2019年冬ドラマ

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第2話・法律事務所の人々が男女問わず可愛い【あらすじ・ネタバレ&感想も】

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

2019年1月17日(木)に放送されたドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第2話はもうご覧になりましたか?

 

“スピン・ドクター”である氷見江が鈴木法律事務所のメンバーと協力し、
スキャンダルに巻き込まれた依頼人のダメージを最小限に抑えるべく立ち回る1話完結のドラマ。

 

今回はセクハラがテーマとなっているようですが、
どのようなストーリーが展開されていくのでしょうか。

 

ちなみに、ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第1話ネタバレじゃこちらからご覧になれます。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN
ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第1話 あらすじ・ネタバレ&感想【謝罪会見がSMAPを思い出させる…】2019年1月10日(木)に放送スタートとなったドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第1話はもうご覧になりましたか? 竹内...

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第2話・あらすじ

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)。谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。谷と貴美子は事実無根を訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

早速、与田知恵(水川あさみ)藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。一方与田は貴美子から谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会う。氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと言う。氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えるが…。

引用:公式サイトより

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第2話・ネタバレ

鈴木法律事務所に送られてきた小包には、江(竹内結子)と次期首相候補・東が並んで歩いている写真のデータが入っていました。不倫を疑う与田(水川あさみ)、藤枝(中川大志)、真野(斉藤由貴)でしたが、江にうまくはぐらかされてしまいました。

 

その頃、街で話題になっていたのは大手広告代理店で起きたとされる契約社員へのセクハラ問題。週刊誌『週刊文新』に記事が出たことで仕事に支障をきたしていた当事者の大手広告代理店人事部長・藤原貴美子(国生さゆり)と、クリエイティブディレクター・谷正輝(波岡一喜)は鈴木法律事務所を訪れていました。江は譲歩の道を探ることを勧めましたが、藤原は聞く耳を持ちません。そこで江たちは守る道を探すため、代理店を調査することにしました。

 

代理店を訪れた与田と藤枝でしたが、社員は非協力的で情報が集まりません。江は『週刊文新』の編集部に出向き、東堂(泉里香)と会い、そこで見かけた『週刊THURSDAY』の記者・モロのことが気になりつつ、セクハラ記事を担当した堀川を紹介してもらっていました。そこで被害者の契約社員が暴露本を出すという情報を手に入れた江は、「顔出しすれば世の中の女性たちの救世主になれる」と堀川を煽りました。

 

江はすぐに与田に連絡し、与田が暴露本のことを藤原に伝えると、藤原は大激怒して出版を差し止めるように声を荒げました。与田はそれにひるむことなく、暴露本を出版する被害者の名前を聞き出すことに成功しました。

 

江と与田は、谷の被害者・佐藤瑠璃(成海璃子)に会いに行きました。瑠璃は契約を切られるのが怖くて理不尽な要求に耐えてきたことを話しました。江は暴露本出版の中止を求め、金銭的に解決できないか提案しましたが、瑠璃はお金よりも谷の謝罪を強く望んでいました。

 

江は鈴木(バカリズム)とともに代理店に出向き、瑠璃の要望を伝えましたが、藤原は「謝罪しない」の一点張りです。そんな中、瑠璃がメディアに顔を出して暴露本出版を公言したことをきっかけに炎上し、瑠璃がバッシングされる流れになりました。依頼人である代理店にとって好都合だと喜ぶ江たちでしたが、事態は一変します。ワイドショーで谷のパワハラが公にされてしまいます。

 

江と与田は、藤原と谷にパワハラについてだけでも謝罪した方がいいと提案しますが、藤原は頑なに謝罪を拒みます。藤原が謝罪を拒み続ける理由が分からない江たち。しかし、真野と訪れたジムで見かけた谷デザインのポスターや、そこに瑠璃も来ていたという話を聞いた江たちは、谷と瑠璃が付き合っていたのではないかと疑い始めました。

 

瑠璃に会いに行った与田は、瑠璃から別れ話を切り出した途端にパワハラが始まったという話を聞きました。さらに真野が谷に関するデータを手に入れたところによると、現在の部署に異動になった途端に経費を使って羽振りが良くなっていることが分かりました。さらに、江と与田は素性を隠して代理店の社員に話を聞きました。すると過剰なノルマや隠蔽工作、谷をスターディレクターにするべく裏でクリエイターが分業で協力していることが分かったのです。

 

藤枝は藤原と会い、発売前の週刊誌の記事を手に入れました。そこには谷の悪行が書かれており、藤原は谷を守ることをやめたのが分かりました。藤原は谷が嘘をついていたとしてセクハラを認めましたが、暴露本の出版だけは止めるように言いました。一体藤原が何を隠したいのか分からない江たちでしたが、そんな中、真野が谷のデザインが他のクリエイターの作品に似ていることに気付き、盗作疑惑が浮上します。藤原が隠したい裏側がやっと見えてきました。

 

代理店では無理なノルマによって広告のデザインが追いつかずクオリティが下がり、盗作までするようになっていました。そこで“カリスマクリエイティブディレクター作”という付加価値を付けて目くらましすることを考えた会社が、谷を表舞台に立たせるためにプロデュースしていたのです。

 

鈴木法律事務所に谷と瑠璃を呼び出した江。谷と瑠璃は言い合いを始めてしまいますが、江は2人のいざこざに乗じて隠蔽や金儲けを考えている輩がいると話しました。江は、谷には謝罪、瑠璃には暴露本の出版中止を提案しましたが、瑠璃は出版中止を断り、帰ってしまいました。

 

江はプランを変更し、藤原たちにデザインの盗作疑惑に気づいたことを伝えて謝罪会見をさせました。そして暴露本を出版させないため、モロにネタを掴ませて谷と瑠璃が恋人同士だったことを『週刊THURSDAY』に掲載させました。

 

江は瑠璃に会いに行き、谷が会社を辞めたことを伝えました。暴露本は出版されませんでしたが、瑠璃のインスタのフォロワーは激増し、瑠璃のインフルエンサーとしての未来は明るいものとなりました。

 

今回の件が一段落して、モロは与田にネタの提供のお礼を言っていました。すると、仕事の電話に出るとして席を立った与田の代わりに江が現れました。どうやら鈴木事務所に江の写真を送ってきたのはモロで、2人は顔見知りだったのです。モロは江が人を殺していると言い、江が逮捕された事件の新聞記事を見せました。「あの時なにがあったのか」モロはこの事件の真相が知りたいようです。

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第2話・法律事務所の人々が男女問わず可愛い

https://twitter.com/alice_j_11/status/1085927633773154304

 

ドラマのメインキャストである鈴木法律事務所に所属するみなさん。
劇中ではテンポのいい会話を繰り広げ、息ぴったりなところを見せてくれていますよね。

 

キャラクター監修はバカリズムさんがしているとのことですが、
それぞれに愛嬌のある憎めないキャラクターばかりで、何気ない動きでも楽しませてくれます。

 

第2話では竹内さんが26歳、水川さんが24歳と言い張っているシーンや、
酔っ払った中川さんが口を滑らせて「ババア」と言ってしまい責め立てられるシーンが可愛く面白かったです。

 

今後も法律事務所のみなさんの会話劇が楽しみですね♪

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の地上波放送後1週間以内はTverで、1週間以上経過している場合はFODで視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

FODでの視聴はこちらから

※本ページの情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

 

FODでは過去の放送された人気ドラマも多数配信されています。

  • グッド・ドクター
  • コンフィデンスマンJP
  • 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
  • SUITS/スーツ
  • 僕らは奇跡でできている
  • トレース~科捜研の男~

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第2話・感想

第2話はセクハラ・パワハラがテーマとなっていましたが、普通のリーガルドラマとは毛色が違うからか、被害者が勝った!というラストではありませんでした。ですが、瑠璃は世論から叩かれもしましたが、最終的にある意味これからの人生が明るくなりそうで良かったです。

 

第2話では江が人を殺しているというワードが出てきましたが、今後も依頼を解決しながら、江の過去が少しずつ分かってきそうですね。突拍子も無いところに解決の糸口があり、先が読めないところも魅力かもしれません。次回の放送も気になります!