ドラマ『4分間のマリーゴールド』第9話 ネタバレ感想・考察と第10話あらすじ【結婚式を控えた沙羅とみことに衝撃の出来事が…!】

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第9話 ネタバレ感想・考察と第10話あらすじ【結婚式を控えた沙羅とみことに衝撃の出来事が…!】

2019年12月6日に放送されたドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話はもうご覧になりましたか?

前回、みことは「誰かの思いで死ぬ運命が変えられるのかもしれない。」ということに気が付きました!

しかし今回は、みことの「死の運命を見る」力が突然無くなってしまいます…!これは何を意味しているのでしょうか…。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・動画見逃し配信・無料視聴方法】

 

ドラマ『4分間のマリーゴールド』1話~最新話はParaviでご覧頂けます。
2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

2週間無料でParaviを利用する

無料おためし2週間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2020年20年3月時点のものです。
最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第9話のあらすじ

沙羅(菜々緒)の中学の同級生で小学校教師の滝沢(市川知宏)から頼まれ、みこと(福士蒼汰)ら消防署の面々は、小学生に救急救命の講習会を行う。 そこでみことと沙羅は、周囲から孤立する生徒・直哉(川口和空)のことが気にかかる。

一方、調理師専門学校の面接試験を終えた藍(横浜流星)は、沙羅に諭され、高校卒業後離れ離れになる琴(鈴木ゆうか)に告白する。また、廉(桐谷健太)も千冬(磯山さやか)に改めて会いに行くと宣言する。 花巻家みんながいい方へ向かっている様子を喜ぶみことと沙羅。

そんな中、滝沢が勤める小学校から救急要請が入る。 現場に急行したみことらは、階段から落ちて怪我をした直哉の処置に当たるが、通報した滝沢が意識を失い倒れる。滝沢は階段から足を踏み外した直哉をかばい、頭を強打したという。

意識が戻るかわからない滝沢を前に自分を責める直哉。 みことは、滝沢に対する直哉の思いを知り、思わず滝沢と手を合わせるが、何もビジョンが視えず驚愕する。

沙羅の運命の日が迫る中で、突然消えたみことの能力。 それは、一体何を意味しているのか? 運命を変えられることの予兆なのか!? それとも…!?

引用・公式サイト

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第9話・ネタバレ

みこと(福士蒼汰)を含む消防署の面々は、小学生に救急救命の講習会を行っていました。

この講習会は沙羅(菜々緒)の中学校の同級生で小学校教師の滝沢から頼まれたものです。

そこでみことと沙羅は、周囲とうまくなじめていない生徒・直哉(川口和空)のことが気にかかります。

一方、藍(横浜流星)は調理師専門学校の面接試験を受けていました。無事に終了し、兄弟皆で特上寿司を食べます。沙羅は琴とのことはどうするのかと藍に質問しますが、藍は「別に付き合ってないし」と答えます。

すると沙羅は「そんなんじゃ誰かに取られちゃうよ」と忠告し、藍は不安げな表情を浮かべるのでした。

翌日、藍は高校卒業後離れ離れになる琴に「ありがとう。もうすぐ会えなくなるから。一番言っておきたいことはそれ。琴は俺のこと一人でいても平気な奴って言ってたけど、琴がいなかったら寂しかったと思う。だからありがとう。」と言うのですが、琴は「あとは?」と詰め寄ります。

藍も観念して「俺は、琴のことが好き。付き合ってください。」と告白し、琴は「私も大好き!これからもよろしくね!」と飛びつくのでした。

一方、廉(桐谷健太)も千冬(磯山さやか)に会いに金沢に行き、「俺はまたお前と付き合いてえと思ってる。俺と一緒になってくれ」とプロポーズします。 廉は沙羅のことが落ち着いたら、家を離れ金沢に来る決意をしていたのです。

そんな廉に千冬は嬉しそうに「分かった」と微笑むのでした。

その頃、みことは沙羅に婚約指輪をプレゼントし、沙羅の左手薬指に嵌めます。 二人はキスをし、「幸せになろう」と誓い合うのでした。

2019年6月。

滝沢が勤める小学校から救急要請が入ります。

現場に駆け付けたみこと達は、階段から落ちて怪我をしたという直哉の処置にあたっていたのですが、突如滝沢が頭を抱えて意識を失ってしまいます。

滝沢は直哉が階段から落ちた時に直哉を庇い頭を強打したのです。

目を覚まさない滝沢を前に直哉は「俺のせいだ」と泣きそうな表情を浮かべます。

その後みことは自宅に戻り、滝沢のことを聞いた沙羅と共に滝沢が運ばれた病院に向かいます。

滝沢の病室には滝沢の母親がおり、滝沢が急性硬膜下血腫と診断され、このまま目を覚まさないかもしれないという話を聞くのでした。

滝沢の病室の外には直哉が様子を窺っており、みことと目が合うと駆け出してしまいました。

その後沙羅は、最近傷病者の運命を見ないようにしているというみことに「滝沢の運命も見てないんだよね?」と尋ね、みことは「見てない。良くなるって信じよう」と告げます。

翌日出勤したみことは、上司から滝沢が勤める小学校に救急救命のパンフレットを渡しに行くよう頼まれ、小学校に行きます。

すると直哉に会い、みことは直哉と話をします。

直哉は滝沢先生があんなことになったのは自分のせいだと言い、「先生に謝りたい。先生はいつも俺のことを気にかけてくれた。先生に元気になって欲しい。」と胸の内を明かします。

そして直哉は滝沢が大事に手入れしていた花壇を毎日一人で手入れしているのだと言います。

直哉の滝沢に対する思いを聞いたみことは、滝沢の手と自分の手を合わせ【死の運命】を見ようとします。しかし、みことは何も見ることが出来ませんでした。 突然みことの力は無くなってしまったのです。

みことは自宅に帰り、沙羅に滝沢の【死の運命】が見えなかったことを話し、一体これはどういうことなのか二人で首をひねります。

すると沙羅が手の平を差し出し「何か分かるかもしれない。」と言い、みことは躊躇するものの沙羅に促され手の平を合わせるのですが、やはり【死の運命】は見えませんでした。

その夜、廉と藍にもその話をするのですが、皆これから何を手がかりにしていいか分からず、混乱するばかりでした。

翌日、みことと沙羅は小学校に行き、直哉と共に花壇の手入れをします。沙羅は直哉に「先生の顔見に行こうか」と言い、三人で滝沢の病室に行くことになりました。

直哉は眠り続ける滝沢に「先生、ごめんなさい。言うこと聞かなかったから怪我させちゃって、ごめんさない。先生の花壇、ちゃんと花咲かせるからちゃんと元気になってね。先生、目覚まして。先生、先生、目覚まして。先生、先生。」と泣きじゃくります。

すると滝沢の手が少し動き、ゆっくりと目が開いたのでした。

その夜、みことは沙羅に「突然運命が見えなくなって不安だったけど今は見えなくなって良かったと思う。運命って何なんだろう。滝沢先生のように思いが届いて奇跡が起こることもある。俺は、本当に大切なことが見えなくなってた。ただひたむきに目の前の誰かに全力を尽くすこと。それが奇跡を起こすんじゃないかって。俺はこの先もずっと前だけ向いて沙羅を守るから。」と告げ、沙羅は「うん。それならもう怖くないね。」と微笑みます。

それからのみことは運命にとらわれるのはやめて、ただ目の前の人を救うことに全力を尽くしました。

そんなある日、花巻家に広洋(佐藤隆太)が戻ってきました。広洋は海外で理津と会ったため、沙羅のことも全部聞いたとのことです。

みことが沙羅の部屋に行くと、沙羅は「今新作を描いてる途中だから」とその絵を必死で隠します。

その後みことは広洋と話し、広洋はみことに「奇跡が起こると信じている人間は強い。今はみーくん、奇跡が起こるって信じてるんだろ?」と尋ね、みことは「うん」と微笑むのでした。

みことと沙羅の結婚式まであと10日となっていました。

そんな中、沙羅は広洋に一つお願いごとをするのでした。

翌日、沙羅とみことは絵画展に出かけます。

車の中でみことは沙羅に「新作は完成した?」と聞くと沙羅は「完成したよ。今までじゃ描けなかった絵。帰ったら見せるね」と微笑みます。

そして沙羅はみことに「私今すごく幸せ。ありがとう。」と感謝の気持ちを告げ、みことも「俺もだよ」と言った直後、目の前から大型トラックが突っ込んっできたのです…。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第9話・ネット上の感想

https://twitter.com/ri0710k/status/1202951524596346883

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第9話 感想・考察

今回は、なんといってもラストが衝撃過ぎて、驚き過ぎたと同時に怖くてたまりませんでした。

あの演出すごいと思います。

幸せな雰囲気の中に突然大型トラックが突っ込んで来て、もう視聴者は全員唖然となったと思います。怖すぎですあの展開…。

沙羅はこの交通事故で亡くなる運命だったのですね。私は何か病気を患ってしまうのかなと思っていましたが、そういえば沙羅は人間ドッグもどこも問題ありませんでしたもんね。

でもまさかこんな突然、それもみことと一緒にいるときに事故にあうなんて…。いや、まあ事故は突然起こるものですが、結婚式を間近に控えているこのタイミングなんて沙羅もみことも可哀想で仕方ありません。

しかし、まだ沙羅が死んでしまうと決まったわけじゃありませんもんね。来週は最終回ですが、必ず奇跡が起こると信じています。

このまま沙羅が死んでしまったらもう悲し過ぎてやり切れません。

沙羅はみことと結婚して幸せに生きていって欲しいです。

一方、藍と琴は無事にカップルになり、廉も千冬へのプロポーズ成功して良かったですね!他の兄弟達が幸せになっているので、本当に奇跡が起きて沙羅とみことも何十年も一緒に生きて欲しいです。

来週の放送が待ち遠しいです!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第10話・あらすじ

突然の事故に遭い、みこと(福士蒼汰)の必死の救命措置にも関わらず昏睡状態に陥った沙羅(菜々緒)。みこと、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)は、ただひたすら沙羅が目を覚ますことを願うが、運命の日は刻々と近づいていく。

帰国した母・理津(麻生祐未)は、沙羅の状態を知り悲しみに暮れるが、その悲しみを見せず、みことら兄弟たちを懸命に励ます。 そんな中、みことは沙羅が事故に遭う前に広洋(佐藤隆太)にあるものを託していたことを知り…。

「生」と「死」に立ち向かい続けてきたみことは、奇跡を起こすことができるのか!?

沙羅の命はどうなるのか? ついに沙羅の運命の日が訪れる…!!

引用・公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA