2019年秋ドラマ

ドラマ『ニッポンノワール』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話あらすじ【黒幕は南武(北村一輝)?克喜(田野井健)との関係は】

ドラマ『ニッポンノワール』第3話 ネタバレ感想・考察と第4話あらすじ【黒幕は南武(北村一輝)?克喜(田野井健)との関係は】

2019年10月27日(日)に放送されたドラマ『ニッポンノワール』第3話はもうご覧になりましたか?

第2話では清春を薫殺しの犯人に仕立てあげようとしていたのが才門だったことがわかりました。そして才門の指示に従っていた本城が清春によって射殺されました。清春はそんなつもりではなかったようでかなりショックを受けていましたが…。薫が十億円強奪事件の証拠を記録したUSBを才門が手に入れましたが、才門の企みはわからないままです。第3話では何か真相に近づく事実がまた明らかになるのでしょうか?

ドラマ『ニッポンノワール』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『ニッポンノワール』【視聴率一覧&ドラマネタバレ・まとめ・見逃し動画配信・無料視聴方法】
ドラマ『ニッポンノワール』【視聴率一覧&ドラマネタバレ・まとめ・見逃し動画配信・無料視聴方法】2019年10月13日(日)から日本テレビにてドラマ『ニッポンノワール』第1話がスタートします。 このドラマは、全ての人間が疑心暗鬼の...

日テレドラマ ドラマ『ニッポンノワール』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ニッポンノワール』第3話・あらすじ

#3 容疑者才門

「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」と「十億円強奪事件」。
警視庁捜査一課が追い続けた2つの事件は死亡した理事官・本城諭(篠井英介)の犯行ということで幕を閉じた…かのように見えた。
「本当に本城が首謀者なのか…」
「俺にハメようとした黒幕も本城だったのか…」
明らかに何者かによる事件の早期幕引きの狙いが見え隠れする中、遊佐清春(賀来賢人)は警察上層部に対する疑念を拭えないでいた。
一度は捜査終了を命じられるも、捜査一課長・南武修介(北村一輝)の独断で、捜査を続ける清春ら旧碓氷班。すると十億円強奪事件の実行犯の1人・風間岳人が、実は警察が作り上げた架空の経歴である可能性が浮上する。なぜ警察は十億円強奪事件の実行犯グループに風間を送り込んだのか。謎が謎を呼ぶ中 清春は、風間の正体と公安のエース・才門要との間に過去にあった意外な接点の存在に気が付く。
才門が事件の黒幕だったのか…?
裏切りに次ぐ裏切り…止まらない謎の連鎖はさらに加速。
主人公を含め誰も信用できない—第3話 開幕。

引用:公式サイト

ドラマ『ニッポンノワール』第3話・ネタバレ

十億円強奪事件と碓氷薫殺人事件の犯人は本城ということで事件は幕引きを迎えようとしていた。才門(井浦新)は捜査会議で十億円強奪事件で使用された拳銃と犯行計画書、薫(広末涼子)の血痕がついたシャツが本城(篠井英介)のロッカーから出てきたと発表した。納得がいかない清春(賀来賢人)は才門に食ってかかり、薫が克喜(田野井健)に残したメッセージDVDをその場で再生しようとした。しかし内容はすでに書き換えられており、薫が十億円強奪事件の全容をおさめたUSBの存在があることは証明できなかった。

警察の上層部が幕を引きたがっている中、碓氷班や宮城(細田善彦)など納得のいかない捜査員、さらに南武(北村一輝)が声をあげ、捜査を続けることになった。薫事件の責任者である南武の知らないところで本城が犯人として報道されたことに上層部からの圧力を感じているのだ。薫が殺される前日に「自分は殺されるかもしれないが十億円強奪事件の真相が白日のもとに晒されるまで戦う」と話した薫の意志を受け継いでいるのかもしれない。

清春が深水(笹野高史)の喫茶店ボナーロで克喜や咲良(夏帆)たちと話していると、本城の娘・芹奈(佐久間由衣)がやってきた。十億円強奪事件の犯人の一人である「風間岳人」の写真を持ってきた芹奈は「風間という男はベルムズにいなかった」と話した。警察で管理されている風間のプロフィールがデタラメだということがわかり、関係者を問い詰めていくと、顔は整形し警察がプロフィールを書き換えたらしいということがわかった。

ボナーロに戻り、克喜の「全身の写真があれば顔が変わっていても体の特徴でわかるかもしれない」という言葉で風間の動画を確認した清春たち。咲良は風間が誰なのか心当たりがあった。手首にあるタトゥーに見覚えがあったのだ。咲良の姉・星良(入山法子)を殺した少年A=宝生順平と同じタトゥーだというのだ。星良は少年院にいた宝生のカウンセラーだったのだ。清春たちは才門が星良の復讐のために事件を起こしたのではないかと考えた。

十億円強奪事件の犯人たちがお互いに撃ち合う防犯カメラの映像はフェイク動画ではないかという疑惑が浮かんできた。貴志(栄信)から魁皇高校事件で使われたフェイク動画と作りが似ていると聞き、清春と南武は魁皇高校事件でフェイク動画を作った宝来製作所を訪れた。宝来製作所の社長はかつてガルムフェニックスを演じていたファイター田中(前川泰之)だ。南武と高校の同級生らしく、会って話を聞くことができた。田中はなぜフェイク動画を作ったか話さない。犯罪の片棒を担がされていることはわかっていないようだ。

星良の携帯に残されていた動画で、星良は「警察のあるプロジェクトに参加している。もしかしたら命の危険が伴うかもしれないが私は戦う。」と薫に話していた。星良はそのプロジェクトの全貌を暴こうとしていた。宝来は別人のプロフィールを手に入れる代わりに警察の指示で星良を殺したのだ。

才門を呼び出した清春は、殴り合いになりながらも才門の思惑を聞いた。警察のプロジェクトを探っていた星良も、十億円強奪事件の真相を暴こうとしていた薫も殺されてしまった。しかし2人とも復讐は望んでいない。才門もその警察の闇を暴こうとしていた。そのために清春を十億円強奪事件の犯人に仕立てあげることもいとわなかった。そして本ボシは南武だと思っていること、克喜は南武の子供ではないかと思っていることを話し、「克喜にはお前が必要だ」と言い残して姿を消した。

ボナーロに戻ると克喜が暴れまわって店内がめちゃくちゃになっていた。真相を調べている清春が薫に続いて殺されてしまうのではないかと不安になったようだ。清春はそんな克喜を抱きしめた。

翌日、ボナーロに南武と名越がガルムフェニックスを連れてきた。喜ぶ克喜だったが、清春は南武を疑いの目で見てしまうのだった。

ドラマ『ニッポンノワール』第3話・黒幕は南武(北村一輝)?克喜(田野井健)との関係は

才門が清春を陥れようとしたことに間違いはありませんでしたが、才門の捜査によると「本ボシは南武」ということでした。しかも克喜が南武の子供かもしれないとも。薫は南武にだけ十億円強奪事件の真相は別にあると報告していたようですし、自宅にもよく遊びに来ていたようですので、才門の推理は当たっているかもしれません。でもそうなるとなぜ薫を殺したのか?という疑問が出てきます。第4話で何かわかるかもしれませんね。

ドラマ『ニッポンノワール』第3話・盛りだくさんの3Aネタが話題

https://twitter.com/chibita_chisuke/status/1188455234810466304?s=20

ドラマ『3年A組』を見ていた方はかなり楽しめたのではないでしょうか!フェイク動画がそのまま流れたり、ガルムフェニックスことファイター田中が登場したりと、リンクすることがたくさんありました。ファイター田中は南武の同級生で、十億円強奪事件のフェイク動画を作ったようなので、今後も登場しそうですね。わざわざドラマ『3年A組』とリンクさせている狙いが気になるところです。

ドラマ『ニッポンノワール』第3話・ネット上の感想

https://twitter.com/dio_ofg/status/1188815956576854016?s=20

ドラマ『ニッポンノワール』第3話・感想

才門は黒幕ではありませんでしたね。さすがに第2話で黒幕は判明しないと思いましたが…。黒幕ではありませんでしたが、才門は自分の目的のために手段をいとわず、清春を陥れようとしていました。清春に全てを話したとは思えないので、まだ完全に信用はできなさそうですが、才門は星良のために動いているので闇を暴こうとしている側の人間のようです。星良が関わっていた警察の極秘プロジェクトの内容も気になります。

そして次に疑いをかけられたのは南武ですが、これまで上司に逆らって捜査を続けたりと自分の正義を貫いている印象です。その裏で何をしているのか、第4話では南武の裏の顔が垣間見れるのかもしれません。謎が謎を呼び、まだ真相にはあまり近づいていないように感じますが、次回の放送では裏切り者も現れて少し動きがあるようです。

克喜が急に暴れてしまうことや、飲んでいる薬についても疑問が残っていますが薫が殺されたことに関係があるのかわからない状態です。次回の放送も気になる描写を見落とさないようにしていきましょう!

ドラマ『ニッポンノワール』第4話・あらすじ

#4 捜査一課長の嘘

「十億円強奪事件」と「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」。
2つの事件をつなぐ黒幕を追う遊佐清春(賀来賢人)。
同じく黒幕を追う才門要(井浦新)は「南武(北村一輝)がホンボシだ」と清春に告げる。
さらに携帯電話の解析から薫は殺害された当日、南武に呼び出されていたことも判明。
捜査一課長でもあり捜査の指揮をとる南武がなぜ…深まる疑惑。
その一方で、南武には事件当日、江國光成(杉本哲太)と海外視察に行っているという鉄壁のアリバイもあった。
相手の弱みを握って利用するのが実に巧かったという南武。
このアリバイの裏には何かがある…そう判断した清春は南武と直接対峙を決意する。
しかし…その現場にはまさかの“裏切り者”が潜んでいた。
誰が真の敵なのか…清春に味方と呼べる存在は本当にいるのか…
人間関係と心理が複雑に渦巻く第4話開幕。

引用:公式サイト