2019年冬ドラマ

ドラマ『グッドワイフ』第4話 息子(小林喜日)の母(常磐貴子)を想う気持ち【あらすじ・ネタバレ&感想】

グッドワイフ 4話

2019年2月3日(日)に放送されたドラマ『グッドワイフ』第4話はもうご覧になりましたか?

 

第3話では、蓮見杏子(常盤貴子)が夫との関係を改めようと感じていた矢先に1つの事件を解決したと思いホッとしているとその事件に関わったのが夫・壮一郎(唐沢寿明)に仕組まれた罠だったことに気づきます。

 

利用された事実に涙を流す蓮見杏子(常磐貴子)は、
多田征大(小泉孝太郎)に抱きしめられます。

 

第4話では、夫・壮一郎(唐沢寿明)が事件を起こす前に交流のあった友人、ママ友達と再び関わる事件の依頼があるようです。
どのように事件、そして過去と向き合っていくのか気になります。

 

ちなみに、ドラマ『グッドワイフ』第3話のネタバレはこちらからご覧になれます。

グッドワイフ
ドラマ『グッドワイフ』第3話 夫・壮一郎の思惑!ラスト5分で急展開が話題に【あらすじ・ネタバレ&感想も】 2019年1月27日(日)に放送されたドラマ『グッドワイフ』第3話はもうご覧になりましたか? 第2話では、蓮見杏子(常盤貴子)が事...

ドラマ 『グッドワイフ』第4話 あらすじ

杏子(常盤貴子)が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕された。翔平の母・奈津子(須藤理彩)は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎(唐沢寿明)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。

杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海)にメインでやってもらうようにお願いする。翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。

本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する…

一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。それは杏子を想う多田(小泉孝太郎)だった…。
引用:公式サイト

ドラマ『グッドワイフ』第4話 ネタバレ

昔の家・友人達との再会

蓮見杏子(常磐貴子)が多田征大(小泉孝太郎)から抱きしめられた所から始まり、その事に驚き慌て、互いに離れ謝り合います。蓮見杏子(常磐貴子)は、もう大丈夫、落ち着いたからと涙を止め部屋を出ていきます。

 

そこに蓮見杏子(常盤貴子)にある人が会いに来ている事を伝えられます。蓮見杏子(常盤貴子)は、息子さんかな…イケメンですねと言われたので、不思議に感じながらロビーに行くと、その場にいたのは息子の友人でもあった荻原翔平(佐藤緋美)です。

 

萩野翔平(佐藤緋美)は、昨夜マンションの屋上にいき、煙草を吸っていた所を管理人に見つかって逃げた事、そのことを誰かが通報したらしく、今朝友人の家の前に警察が来ていたことを話します。野球部に所属しているから、このまま警察沙汰になれば、チームが大会に出られなくなると相談します。

 

相談された蓮見杏子(常磐貴子)は、彼の母親に話しに行く必要を伝え、一緒に彼の自宅に向かいます。そこは、蓮見杏子(常磐貴子)が10年前に家族で引っ越し一緒に暮らしていていた、夫・壮一郎(唐沢寿明)の事件が起き現在のマンションに引っ越すまでは住んでいた所でした。

 

以前自分達が住んでいた家を目にし、10年前に引っ越してきた頃の記憶が蘇った蓮見杏子(常磐貴子)でしたが、そのまま萩野翔平(佐藤緋美)の自宅に向かいきます。

 

萩野翔平(佐藤緋美)の自宅に着くと、過去に“友人”と思っていたママ友達もいたのです。その中の1人、宇佐美沙織(霧島れいか)が”よく来られたわね”と言いながら嫌味を言い始めます。

 

その時、パトカーがサイレン鳴らしてきて萩野翔平(佐藤緋美)を連行しようとしまう。蓮見杏子(常磐貴子)が弁護士として理由を聞くと“ある死亡事件の重要参考人として”と言い、パトカーに乗せて連れていくのです。

揃いすぎている証拠

門円まどか(水原希子)が萩野翔平(佐藤緋美)17歳、傷害致死であることと事件当時の詳細について説明し始めます。

 

起訴される可能性が高いことを神山佳恵(賀来千香子)が話すと、朝飛光太郎(北村匠海)は蓮見杏子(常磐貴子)の知り合いなのに、なぜ自分が担当するのかと聞きます。それに対して蓮見杏子(常盤貴子)は、親御さんとの関係が色々とあり”サブにつくのでメインをお願いします”と朝飛光太郎(北村匠海)にお願いします。

 

そして神山佳恵(賀来千香子)も依頼人の父親が会社経営者であり、クライアントにしておくのは今後にとってもいいことだと朝飛光太郎(北村匠海)に言います。そこで一旦、話し合いが終わり、全員が解散します。

 

萩野翔平(佐藤緋美)の事件について話している時、多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常磐貴子)の2人の様子に違和感を感じた神山佳恵(賀来千香子)が、多田征大(小泉孝太郎)に何かあったのかと確認します。2人の関係に口を挟むつもりはないが、事務所内での不倫騒動は困る、何よりも気持ちを伝えたら困るのは蓮見杏子(常盤貴子)であると話します。

 

夫・蓮見壮一郎(唐沢寿明)は、脇坂博道(吉田鋼太郎)は蓮見壮一郎(唐沢寿明)が行った根回しが上手だったと誉めながら、今後も彼の事件を担当するのは自分であることを伝えます。そして、起訴するつもりでいる事も話します。

 

起訴されると聞き、驚き表情を変える蓮見壮一郎(唐沢寿明)を見て“その顔が見たかった”いつもの“正義感のような顔”が“悔しさに歪む顔”になるの見たかったと話します。

 

蓮見杏子(常盤貴子)は朝飛光太郎(北村匠海)と一緒に依頼人・萩野翔平(佐藤緋美)に会いに行きます。無実を主張している彼に現在の状況を伝えると、自分を信じてほしいと訴えられます。蓮見杏子(常盤貴子)は信じるために調べるからと伝えます。

 

そして、萩野翔平(佐藤緋美)の所属している野球部員に話を聞き始めます。調べていく中で、元々エースだった萩野翔平(佐藤緋美)は肩の故障をきっかけに素行が悪くなり、真面目な部員だった中村明宏(前田旺志郎)も彼に同情して一緒に行動することが増えたという証言が多く出てきます。

 

朝飛光太郎(北村匠海)は調べてきた事を含めた今の状況について話し、中村明宏(前田旺志郎)が嘘をついている可能性がほとんどなく、足跡が残っていることから萩野翔平(佐藤緋美)も残っており一緒にいた友人とは足のサイズが違い彼の者で間違えないと言います。

 

そして、被害者貴族と示談にしようという形で進めていこうと話します。蓮見杏子(常盤貴子)は、罪を認めるのかと聞きます。すると、朝飛光太郎(北村匠海)は認めないまま裁判に負けたら余計に不利であると話します。

 

蓮見杏子(常盤貴子)は依頼人が無実を証言していること訴えると、朝飛光太郎(北村匠海)は、有力な反論も証拠もまったくない状況で裁判官が受け止めるかと言います。しかし、蓮見杏子(常盤貴子)は、将来のある未成年に傷害致死の前科がつくかどうかの瀬戸際である事を訴えます。

 

多田征大(小泉孝太郎)は2人の意見は分かったが、大事なのは依頼人の意向であると話し、依頼人に将来のことも考えてどうするのかと確認するように伝えます。

 

神山佳恵(賀来千香子)は、事務所にとって“プラス”になるように判断することを忘れないようにと2人に伝えます。

現場検証での発見!

解散後、多田征大(小泉孝太郎)は蓮見杏子(常盤貴子)に少し時間をもらえないかと声をかけ、自分の事務所の部屋に通します。そして、前回の出来事について改めて謝罪をするのです。

 

蓮見杏子(常盤貴子)は、自分が突然目の前で泣いたら、慰めろと言っているようなものである。こちらこそ…と謝ります。すると、多田征大(小泉孝太郎)は、あの時に言ったことは本気であると話します。驚き黙る蓮見杏子(常盤貴子)に、未来は変えられる、自分で生きたいと道を選べばいい、友人として応援することを伝えます。

 

それを見た門円まどか(水原希子)は、蓮見杏子(常盤貴子)に告白されましたか…と2人の事について聞きだそうとします。彼の気持ちを利用して入社すればいいのでは…と言いますが、蓮見杏子(常盤貴子)はこれ以上信じられないものが増えたら“まずい”という事を伝えます。

 

その頃、夫・壮一郎(唐沢寿明)は元部下・佐々木達也(滝藤賢一)とトイレで密会しています。元部下・佐々木達也(滝藤賢一)はそこで、トミオカ精工の倒産について調べた事を蓮見壮一郎(唐沢寿明)に報告して、さらに調査を続けるよう指示を受けます。そして最後に、起訴することが正式に決まった事も伝えるのです。

