2019年冬ドラマ

ドラマ『3年A組』9話 ネタバレ感想・考察と10話あらすじ【景山澪奈(上白石萌歌)を殺したのは茅野さくら(永野芽郁)だった!?】

3年A組

2019年2月3日(日)に放送されたドラマ『3年A組』第9話はもうご覧になりましたか?

 

第8話では、柊が学校に乗り込んで来た郡司に逮捕されそうになりましたが、そこへガルムフェニックスが助けに来てくれましたね!ドラマも後半戦になり、新事実がどんどん発覚していますが、第9話でさらに真相に近づいていくのでしょうか。

 

ちなみに、ドラマ『3年A組』第8話ネタバレはこちらからご覧になれます。

3年A組
ドラマ『3年A組』第8話・ヒーローが柊一颯(菅田将暉)を助けに来た!ガルムフェニックス登場【あらすじ・ネタバレ&感想も】2019年2月24日(日)に放送されたドラマ『3年A組』第8話はもうご覧になりましたか? 第7話ではフェイク動画を依頼したハンター...

第9話までのネタバレ全話をご覧になりたい場合はこちらから

3年A組
【3年A組】視聴率一覧を最終回まで速報で更新中【菅田将暉主演ドラマ】2019年1月6日(日)から日本テレビ系の日曜ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』が放送されています。 高校の卒業式の1...

 

日テレドラマ

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』1話~最新話、スペシャルメイキング映像Huluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

Hulu

ドラマ『3年A組』第9話・あらすじ

一颯(菅田将暉)郡司(椎名桔平)の前に謎のヒーローが現れた――。
そして物語は一度時を変え、数年後の3月9日へ。3年A組の生徒たちがそれぞれの人生を歩み、再びこの教室へと集まってきた。懐かしむ一同の前には一枚、一颯の「遺影」が飾られていた。彼らが集まった理由。それは、亡き一颯の三回忌であった――。

そこで、逢沢(萩原利久)が撮影してきた景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像の全容が流されることになる。次々に明らかになる澪奈の真実。その映像に映し出される澪奈の本当の想いとは――。
そして時は生徒たちが高校3年生である、元の3月9日へと戻る。一颯は、郡司を人質にとった後、意識を失ってしまう。SNSでは武智(田辺誠一)が澪奈を殺した犯人とされて炎上が続き、マスコミは武智を追いかける。そんな中、ある人物が一颯が作ったフェイク動画をSNSに投稿する。武智糾弾の流れはその動画により一颯真犯人説に形を変え、一斉に矛先を変えていく。

その状況を見つめていた生徒たちが狼狽する中、目を覚ました一颯が教室に現れる。
そして、一颯は3年A組に向かって、「全ての真実を話す授業」を始めることになる――。
ついに最終章を迎えた本作。誰もが「考える」第9話。衝撃怒濤の物語が大展開する。

引用:公式サイトより

ドラマ『3年A組』第9話・ネタバレ

ドキュメンタリー映画で語られた景山澪奈(上白石萌歌)の本心とは

あれから3年経った3月9日。3年A組の生徒たちが柊(菅田将暉)の三回忌で教室に集まっていました。近況報告をする3年A組だった生徒たちと、そこには柊の遺影が飾られています。さくら(永野芽郁)の姿は見えませんが、逢沢(萩原利久)が撮影した澪奈のドキュメンタリー映画の上映会が始まりました。そして澪奈の本音が語られていきました。

警察は相楽孝彦(矢島健一)のもとへ

時は戻り、現在の3月9日。柊と郡司(椎名桔平)の前に現れたガルムフェニックスは柊を助けました。警察に郡司を人質にとったと連絡した柊でしたが、すぐに意識を失ってしまいました。校舎への突入を中止した警察ですが、柊からの連絡がなく動けずにいます。そこで柊に関する話を聞く宮城(細田善彦)は相楽家へ向かいました。

