ドラマ『同期のサクラ』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話あらすじ【本気で叱ってくれるのが本当の友だ!】

ドラマ『同期のサクラ』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話あらすじ【本気で叱ってくれるのが本当の友だ!】

2019年10月23日に放送されたドラマ『同期のサクラ』第3話はもうご覧になりましたか?

前回は、営業部の菊夫の危機をサクラが救いました!

今回は入社三年目直前のサクラ達が描かれ、広報部・百合が結婚することになるのですが…。

ドラマ『同期のサクラ』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『同期のサクラ』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】

日テレドラマ ドラマ『同期のサクラ』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『同期のサクラ』第3話のあらすじ

2019年春、眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室には赤ん坊を抱く百合(橋本愛)の姿があった。夢を追い続けたサクラに影響され、娘に『夢』という名前をつけた百合は入社3年目直前のことを思い出していた……。

東日本大震災の前日、2011年3月10日。サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることに。“ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平)やすみれ(相武紗季)の指示でも納得しなければ従えないサクラに呆れつつ、一緒に取材に向かう。都市開発部で調子良く働く自信満々の葵(新田真剣佑)、一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという設計部の蓮太郎(岡山天音)、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮剥けた菊夫(竜星涼)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと頼む。やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラだが、取材が終わった途端、百合は転職か寿退社した方がマシだと本音を漏らし、男社会のゼネコンにうんざりした様子を見せる。サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届く。取引先を無下にすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼む。

その夜サクラは、百合と共にクライアントの待つ高級レストランへ。百合が一人でないことが気に入らない相手だが、サクラはそんな事は気にせず美味しい料理に感動。しかし、百合が席を外した隙に二人きりにして欲しいと頼まれると、忖度なしの発言でクライアントを怒らせてしまう。サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨する百合。会社で問題になったらどうするのだとサクラを責める。

イライラしながら実家に帰った百合は、部下とともにカラオケでどんちゃん騒ぎをする成金丸出しの父と、ホステスのように甲斐甲斐しく夫の世話をする母の姿にうんざり。さらに、衝動買いした物で散らかった部屋に着くと、恋人からの返信を急かすメールにうんざり。会社でも家でも自分の居場所を見つけられずにいた。 翌日、3月11日。人事部には広報部長の葦田が百合を連れて押しかけ、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立てる。同期をセクハラから守ったと話すサクラだが、本人は辛くなかったと主張する葦田を百合も否定せず……。黒川に促されたサクラが謝ろうとしたその時、大きな揺れが起きて……!

その夜、家に帰れずサクラの家に泊まった百合は、自分と違いまっすぐに夢を追うサクラの生き方を眩しく思いながらも、どこか暑苦しく感じてしまう。女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてきた百合は、会社から逃げるようにそれほど愛していない彼との結婚を決める……。

引用・公式サイト

ドラマ『同期のサクラ』第3話・ネタバレ

2019年春、赤ん坊を抱いた月村百合(橋本愛)が北野サクラ(高畑充希)の病室を訪れていました。

「サクラ。私の娘、夢っていうの。昔は夢って言葉が嫌いだったのに、あんたみたいな大人になって欲しいから夢ってつけちゃったじゃない。」と、眠り続けるサクラに話しかけます。

時は遡ること東日本大震災の前日、2011年3月10日。

サクラは間もなく入社三年目を迎えようとしていました。

サクラが人事部に出社すると、広報部の百合が新規採用向けのパンフレットを作るために訪れていました。 人事部長・黒川森雄(椎名桔平)の指示で、サクラは百合と一緒にもうすぐ入社三年目になる同期達に取材することになります。

百合は「ミス広報」ともてはやされ何事もそつなくこなしており、サクラに「私といる時は面倒なことを起こさないでよ」と釘をさします。

二人はまず都市開発部で調子良く働く葵(新田真剣佑)を取材し、次は一級建築士を目指す設計部の蓮太郎(岡山天音)の取材を行い、最後はサクラのおかげでますます仕事に精を出す菊夫(竜星涼)に取材をしたところで、サクラは「百合さんの取材もさせてください。」と言います。

百合は素晴らしいコメントをし、取材後、サクラは百合に「とても良かったです、百合さんのコメント」と絶賛するのですが、百合は「あんなのリップサービスよ、転職か寿退社した方がマシよ。」と本音を零します。

すると、百合の携帯にクライアントの先輩男性からしつこく食事を誘うメールが届き、百合は波風立てずにセクハラを回避するためにサクラに同行を頼みます。

百合はサクラを高級ショップへ連れて行き、サクラの服を見立て、二人で高級レストランへ向かいます。

クライアントはサクラが付いてきたことにガッカリするものの、サクラは初めて食べる高級料理に感動しっぱなしです。

クライアントは百合の手を撫で、たまりかねた百合はお手洗いへと席を立つのですが、その間にクライントはサクラに1万円を差し出し百合と二人きりにさせて欲しいと言い出します。

しかしサクラはいつもの様に忖度なしの発言をしてクライントを怒らせてしまい、クライアントは帰ってしまいました。

百合はサクラに「会社で問題になったらどうするのよ!信じらんない。」と怒ります。

実家に帰宅した百合は、部下とともにカラオケで騒ぐ成金丸出しの父親と、そんな父親にホステスのように尽くす母親にうんざりします。彼氏からのメールも鬱陶しく感じてしまうのでした。

翌日の3月11日。

人事部には広報部長が百合を連れて押しかけており、サクラと黒川を責め立てます。

すると間もなく、大きな地震が発生してしまうのでした。 サクラは冷静に同期達に連絡を取り、状況を確認します。

夜遅くなり、黒川は「女子社員はそろそろ帰れ」と号令を出し、サクラはもっと残りたいと言うものの却下され、仕方なく退社しいつもの喫茶店に向かいます。

そこには百合がおり、「電車が止まって帰れない。」と話すので、サクラは「じゃあうちに泊まりませんか?近いので。」と提案するのでした。

百合はサクラの家に泊まることにしたのですが、百合は自分とは違い夢に向かって真っすぐぶれずに突き進んでいるサクラを鬱陶しく感じていました。

翌日から人事部は震災対応でとても忙しい日々が始まりますが、数日後、ひと段落つき、通常業務に戻ることになりました。

黒川から百合が結婚して退職するということを聞いたサクラは急いで百合のもとへと向かいます。

サクラは屋上にいる百合を見つけ、「結婚するって本当ですか?どうしてですか?」と聞くと、百合は「彼氏からプロポーズされたから。」と答え、「もういい子のフリして営業用の笑顔を浮かべるのも疲れたから会社も辞める。」と続けます。

サクラは「仕事辞めたら幸せになれるのですか?それが百合さんの夢なんですか?」と聞くと、百合は「止めてくれる?夢夢夢夢うるさいのよ!夢がなきゃ生けてちゃいけないわけ!?」と怒り、次々辛辣な言葉をサクラにぶつけます。

百合が立ち去ろうとするとサクラは「ブス!」と叫び、方言で百合に説教し、「種をまかねば一生花は咲かない!もう無理して笑わなくていい、そのままのあんたでいればいい。」と言いますが、百合は「あんたと私は住む世界が違うの。同じ空気も吸いたくない。二度と私の前に現れないで!」と告げます。

その夜、サクラは祖父に百合とのことをファックスし、祖父からは「いい人と出会ったな。本気で叱ってくれるのが本当の友だ。彼女と別れるな。」とファックスが返ってきました。

後日、百合が広報部で最後の挨拶をしていると、サクラが入ってきて「皆さんはこんな優秀な人が辞めてしまってもいいんですか?」と話します。

百合は慌ててサクラを連れ出し、「どこまでお節介なの?」と憤慨します。

サクラは「百合さんは私の本当の友達だから。私が百合さんを好きな理由は、百合さんの言葉には嘘がないから。信用できると思ったから。こんな人が味方にいてくれたらどんなに心強いだろうと思ったからです。私もこれから何があっても百合さんの味方でいます。だから百合さん、私と友達になってくれませんか?」と手を差し出すのですが、百合は「誰があんたなんかと」と言ってその場を去ってしまうのでした。

百合が会社をでようとすると、葵に「いいよな女は。仕事辛くなったらやめたらいいんだし」と告げられ、蓮太郎には「好きだ」と告白され、菊夫には「結婚おめでとう。俺はもうサクラのこと仲間だと思ってるから。」と声をかけれらます。

するとサクラが追いかけてきて「最後に二人で写真を撮りませんか?」と言いますが、百合は断り、歩き出します。

サクラは「だったらせめてこれからいい友達を作ってください!いい仲間を探してください!私も頑張って百合さんみたいな友達探しますから!お願いします!」と後ろから声をかけます。

出口直前で百合は立ち止まり「なんで、なんで足が前に進まないの…。なんで涙が出てくるのよ。」と呟き、踵を返しサクラの方へずんずん歩きながら「いい加減にしてよ、いい友達ってなのよ。あんたのせいで結婚相手には謝らないといけないし、会社にはもう一回働かせてくださいって頭を下げなきゃいけないじゃない。」と告げます。

サクラはスッと百合の退職届を差し出し「上司に相談して今日まで百合さんの退職届を預からせてもらってたんです。」と言い、「そんなことできるの?」と百合は驚きますが、「人事部なので。」とサクラはサラッと答えます。

百合は「まあいいや、サクラらしいし。」と微笑みます。

サクラは初めて百合が自分のことを名前呼びしてくれたことに感激し、百合はサクラにも「百合」って呼んでと言います。

こうしてサクラと百合は本当の友達になったのです。

数日後、サクラは黒川部長からクライアントを怒らせた罰として、人事部から社史編纂室へと異動を告げられるのでした…。

ドラマ『同期のサクラ』第3話・ネット上の感想

https://twitter.com/irotubu05/status/1187023495374372866

https://twitter.com/xshichikenx/status/1187023755907751941

ドラマ『同期のサクラ』第3話・感想・考察

今回は百合メインの話でした!

百合といえば第一話でサクラにブチ切れたのが印象的でしたが、第三話でもやはり百合はサクラにブチ切れていましたね!しかしサクラも負けじと方言で言い返しており、屋上での二人の怒鳴り合いのシーンは圧巻でした。

サクラがこんなに感情を表に出すのは初めてだったので、「あ、サクラにもちゃんと怒りという感情があるんだな」となんか妙に安心してしまいました。

じいちゃんの言葉の「本気で叱ってくれるのが本当の友だ」という言葉はとても胸に響きました。

愛想ばかり振りまいて本音をいつも隠している百合もサクラの前では本音を話せて自分らしくいられますし、サクラと百合はいいコンビですよね。

物語終盤、百合がサクラを初めて名前で呼んでサクラが感激するシーンもとても良かったです。

百合はサクラのおかげで仕事を続けることにしましたし、本当に良かったですね。婚約破棄された彼氏はちょっと可哀想ですが…。

そしてサクラが今度は社史編纂室というところへ異動となりました!来週は蓮太郎メインの話ですし、どんな展開になるのかとても楽しみです!

ドラマ『同期のサクラ』第4話・あらすじ

2019年夏、眠り続けて3ヶ月が経つサクラ(高畑充希)の病室に訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた……。

2012年9月―。前年の震災の影響でサクラの故郷・美咲島に架ける橋の着工は延期。土木部で故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のくものの、社史編纂室に飛ばされながらも目の前の仕事に全力で取り組んできたサクラは1年ぶりに人事部に戻ることに。再び人事部長・黒川(椎名桔平)とすみれ(相武紗季)の下で働くことになったサクラは、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを回収するため各部を回る。

ますます絶好調で調子良く働く都市開発部の葵(新田真剣佑)、密かにサクラに好意を抱きつつ震災以来ボランティアに力を入れている営業の菊夫(竜星涼)、1年前の一件以来友達としてサクラを信頼しつつ広報での仕事にもやりがいを感じている百合(橋本愛)……と、同期の元を回っていくサクラ。そんな中、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる……。

その夜、両親がラーメン店を営む実家に帰宅した蓮太郎は、生き生き働く両親と店を手伝う大学生の弟の仲良し家族ぶりにすら嫌気がさしていた。翌日のコンペのための設計図作りにも行き詰まり、何もかもうまくいかない蓮太郎は、部屋にこもって仕事と家族への愚痴をネットの掲示板にぶつける。

翌朝、サクラはアンケートを回収するため蓮太郎を待ち伏せする。しかし、サクラと同期たちが自分の噂話をしているのを見た蓮太郎は、逃げるように立ち去ってしまう。その日の午後、設計部の前で蓮太郎を捕まえたサクラは、同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと話しているのを二人で立ち聞いてしまう。自分を笑い者にしている同僚たちの会話を聞いた蓮太郎は、悔しさから頭に血が上りそばにあったカッターを手に取る!慌てて止めようとしたサクラを振り払おうとした時、誤ってカッターがサクラに当たって……!手から血を流すサクラを前に動揺した蓮太郎は、その場から逃げ出してしまう。

その日、蓮太郎の家を訪ねたサクラは、蓮太郎から「もう会社にはいかない」と聞かされ……。設計の仕事は好きだが、プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎。同期たちの力を借りて蓮太郎を説得しようとするサクラだが、無断欠勤を続ける蓮太郎にはクビが迫っていた……。

引用:公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA