2019年秋ドラマ

ドラマ『ニッポンノワール』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話あらすじ【第1章完結!十億円強奪事件の犯人は碓氷薫(広末涼子)】

ドラマ『ニッポンノワール』第5話 ネタバレ感想・考察と第6話あらすじ【第1章完結!十億円強奪事件の犯人は碓氷薫(広末涼子)】

2019年11月10日(日)に放送されたドラマ『ニッポンノワール』第5話はもうご覧になりましたか?

第4話では克喜が自分の子供だということを清春が思い出し、警察内部にいる薫を殺した犯人が“ニッポンノワール”という組織の人間であることがわかりました。清春の記憶はまだほとんど戻っていませんが、第1章が完結する第5話ではある事実が明らかになるようです!

ドラマ『ニッポンノワール』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『ニッポンノワール』【視聴率一覧&ドラマネタバレ・まとめ・見逃し動画配信・無料視聴方法】
ドラマ『ニッポンノワール』【視聴率一覧&ドラマネタバレ・まとめ・見逃し動画配信・無料視聴方法】2019年10月13日(日)から日本テレビにてドラマ『ニッポンノワール』第1話がスタートします。 このドラマは、全ての人間が疑心暗鬼の...

日テレドラマ ドラマ『ニッポンノワール』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ニッポンノワール』第5話・あらすじ

#5 ベルムズ

依然として謎に包まれた「十億円強奪事件」と「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」の接点。
才門要(井浦新)は遊佐清春(賀来賢人)に、強奪された十億円は警察の極秘プロジェクト『ニッポンノワール』の資金だった。さらに薫は十億円事件を追う中で謎の組織ニッポンノワールの存在を突き止め殺害された可能性が高いとも告げる。
捜査一課長の南武修介(北村一輝)は、警察組織の中に『ニッポンノワール』の息がかかった人物が紛れ込んでいる可能性を示唆する。
規模も目的も謎に包まれた『ニッポンノワール』。
薫はどこまで真相に迫っていたのか。そして真相に迫ったからこそ殺害されたのか…
こうした中突然、清春たちはガスマスクの男に散弾銃で襲撃される。
防犯カメラの映像などから犯行は半グレ集団ベルムズの現リーダー・陣内によるものだと判明。ニッポンノワールとの繋がりは…取り調べを進める清春に対し陣内は「碓氷克喜(田野井健)だっけ?俺はあいつのすべてを知っている」と謎めいた言葉を投げかける。
一方、そのころ、警察の建物にはガスマスクを装着した男が約100人の武装集団を率いて歩みを進めていた。
誰が味方で誰が敵か…何が真実で何が虚構か…
加速する急転の第5話…。この日、ドラマ「ニッポンノワール」第1部が完結を迎える。

引用:公式サイト

ドラマ『ニッポンノワール』第5話・ネタバレ

克喜(田野井健)が自分の子供だということを思い出した清春(賀来賢人)。薫(広末涼子)はDNA鑑定も行なっていた。それから清春は自然な態度で克喜と接することができていない。ガスマスクの男から清春を助けた才門(井浦新)が話したことで深水(笹野高史)と咲良(夏帆)もそのことを知った。

喫茶ボナーロでその話をする流れで“ニッポンノワール”にも触れることになった。深水はその組織の名前を聞いたことがあるようだ。才門が言うには「ニッポンノワールは十億円強奪事件の被害者」だそうだ。奪われた十億円はニッポンノワールの資金だったのだ。

その時、喫茶ボナーロに銃弾が撃ち込まれた。ガスマスクの男が狙ってきたのだ。追いかける清春がたどり着いた倉庫の壁には例のNのマークが描かれていた。

捜査会議が終わり、ニッポンノワールの名前を出さない南武(北村一輝)を清春は呼び出して問い詰めた。南武は班の中にもニッポンノワールの息がかかっている人物がかかっているかもしれないと考えているようだ。清春は南武が海外出張と言っていた日に日本にいたことについて尋ねた。克喜が持っていた写真が何よりの証拠だ。南武はアリバイ作りのために海外に行くように言ってきたのは薫だと答え、その日に克喜から連絡があったため代役を立てたと答えた。

清春が喫茶ボナーロに戻ると名越(工藤阿須加)が来ていた。そして深水から清春と克喜の関係を聞いたようだ。その時、克喜が店に入ってきて学校でもらった三者面談のお知らせを見せてきた。三者面談に行くことを引き受けた清春に喜ぶ克喜。面談で克喜について「後悔して、そのことを糧にして強くなってほしい」と話した清春。克喜は嬉しそうな顔をしていた。

ガスマスクの男がベルムズのリーダー・陣内(落合モトキ)だとわかった。リーダーが陣内になってからアジトが変わり、居場所を突き止めるために元リーダー・貴志(栄信)のもとを訪れた清春と南武。仲間を大切にする貴志は口を割らないが、ベルムズのメンバーで消息のわからない者がいると聞いて協力した。克喜が持っていた警察病院で撮られた写真の後ろに写っていた2人だ。

貴志のあとをつけ、陣内のところへ乗り込んだ清春は強引なやり方で逮捕し、無茶な取り調べを行なった。南武は薫の父に呼び出され、陣内を釈放するように言われたが、「警察とベルムズに繋がりがあるのか」と南武から逆に質問されて言葉を濁した。

取調室では陣内が克喜の名前を出して「俺はあいつの全てを知っている」と意味深な発言をした。それを聞いた清春は我を忘れて陣内を殴り、宮城(細田善彦)に止められた。落ち着いた清春は宮城に克喜が自分の息子だと話した。そこへ陣内を連れ戻しにガスマスクの男がベルムズのメンバーを連れて警察に乗り込んで来た。その中に貴志もいた。

陣内を連れ出した貴志だったが、今度は陣内を人質にとって清春を呼び出した。ベルムズを動かしたのは貴志だった。前を向いて生きたいと願う貴志が「すべての責任は自分にある」と話している最中、撃たれた。ガスマスクの男が狙ったのだ。「陣内にはまだ利用価値がある」と話すガスマスクの男に「何者だ」と詰め寄る清春。しかしまたNのマークを見せられてフラッシュバックを起こし、気絶してしまった。

目を覚ました清春は貴志殺害の容疑で逮捕されようとしていた。ガスマスクの男の時と同様、才門が助けにきた。清春は意識が朦朧とする中、山小屋での薫との会話を思い出す。薫は山小屋で十億円強奪事件の真相を話していた。前科のある未成年に指示をして十億円を奪わせた真犯人。

「それはわたしよ。」

薫だったのだ。

ドラマ『ニッポンノワール』第5話・十億円強奪事件の犯人は碓氷薫(広末涼子)

清春はフラッシュバックを起こすたびに薫との記憶を取り戻す清春ですが、今回は薫が殺されていた山小屋で交わした会話の記憶を思い出しました。薫は星良のためにニッポンノワールの存在を突き止め、その組織を壊滅に追いやるために資金である十億円を奪ったのでしょうか。根幹に克喜が関わっているという意味がまだよくわかりませんが、薬を切らした克喜が暴れてしまうことと関係がありそうですね。

ドラマ『ニッポンノワール』第5話・ネット上の感想

ドラマ『ニッポンノワール』第5話・感想

今回で第1章が完結しました。まだニッポンノワールがなんの組織で誰が所属しているのかほぼわからない状態ですが、人体実験をしているのでは?という考察が見られます。克喜がなんの病気の薬を飲んでいるのか、なぜ薬が切れると暴れてしまうのか。これは第1話の冒頭で流れたインフルエンザの新聞記事と関係があるのでしょうか。警察病院で検査をしてもらっているようですが、この病院もニッポンノワールの息がかかっているような気がします。病院内ですれ違っているベルムズのメンバーが消息不明であることも気になります。

第6話から第2章が始まりますが、清春は貴志殺しの容疑者となっているため逃亡犯の状態ですよね。新しいキャラも登場しますます真相に近づいていきそうです。次回の放送も見逃せませんね!

ドラマ『ニッポンノワール』第6話・あらすじ

#6 逃亡

警察署を襲撃したガスマスクの男ら約100人の武装集団。混乱の中、喜志殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来賢人)は才門要(井浦新)の手引きで逃走。追う警察は清春を全国指名手配にかける。
清春は逃亡生活の中で碓氷薫(広末涼子)の告白が脳裏にフラッシュバックする。
「十億円強奪事件の真犯人は…私よ」
これまで追いかけてきた「十億円強奪事件」と「碓氷薫殺害事件」の接点
それがまさかの碓氷薫自身がその真犯人だったという真相に繋がる。
これにより謎は一層深まる。
ではなぜ碓氷薫は殺害されたのか……。そして手を下した人間は誰なのか……。
ニッポンノワールの拠点を探る清春は、半グレ集団ベルムズと警察が癒着している疑いを知る。また複数のベルムズメンバーが警察病院で相次ぎ失踪しているとの情報を得て才門と共に潜入を試みる。
こうした中、克喜(田野井健)が服用している薬は未認可の劇薬と判明。
徐々に鮮明になる清春の記憶。
そして、徐々に組織の輪郭が見え始めたニッポンノワール。
全ての謎と伏線がこの瞬間から明らかに。第2部「※※編」、ここに開幕!

引用:公式サイト