2019年冬ドラマ

ドラマ『グッドワイフ』第6話・決定権は私(常盤貴子)にある!【あらすじ・ネタバレ&感想も】

グッドワイフ 6話

2019年2月17日(日)に放送された『グッドワイフ』第6話はもうご覧になりましたか?

 

第5話は、離婚弁護が取り上げられていました。その中で、2つの異なった離婚弁護を担当することになった蓮見杏子(常盤貴子)です。1人はロックスターの妻であり、もう1人は夫・壮一郎(唐沢寿明)の担当検事である脇坂正道(吉田鋼太郎)の妻です。

 

脇坂正道(吉田鋼太郎)の妻は夫の秘密を掴んだ上で、離婚弁護を蓮見杏子(常盤貴子)に選んだのです。そしてその”秘密”を理由に離婚を申し出たのです。最後には、その秘密を知った蓮見杏子(常盤貴子)は夫に伝え、それが保釈の機会へと繋がります。

 

第6話は、蓮見壮一郎(唐沢寿明)の保釈が認められ自宅に戻る事になりますが、蓮見杏子(常盤貴子)は話し合うなかでどんな決断をするのでしょうか。そして、多田征大(小泉孝太郎)がついに告白をするみたいですが、果たして蓮見杏子(常盤貴子)はどうするのでしょうか。

 

蓮見杏子(常盤貴子)は、子ども達の事を想って決断するのか、それとも自分の気持ちや思いで決断するのかと気になります。

 

ちなみに、ドラマ『グッドワイフ』第5話ネタバレはこちらからご覧になれます。

グッドワイフ
ドラマ『グッドワイフ』第5話 脇坂正道(吉田鋼太郎)の新事実【あらすじ・ネタバレ&感想も】2019年2月10日(日)に放送された『グッドワイフ』第5話はもうご覧になりましたか? 第4話は、蓮見杏子(常盤貴子)が息子・隼(...

第6話までのネタバレ全話をご覧になりたい場合はこちらから

グッドワイフ
ドラマ『グッドワイフ』視聴率一覧を最終回まで速報で更新中【常盤貴子主演ドラマ】2019年1月13日(日)からTBS日曜劇場にてドラマ『グッドワイフ』が放送されています。 出産を機に弁護士を引退していた妻が、エ...

ドラマ『グッドワイフ』第6話 あらすじ

多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。
京子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。

人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。

しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。佐々木(滝藤健一)と共に、南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。そんな中、南原と脇沢(吉田鋼太郎)が接触するところを目撃。南原に自ら接触をはかる―

引用:公式サイト

ドラマ『グッドワイフ』第6話 ネタバレ

夫・壮一郎(唐沢寿明)の保釈

多田征大(小泉孝太郎)は蓮見杏子(常盤貴子)から夫・壮一郎(唐沢寿明)の保釈を聞き、彼女を屋上へと呼び出します。

 

そこで彼女に今後どうするのかと聞きながら、考えられる可能性について話します。

多田征大(小泉孝太郎)は、聞きます。

・話し合いの中で納得したら、離婚をしない。

・離婚して、子どもを1人で守る。

・他の男との可能性にかけてみる、例えば俺(小泉孝太郎)とか。

 

と言った後に蓮見杏子(常盤貴子)の困った表情を見て、選択肢はいっぱいあるという事だと伝えます。

 

翌日、蓮見杏子(常盤貴子)は多田征大(小泉孝太郎)と集団訴訟の案件のため一緒に出掛けます。建設会社の工事による健康被害が関係しています。依頼人先の元へ行くと、そこで車椅子に乗り困っている男性に出会います。

 

困っている男性を助けた2人ですが、なんと集団訴訟の人達は他の弁護士と比べてどちらにするか決めたいと言い出したのです。そのもう1人の弁護士は、2人が助けた車椅子の男性は三栗谷剛 (春風亭昇太)だったのです。

 

三栗谷剛 (春風亭昇太)は最初から分かった上で、多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常盤貴子)の印象を悪くしようと利用していたのです。

 

そんな感じで始まった会議では、完全に自分の事を”弱者”と言って身体の不自由を利用している三栗谷剛 (春風亭昇太)の印象が良いイメージを受けました。

 

一方その後、夫・壮一郎(唐沢寿明)が保釈され自宅に戻ります。

 

夫・壮一郎(唐沢寿明)の帰りを複雑な表情で迎える蓮見杏子(常盤貴子)は、中に迎え入れ娘と息子を呼びます。戸惑いながら向かい入れる娘・綾香(安藤美優)とは全く違う態度を見せる息子・隼人(小林喜日)の姿がありました。

 

今までにない雰囲気で最初に話し出したのは、夫・壮一郎(唐沢寿明)です。自身が起こしたとされる事件については濡れ衣であることを話し、その後言いにくそうに不倫についても語ります。

 

蓮見杏子(常盤貴子)は不倫について話そうとする夫・壮一郎(唐沢寿明)を止めますが、彼は話を続けます。話が終わった所で、息子・隼人(小林喜日)がもう終わった…と聞いて席を立ちます。それに続き、娘・綾香(安藤美優)も立ち上がりますが去る前に”おかえりなさい”と言います。

 

子ども達が部屋に戻った後、蓮見杏子(常盤貴子)は夫・壮一郎(唐沢寿明)が罠にかけられたと言っていた事について聞きます。しかし、言えないのみの夫・壮一郎(唐沢寿明)に何も言えない明らかにしないなら”おかえり”なんて言えないからと部屋を出ていきます。

三栗谷剛 (春風亭昇太)の狙いが明らかに…

多田征大(小泉孝太郎)と朝飛光太郎(北村匠海)はフットサルをして身体を動かします。そんな中、朝飛光太郎(北村匠海)は蓮見杏子(常盤貴子)のことがなぜ好きなのか…また、なぜ今まで告白しなかったのかなど朝飛光太郎(北村匠海)らしく聞いていきます。

 

一方の夫・壮一郎(唐沢寿明)の元へ林弁護士が現れます。そして、事件について知っている事を話してほしいと言われます。しかし何も話す事がない、どうかの公判の準備を進めてほしいと伝えます。

 

その後、壮一郎(唐沢寿明)は後輩・佐々木達也(滝藤賢一)と密会して話し合います。自分達の捜査が南原次郎(三遊亭円楽)に流れていた事、証拠を流していた人を見つけないといけない事を話します。また、南原次郎(三遊亭円楽)が事件に関係している事が分かった以上、林弁護士にも何も話す事が出来ないと話し合います。

 

その頃、蓮見杏子(常盤貴子)と多田征大(小泉孝太郎)は、三栗谷剛 (春風亭昇太)について話し合います。そして、考えられる可能性は三栗谷剛 (春風亭昇太)が企業側と裏で繋がっていて、企業側にとって不利にならないよう弁護を申し出たのではないかという可能性を調べる事にします。

 

円香みちる(水原希子)は、これは調べますと動き始めます。多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常盤貴子)の2人は依頼人になる人達に個別で話し合いをするべく、1人1人に会いに行くのですが、行く先々で三栗谷剛 (春風亭昇太)が先に依頼人たちと接点していたのです。

 

その途中結果として、三栗谷剛 (春風亭昇太)が7名多く依頼人の投票を得るのです。多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常盤貴子)の2人は夜も依頼人の自宅をまわる事を息子・隼人(小林喜日)に連絡します。

 

息子・隼人(小林喜日)は母(常磐貴子)との電話を切ると自身の部屋に戻ろうとします。しかし父(唐沢寿明)にお母さんが遅くなるなら外で食事にでも行くか、と話すと息子・隼人(小林喜日)は“離婚しなよ”“謝れば許されると思った”と厳しい口調で続けて言ってその場を離れます。

 

その場で何も言わずにいた壮一郎(唐沢寿明)ですが、子どもの部屋の電気を消しに入り出ていく際に、以前に多田征大(小泉孝太郎)達が自宅に来た時に撮った写真を見つけ無言で見つめます。

 

最終的に三栗谷剛 (春風亭昇太)が50人、多田征大(小泉孝太郎)側には48人の人が決まり4名の保留を残す所となりました。そんな時、円香みちる(水原希子)が三栗谷剛 (春風亭昇太)が海老塚建設に出入りしていた事実を掴みます。

 

多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常盤貴子)は、その事実を依頼人たちに伝えに行きます。そして三栗谷剛 (春風亭昇太)聞きたいことがあると、海老塚建設に出入りしていた事について聞きます。この事実に依頼人たちは、再度投票することを希望します。

 

するとなんと、同数になり共同代理人をする事になります。三栗谷剛 (春風亭昇太)は500万円で和解しようと提案しますが、3000万円は取れると主張する蓮見杏子(常盤貴子)と多田征大(小泉孝太郎)です。

 

多田征大(小泉孝太郎)は、神山佳恵(賀来千香子)に報告の電話します。待っている蓮見杏子(常盤貴子)は三栗谷剛 (春風亭昇太)に、本当がどうなんですかと聞きます。そして話し合っていく中で、彼の持っているペンが気になり電話でその場を離れた時に確認する蓮見杏子(常盤貴子)でした。

 

蓮見壮一郎(唐沢寿明)は南原次郎(三遊亭円楽)が演説している所へ行き、握手をしながら”情報提供者”が現れたと言います。その場を上手くやり過ごそうとしていた南原次郎(三遊亭円楽)ですが、手をさらに強く握り締め見つめます。蓮見壮一郎(唐沢寿明)は、情報提供者を見つけてはいないが、相手の出方を見たかったようです。

 

そして更に脇坂正道(吉田鋼太郎)が南原次郎(三遊亭円楽)と会っている情報を得るのです。脇坂正道(吉田鋼太郎)が南原次郎(三遊亭円楽)に会っていたのは、彼に呼び出されたようです。

 

情報を得たと喜んでいる所で、不倫相手・遠藤亜紀(相武紗季)がニュースで彼との関係は一度だけではなかった、互いに思い合っていたと話すインタビューが流れるのです。そのニュースを見て、急いで自宅に帰るよう朝飛光太郎(北村匠海)に言われ、子どもの事を思い急いで帰ると娘・綾香(安藤美優)がマスコミに囲まれていました。

 

娘・綾香(安藤美優)をマスコミから守り、自宅に入る蓮見杏子(常盤貴子)です。その後帰宅した夫・壮一郎(唐沢寿明)が言い訳するが理由を話さない彼に、なら自分を信じさせてくれてと言います。

 

でないと”家族”には戻れないとはっきりと言います。

 

翌日事務所へ行き、神山佳恵(賀来千香子)に騒動の謝罪をすると神山佳恵(賀来千香子)は、自分を最優先にすると決めた事は、あなたの人生の大きな力になると蓮見杏子(常盤貴子)に言います。

ドラマ『グッドワイフ』決定権は私(常盤貴子)にある!

夫・壮一郎(唐沢寿明)の保釈が決まって、話し合ってから今後の事をもう一度決めようという気持ちでいる蓮見杏子(常盤貴子)でしたが、夫・壮一郎(唐沢寿明)が何も言おうとしない姿に”信じられない”と感じるのは当たり前だと思います。

 

それでも子どものためにと動こうとする彼女を変えたのは、神山佳恵(賀来千香子)の言葉かもしれないと思います。

 

そして彼女が決めたのは自分で決めて、行動する姿には思わずカッコいい!と感じずにはいられませんでした。同じように感じている方も多かったようです。

 

 

会見に向かう姿勢や様々な場面に遭遇していても、優しく強い芯のある女性という所がカッコいいですね!

 

来週の蓮見杏子(常盤貴子)さんがどんな風に夫・壮一郎(唐沢寿明)と向き合っていくのか、そして何を決断するのかが気になります。

ドラマ『グッドワイフ』 人は簡単には変われない…絶対に

 

蓮見杏子(常盤貴子)は、気になっていた三栗谷剛 (春風亭昇太)のペンについて、門円まどか(水原希子)に調べてもらっており、そこから明らかな事実が分かります。

 

その事実を突きつけて交渉しようと三栗谷剛 (春風亭昇太)を事務所に呼び出した多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常盤貴子)です。どうやらテイショーコーポレーションという会社が配っているペンのようで、顧問弁護士を探しているそこへ三栗谷剛 (春風亭昇太)は自身を売り込んでいたのです。

 

さらにその会社は、海老塚建設の社外役員が共通していたり近い関係であったのです。三栗谷剛 (春風亭昇太)は顧問弁護士になるため、被害者の会の弁護を受け入れ自身の実力を見せようとしたのです。

 

その事実が明らかになれば、弁護士としての今後が終わってしまうと多田征大(小泉孝太郎)が言い条件を提示します。そして三栗谷剛 (春風亭昇太)は、依頼人から手を引き海老塚建設と示談すれば和解金を1人2000万円でまとめると言います。

 

多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常盤貴子)は、依頼人の為に破格の金額で和解が決まり、ハイタッチをします。そして事務所全員で喜びます。

 

その夜、三栗谷剛 (春風亭昇太)は蓮見杏子(常盤貴子)が帰っている所でお祝いの言葉と伝えながら、新たな事実を伝えます。そして、彼は前に”人が変われる…と言いましたが、僕は人は変われないと思ってます”と言って乗っていた車のドアを閉めるのです。

 

一方で自宅に戻った蓮見杏子(常盤貴子)は、夫・壮一郎(唐沢寿明)を訪ねた林弁護士(博多華丸)の為にお茶を入れています。壮一郎(唐沢寿明)は、マスコミ対策のため記者会見を開こうと考えている旨を伝えます。しかし、林弁護士(博多華丸)はこれ以上お飾りの弁護はできない、と言って帰るのです。

 

どうするの…と問いただす蓮見杏子(常盤貴子)に、何とかすると言って答えて下を向く夫・壮一郎(唐沢寿明)に私が弁護すると言う蓮見杏子(常盤貴子)です。そして一緒に記者会見に挑みます。

 

記者会見が始まる前に、会見が終わったら全部話して…”違う、これは家族の問題”“変われないなら待つのはやめる”と言います。そして最後には、これは私が決めたのあなたに決定権はないのと言って記者会見に向かいます。

 

記者会見を複雑な気持ちで見つめる多田征大(小泉孝太郎)は、蓮見杏子(常盤貴子)の姿を見て意を決して彼女に電話して自分の思いを伝えます。

 

しかし電話に出たのは、夫・壮一郎(唐沢寿明)でした。

ドラマ『グッドワイフ』第6話 感想

始まってすぐに多田征大(小泉孝太郎)が告白するのか…と思いきや蓮見杏子(常盤貴子)の困った表情に彼女を想って言葉を続けるのをやめた多田征大(小泉孝太郎)でした。

 

そして保釈された夫・壮一郎(唐沢寿明)が自宅に戻った時の家族が一緒に食事をする場面では、それぞれの想いが交差しているのが分かると同時に夫・壮一郎(唐沢寿明)は誠意をみせているようで、自身を上手く伝えているだけという面が感じられます。

 

頑なに事件の詳細を話せないのには、どんな理由があるのかと…気になります。最後には、蓮見杏子(常盤貴子)が夫・壮一郎(唐沢寿明)の弁護をすることを決めますが、これは完全に事件の真相を知って今後をどうするのかを決めたいからをなのではないかと感じます。

 

そして最後の多田征大(小泉孝太郎)の告白を夫・壮一郎(唐沢寿明)が聞いたのが怖いです。

 

来週どんな風に物事が明らかになるのか、蓮見杏子(常盤貴子)が自分の告白を聞いていないとは知らない多田征大(小泉孝太郎)は彼女に会った時どんな態度になるのかと気になります。

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