 

起訴が決まった事について蓮見壮一郎(唐沢寿明)の弁護士より蓮見杏子(常盤貴子)が報告を受けます。そしてそこで“保釈請求”する予定である事実も知るのです。弁護士から話を聞き、ある決断をした蓮見杏子(常盤貴子)は最初に息子と娘に伝えようと2人を呼びます。

 

2人が揃った所で、父・壮一郎(唐沢寿明)の裁判の事ははっきりしたら“離婚しよう”と考えている事を伝えます。だが、もしそうなっても2人の事は自分がしっかりと守ると話します。息子・隼人(小林喜日)は賛成である事を伝え、娘・綾香(安藤美優)も“仕方がない”と言いながらも涙を流しその場を離れます。

 

苦しいなかで決断し、最初に大切な2人の子どもに伝えたのが蓮見杏子(常盤貴子)の表情から伝わります。2人に伝えた時の事が頭をよぎりながら以前暮らしていた町の家の前で“幸せだった”頃の事を思い出すが、気持ちを切り替えて依頼人の母・荻原奈津子 (須藤理彩)の所へと向かいます。

 

そこで罪を認めて示談にするのか、裁判になる覚悟で戦うかを確認します。荻原奈津子 (須藤理彩)は、裁判になっても罪を認めたくないと伝え、蓮見杏子(常盤貴子)は最善を尽くすこと答えます。すると、荻原奈津子 (須藤理彩)は過去に彼女の味方になれなかったことを謝罪します。蓮見杏子(常盤貴子)は当時の事を思い出しながら彼女の話を聞くのです。

 

蓮見杏子(常盤貴子)、朝飛光太郎(北村匠海)、門円まどか(水原希子)は3人で現場検証を始めます。門円まどか(水原希子)は、友人から提供してもらった検察側の調査状況を蓮見杏子(常盤貴子)に渡すと驚かれながらも感謝を伝えられます。

 

しかしそこで1人、そんな情報でどう裁判で戦うのだと強い口調で言います。その姿に何があったのかと門円まどか(水原希子)に聞くと、朝飛光太郎(北村匠海)は今まで裁判に立ったことがないという事実が明らかになります。

 

3人が現場検証を続けていくと蓮見杏子(常盤貴子)はある事実に気づきます。

 

裁判を行うという事に緊張している朝飛光太郎(北村匠海)は、夜遅くまで仕事をしています。そこに多田征大(小泉孝太郎)が裁判は蓮見杏子(常盤貴子)と進め勉強ができること、日頃から彼が努力している姿を見ており認めている事も伝えるのです。

 

そしてついに依頼人の事件の裁判が始まります。緊張した様子の朝飛光太郎(北村匠海)はいつものように上手く話す事が出来ずに苦戦します。そこで蓮見杏子(常盤貴子)がフォローをします。

 

朝飛光太郎(北村匠海)はその後を蓮見杏子(常磐貴子)に行うように伝え、そこから蓮見杏子(常磐貴子)は裁判で尋問を始めます。蓮見杏子(常磐貴子)は映像と共に尋問で、証人が事件当時に依頼人の“顔”でなく“ウィンドブレーカー”が野球部の物であることでその場にいたのが“依頼人”だったと証言しているのではないかと話します。

 

蓮見杏子(常磐貴子)は実際に“顔”を見ていないのであれば、別の野球部員である可能性もあるのではないかと話し、尋問を終わらせます。

 

朝飛光太郎(北村匠海)は裁判であった事を、神山佳恵(賀来千香子)に報告し野球部員のアリバイを再度調べる事を伝えます。

ドラマ『グッドワイフ』息子(小林喜日)の母(常磐貴子)を想う気持ち

今回の事件は息子・隼人(小林喜日)の友人だった萩野翔平(佐藤緋美)の相談から始まりました。仕事をしながら頑張る母(常盤貴子)の姿に子どもの感じるもの、見ているものがすごく伝わってきました!

そして思うだけでなく、母の事を想いそれを伝える息子・隼人(小林喜日)がすごく良かったです。母だけでなく、妹・綾香(安藤美優)のフォローをしているの素敵です。

息子・隼人(小林喜日)の今後もどうなっていくのか、
とこれからも演技に注目して見ていきたいと思います。

ドラマ『グッドワイフ』息子・隼人(小林喜日)がくれたヒント!

