ドラマ『同期のサクラ』最終回(10話) ネタバレ感想・考察【サクラが花村建設に復帰したものの大切なものを見失ってしまう!?】

ドラマ『同期のサクラ』最終回(10話) ネタバレ感想・考察【サクラが花村建設に復帰したものの大切なものを見失ってしまう!?】

2019年12月18日に放送されたドラマ『同期のサクラ』第10話はもうご覧になりましたか?

前回のラストで、なんとサクラが黒川に花村建設に戻ってくるよう言われました!

そして今回はサクラと同期達の10年間の物語が幕を閉じます!

ドラマ『同期のサクラ』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『同期のサクラ』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】

日テレドラマ ドラマ『同期のサクラ』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年12月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『同期のサクラ』最終回(10話)のあらすじ

2020年4月―。満開の桜の下にサクラ(高畑充希)の同期四人が集まっていた。花村建設の新入社員として出会ってから11年。今はバラバラの道を歩む同期たちは「まさか、最後にあんなことになるとは」と、サクラの激動の人生を振り返っていた……。  

その1ヶ月前。建設会社の面接に落ち続けていたサクラは、花村建設の副社長となった黒川(椎名桔平)から「俺の下で働かないか?」と誘われ古巣への復帰を果たしていた。問題ばかり起こしていた自分が再雇用されたことを疑問に感じていたサクラに、会社の未来に危機感を抱いていた黒川は、新しい発想と熱い情熱を持って上に逆らってもチャレンジする人材が必要なのだと話し、新規プロジェクトのリーダーにサクラを任命する。やりがいを感じて目を輝かせるサクラ。黒川は今までのサクラの失敗の原因は頑固で融通が効かないことではなく、「力がないからだ」と教える……。  

新しく着工する橋の重役会議に黒川と共に出席したサクラは、橋のデザインと安全面に関する忖度なしの意見を述べて早速重役たちの不信感を買う。しかし、副社長の黒川がサクラの意見に同調した途端、風向きが変わり……。“力”を持っていれば今まで無下にされて来た正しい意見がきちんと通せることを目の当たりにするサクラ。さらに黒川が組織の問題点を指摘し、自分が自分らしくあるためには力を持つしかない、と冷静さと情熱を持つ黒川に次第に感化されていく………。同じプロジェクトチームに参加する葵(新田真剣佑)はそんなサクラをどこか不安そうに見守っていた。葵は飄々とした黒川のつかみ所のなさを信頼しきれないでいた……一方、新規事業と育児に追い詰められている百合(橋本愛)の話に耳を貸さず仕事に戻ってしまったり、NPO団体の代表となり悩みを抱える菊夫(竜星涼)からネット電話を受けても、皆忙しいという理由で聞き流してしまう。さらに、就活中の蓮太郎(岡山天音)からの悩み相談よりも黒川からの着信を優先するサクラ……これまで、忖度しない言動の度に、組織との軋轢を生んでいたサクラは、初めて仕事で高揚感を感じる。そんなサクラに、同期たちは、「あなたは、変わった。仲間なんてもう必要ないの?」と苦言を呈されるが、反論できない。  

サクラは、会社での「力」のために、仲間を捨てるのか? 第三の答えを見つけ出すのか? 夢を追い続けたサクラと同期たち仲間の10年間が激動のラストを迎える。

引用・公式サイト

ドラマ『同期のサクラ』最終回(10話)ネタバレ

2020年4月。満開の桜の下にサクラ(高畑充希)の同期四人が集まり、「サクラは最後まで大変だったよね。まさかあんなことになるなんて…」と話していました。

一ヶ月前。サクラは花村建設の副社長になった黒川(椎名桔平)から「俺の下で働かないか?」と誘われ、花村建設へ戻ることにしました。

そして復帰第一日目。サクラは黒川のもとを訪ねます。

サクラは黒川に「何故また私を呼んでいただけたのですか?」と疑問をぶつけると、黒川は「未来に誇れる建設を残すために、新しい発想と情熱を持った者たちを集めてチームを作る。お前はそこのチームリーダーになって欲しい。俺は、花村建設を生まれ変わらせたいんだ。その手伝いをしてくれないか、サクラ」と告げます。

そしてサクラに今までサクラが失敗してきた原因は、「お前に力がないからだ。これからは力をつけろ。」と指摘するのでした。

サクラはさっそくチームメンバーの前で挨拶をすると、そこには葵(新田真剣佑)もいました。

その後、黒川と共にサクラは新しく着工する橋の重役会議へと参加します。そこでも忖度なく発言するサクラに、重役たちは怒りを露わにしますが、黒川がサクラに同調した途端、風向きが変わります。

サクラは、力さえ持っていれば自分の意見がきちんと通せることを目の当たりにするのでした。

その後も、黒川が会社の問題点を次々と指摘すると、サクラは黒川の意見に共感し、どんどん感化されていくのでした。

サクラはチームに戻り、会社の無駄な部分や見直すべき点を調べて黒川に提出しようとパソコンにかじりついていました。 そんなサクラを葵は心配そうに見つめているのでした…。

サクラは仕事の合間に新規事業と育児に追い詰められている百合(橋本愛)に会います。 百合がサクラに悩みを話そうとした時、黒川から呼び出しがかかったため、サクラは百合の話を聞かずに会社に戻ってしまいます。

その後も、NPO団体の代表となったものの悩みを抱えている菊夫(竜星涼)のネット電話を受けても話半分で聞き、就活中の蓮太郎(岡山天音)から電話が来ても黒川からの着信を優先してしまうのでした。

初めて仕事で高揚感を感じるサクラでしたが、そんなサクラに葵は「このままだとサクラがまた浮きそうで心配だ。」と告げるのですが、サクラの心には届いていませんでした。

そんな中、取締役会で社長が解任されたとの通達が入ります。花村建設は合併するとのことです。

サクラは黒川の元へ行き「いきなり社長が解任なんてどういうことなんですか?」と聞きに行くと、社長が荒々しく入ってきて「黒川!全部お前の仕業だろう!俺は黒川に嵌められた!」と叫びます。

その夜、サクラは同期達と会います。

同期達は「あんまり黒川さんのこと信用しない方がいいよ」と心配しますが、サクラは「すいません。そろそろ仕事に戻らないと。」と言って、仕事に戻ろうとしてしまいます。

そんなサクラに百合は「あんた、変わったね。」と告げますが、サクラは「私は今こそ変わるべきだと思います。今度こそ自分のやりたいことが出来そうなのになんで応援してくれないんですか皆」と言います。

葵が「なんか、サクラ自分をごまかしてないか?」と告げると、サクラは「そんなことないです。」と否定するものの、サクラはめちゃくちゃ早口になっていました。

翌日、サクラの元にはすみれから電話がかかってきて「リストラ勧告されたの」と報告を受けます。

サクラはすぐにすみれの元に行き、「撤回してもらえるようお願いしてきます」と言いますが、すみれは「いいのよ。負け惜しみじゃないけど花村建設にいても良いことなさそうだし」と微笑む。

そしてすみれは「それより、サクラ。自分の心配した方がいいわよ。」と言い、【仲間を大切に思う気持ち】を忘れてはいけないとアドバイスを送るのでした。

その後、サクラは黒川にすみれのリストラを撤回してもらいたいとお願いします。

すると黒川はすみれをリストから外す代わりに新たなリストラ候補をサクラが選べと告げます。

サクラは「それなら私が辞めます。」と言うのですが、黒川は「そんな誰にでもできる選択しかできないのか。」と告げ、大きな仕事のためなら多少の犠牲は仕方ないのだと言うのでした。

翌日、サクラは隣人夫婦の旦那・草真が工事現場で働いている現場を目撃します。草真はサクラに影響されて建物を造る仕事に就いたらしく、「俺には夢が出来ました。いつか北野さんと建物を造ることっす」と笑うのでした。

サクラが会社に到着すると、今日から新人研修だという女性に声をかけられ、入社当初の自分を思い出し、同期の大切さを思い出すのでした…。

そしてサクラは急いで自宅へと戻ります。

翌日、葵は百合と会っており、昨日からサクラが仕事を休んでて連絡も取れないと百合に告げます。 百合はサクラの元へ行ってくると言うのですが、百合と葵の子供・夢が泣き出してしまいます。

葵はそっと夢を抱き上げ、あやします。すると夢は泣き止み、笑顔を見せるのでした。

葵は百合に「なあ百合、俺この子の側にいちゃだめかな。この子を幸せにしたいよ。お前も幸せにしたい。いいかな。」と告げ、百合は嬉し涙を流します。

すると百合と葵のもとへサクラから連絡が入るのでした。

数日後、同期4人は会社のロビーでサクラを待ち構えていました。サクラはずっと寝ていないようでフラフラになっていました。

百合と葵は一緒に生きていくことをサクラに報告し、そして蓮太郎は就活が決まったことを報告し、菊夫はNPO法人の代表として頑張っていくことを報告し、サクラは皆のことを祝福して自分のことのように喜ぶのでした。

するとサクラの前を黒川達が通り過ぎ、サクラは黒川に退職願を提出します。

黒川は「結局はこんな平凡な答えか。この業界で二度と働かせられなくすることだってできるんだぞ。」と告げますが、サクラは「働きます。働いて見せます。」と言って、未来に残したい建物をまとめた資料を黒川に提出します。

サクラは「それが私の力です。でも私一人の力じゃできませんでした。それは全部同期の皆に電話やメールを送りまくってアイデアを貰ったんです。私の力は仲間です。私は自分の力を見失っていました。」と告げるのでした。

一ヶ月後。今日もサクラは履歴書を持って元気に面接へ向かいます。

その途中、サクラが建物を撮っていると、以前サクラを面接で雇ってくれた社長に偶然会い、サクラは花村建設を退職したことを告げます。

すると社長は「良かったらうちで働きませんか?建物造るの好きなんでしょ?」と言い、サクラはまた雇ってもらえることになりました。

桜の木の下で同期四人がサクラを待っているとサクラが走ってきて就活が決まったことを報告します。

同期達はサクラにそれぞれの夢を語ります。

サクラは「私には夢があります。一人でも多くの人が私のように信じ合える仲間をもつことです。毎年この桜に負けない様に花を咲かせることです。私達が造った建物を見て未来の人達が私達が生きていたことを思い出してくれることです。私がいつも素晴らしい建物を見て感動するように、生きる希望や勇気をもってくれることです。」と告げます。

そんなサクラに葵は「いや、ちがう。それはもうお前の夢じゃない。お前がこの世界でやるべき使命だ。」と微笑みます。

そして最後、サクラと同期達は写真を撮り、それぞれの道へと歩んでいくのでした。

ドラマ『同期のサクラ』最終回(10話)ネット上の感想

https://twitter.com/moyaichi/status/1207307774545158145

https://twitter.com/aromatwitte/status/1207308097791770624

ドラマ『同期のサクラ』最終回(10話)感想・考察

ついに最終回を迎えてしまいました!

『同期のサクラ』は第一話から最終話までずっと密度の濃いストーリーで、とても面白く観ることができました。

私も以前は会社勤めをしていたので、サクラと同期達を見ていると「こんな同期が欲しかったな」「私もサクラみたいに生きてみたかったな」と何度も考えさせられました。

ちょっと先週は同期にもやっとしたりしましたが、今回は素直に「サクラと同期達の関係っていいな」と憧れました。

きっとサクラと同期達の絆はこれからもずっとずっと続いていくことでしょう。

百合と葵がパートナーとして生きていくことを選んだことも、安心しました。百合一人で夢ちゃんを育てるのはあまりにも大変だと思っていたので。百合は新規事業を立ちあげたばかりでしたし。

なので、葵が百合に「夢も百合のことも幸せにしたい」と告げた時は、「よく言った!」と嬉しくなりました。

サクラは菊夫とくっついて欲しかったのですが、特段サクラと菊夫の仲が進展する出来事は無かったので、やはりくっつきはしませんでしたね。

それにしても菊雄一途ですよね。入社二年目からずっとサクラを想い続けていましたもんね。

また、サクラの再就職先も無事に決まりましたし、最後のシーンで皆それぞれの道へ歩んでいく描写がとても良かったです。

すごく胸にぐっときました。

毎回毎回主題歌がベストタイミングで流れるのはすごかったです。

とても面白いドラマだったので、スペシャルドラマとかで復活して欲しいです。皆のその後が見てみたいです。

素晴らしい物語でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA