。柊作から切なくもショッキングな頼み事を託された同期たちは言葉を失う……。 翌朝、住民説明会に向かおうと実家を出たサクラの前に葵が現れる。葵は、橋の工事について、あることに気づいたと打ち明け……!夢の実現を前に究極の選択を迫られるサクラ。ブレず曲がらず生きてきたサクラの集大成とも言える第7話。

引用・公式サイト

ドラマ『同期のサクラ』第7話・ネタバレ

2019年11月。

眠り続けるサクラの病室には黒川(椎名桔平)が訪れ、「こんなことになったのは俺のせいかもな」と問いかけていました。

時は遡ること2015年11月。

サクラは花村建設の子会社で社会人7年目を迎えていました。故郷の美咲島に架かる橋が着工し、祖父・柊作とともに完成を楽しみにしていました。

しかし、ここ最近、サクラは「橋は架からない お前の夢は叶わない」というファックスが送られてくる夢を見るのでした…。

そんな中、黒川に「島に架かる橋に問題が起きた」と言われ本社へ呼ばれたサクラは急いで向かいます。

葵(新田真剣佑)の案内で土木部へ向かうと、人事部長から常務に出世した黒川と共に、担当役員・桑原(丸山智己)の姿がありました。

黒川の話では、当初の想定より地盤が弱いことが発覚したのですが今の深さでも安全基準は問題ありません。しかし噂が広まってしまったため、島民の間に不安が広がっているのだと言います。

そのため、島の出身者であるサクラに現地へ行って住民説明会で島民に安全であることを説明して欲しいというのです。

その夜、サクラは同期達といつもの喫茶店に行きます。サクラと共に葵も美咲島に行くと聞いた他の同期達も一緒に美咲島に行くことになりました。

そこで、蓮太郎(岡山天音)は、すみれ(相武紗季)と付き合っていること皆に報告し、皆は驚きつつも祝福します。

住民説明会前日。

サクラは同期達と一緒に島へ戻り、楽しい時間を過ごします。サクラも「皆さんと一緒にここにいるなんて不思議な気分です」と笑顔を見せます。

そんな中、葵だけは複雑な表情を浮かべているのでした。

祖父・柊作が体調を悪いことを島民に聞いたサクラは急いで実家へ向かいます。 柊作はコロッケをこしらえている最中でした。 サクラは病院に行くこと進めるのですが、聞こえないふりをするばかりです。

その夜、サクラの実家を訪れた同期達は柊作のお手製コロッケや島民の皆がくれたご馳走を囲みわいわい盛り上がります。

サクラが席を外した隙に、柊作は同期達に頭を下げ「皆さん、サクラのことをよろしくお願いします。これからもどうか見捨てないで仲良くしてやってください。」と頼みます。

続けて「わしはもうすぐ死んでしまうんです。わかってるんです、もうながくないって。そしたらサクラは天涯孤独です。でも皆さんがいてくれたらあの子はもう寂しくないと思いました。あんな子ですが、どうかこれからもずっと仲間でいてやってください。お願いします」と涙ながらに話すのでした。

その夜、柊作はサクラに「サクラ、いい仲間を持ったな」と話し、サクラは「うん。じいちゃんが色々ファクス送ってくれたおかげだよ」と微笑むのでした。

翌朝、住民説明会に向かうサクラの前に葵が現れます。

葵はサクラに「言おうかどうか迷っていたんだけど。橋のことでちょっと問題見つけて。セメントの量が仕様書と違うんだ。桑原さんが利益のためにセメントの量を少なくしたんだと思う」と驚きの発言をするのでした。

サクラは桑原にどういうことか聞くと、「安全基準は満たしてる」と言うのですが、サクラは「100%安全とは言えません」と食ってかかります。

しかしやり直すとなると1からやり直しになり莫大な予算がかかるかめ、このまま工事を続けるのか橋を架けるのを諦めるかの究極の選択をサクラは迫られるのでした。

サクラは同期達に相談すると、正直に話す派と、サクラの夢を尊重する派に分かれます。最後はサクラが決めることになり、百合は「ねえ、おじいちゃんに相談してみたら?まだ時間あるし!」と提案し、サクラは実家の柊作のもとへと走ります。

サクラは柊作に「ねえじいちゃん。私は大人になれるかな。」と問いかけると、柊作は「お前は一生大人にはなれない。なる必要もない。」と答えるのでした。

そしてサクラは住民説明会の会場に行くと、百合が待ち構えていて「なんでサクラばっかりこんな目にあわないといけないんだろうね。神様ってひどいよね」とサクラを抱き締めます。

葵は「お前の思った通りにやれ。それがきっと正しい答えだから。お前が決めたことなら全力で応援する」と言い、菊夫は「安心しろ。お前が言ったことで桑原さんが怒ったら俺がガツンと言ってやるから」と言います。

そしていよいよ住民説明会が始まりました。

桑原がまず説明していると、蓮太郎がさくらのもとへやってきてすみれと通話を繋げます。すみれは「あなたがこれからする選択はいずれにしてもあなたを苦しめることになる。でも一人で苦しまないで私や皆に助けを求めなさい。それだけは約束して。分かった?」と告げます。

桑原の話が終わると、島民は「あんたの言葉はうそっぽい!サクラちゃんはどうだ?サクラちゃんが大丈夫って言ってくれたら信じる!」と発言します。

そしてサクラは島民に向けて「もし今タイムマシンがあって、花村建設に入ったばかりの頃に戻ることができたら、あの頃の自分に聞いてみたいです。皆さんに何て言ったらいいのか。」と切り出し、新人研修で同期達と美咲島に架ける橋の模型を作ったことを話します。

「その時、仲間達にこう言いました。私には夢があります。故郷の島に橋をかけることです。一生信じあえる仲間をつくることです。その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作ることです。2番目の夢は叶い、3番目の夢も仲間達といればいつか叶うと信じています。でも一番最初の夢は、叶いません。故郷の島に、橋は架かりません。いえ、架けてはいけません。だって十分に安全とは言い切れないから。ここにいる皆さんが命を落とすかもしれない橋を絶対に架けるわけにはいきません。」と言い、涙ながらに島民に謝罪するのでした。

説明会が終わった後、桑原に「こんなことしてどうなるかわかってんだろうな。もううちの会社にはいられねえぞ。」とサクラは言われます。すると同期達が駆け寄ってきて、「俺たちはサクラが正しいことをしたと思っています。」とはっきりと告げます。

サクラが実家に戻ると、柊作が倒れていました。サクラが呼びかけても反応しません。柊作は冷たくなっており、サクラは「やだよおじいちゃん。目を覚ましてよ」と何度も何度もよ呼びかけます…。

柊作は亡くなってしまい、サクラが実家の片付けを行っていると、柊作はサクラからの仕送りに一切手をつけていなかったことが分かりました。

サクラが東京の自宅に戻ると柊作からファックスが送られてきていました。

そこには「桜は決して枯れない。たとえ散っても必ず咲いてたくさんの人を幸せにする。」と書かれていました。柊作は息をひきとる間際、サクラにファックスを送っていたのです。

サクラは「じいちゃんに会いたい。じいちゃんの作ったコロッケが食べたい。」とファックスを送りますが、返事は来ないのでした…。

サクラは涙を流し、家の中をめちゃくちゃにします。 新人研修で皆と作った美咲島の模型も壊してしまうのでした。

数日後、サクラと連絡が取れないことを百合は心配してサクラのアパートに駆けつけます。

部屋の外からサクラに呼びかけますが、返答はありません。鍵があいていたので百合が入ると、暗い部屋でサクラは一人正座していました。

百合が「大丈夫?」と声をかけると、サクラは「大丈夫です。仕事に行かなければ。」と答え、立ち上がって部屋の外へ出ていくのでした。

2019年11月。

黒川はサクラに「結局俺はお前に辛いことばかり言ってきたな。お前が会社を休んで1年以上になる。残念だが辞めてもらうしかない。」と言い、解雇通知書をベッドサイドに置くのでした…。

ドラマ『同期のサクラ』第7話・ネット上の感想

https://twitter.com/KTowa/status/1197156847725080576

https://twitter.com/sakuramadam/status/1197156811477929984

ドラマ『同期のサクラ』第7話・感想・考察

今回は、前半はとても良かったのですが、後半は立て続けに重い展開が続きました…。

サクラは故郷の美咲島に橋を架けるという自身の長年の夢を自らの決断で諦めることにし、その上、最愛の祖父・柊作が亡くなってしまうという、サクラの心を壊すには十分すぎる出来事が重なってしまいました。

サクラが住民説明会で島民に涙を流しながら謝罪する姿に私も号泣してしまい、倒れている柊作にサクラが何度も呼びかけるシーンで号泣し、柊作がファックスを送ってくれていたシーンでも大号泣してしまいました。

こんなにドラマで涙を流したのは久しぶりでした。

百合がサクラを抱き締めて「なんでサクラばっかりこんな目にあわないといけないんだろうね。神様ってひどいよね。」と言っていましたが、本当にその通りですよね。

サクラばっかりこんな酷い目に遭うなんて、可哀想すぎます。

しかも2019年11月現在では、黒川がサクラのべッドサイドに解雇通知書を置いてしまいますし。

心が痛い出来事ばかりで…。早くまたサクラの笑顔が見たいです。

今後サクラは立ち直ることができるのでしょうか。

最後はハッピーエンドを迎えて欲しいのですが、この先の展開が全く読めません。

来週の放送を心待ちにしています。

ドラマ『同期のサクラ』第8話・あらすじ

 

2019年12月―。サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる……。  

2016年11月。自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう……。  

そして2018年1月。百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞る4人。葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと考える。  

翌日。百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねる。髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、荒れ果てた部屋に百合を上げる。「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があるのだと話す。  

菊夫がサクラを連れてきたのは二人の思い出の場所。そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思う菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もなく……。蓮太郎はサクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗。さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまう。駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがなく……。誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようとするも、あえなく撃沈。さらに百合は、サクラのあまりに自暴自棄な態度から口論になってしまい……。  

心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たち。サクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼む。今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人はそれぞれ強い喪失感に襲われて……。  

数日後。サクラの元に書留が届く。それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていた……。

引用:公式サイト