ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察【才門要は黒幕の手駒に過ぎないのではないか?】

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察【才門要は黒幕の手駒に過ぎないのではないか?】

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』の第2回が放映されました。

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは人質ですー』の半年後の世界を描いたこのドラマには、引き続き出演しているキャラクターが3人います。

1人は少年課から警視庁捜査一課に転属になった刑事・宮城遼一(細田善彦)。
2人目は警視庁捜査一課理事官・本城諭(篠井英介)。
そして3人目は、半グレ集団・ベルムズのリーダーだったKこと喜志正臣(栄信)。

第1回の放送で、黒幕候補の1人と考えていた本城諭理事官(篠井英介)が死亡するという展開に、このドラマの考察は一筋縄ではいかない、と改めて思わされましたが、第1回、第2回の放映でわかっていることを元に考察してみます。

第1話のドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察はこちらから

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察【遊佐清春は碓氷薫を殺したのか?!】

遊佐清春を殺人犯に仕立てようとしたのは本城理事官

第1回の放映で、遊佐清春(賀来賢人)の自宅を警察が取り囲み、殺人犯として確保しようとしている中、陣頭指揮を取っていた本城諭理事官(篠井英介)。

遊佐清春(賀来賢人)の自宅に、10億円強奪事件の証拠があるはずだと、本城諭理事官(篠井英介)は力説し、何時間も探させますが、それらは出てきません。

「なぜ、出てこない!」と叫ぶ本城諭理事官(篠井英介)に、遊佐清春(賀来賢人)は疑惑の目を向けます。

碓氷薫(広末涼子)を自分が殺害したかどうか、記憶を失っているためにはっきりと自覚ができない遊佐清春(賀来賢人)は、自分が犯罪者に仕立てられようとしていることを本城諭理事官(篠井英介)の言葉で確信しました。

なぜ、10億円強奪事件の証拠が遊佐清春(賀来賢人)の自宅にあったのかと?
それは、留守中に本城諭理事官(篠井英介)が忍び込んで証拠を仕込んでいたからです。

つまり、本城諭理事官(篠井英介)は、遊佐清春(賀来賢人)を10億円強奪事件の黒幕に仕立て、さらに碓氷薫(広末涼子)の殺害も実行したことにするつもりだったのです。

しかし、遊佐清春(賀来賢人)が気づき、証拠を隠された場所から移動させ、さらに別の場所に隠したために、本城諭理事官(篠井英介)の目論見は外れてしまったのでした。

自分が隠したものが見つからず、かなり焦ったでしょう。

なぜ、本城諭理事官(篠井英介がそのような行動に出たかというと、娘・芹那(佐久間由衣)が10億円強奪事件に関わっていたからでした。

芹那(佐久間由衣)が本城家の車庫を貸したら、そこに10億円強奪事件の逃走に用いられた現金輸送車が停められており、自分の家族が関わったとわかったら、警察官僚としての自分は終わりだと考えた本城諭理事官(篠井英介)は、車を解体して証拠を隠滅しました。

しかしその後、その事実を碓氷薫(広末涼子)に突き止められた本城諭理事官(篠井英介)。さらに、本当の10億円強奪事件の黒幕にも脅されるようになったのでしょう。

或いは、黒幕は最初から本城諭理事官(篠井英介)を利用して破滅させるつもりで、ベルムズとも関わりのある娘・芹那(佐久間由衣)の交友関係を利用し、逃走に用いた現金輸送車を車庫に停めた可能性もありえます。

追い詰められた本城諭理事官(篠井英介)は、「警視庁のガン」と呼ばれる悪徳刑事と悪名の高い遊佐清春(賀来賢人)にすべての罪をなすりつけ、自分と娘の保身を図ろうとしたのです。

ところが、その本城諭理事官(篠井英介)は第2回の終盤、射殺されてしまいました。

恐らく、事件の本当の黒幕から「事件の隠蔽に失敗したから余計なことを言い出す前に始末しろ」という命令が下っていたのでしょう。

遊佐清春(賀来賢人)の拳銃から発射された銃弾で射殺されたような描写でしたが、実際は別に発砲した人物がいたのではないでしょうか。

10億円強奪事件の真の黒幕の息がかかった者があの場にはいたはずですから。

本城諭を操っていたのは才門要だった

元刑事・深水喜一(笹野高史)の経営する喫茶店・ボナーロで遊佐清春(賀来賢人)は、碓氷薫(広末涼子)がたどり着いた10億円事件の真相を、どこに隠しているのか考えていました。

そこに、才門要(井浦新)が現れます。

才門要(井浦新)は、深水咲良(夏帆)の亡くなった姉の恋人で、深水親子とは遊佐清春(賀来賢人)よりも長い付き合いがありました。

碓氷薫(広末涼子)が「10億円強奪事件の真相を仕事場に隠した」という情報を得た遊佐清春(賀来賢人)は、碓氷克喜(田野井健)にどこか思い当たる場所はないか聞きます。

何かを思い出しかけた克喜(田野井健)を遊佐清春(賀来賢人)は止め、才門要(井浦新)を店から追い出しました。

遊佐清春(賀来賢人)は、才門要(井浦新)のことも疑惑の目で見ていたのですね。

克喜(田野井健)が思い出したのは、碓氷薫(広末涼子)の叔母の家でした。

遊佐清春(賀来賢人)は、克喜(田野井健)、名越時生(工藤阿須加)、深水咲良(夏帆)とともに叔母の家に行こうとしますが、途中、捜査一課課長・南部修介(北村一輝)に呼びだされ、警視庁に戻ることになり、克喜(田野井健)と深水咲良(夏帆)だけがそこに向かいます。

叔母の家で「10歳の克喜」に向けたDVDを見つけた克喜(田野井健)は「僕は9歳だから10歳はおかしい」と、DVDを再生しました。

そこに映し出されたのは碓氷薫(広末涼子)の姿。そして、10億円強奪事件の真相にたどり着き、その真相をまとめたデータをUSBフラッシュメモリに保存したと語ります。
また、そのUSBは克喜(田野井健)に託したと。

しかし、その場に本城諭理事官(篠井英介)が現れ、深水咲良(夏帆)は殴り倒されて気を失い、克喜(田野井健)は連れ去られてしまいます。

なぜ、本城諭理事官(篠井英介)は碓氷薫(広末涼子)の叔母の家に現れたのでしょう?

それは、才門要(井浦新)が情報を提供したからです。ヘリウムガスを吸い、声を変えて「起死回生のチャンスを上げます」と命令したからでした。

しかし、場所を言う前に遊佐清春(賀来賢人)によって才門要(井浦新)はボナーロから追い出されていますよね。

ということは、2つの可能性が考えられます。

1,才門要(井浦新)が盗聴器を仕掛け、遊佐清春(賀来賢人)たちの会話をすべて聞いていた

2,実は深水喜一(笹野高史)が黒幕と繋がっており、才門要(井浦新)に情報提供した

可能性として大きいのは1の盗聴器を仕掛けただと思いますが、深水喜一(笹野高史)の娘が亡くなっていること、その娘が才門要(井浦新)と恋人同士だったことを考えると、深水喜一(笹野高史)の娘の死が10億円強奪事件に関わっている可能性も考えておいて良いかもしれません。

遊佐清春(賀来賢人)と名越時生(工藤阿須加)が到着した時、克喜(田野井健)は連れ去られた後でしたが、DVDを最後まで再生し、USBフラッシュメモリの隠し場所に遊佐清春(賀来賢人)は気づきます。

本城諭理事官(篠井英介)に克喜(田野井健)と引き換えにデータを渡せと脅された遊佐清春(賀来賢人)は取引場所に向かいました。

そこで本城諭理事官(篠井英介)はすべての罪を遊佐清春(賀来賢人)に着せ、殺害しようとしますが、なぜか取引場所にも才門要(井浦新)が碓氷班のメンバーを連れて現れたのです。

本城諭理事官(篠井英介)はここで射殺され、一旦その手に渡ったUSBフラッシュメモリを、才門要(井浦新)が回収しました。

才門要(井浦新)の目的は本城諭理事官(篠井英介)を操り、10億円強奪事件の真相データが入ったUSBフラッシュメモリを回収することにあったのです。

恐らく、第1回の放映で碓氷薫(広末涼子)の家を最初に荒らしたのも才門要(井浦新)でしょう。

あの時、本城諭理事官(篠井英介)は名越時生(工藤阿須加)に遊佐清春(賀来賢人)のタバコの吸い殻を部屋に残させ、窃盗犯に仕立てようともしていましたが、その工作の前に才門要(井浦新)が先に侵入していたのだと思います。

では、才門要(井浦新)こそが10億円強奪事件の黒幕なのでしょうか?

才門要は黒幕の手駒に過ぎないのではないか

第1回の放映で、畑違いの殺人事件の捜査に、公安捜査官でありながら加わった才門要(井浦新)。

捜査一課課長・南部修介(北村一輝)の要請で捜査に加わりましたが、2人の間には何かしら因縁があるはずです。才門要(井浦新)の背中に、南部修介(北村一輝)が銃口を向けるような真似をしていましたから。

だとすると、南部修介(北村一輝)は才門要(井浦新)に何かしらの疑惑を抱いていおり、あえて捜査本部に引き込んで行動を見張るため、遊佐清春(賀来賢人)たちの碓氷班に所属させたのではないでしょうか。

南部修介(北村一輝)は碓氷薫(広末涼子)から、10億円強奪事件の真相にたどり着いたこと、犯行グループが隠匿した10億円を発見し、別の場所に移したことを聞かされたと行っていました。

同じようなことを、才門要(井浦新)も友人だった碓氷薫(広末涼子)から聞かされたと言っていましたが、さて、それは本当でしょうか。

畑違いの公安捜査官である才門要(井浦新)に碓氷薫(広末涼子)が友人だから、という理由でそんな重大な事実を打ち明けたとは考えにくいのです。

警察関係者が絡んだ10億円強奪事件の真相と黒幕に近づけば近づくほど、自分の身に危険が及ぶということはキャリア警察官である碓氷薫(広末涼子)は考えていました。

事実、克喜(田野井健)に向けたDVDでは「これを今あなたが見ているということは私はもうこの世にはいない」と死を覚悟していますから。

友人関係にあったのならば、自分が亡くなった後の克喜(田野井健)を守ってくれと言い残しているのではないかと思うのですが、今のところ才門要(井浦新)に碓氷薫(広末涼子)がそう言い残した描写はありません。

ということは、才門要(井浦新)が碓氷薫(広末涼子)と友人関係だったという言葉は、嘘なのではないでしょうか。

南部修介(北村一輝)と才門要(井浦新)はどちらも10億円強奪事件の真相を掴んだという話を碓氷薫(広末涼子)から聞かされたと言っていますが、才門要(井浦新)の証言は現段階ではかなり怪しいと思います。

だとすれば、なぜそんな嘘をつくのでしょう?

碓氷薫(広末涼子)がたどり着いた10億円強奪事件の真相と10億円を回収し、事件を隠蔽するため、というのが現時点で考えられます。

そのために、遊佐清春(賀来賢人)と克喜(田野井健)に近づき、情報を得る必要があったと考えるのが妥当です。

わざわざヘリウムガスで声を変え、本城諭理事官(篠井英介)を操り、自らの手を汚さずに碓氷薫(広末涼子)がまとめた10億円強奪事件の真相データを入手していることから考えると、事件の黒幕か?とも思えますよね。

しかし、一介の公安捜査官である才門要(井浦新)に、10億円事件強奪事件の主犯が本城諭理事官(篠井英介)で、真相に気づいた碓氷薫(広末涼子)も殺害した、とすべての罪を被せるほどの権力があるとは思えません。

恐らく才門要(井浦新)は黒幕の手駒に過ぎないでしょう。

では、黒幕は一体何者なのでしょう?

