2019年秋ドラマ

ドラマ『同期のサクラ』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話あらすじ【大切なのは「勝ち」より「価値」だ!】

ドラマ『同期のサクラ』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話あらすじ【大切なのは「勝ち」より「価値」だ!】

2019年11月6日に放送されたドラマ『同期のサクラ』第5話はもうご覧になりましたか?

前回は、サクラが蓮太郎のクビの危機を救い、蓮太郎は改めて一級建築士を目指すことになりました!

今回は入社五年目のサクラ達が描かれ、何も悩みの無さそうな葵の家庭環境や苦悩が明らかになります!

ドラマ『同期のサクラ』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『同期の桜』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】
ドラマ『同期のサクラ』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年10月から日本テレビにてドラマ『同期のサクラ』第1話がスタートします。 このドラマは、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障...

日テレドラマ ドラマ『同期のサクラ』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『同期のサクラ』第5話のあらすじ

2019年、夏―。目を覚まさないサクラ(高畑充希)の病室に訪れた葵(新田真剣佑)は、「たいへんよく出来ました」と書かれたシールが貼られた手帳を手に、入社5年目の出来事を思い出していた……。  

2013年9月。美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていた。そんな中、人事部では黒川(椎名桔平)が社員の社内表彰に関する仕事をいつものようにすみれ(相武紗季)に丸投げ。社内告知の手配を頼まれたサクラは、葵が社長賞を受賞したことを知る。しかし広報部の百合(橋本愛)によると、受賞者は立候補した人の中から選ばれるため、自己アピールとパフォーマンスばかりしている葵のような人が選ばれるのだと冷めた様子。 社長室で表彰され、いつものように調子の良いスピーチをする葵だが、社長(西岡德馬)から「お父さんによろしく」と言われると複雑な表情を見せる。サクラは、葵の父が国土交通省の高級官僚だと知る……。

その頃、都市開発部では目玉プロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生!表彰状を持って意気揚々と戻ってきた葵は青天の霹靂に慌てるが、お前にできることは国交省の父親に頼むことだ、と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱いていた。

その夜、葵の社長賞を祝おうというサクラの呼びかけで、百合、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)はいつもの喫茶店に集まっていた。自分の抱える問題を打ち明けることもできず、いつもの調子のいいキャラクターを演じる葵だが、同期たちが悩みながらも充実した日々を過ごしている様子を目の当たりにすると、つい見下すような発言をしてしまう。

怒った百合たちは帰ってしまい……。残されたサクラは同期を傷つける葵の発言に突然号泣し酔いつぶれる!仕方なくサクラを家まで送り、重い足取りで高級住宅街に佇む実家へ向かう葵。プロジェクトの凍結について切り出そうとするが、父・康秀は同じエリート官僚の兄・光一とばかり話し、葵の話には耳も貸さず……。 翌日。父に相手にされなかったことを同僚に言い出せない葵は、別の案を提案しようとするが、実力のないコネ入社のくせにリーダーぶる姿を一刀両断され深く傷つく。その夜、サクラの前で激しく酒を飲んだ葵は、家では劣等感と疎外感を感じ、会社では親の七光りだと陰でバカにされている自分のことを笑いながら話すと酔いつぶれてしまい……。葵を家まで送り、その立派な建築に感動したサクラは、葵の父と兄に会うと、突然嘆願書と、書き込みのされたパンフレットを渡す!サクラの行動に背中を押され、話を聞いてほしいと父親に土下座する葵だが、冷たくあしらわれてしまう。葵にかける言葉を探すサクラだが、葵から突然「俺と付き合わない?」と迫られて……!

