2019年秋ドラマ

ドラマ『同期のサクラ』第4話 ネタバレ感想・考察と第5話あらすじ【辛い時こそ自分の長所を見失うな!】

ドラマ『同期のサクラ』第4話 ネタバレ感想・考察と第5話あらすじ【辛い時こそ自分の長所を見失うな!】

2019年10月30日に放送されたドラマ『同期のサクラ』第4話はもうご覧になりましたか?

前回は、サクラと百合が本当の友達になりましたね!

今回は入社四年目のサクラ達が描かれ、一級建築士を目指す蓮太郎がクビの危機に!?

ドラマ『同期のサクラ』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『同期の桜』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】
ドラマ『同期のサクラ』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年10月から日本テレビにてドラマ『同期のサクラ』第1話がスタートします。 このドラマは、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障...

日テレドラマ ドラマ『同期のサクラ』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『同期のサクラ』第4話のあらすじ

2019年夏、眠り続けて3ヶ月が経つサクラ(高畑充希)の病室に訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた……。

2012年9月―。前年の震災の影響でサクラの故郷・美咲島に架ける橋の着工は延期。土木部で故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のくものの、社史編纂室に飛ばされながらも目の前の仕事に全力で取り組んできたサクラは1年ぶりに人事部に戻ることに。再び人事部長・黒川(椎名桔平)とすみれ(相武紗季)の下で働くことになったサクラは、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを回収するため各部を回る。

ますます絶好調で調子良く働く都市開発部の葵(新田真剣佑)、密かにサクラに好意を抱きつつ震災以来ボランティアに力を入れている営業の菊夫(竜星涼)、1年前の一件以来友達としてサクラを信頼しつつ広報での仕事にもやりがいを感じている百合(橋本愛)……と、同期の元を回っていくサクラ。そんな中、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる……。

その夜、両親がラーメン店を営む実家に帰宅した蓮太郎は、生き生き働く両親と店を手伝う大学生の弟の仲良し家族ぶりにすら嫌気がさしていた。翌日のコンペのための設計図作りにも行き詰まり、何もかもうまくいかない蓮太郎は、部屋にこもって仕事と家族への愚痴をネットの掲示板にぶつける。

翌朝、サクラはアンケートを回収するため蓮太郎を待ち伏せする。しかし、サクラと同期たちが自分の噂話をしているのを見た蓮太郎は、逃げるように立ち去ってしまう。その日の午後、設計部の前で蓮太郎を捕まえたサクラは、同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと話しているのを二人で立ち聞いてしまう。自分を笑い者にしている同僚たちの会話を聞いた蓮太郎は、悔しさから頭に血が上りそばにあったカッターを手に取る!慌てて止めようとしたサクラを振り払おうとした時、誤ってカッターがサクラに当たって……!手から血を流すサクラを前に動揺した蓮太郎は、その場から逃げ出してしまう。

その日、蓮太郎の家を訪ねたサクラは、蓮太郎から「もう会社にはいかない」と聞かされ……。設計の仕事は好きだが、プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎。同期たちの力を借りて蓮太郎を説得しようとするサクラだが、無断欠勤を続ける蓮太郎にはクビが迫っていた……。

引用・公式サイト

ドラマ『同期のサクラ』第4話・ネタバレ

2019年夏、北野サクラ(高畑充希)は眠り続けて三ヶ月が経っていました。 サクラの病室には蓮太郎(岡山天音)が訪れており、「最近お前の気持ちがよく分かるよ。こんな風に変わることが出来たのは入社四年目のあの時からなんだ。そのせいで、お前にこんな傷作らせちゃったけど…。」と話しかけ、サクラの手に残る傷痕を見つめるのでした。

2012年9月。東日本震災の影響でサクラの故郷・美咲島に架ける橋の着工は延期となっていました。

サクラは社史編纂室に飛ばされてしまっていましたが、一年ぶりに人事部に戻れることになりました。そして人事部長・黒川(椎名桔平)からさっそくメンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任されることになります。

一ヶ月前にすみれ(相武紗季)が社員全員にストレスチェックシートをメールで一斉送信したのですが、未回答の人がいるので、サクラが回収に行くことになりました。

まずは都市開発部の葵(新田真剣佑)に会いに行き、その場でアンケートを取るのですが、葵はますます絶好調で調子よく働いていたためストレスとは無縁そうでした。

続いて営業部の菊夫(竜星涼)に会いに行き、菊夫はサクラへ密かに想いを募らせていますがサクラは全く気が付いていません。

広報部の百合(橋本愛)はサクラを友達として頼りにしつつ生き生きと働いていました。

最後に設計部の蓮太郎に会いに行くのですが、「悩みはない!」と言いながらもイライラした様子で、サクラは不思議に思います。すると設計部の先輩や後輩たちが「また一級建築士の試験落ちたからイラついてんだろ」とからかいはじめます。

明らかに周囲と馴染めていない様子の蓮太郎にサクラは心配になるのですが…。

その夜、実家のラーメン屋に帰宅した蓮太郎は、両親と店を手伝う大学生の弟の円満な家族ぶりにもいらつきます。翌日のコンペのために設計図を完成させなければならないのに行き詰まってしまい、何もかもうまくいきません。