野球部員の証言を再度確認していく上で、アリバリについて嘘をついていた生徒がいる事を朝飛光太郎(北村匠海)が発見します。蓮見杏子(常磐貴子)にもそれが報告され、嘘をついていた生徒の名前が宇佐美友也(水沢林太郎)である事を報告します。

 

一方その頃、多田征大(小泉孝太郎)は“ある人”に会いに行きます。その人とは、蓮見杏子(常磐貴子)の夫である蓮見壮一郎(唐沢寿明)だったのです。

 

多田征大(小泉孝太郎)は蓮見壮一郎(唐沢寿明)に、“保釈請求”を取り下げるようにお願いします。蓮見壮一郎(唐沢寿明)は、にどうゆう立場でここにいるのか、と彼に聞きます。多田征大(小泉孝太郎)は、上司として…と答えると、それだけなのかと問われます。するとそれはあなた次第…と多田征大(小泉純一郎)は答え、彼女の苦しみを取り除くつもりがないなら、家族の元に返ってはいけないと言ってその場を去ります。

 

蓮見杏子(常磐貴子)は、朝飛光太郎(北村匠海)、門円まどか(水原希子)と一緒にアリバイが崩れたもののその場に居たという証拠にはならない…と話している所で、息子・隼人(小林喜日)から連絡が入ります。

 

息子・隼人(小林喜日)は、徹夜をするという母の為に夜食を届けに来ていたのです。夜食を受け取り、嬉しそうにする蓮見杏子(常磐貴子)に息子・隼人(小林喜日)は、お母さんは優しすぎると伝えます。それに答えるように蓮見杏子(常磐貴子)は、依頼人と隼人と綾香を守るために“強くなりたい”という事を話し、早く帰るように伝えます。

 

息子・隼人(小林喜日)は帰り際に、来るときに転んだから中身が崩れているかもしれないと話すと、心配して声をかける母・蓮見杏子(常磐貴子)に雪が降っているから駅で転んだ事を伝えます。そして気をつけるように伝える途中で蓮見杏子(常磐貴子)はある事に気付きます。

 

それは、以前に蓮見杏子(常磐貴子)は住んでいた自治体では雪が降ると予想された時には塩化カルシウムが撒かれる事を思い出したのです。そして、現場に落ちていた依頼人の靴には塩化カルシウムがついていなかったが、管理人が犯人と揉み合った現場の足跡には塩化カルシウムが出ていたのです。

 

蓮見杏子(常磐貴子)と朝飛光太郎(北村匠海)の2人はアリバイが崩れた宇佐美友也(水沢林太郎)の自宅を訪れ、その事実を話します。アリバイを証言するためにも靴を検証したいと蓮見杏子(常磐貴子)が話すと、宇佐美友也(水沢林太郎)は黙り動きません。

 

その後、警察の調べにより宇佐美友也(水沢林太郎)は成績が落ちた事でプレッシャーを感じ、萩野翔平(佐藤緋美)達がマンションで煙草を吸いに行くことを知り一緒に吸おうと思い向かった所で管理人に仲間だと間違えられ、揉み合いになった事が明らかになります。

 

これで萩野翔平(佐藤緋美)の控訴の取り消しも明らかになりました。依頼人の母・荻原奈津子 (須藤理彩)はお礼を述べます。

 

そして最後に荻原奈津子 (須藤理彩)は蓮見杏子(常磐貴子)にまた連絡するから…と言いますが、蓮見杏子(常磐貴子)からの的確な返しと今までのお礼を言われ分かれます。

 

1つ過去との分かれが出来たのが蓮見杏子(常磐貴子)の表情から感じられます。

ドラマ『グッドワイフ』第4話 感想

前回の続きから始まりその後少し戸惑った様子の蓮見杏子(常磐貴子)と多田征大(小泉孝太郎)の姿がありましたね。ですが、多田征大(小泉孝太郎)が彼女の事を想い”友人として”とどんな選択をしても応援する所がまた切ない気持ちになりました!

 

蓮見杏子(常磐貴子)も多田征大(小泉孝太郎)の気持ちに初めて気づいたようですが、
今後彼女の気持ちに変化が起きるのか、と気になります。
そして、過去と向き合ったことでまた前へと進もうとしているのが伝わりました。

 

そして、多田征大(小泉孝太郎)が蓮見壮一郎(唐沢寿明)に会いに行き、
蓮見杏子(常磐貴子)の為にと話す所はカッコよかったです。

多田征大(小泉孝太郎)を応援せずにはいられません!