引用・公式サイト

ドラマ『同期のサクラ』第5話・ネタバレ

2019年夏。いまだ目を覚まさないサクラの病室には葵が訪れていました。 葵は「たいへんよく出来ました」と書かれたシールを見つめながら、入社5年目のことを思い出します…。

2013年9月。サクラは人事部で入社五年目を迎えていました。

サクラは黒川部長から社員の社内表彰の告知手配を頼まれ、葵が社長賞を受賞したことを知ります。

授賞式の日、社長室で葵が表彰され、葵はいつものように調子の良い軽快なスピーチを飛ばすのですが、百合は「心にもないこと言って、社長に気に入られる気満々じゃん」と冷めた目で眺めています。

スピーチ後、社長から「お父さんによろしく」と言われた葵は複雑な表情を浮かべ、サクラは百合に「葵くんのお父さんは社長と仲良しなのですか?」と聞き、百合は「葵のお父さんは国土交通省の高級官僚らしいわよ」と答えるのでした。

葵が表彰状を持って意気揚々と都市開発部に戻ると、目玉プロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されてしまうというトラブルが発生していました。

上司たちは葵に「お父さんにうちを凍結リストから外してもらうようお願いしてよ。」と頼み、葵は複雑な気持ちを抱くのでした。

その日の夜、サクラが葵の社長賞をお祝いしようと百合、菊夫、蓮太郎に声をかけ皆でいつもの喫茶店に集まります。

心の中では複雑な問題を抱えていた葵でしたが、皆に相談することは出来ずにいました。 葵の暗い心の中とは対照的に他の同期たちは仕事に前向きに取り組んでおり充実した日々を過ごしていて、葵はつい見下すような馬鹿にしたような発言をしてしまうのでした。

そんな葵の態度に怒った百合、菊夫、蓮太郎は帰ってしまいますが、酔っぱらったサクラは「なんで皆にあんなこと言うんですか。お願いだから仲間を傷つけるのはやめてください。」と突然号泣しだします。

ひとしきり泣いたら今度は眠りだしてしまったサクラを葵は家まで送り届けるのですが、メガネを取ったサクラの素顔を見て「なんだ、結構かわいい顔してるじゃん」と呟きます。

葵は実家へ帰宅し、父親・康秀にプロジェクトの凍結について話そうとするのですが、康秀はエリート官僚の兄・光一とばかり話し、葵の話には「国が決めたことに民間が口を出すな」と冷たくあしらうのでした。

翌日、葵は上司や同僚に父親に断られたことを言い出せず、別の案を提案しようとするのですが、上司に「お前なんか勘違いしてないか?リーダーみたいにえらそうなこと言ってるけどお前の実力なんて誰も認めてないんだよ。お前なんてコネ入社なんだよ。」と一蹴されてしまい、深く傷つきプライドがズタズタになってしまうのでした。

その夜、葵はいつもの喫茶店に行き、サクラの前でベロベロになるまで飲み、家でも会社でも自分は馬鹿にされていると笑いながら話した末に酔いつぶれてしまうのでした。

サクラは葵を家まで送り届け、葵の父・康秀と兄・光一にサクラは突然美咲島の橋の建設が凍結中になっている件についての嘆願書と、都市開発部のプロジェクトについてのパンフレットを渡します。

葵も康秀と光一の前で土下座をしてプロジェクトの凍結を考え直して欲しいと頼むのですが、「これ以上父親をガッカリさせるな!」と冷たい言葉を吐き捨てられてしまいます。

サクラは康秀の言葉に反論しようとするのですが、葵はサクラを制止します。

康秀と光一が立ち去った後、サクラは葵の母が葵が中学生の時に康秀の浮気に耐えられなくて出ていったことを知ります。

葵にかける言葉を探すサクラに葵は「俺と付き合わない?」と言うのですが、サクラは葵に強烈なビンタをお見舞いし、葵は痛みにのたうち回ります。

サクラは「すみません、葵くんがあまりにも心にもないことを言うので」と言い、帰宅してからじいちゃんにファックスを送るのでした。

じいちゃんからは「そいつがだめなのは結局勝ち負けにこだわっているからだ。大切なのは「勝ち」より「価値」だ」と書かれたファックスが送られてくるのでした。

翌日、重い足取りで出社した葵は社内エレベーターでトラブルとなりそのまま社外に出て車の前にフラフラと出ていってしまいます。 ギリギリのところでサクラが葵を歩道の方へ引っ張り、事なきを得ました。

サクラは葵をいつもの喫茶店に連れて行き、百合、菊夫、蓮太郎も駆けつけますが、葵は先ほどから一言も言葉を発しません。 そんな菊夫に蓮太郎は「歌を忘れたカナリヤかよ」と言い、サクラは「あなた黙ってたら何も価値ないから。」と告げます。

そして葵が新人研修の発表の時に発言した言葉を復唱し、「私はあの時のあなたの言葉が胸に響いた。あなたには素晴らしい才能がある。たくさんの人を動かす才能がある。そんな言葉を失ってどうするの。」と叱咤します。

百合も「自分が偽物だと思うならこれから本物のリーダーになればいいじゃない。」と言い、菊夫や蓮太郎も「本当に社長になりたいなら応援する」と励まします。

そんな時、葵のもとに都市開発部の部長から葵の父と兄が会社に来ていると連絡が入ります。

一同は急いで都市開発部へと向かいます。

そこでは康秀と光一が都市開発部の部長に「プロジェクトの件は諦めてください」と告げていました。

葵は康秀と光一の前に立ち、「あなたたちはそれでも国のリーダーですか。自分の身を犠牲にしてでも頑張るのがリーダーじゃないんですか。自分のいいように物事を進めるのやめてもらっていいですか。都市開発部の人達はこのプロジェクトに誇りをもって取り組んできたんです。このプロジェクトでたくさんの人たちを幸せにできるって信じているんです。俺はこれからはこの会社のために、同期達のために働きたい。」と涙を流しながら訴えます。

康秀は都市開発部の部長に「今のが御社に足を運んだ我々への答えですか。それなら今後御社との付き合いは考えさせていただきたい。」と告げると、葵は「やめてください。あくまで僕個人の意見です。」と言い、 サクラも「私も彼と同じ意見です。」と康秀の前に立ちます。

康秀は「もしかしてこいつが変わったのは君のせいか?」と問いかけ、サクラは否定しようとしますが、葵は「そうだよ。」と答えます。

その夜、同期達が葵を待ち構え、これからご飯に行こうと誘います。葵は皆に今までのことを謝罪し、そんな葵にサクラは「たいへんよく出来ました」シールを渡します。

そしてサクラは葵に「葵くん頑張ってください。私には葵くんが社長になる未来が見えました。あなたは私達の未来を変えることができる人だと思います。」と笑いかけます。 この時葵はサクラに恋に落ちたのです。

翌日、サクラは黒川部長から、葵は土木へ異動になり、サクラは子会社へと出向となったことを告げられます…。

サクラが荷物を持って社外へ出ると、同期が追いかけてきます。

葵はサクラに「俺のせいでこんなことに・・・」と言うのですが、サクラは「気にしないでください。だって夢が一つ叶いましたから。私には一生信じあえる仲間が出来ました。 でも、私にはまだ夢があります。故郷の島に橋をかけることです。一生信じあえる仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作ることです。それだけは諦めることはできません。 じゃ、またいつか! 」と言って前へと歩みだすのでした。

ドラマ『同期のサクラ』第5話・ネット上の感想

https://twitter.com/kyorokyoromove/status/1192089619086491649

ドラマ『同期のサクラ』第5話・感想・考察

今回は葵メインの話でしたね!

葵は一話からずっと軽くて調子の良いキャラクターだったので、まさかこんな悩みを抱えていたなんて驚きました。

優秀過ぎる兄と幼い頃から比べられて育ち、父親は兄にばかり関心を向けて、葵には冷たく接する…。

そんな葵を母親だけは褒めてくれていましたが、葵が中学生の時に父の浮気に耐えきれなくて葵を置いて家を出ていってしまったなんて、家庭環境がヘビー過ぎて葵が可哀想になりました。

職場でも「お前なんかただのコネ入社だ」と馬鹿にされて打ちのめされて、ついには車の前にフラフラ出ていってしまうほどの精神状況になってしまいましたが、サクラのおかげで立ち直ることができて本当に良かったです。

サクラがいなかったらあのまま葵は車に轢かれてしまっていたので、サクラは命の恩人ですよね。

葵が号泣しながら父親に意見するシーンは、すごく心に響いて、葵のことが一気に好きになりました。

そしてこのドラマのすごいところは、高級官僚と問題を起こした葵とサクラが異動となるところです。リアルですよね。

葵は土木部へ、サクラは子会社へと出向になってしまいました。

サクラは本社へ戻ることはできるのでしょうか。また葵が土木部でどのように奮闘するのかも楽しみです。

そして、同期内の恋愛の進展も多少あると良いなあと期待しています。

今後の展開が楽しみです!

ドラマ『同期のサクラ』第6話・あらすじ

 

2019年、10月―。サクラ(高畑充希)の病室に訪れたすみれ(相武紗季)は、中学生になった娘・つくしの写真を手に、眠るサクラに感謝の気持ちを伝えていた……。

2014年10月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされ夢から遠ざかったことを故郷の祖父(津嘉山正種)に打ち明けられないまま、社会人6年目を迎えていた。相変わらず信念を曲げずに日々を過ごしているように見えるサクラだが、その心には少しずつ迷いが生じていた……。

一方、サクラのことを気にかけつつも、8歳の娘の子育てと仕事の両立に追われる人事課のすみれは、黒川(椎名桔平)から有名評論家・椿美栄子を招いての講演会“女性研修セミナー”の仕切りを丸投げされる。働く女性を応援する本を数多く執筆している椿だが、実は理不尽で細かい要望が多く面倒な人物。しかし社長(西岡德馬)と仲がいいため粗相は許されないと黒川からプレッシャーをかけられる。

数日後。椿のマネージャー・米田との打ち合わせを控え、広報の百合(橋本愛)のほか、サクラも子会社の代表としてセミナーのプロジェクトチームに参加する。わざわざ女性だけが集まって研修をすることに疑問を感じるサクラだが、百合は立場が違う女性同士がまず理解し合う必要があると主張。サクラはすみれが離婚してシングルマザーになったことを知る。その後、米田を交えた打ち合わせが始まるが……。余計なことを言わないようすみれから釘を刺され必死に我慢するサクラだが、『公演後の質問は受け付けない』という理不尽な要求に黙っていられず、米田を怒らせてしまう!その時、タイミング悪く社長が現れて……。

打ち合わせ後、エレベーターでサクラと二人きりになった百合は、いつもと違う元気のないサクラを見てこの機会にプライベートを充実させないかと合コンに誘う。そこに土木部に異動して生き生きと働く葵(新田真剣佑)が乗って来る。1年前の一件から密かにサクラに想いを寄せる葵は合コン話に焦りつつ、それとなく恋愛事情を探るが、サクラは今は誰とも付き合う気は無いと頑なな態度。その夜、すみれからの電話でプロジェクトチームから外されたことを告げられたサクラは肩を落としていつもの喫茶店へ向かう。先に来ていた菊夫(竜星涼)は、蓮太郎(岡山天音)にけしかけられサクラをデートに誘おうとするが……。

講演会が近づくにつれ、すみれは米田からの講演とは直接関係ないような細かい要望に追われ頭を抱える。さらに、娘のつくしが同級生を殴ったと急遽学校からも呼び出され……!周囲の理不尽な扱いに我慢できずに手を上げてしまったという娘に会社でのサクラの姿を重ねたすみれは「人はいつまでも自分の好きなように生きられない」とつくしを叱る。仕方なくつくしを連れて仕事に戻ったすみれだが、米田と椿の前でペコペコする母の姿を見たつくしは、すみれを遠ざけるように……。女性として仕事にも子育てにも奮闘して来たすみれの心はついに折れてしまい……!!

引用:公式サイト