イライラが爆発した蓮太郎はネットの匿名の掲示板に職場の人間や家族の愚痴を書き込むのでした。

翌日、蓮太郎はコンペのために完璧に準備しますが、時間通りに会議室に行くもそこには誰もいません。蓮太郎が先輩に電話すると「もう終わったよ。あれ?伝えてなかったっけ。二時間早くなったの。」と言われ、蓮太郎は絶望します。

真っ青な顔で会議室を出ると、サクラが待ち構えていました。

二人で設計部の方へ戻ると、蓮太郎の同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと笑いながら話しているのを聞いてしまいます。

蓮太郎は頭に血が上り近くにあったカッターを手に取り、同僚達の方へ向かおうとします。サクラは「何してるんですか!」と慌てて止めますが、蓮太郎がサクラを振り払おうとした拍子にサクラの手にカッターが当たってしまいました。

サクラの手からは血が流れ、蓮太郎は顔面蒼白になりその場から逃げ出してしまうのでした。

その夜、サクラは蓮太郎の実家のラーメン屋を尋ね、両親から蓮太郎が「もう会社に行かない」と言っているということを聞きます。

サクラが二階の蓮太郎の自室を訪れると、蓮太郎はサクラを見るなり気まずそうに「手は?」と聞き、サクラは「五針縫いましたが大丈夫です。」と答え、「会社を辞めるという話は本当ですか?」と尋ねます。

蓮太郎は転職しようと思う、と答えるのですが、サクラは「設計が好きなんでしょう?」と言い、今日のコンペの為に作成した設計図を見せてもらいます。

サクラはその設計図を見て始めは褒めるのですが、すぐに数々の問題点を指摘します。

「もういいから帰ってよ」と言い、蓮太郎はサクラを追い返してしまうのでした。

それから蓮太郎は何日も無断欠勤をしてしまいます。

サクラは蓮太郎以外の同期をいつもの喫茶店に呼び寄せ、「今から蓮太郎くんのお家に行って会社に来るよう説得してもらえませんか?」とお願いするのでした。

サクラはあれから毎日蓮太郎の部屋を尋ねているのですが、蓮太郎は引きこもりを続けているようです。

百合と菊夫はサクラと一緒に蓮太郎の部屋を尋ね、三人で部屋の外からどうにか説得を試みますが、まるで効果がありません。

すると葵も登場し、葵が軽い感じに説得を始めると、蓮太郎が部屋から顔を覗かせ、「俺はお前のことが一番嫌いなんだよ。いつもえらそうに」とだけ言って再び引きこもってしまうのでした。

最後にサクラが「明日までに会社に来ないとクビになってしまいます。本当にいいんですか?皆蓮太郎くんのことを仲間だと思ってるから今日来てくれたんですよ。」と問いかけるのですが、蓮太郎は「お前たちに俺の気持ちなんてわかんないから。うちの会社に入ったのも失敗だったんだよ。もう二度と失敗したくないからずっとこの部屋にいるよ。どうせ人類は滅亡するし。」と卑屈な言葉ばかりを発します。

「新人研修は楽しくありませんでしたか?蓮太郎くんが設計してくれたあの橋は本当に素晴らしいと思いました。あなたには才能があります。今は辛いかもしれませんが諦めないでください。お願いします。」とサクラが言うと、蓮太郎は扉を開けてサクラにコンペに提出するはずだった設計図を渡し「もう設計も辞めるから。」とそっけなく呟きます。

そんな蓮太郎にサクラも切れてしまい、「あ~そうですか。了解で~す。どうぞずっとその部屋にいてください。」と言って立ち去るのでした。

その夜、サクラはじいちゃんに「同期に酷いことを言ってしまった。自分が嫌になるよ。」とファックスを送ると、じいちゃんからは「その若造、むかつく。でもおまえまで自分を嫌いになってどうする。辛い時こそ自分の長所を見失うな。」と返信が来るのでした。

翌日、自室にこもる蓮太郎のもとに百合から電話がかかってきて「サクラが今から設計部に殴り込みに行くって言ってる。」と聞かされます。

蓮太郎が急いで会社に出社して設計部の扉の前に到着すると、サクラが設計部の部長に蓮太郎がコンペに出すはずだった設計図を差し出している姿が見えました。

その設計図はサクラから指摘された問題箇所が直っていました。

サクラは「蓮太郎くんは今は自分の欠点ばかり気にして、長所を見失ってしまっています。でも彼にはどんなに時間がかかっても諦めないねばり強さがあります。それはデザイナーにとって重要な資質なのではないですか。」と訴えるのですが、部長は相手にしてくれません。

すると蓮太郎が乱入し、設計部の皆に「今まですみませんでした。どうせ自分のことを分かってくれる人間はいないってネガティブに考えて、うまくいかないと全部人のせいにして、自分で勝手に孤独の世界に閉じこもっていました。でも俺にもやっと一つ夢が出来ました。いつか、同期のサクラに認めてもらう建物を作ることです。そのためならどんなに失敗しても諦めません。だから今日からまた皆さんと働かせてもらえませんか。お願いします。」と頭を下げます。

そしてサクラに「ありがとう。サクラ。」とお礼を言い、サクラは「蓮太郎くんに負けないように私も諦めずに頑張ります。」とニッコリ笑うのでした。

その夜、蓮太郎が実家のラーメン屋に帰ると、サクラがラーメンを食べに来ていました。蓮太郎も今までは頑なに実家のラーメンは食べませんでしたが、「俺も食べようかなあ」と言うので両親は大喜びします。

そしてサクラと向かいあってラーメンを食べ、あまりの美味しさに感激するのでした。

数日後、サクラは黒川部長からサクラの故郷・美咲島に架ける橋の工事が中止になったことを聞かされます…。

ドラマ『同期のサクラ』第4話・ネット上の感想

https://twitter.com/hamagroro5677/status/1189547704713543681

https://twitter.com/dai5gogo/status/1189548385629429766

ドラマ『同期のサクラ』第4話・感想・考察

今回は蓮太郎メインの話でした!蓮太郎が予想以上に卑屈でうじうじキャラだったので、割と笑ってしまう場面も多かったです。

葵に「俺お前のことが一番きらい。」と、わざわざ自室の扉から出て来て面と向かって言い放ったシーンとか面白くて好きでした。

しかし、蓮太郎が設計部の部長からされたことって完全にパワハラだったので心が痛くなりました。コンペの正しい時間教えないとか絶対やっちゃいけないことですよね。

同僚達もすごく感じ悪かったですし…。

でも蓮太郎はちゃんと自分の悪いところを自覚して皆に頭下げて謝罪したので本当に偉かったです。あんなに素直に蓮太郎が謝るとは思っていなかったので驚きました。サクラの言動に心を打たれたのでしょうね。

それなのに部長は蓮太郎に全然謝罪しなくて、同僚達が謝る場面も描かれていなかったのでそれはちょっとモヤっとしました。きちんと蓮太郎に謝って欲しかったです。

うーん、謝るシーンを盛り込まなかったのはリアルさを追求するためなんでしょうか。

まあでも蓮太郎がこの一件以来ネガティブキャラを卒業して一生懸命仕事に取り組んで、無事に一級建築士にもなれたので、本当に良かったですね!

サクラの笑顔は今回も可愛かったです!

来週はついに調子の良い男・葵メインの話なので、とても楽しみにしています。

ドラマ『同期のサクラ』第5話・あらすじ

 

2019年、夏―。目を覚まさないサクラ(高畑充希)の病室に訪れた葵(新田真剣佑)は、「たいへんよく出来ました」と書かれたシールが貼られた手帳を手に、入社5年目の出来事を思い出していた……。  

2013年9月。美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていた。そんな中、人事部では黒川(椎名桔平)が社員の社内表彰に関する仕事をいつものようにすみれ(相武紗季)に丸投げ。社内告知の手配を頼まれたサクラは、葵が社長賞を受賞したことを知る。しかし広報部の百合(橋本愛)によると、受賞者は立候補した人の中から選ばれるため、自己アピールとパフォーマンスばかりしている葵のような人が選ばれるのだと冷めた様子。 社長室で表彰され、いつものように調子の良いスピーチをする葵だが、社長(西岡德馬)から「お父さんによろしく」と言われると複雑な表情を見せる。サクラは、葵の父が国土交通省の高級官僚だと知る……。

その頃、都市開発部では目玉プロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生!表彰状を持って意気揚々と戻ってきた葵は青天の霹靂に慌てるが、お前にできることは国交省の父親に頼むことだ、と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱いていた。

その夜、葵の社長賞を祝おうというサクラの呼びかけで、百合、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)はいつもの喫茶店に集まっていた。自分の抱える問題を打ち明けることもできず、いつもの調子のいいキャラクターを演じる葵だが、同期たちが悩みながらも充実した日々を過ごしている様子を目の当たりにすると、つい見下すような発言をしてしまう。

怒った百合たちは帰ってしまい……。残されたサクラは同期を傷つける葵の発言に突然号泣し酔いつぶれる!仕方なくサクラを家まで送り、重い足取りで高級住宅街に佇む実家へ向かう葵。プロジェクトの凍結について切り出そうとするが、父・康秀は同じエリート官僚の兄・光一とばかり話し、葵の話には耳も貸さず……。 翌日。父に相手にされなかったことを同僚に言い出せない葵は、別の案を提案しようとするが、実力のないコネ入社のくせにリーダーぶる姿を一刀両断され深く傷つく。その夜、サクラの前で激しく酒を飲んだ葵は、家では劣等感と疎外感を感じ、会社では親の七光りだと陰でバカにされている自分のことを笑いながら話すと酔いつぶれてしまい……。葵を家まで送り、その立派な建築に感動したサクラは、葵の父と兄に会うと、突然嘆願書と、書き込みのされたパンフレットを渡す!サクラの行動に背中を押され、話を聞いてほしいと父親に土下座する葵だが、冷たくあしらわれてしまう。葵にかける言葉を探すサクラだが、葵から突然「俺と付き合わない?」と迫られて……!

引用:公式サイト