2019年冬ドラマ

ドラマ『グッドワイフ』第5話 脇坂正道(吉田鋼太郎)の新事実【あらすじ・ネタバレ&感想も】

グッドワイフ

2019年2月10日(日)に放送された『グッドワイフ』第5話はもうご覧になりましたか?

 

第4話は、蓮見杏子(常盤貴子)が息子・隼(小林喜日)の元友人・萩原翔平(佐藤緋美)が部活後に煙草を吸っていた所が見つかり、学校にバレたら困るからと蓮見杏子(常盤貴子)に相談しに事務所を訪れたのです。

 

この相談がきっかけで、蓮見杏子(常盤貴子)は夫・壮一郎(唐沢寿明)が逮捕される前に住んでいた町に行く事になります。そこで過去と向き合い、吹っ切って前を向こうと決めた蓮見杏子(常盤貴子)です。

 

第5話は、ロックスター・東城数也(宇崎竜童)と妻・東城ちなみ(銀粉蝶)の離婚弁護です。離婚するはずの夫婦が突然の彼の事故により、状況が変わります。そして夫の事件で驚きの事実が分かるのです。

 

ちなみに、ドラマ『グッドワイフ』第4話ネタバレはこちらからご覧になれます。

グッドワイフ 4話
ドラマ『グッドワイフ』第4話 息子(小林喜日)の母(常磐貴子)を想う気持ち【あらすじ・ネタバレ&感想】2019年2月3日(日)に放送されたドラマ『グッドワイフ』第4話はもうご覧になりましたか? 第3話では、蓮見杏子(常盤貴子)が夫と...

ドラマ『グッドワイフ』第5話 あらすじ

資産20億のロックスター東城数矢(宇崎竜童)の離婚訴訟を巡り、妻のちなみ(銀粉蝶)の代理人として担当することになった杏子(常盤貴子)。数矢は売れない時代を支えてきたちなみと別れ、若い恋人の唯奈(松本まりか)と結婚するつもりだという。

杏子は、財産分与などで11億円を請求するが、数矢の代理人弁護士・栗山美咲(芦名星)は、6千万円が妥当だと主張。法律的根拠も相手側にあり、杏子たちは窮地に追い込まれる。しかも美咲は多田(小泉孝太郎)の元彼女。多田を知り尽くした様子から、交渉も難航する。そんな中、突然の事故で数矢は意識不明の重体に陥ってしまう。そんな数矢を前にして、妻と愛人は数矢の命と財産を巡り争い始める。

一方、杏子の元に東京地検特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)の妻・怜子(峯村リエ)が現れる。脇坂との協議離婚を希望しており、杏子に代理人をお願いしたいとやってきたのだ。しかも怜子は、壮一郎(唐沢寿明)に関する脇坂の弱みを握っているようで、脇坂は血相を変えて事務所に怒鳴り込んでくる。難題が山積の二つの離婚協議ははたしてどうなっていくのか…?

そして、壮一郎も、自らが逮捕された収賄事件の真相にたどり着きつつあった。遂に事件を画策した人物の正体を突き止めたのだ。その男とは一体…?
引用:公式サイト

ドラマ『グッドワイフ』第5話 ネタバレ

多田征大(小泉孝太郎)の元カノが登場!

神山多田法律事務所に、ロックスターの妻・東城ちなみ(銀粉蝶)が離婚弁護のために訪れています。東城ちなみ(銀粉蝶)は離婚する予定の夫について語りながら、ロックスターの夫・東城数也(宇崎竜童)を待ちます。

 

到着したかと思うとまさかの不倫相手で恋人・小川唯奈(松本まりか)と共に現れたのです。
蓮見杏子(常盤貴子)は関係者以外の同席はご遠慮ください、と伝えるが、小川唯奈(松本まりか)は、気にされませんよね、私にも関係あるし…と妻・東城ちなみ(銀粉蝶)に聞きながら座ります。

 

相手側の弁護士である栗山美咲 (芦名星)も到着し、入り口で多田征大(小泉孝太郎)と遭遇すると親しそうに会話が始まります。そこに居合わせていた神山佳恵(賀来千香子)は、知り合いなのかと聞きます。栗山美咲 (芦名星)は、以前に多田征大(小泉孝太郎)とお付き合いしていたと答えた所で、蓮見杏子(常盤貴子)が現れると、神山佳恵(賀来千香子)が栗山美咲 (芦名星)の肩に手を置き、こっちにしておきなさいと言います。

 

栗山美咲 (芦名星)は会議室に向かう前に、多田征大(小泉孝太郎)の肩に手を置いて、大丈夫振られた恨みで私情を挟んだりしないからと言います。

その後、離婚協議が始まります。

もう1つの離婚弁護

多田征大(小泉孝太郎)は、資産が20億円ある東城数也(宇崎竜童)への慰謝料請求は11億円であると言います。

 

栗山美咲 (芦名星)はそれに反論します。そして、別居して7年が経っている事、別居してからの得た財産は共有財産に該当しないから、こちらが出せる慰謝料は6000万円であると言います。また、交渉していく上で、金額をこれ以上あげていくつもりはないと伝えます。

 

一旦席を離れた多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常盤貴子)は対策を考えながら、相手弁護士の挙げている点が否定できないという事を話し合います。そこに円香みちる(水原希子)がある情報を報告します。どうやら、東城数也(宇崎竜童)は恋人である小川唯奈(松本まりか)は来週末にタヒチへ旅行に行き、そこで挙式を挙げる予定である事が分かったのです。

 

円香みちる(水原希子)の情報網に驚きながらも蓮見杏子(常磐貴子)が誉めると、円香みちる(水原希子)が友達は色んな所にいますからと答えます。

 