柊一颯(菅田将暉)のフェイク動画が公開される

その時、SNSに柊の作ったフェイク動画がアップされました。投稿者は孝彦(矢島健一)です。孝彦は柊に「時期尚早だが動画をアップした。これから出頭する。」と伝え、電話を切りました。柊のフェイク動画がSNSにアップされたことで、武智(田辺誠一)犯人説は一変し、柊真犯人説が浮上しました。柊が好き放題言われることに怯える生徒たちですが、どうすることもできません。そこへ柊が教室に入って来ました。

柊一颯(菅田将暉)の目的とは

柊は生徒たちに、フェイク動画が公開され、自分が犯人だと言われることは計画通りだと伝えました。そして想像力を働かせて聞くように言い、真実を語り始めました。柊は“武智に自分の犯した過ちを気づかせること”、“生徒たちに感情が麻痺した大人にならないよう教えること”など、自分の目的を話しました。途中でナイフで自分の手の甲を刺し、語気を強めて話す部分もあります。そして話終えたあと、翌日の昼に解放すると伝えて授業を終えました。

柊一颯(菅田将暉)の最後の要求とは

美術室に戻った柊は警察に連絡し、郡司を連れて校舎の屋上に行き、最後の要求をすると伝えました。それを聞いたさくらは、柊が悪者にされるのは納得がいかないと、必死で柊を止めました。しかし柊はさくらを振り払い、郡司を連れて屋上に向かいました。

茅野さくら(永野芽郁)の告白

柊を止められず、放心しているさくらに逢沢が声をかけました。柊に協力を求められた時に、さくらのためでもあると聞いていた逢沢は「それが先生の望みだからそれでいいんだよ」と言いました。教室では生徒たちがテレビ中継の様子を見ていました。そこへさくらが戻ってきて、「自分が澪奈を殺した」と言いました。それとほぼ同時に、屋上に出た柊を銃弾が打ち抜いたのです…!

茅野さくら(永野芽郁)は本当に犯人なのか

第9話のラストで、さくらが「澪奈を殺したのは自分」だと告白しました。しかし柊は真犯人が誰なのかわかっているようですし、さくらが殺したと言っているのは言葉のあやではないかと考えられます。さくらが一体どういうつもりでそのような表現を使ったのか、真実が気になるところです。

ドラマ『3年A組』第9話・ネット上の感想

https://twitter.com/baronreiji/status/1102219779153117185

ドラマ『3年A組』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『3年A組』の地上波放送後1週間以内は『Tver』『日テレオンデマンド』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信される可能性が高いです。

 

Tverでの視聴はこちらから

Huluでの視聴はこちらから

※本ページの情報は2019年3月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

 

Huluでは過去の放送された人気ドラマも多数配信されています。

  • 高嶺の
  • 年花
  • 探偵が早すぎる
  • トドメの接吻
  • ゼロ一攫千金ゲ
  • わーム
  • Missデビル
  • 獣になれない私たち
  • 今日から俺は!!

ドラマ『3年A組』第9話 感想・考察

さくらが澪奈を殺したのは自分だと告白するシーンでは驚きましたが、それも言葉のあやなのではないかと思いました。しかし、柊のフェイク動画に映っている女子生徒はさくらの可能性が高いです。あのビルでさくらと澪奈の間に何があったのか、気になるところです。

 

柊が自分の目的について話す場面がありましたが、これまでの流れから、「誰が悪い」とはっきり名指しするのではなく、誰かが誰かを無意識に傷つけてしまう世の中に一石を投じようとしているのではないかとも考えられます。

 

次回の放送でついに3月10日を迎えます。果たして真犯人は一体誰なのか。見逃すわけには行きませんね!

ドラマ『3年A組』第10話・あらすじ

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。

果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。
本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。
一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。

彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。
これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。
3年A組が迎える運命の10日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

引用:公式サイトより