現時点で考えられる黒幕の人物像とは?

第1回、第2回の放映でわかっていることをまとめてみます。

1,遊佐清春(賀来賢人)は碓氷薫(広末涼子)殺害と10億円強奪事件の犯人に仕立てられかけた

2,遊佐清春(賀来賢人)に罪を被せる役割は、本城諭理事官(篠井英介)が担っていた

3,10億円強奪事件で使われた現金輸送車は本城家の車庫に停められた。娘・芹那(佐久間由衣)が事件に関わったことで、本城諭理事官(篠井英介)が車を破壊した

4,本城諭理事官(篠井英介)は証拠隠滅を黒幕だけではなく、碓氷薫(広末涼子)にも突き止められた

5,黒幕は才門要(井浦新)を使い、本城諭理事官(篠井英介)を脅して遊佐清春(賀来賢人)を犯人に仕立てようとした

6,遊佐清春(賀来賢人)を犯人に仕立てることに失敗した本城諭理事官(篠井英介)は、恐らく黒幕の命令で射殺された

7,射殺された本城諭理事官(篠井英介)は、碓氷薫(広末涼子)殺害と10億円強奪事件の黒幕にされてしまった

現金輸送車がNシステムの監視網をかいくぐって逃走に成功していることから、10億円強奪事件の黒幕が警察に関わりのある人物なのは間違いないでしょう。

さらに言えば、ただ単に警察官であるだけではなく、警察の上層部で自分の息がかかった者を自由に使うことができる立場の者、もしくは警察の上層部を意のままに動かせる、警察系の政治家などではないか、と思います。

もしかしたら、第1回、第2回の放映ではまだ顔を出しておらず、これから登場する人物なのかもしれませんね。

Look at me!のナゾ

本城諭理事官(篠井英介)との対決シーンで、遊佐清春(賀来賢人)が才門要(井浦新)に「Look at me!」と言われた後、少しの間ですが意識が飛んでいるような描写がありましたね。

自分が本城諭理事官(篠井英介)の胸部に向けて発砲したのか、と呆然としている様子でした。

そういえば、第1回の放映でも「Look at me!」と言われた後に妙におとなしくなる描写がありましたね。

まさか、「Look at me!」で催眠状態になって才門要(井浦新)の意のままになるのでしょうか?

ただ、まだ2回しか放映されていないので、この件はこれからの放映も見て考えますが、もし本当に催眠状態にされているのだとしたら、遊佐清春(賀来賢人)が黒幕に操られている可能性もあるかもしれません。

まとめ

遊佐清春(賀来賢人)を碓氷薫(広末涼子)殺害と10億円強奪事件の犯人に仕立てようとしたのは本城諭理事官(篠井英介)でした。

10億円強奪事件に使用された現金輸送車は本城家の車庫に停められ、その証拠物件である輸送車を処分したのも本城諭理事官(篠井英介)でした。

本城諭理事官(篠井英介)はそのことで10億円強奪事件の黒幕に脅され、また証拠を処分したことを碓氷薫(広末涼子)に突き止められたのです。

黒幕の意向を受け、本城諭理事官(篠井英介)を脅して操っていたのは才門要(井浦新)です。

遊佐清春(賀来賢人)にすべての罪を被せ、その犯人として殺そうとした本城諭理事官(篠井英介)は、黒幕に事件の隠蔽工作に失敗したと判断され、逆に射殺されました。

遊佐清春(賀来賢人)が撃った弾丸が貫いたのか、それとも才門要(井浦新)を「カナメ」と下の名前で呼ぶ、捜査一課碓氷班の女性刑事・高砂明海(立花恵理)が撃ったのかはわかりません。

ただ、本城諭理事官(篠井英介)がすべての罪を被らされたことで、遊佐清春(賀来賢人)の容疑は一旦晴れた状態になっています。

来週以降の展開がどうなるかは予測不能ですが、来週の予告編には3年A組にも登場した宝来撮影所と、ガルムフェニックスの中の人・スーツアクター田中の姿がありました。

予測不能な展開を、楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA