2019年秋ドラマ

ドラマ『同期のサクラ』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【大人になるってことは自分の弱さを認めることだ!】

ドラマ『同期のサクラ』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【大人になるってことは自分の弱さを認めることだ!】

2019年10月16日に放送されたドラマ『同期のサクラ』第2話はもうご覧になりましたか?

前回は、高畑充希さんが演じる【忖度できない性格】の主人公・サクラと、サクラの同期達の出会い~新人研修~配属発表までが描かれました!

今回は入社二年目のサクラ達が描かれます!

ドラマ『同期のサクラ』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『同期の桜』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】
ドラマ『同期のサクラ』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年10月から日本テレビにてドラマ『同期のサクラ』第1話がスタートします。 このドラマは、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障...

日テレドラマ ドラマ『同期のサクラ』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『同期のサクラ』第2話のあらすじ

眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室。サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫(竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。

2010年5月―。サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。その忖度できない性格は相変わらず。修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。 その日、人事部では「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、部長の黒川(椎名桔平)がすみれ(相武紗季)とサクラに丸投げする。「何故、残業してはいけないのか?」という疑問を黒川にぶつけるサクラだが「社員の健康と環境を守るため」という答えに納得すると早速各部署にメールを打ち始める。面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をハッキリ言うあまりトラブルの種になりかねないサクラに挟まれストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに……。

調子よく仕事をする都市開発部の葵(新田真剣佑)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の百合(橋本愛)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の蓮太郎(岡山天音)、と同期の仲間たちと久々の再会をしたサクラ。それぞれの労働環境を熱心にメモしながら、営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会する。しかし、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。なんと桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男。慌てたすみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持たない。サクラは明るく振る舞う菊夫のことを不安げに見つめ……。

その夜、菊夫は担当する建設現場の工期を1ヶ月早めるよう桑原から無茶振りを受け、高圧的な桑原と悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまう。問題を抱え込む菊夫は1年目にサクラに教えてもらった喫茶店へ。偶然来ていた同期のメンバーたちと顔を合わせ、社内でも有名な嫌な上司・桑原の下についたことに同情される。しかし、サクラだけはなぜか何も言わずにさっさと帰ってしまうのだった……。 1週間後。人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がる。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が営業に行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまい……。

心身ともに追い詰められた菊夫を助けるため、自分の夢を諦めないため、忖度しないサクラが進む道とは……!?

引用・公式サイト

ドラマ『同期のサクラ』第2話・ネタバレ

北野サクラ(高畑充希)の病室に菊夫(竜星涼)が訪れ、眠り続けるサクラに「俺はいつかサクラが目を覚ますって信じてるから。なあ、会社入って二年目のこと覚えてるか?俺のことをお前が救ってくれたんだよな」と話しかけます。

時は遡ること2010年5月。サクラは花村建設の人事部に入社してから2年目を迎えていました。 サクラは相変わらず忖度できない性格で、社内の満員のエレベーターで大声で電話する男性に「誰もいないところでかけ直してもらえませんか?」と堂々と注意したりしています。

サクラが人事部に出社すると、黒川部長(椎名桔平)から「経費削減のために無駄な残業時間を減らせというお達しが上から出ているから各部署に伝えてくれ」と言われ、火野すみれ(相武紗季)とサクラは各部署に残業削減をお願いして回ることになりました。

都市開発部では葵(新田真剣佑)が調子よく仕事をしており、広報部の百合(橋本愛)は男社会の会社に不満を抱えながら働いていました。

設計部の蓮太郎(岡山天音)は雑用ばかりで意見を聞いてもらえず設計図も書かせてもらないと愚痴を零しています。

最後に菊夫が働く営業部に行き、サクラが久しぶりに菊夫と話していると、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れます。 なんと桑原はサクラが今朝エレベーターで注意をした男性でした。

桑原は口調がとてもきつく、明らかにパワハラ臭が漂っています。

サクラは菊夫のことを心配そうに見つめますが、すみれに促されて営業部を後にするのでした。

その夜、菊夫は担当する建設現場の工期を1ヶ月早めるよう桑原から無理難題を押し付けられ、下請け業者にその話をしに行きますが、当然承諾してもらえませんでした。

こうして菊夫は高圧的な桑原と下請け業者の板挟みになってしまうのでした…。

思いつめた菊夫は、1年目にサクラに教えてもらった喫茶店へと向かいます。

そこには偶然同期のメンバーが集っており、皆から「桑原部長って横暴で有名だから、その下についてるなんて大変だろ?」と同情されます。

しかし菊夫は決して桑原部長の悪口は言いませんでした。 サクラは何も口を挟まず、ご飯を食べたら「また明日」と言ってさっさと帰宅してしまいます。

しかしサクラがその夜祖父に送ったファックスには、菊夫のことを心配する内容が書かれていました。

一週間後、人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がります。その中でも菊夫の残業時間は突出していました。

黒川の代わりにサクラが桑原に注意をしに行くことになり、営業部に向かうのですが、そこでは菊夫が桑原から罵声を浴びせられていました。

菊夫は桑原から下請け業者から工期を早める承諾を取れるまで帰ってくるな、とまで言われています。

そこにサクラが割って入って行き、「今日は菊夫くんは定時で帰らせてもらえますか。営業部の残業時間は問題となっています。」と言いますが、当然桑原は納得しません。

そして桑原は人事部に怒鳴り込みに行き、黒川に「部下にどういう教育してんだ!?」と言います。黒川が必死に桑原を宥め、なんとか桑原は気持ちを落ち着かせ営業部へと帰っていきました。

黒川はサクラに「おいおい頼むよ。ただでさえ営業部は人事部にあたりが強いんだから。もう二度と営業部には行くなよ。」と言われ、サクラは「わかりました」と答えます。

その夜、菊夫がくたくたになって帰宅すると、妹から「今月も仕送りありがとう」と留守電が入っていました。 その直後、桑原から呼び出しがかかり、接待へと駆り出されることに。

翌日のお昼、食堂で菊夫がぼうっとしているとサクラが目の前に座ります。明らかに疲れた様子の菊夫を心配するサクラですが、菊夫は「全然大丈夫」と明るく振る舞います。

その日の定時、サクラが菊夫と桑原を待ち伏せし、「もう残業はやめてください。」と菊夫に言いますが、桑原はサクラに「またお前か」と怒ります。 そんな桑原にサクラは「これ以上過酷な残業を強要し、菊夫くんが過労死したらどうするんですか。」と言いますが、桑原は全く聞く耳を持ちません。

立ち去ろうとする桑原と菊夫に、サクラは「私には夢があります。故郷に橋をかけることです。一生信じあえる仲間を作ることです。その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作ることです。それだけは諦められないので、菊夫くんが身体を壊して会社を止められたら困るんです。」と告げます。

桑原はめんどくさそうに「おい、菊夫、俺と同期の姉ちゃんとどっちの言うことを聞くんだ。」と菊夫に聞き、菊夫は「サクラちゃん、俺なら大丈夫っす、応援団にいたから体力だけは自信あるし。」と無理して笑うのでした。

その日の夜、サクラの携帯電話にすみれから菊夫が倒れたとの連絡が入り、サクラは菊夫の病室に駆けつけます。

菊夫はサクラに「サクラちゃんは仕事辛くないっすか?故郷の島に橋をかけたいから土木部志望だったのに、人事部に配属されたから。」と聞きますが、サクラは「今は人事部で良かったと思います。どこの部署もうちの会社を支えているんだってわかったので。私達は会社全員で建物を作っているんです。」と答えるのでした。

サクラの話を聞いた菊夫は「すごいなあサクラちゃんは。それに比べて何やってんだろう俺。 この頃、夜は眠れないし朝は会社に行くのが辛くて会社でも怒鳴られてばかりだからいっそのこと辞めちゃおうかなと思ったけど、家族に仕送りしないといけないからそれもできなくて。 なんでこんなことになっちゃったんだろう。おれはただ仲間と働きながら頑張ってる人を応援したいだけなのに。なあサクラちゃん、俺どうしたらいいっすか。」と涙を流します。

サクラは少し考えた後、「それは…私にはよく分かりません。じゃあ、また明日。」と言って病室を後にしようとします。

菊夫が「え、行っちゃうんすか。」と言うと、サクラは「すいません。いいことを言えそうにないので。でも、菊夫くんは今少し大人になったのかもしれません。大人になるってことは自分の弱さを認めることだってじいちゃんが言っていたので。 それから私は会社の皆を応援したいと思う菊夫くんはすごいと思いました。 ずっとその気持ちを持ち続けて欲しいとも思いました。 ただ、菊夫くんが今一番応援しないといけないのは自分自身じゃないでしょうか。目一杯自分のお尻を叩いてください。それが出来るのは菊夫くんしかいませんから。」と告げるのでした。

翌日、サクラがエレベーターに乗り込むと、菊夫以外の同期のメンバーが揃っていました。 するとサクラの元に菊夫から「今から部長に自分の気持ちを話してみます」とメールが入り、サクラと同期達は営業部に行くことに。

すると緊張した面持ちの菊夫を発見しました。

菊夫はサクラに「さっきから自分のけつを叩こうとしたんですけどどうしてもだめで、サクラちゃんやってくれないっすか」とお願いし、サクラは思いっきり菊夫のお尻を叩きます。

菊夫は痛みにもんどりうちながら「でも勇気沸いてきた!」と言い、桑原の元へと向かいました。

菊夫が桑原に「あの部長、」と話しかけると、「再度下請け業者に工期を早めるよう言ってこい。出来なきゃずっと土下座してろ」と命令されます。

菊夫は「嫌です。もう部長の言う通りにはできません。同期のサクラに初めて会った時、自分に似てると思ったんです。でも本当は全然違いました。サクラは夢や目標があるのに、俺にはそんなのないし。でもサクラと一番違うところは、自分が今やっている仕事にちゃんと向き合っていないことです。自分が担当している建物を愛していないことです。それが何よりも大切なのに。だから俺、これからはやらされるんじゃなくて、自分がやるべきと思った仕事をやりたいんです。」と力強く告げます。

桑原は「そんなこと言ってどうなると思ってるんだ?お前一人潰すくらい簡単なんだよ」と菊夫を脅すのですが、その時、菊夫が担当している建物の水道管が破裂したと連絡が入るのでした。

菊夫は「俺が行きます!俺の担当なので!」と言い、すぐに現場に駆け付け、サクラもお昼休みに差し入れを持って現場に駆け付けます。

菊夫のおかげで水道管の破裂はすぐに収まったようで、現場の皆は「菊ちゃんのために工期ちょっとでも早められるようがんばるか。」と言い、菊夫は 「ありがとうございます!でも皆さんには今まで通りいい仕事をすることを一番に考えて欲しいっす。俺、皆さんの役に立てるようもっともっと勉強しますから!」と頭を下げます。

そんな菊夫にサクラは「菊夫くん、これからも応援します。菊夫くんは私なんかよりずっと強い人になると思うから。」と笑顔を見せるのでした。

数日後、人事異動の内示がでました。

黒川はサクラに「残念だけどお前は土木に異動になってないから。その代わり良いニュースと悪いニュースがある。良いニュースは桑原が営業部から異動になったぞ。悪いニュースは桑原の異動先は土木部の担当役員だ。」と告げます。

サクラがエレベーターに乗り込むと、桑原が居ました。

桑原はサクラに「お前故郷の島に橋をかけるのが夢だったな。言っとくが俺の目の黒いうちはお前を絶対土木部に入れないから。」と言います。

サクラがエレベーターから降りると、桑原の方を振り返り、「この前言い忘れましたが、部長のオーデコロンの匂いは強すぎると思いました。他社との打ち合わせの時、先方が不快になる可能性がありますので。」と淡々と告げます。

サクラの言葉に桑原は非常に動揺して、自分の匂いを嗅ぎだすのでした。

ドラマ『同期のサクラ』第2話・ネット上の感想

https://twitter.com/wanchan0808/status/1184477284641587200

https://twitter.com/shichan136/status/1184478414549348353

ドラマ『同期のサクラ』第2話・感想・考察

第二話は菊夫メインの話で、パワハラ問題が取り上げられていました。

菊夫の上司の桑原は典型的なパワハラ野郎で、菊夫も言いなりになってしまっていましたが、サクラの「今一番応援しないといけないのは菊夫くん自身だと思います。」との言葉にハッとさせられてきちんと自分の気持ちを桑原に伝えることが出来て本当に良かったですね!

「大人になるってことは自分の弱さを認めることだ」というセリフも心に響きました。

それに桑原はすぐに異動になりましたし、もう菊夫は心配いりませんね。

しかし、桑原の異動先がよりによって土木部とは…。しかも桑原はサクラに「お前を絶対に土木部には入れない」とキッパリ告げていたので、サクラは土木部には当分異動できないのでしょうか。

でもサクラって人事部すごく合っていますよね。色んな部署と関わる部署なので、サクラの忖度できない性格で様々な部署の闇を正して欲しいと思います。

第一話からそうでしたが、サクラの何事もストレートに発言してしまうところが見ていてとっても清々しいです。

私が以前会社勤めしていた時は忖度しまくっていたので、サクラみたいに言いたいことをちょっとでも言えば良かったなあと今更思います。

来週は百合メインの話のようですね!予告映像でさっそく百合の怒鳴り声が響いていたので、橋本愛さんの素晴らしい怒鳴りの演技を見られるのがとても楽しみです!

ドラマ『同期のサクラ』第3話・あらすじ

2019年春、眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室には赤ん坊を抱く百合(橋本愛)の姿があった。夢を追い続けたサクラに影響され、娘に『夢』という名前をつけた百合は入社3年目直前のことを思い出していた……。

東日本大震災の前日、2011年3月10日。サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることに。“ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平)やすみれ(相武紗季)の指示でも納得しなければ従えないサクラに呆れつつ、一緒に取材に向かう。都市開発部で調子良く働く自信満々の葵(新田真剣佑)、一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという設計部の蓮太郎(岡山天音)、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮剥けた菊夫(竜星涼)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと頼む。やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラだが、取材が終わった途端、百合は転職か寿退社した方がマシだと本音を漏らし、男社会のゼネコンにうんざりした様子を見せる。サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届く。取引先を無下にすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼む。

その夜サクラは、百合と共にクライアントの待つ高級レストランへ。百合が一人でないことが気に入らない相手だが、サクラはそんな事は気にせず美味しい料理に感動。しかし、百合が席を外した隙に二人きりにして欲しいと頼まれると、忖度なしの発言でクライアントを怒らせてしまう。サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨する百合。会社で問題になったらどうするのだとサクラを責める。

イライラしながら実家に帰った百合は、部下とともにカラオケでどんちゃん騒ぎをする成金丸出しの父と、ホステスのように甲斐甲斐しく夫の世話をする母の姿にうんざり。さらに、衝動買いした物で散らかった部屋に着くと、恋人からの返信を急かすメールにうんざり。会社でも家でも自分の居場所を見つけられずにいた。 翌日、3月11日。人事部には広報部長の葦田が百合を連れて押しかけ、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立てる。同期をセクハラから守ったと話すサクラだが、本人は辛くなかったと主張する葦田を百合も否定せず……。黒川に促されたサクラが謝ろうとしたその時、大きな揺れが起きて……!

その夜、家に帰れずサクラの家に泊まった百合は、自分と違いまっすぐに夢を追うサクラの生き方を眩しく思いながらも、どこか暑苦しく感じてしまう。女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてきた百合は、会社から逃げるようにそれほど愛していない彼との結婚を決める……。

引用:公式サイト