離婚を急ぐ理由が分かり、時間を理由に交渉しようと多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常磐貴子)が動き出します。2人は会議室に入ると、多田征大(小泉孝太郎)が切り出します。
そちらの条件は分かったが考えたいので、再来週まで時間が欲しいと伝えます。“再来週”と言われ、相手側が焦った様子がありました。しかしそれでも強気な口調で栗山美咲 (芦名星)が、今決断して頂ければ2000万円アップすることを伝え、それが嫌であれば調停にしても良い…と言います。

 

その言葉に蓮見杏子(常磐貴子)もどうぞ、と同じく強気に返します。そこで多田征大(小泉孝太郎)は、どうになりませんかね、互いにこれ以上時間がかかるのは…と交渉を進め、5億円で離婚の成立をする事を決めます。東城ちなみ(銀粉蝶)は、その場でサインするし書類を蓮見杏子(常磐貴子)に渡します。

 

一方、夫・壮一郎(唐沢寿明)は弁護士と面談し、準抗告を進めている事を蓮見壮一郎(唐沢寿明)に報告します。それに対してお礼を言う蓮見壮一郎(唐沢寿明)に、何を隠しているのか、言ってください、と聞きます。しかし彼は、隠している事なんか何もない、とにかく裁判が近いから1日でも早い保釈をお願いします、と答えるのです。

 

蓮見杏子(常磐貴子)は東城ちなみ(銀粉蝶)との離婚弁護が一段落ついたと思った矢先に、彼女を希望する依頼人が現れます。その依頼人とは、脇坂怜子(峰村リエ)です。彼女は夫・壮一郎(唐沢寿明)の事件を担当している脇坂博道(吉田鋼太郎)の妻だったのです。

 

驚いた様子の蓮見杏子(常磐貴子)でしたが、弁護を担当することになります。脇坂博道(吉田鋼太郎)は妻からの突然の電話に怒りながらも、話し合う為に神山多田法律事務所を訪れます。そしてそこで突き付けられたのは、まさかの『離婚』でした。

 

想像もしていなかった様子の脇坂博道(吉田鋼太郎)は、理由を聞くというよりも怒った口調で終始話すのです。また、蓮見杏子(常盤貴子)にも妻をそそのかさないように伝え、絶対に離婚しない胸を伝えます。

 

脇坂博道(吉田鋼太郎)はその後、蓮見壮一郎(唐沢寿明)を呼び出し、これもおまえの仕業かと聞きます。何を言われているのか分っていない彼だったが、脇坂博道(吉田鋼太郎)は続けて裁判が終わるまで絶対に保釈は認めないと言います。

突然の事故とその謎

離婚をしないと言い張る脇坂博道(吉田鋼太郎)に妻・怜子(峰村リエ)は、離婚しないならあなたのパソコンのこと蓮見杏子(常盤貴子)に言うわよと言います。蓮見杏子(常盤貴子)は、脇坂博道(吉田鋼太郎)が違法調査をしていた可能性を知るのです。

 

東城ちなみ(銀粉蝶)は夫・数也(宇崎竜童)との離婚成立の為、神山多田法律事務所にいます。担当である蓮見杏子(常盤貴子)、多田征大(小泉孝太郎)に夫・数也(宇崎竜童)の弁護士である栗山美咲 (芦名星)と共に、彼を待っていたのです。

 

約束の時間になっても現れない彼に弁護士である栗山美咲 (芦名星)が連絡を入れます。
そこに円香みちる(水原希子)が多田征大(小泉孝太郎)と蓮見杏子(常盤貴子)に、東城数也(宇崎竜童)が事故に遭って病院にいる事を報告するのです。

 

病院ではマネージャーである三宅博之(阿南健治)も合流します。そして医師から話を聞くと、東城数也(宇崎竜童)が植物状態になっていることを伝えられます。そして、延命や移植について本人はなにか希望を伝えていないかと聞かれ、東城ちなみ(銀粉蝶)は、ないと思うことを伝えるのです。

 

夫・数也(宇崎竜童)が植物状態の彼の家族であるのは、まだ離婚が成立していない妻・みちる(銀粉蝶)になるのです。しかしそんな中、彼の延命について対立的な意見になったのは妻・みちる(銀粉蝶)と恋人・小川唯奈(松本まりか)です。また、彼の事故で小川唯奈(松本まりか)が妊娠していることも明らかになります。

 

延命について対立している中、東城数也(宇崎竜童)の体内から睡眠導入剤が検出されたのです。そして、同じ睡眠導入剤を所持している事、アリバイがないことで妻・みちる(銀粉蝶)が疑われるのです。

 

蓮見杏子(常盤貴子)は事務所に戻ると、門円まどか(水原希子)が恋人・小川唯奈(松本まりか)にアリバイがある事を報告します。その事実について話していると、神山佳恵(賀来千香子)にお金になる案件を進めてねと言われます。

 

円香まどか(水原希子)からもらった情報をカバンに入れると、朝飛光太郎(北村匠海)に自宅でやるつもりですね、と大きい声で言われ、静かにするよう求める蓮見杏子(常盤貴子)です。そして、一緒にやろうと話が進み、多田征大(小泉孝太郎)、朝飛光太郎(北村匠海)、円香みちる(水原希子)の4人で蓮見杏子(常盤貴子)の自宅でやる事になります。

 

東城みちる(銀粉蝶)の無実を見つけようと話し合った4人ですが、途中で男性陣が休みと蓮見杏子(常盤貴子)と門円まどか(水原希子)は片づけを始めます。

 

蓮見杏子(常盤貴子)は門円まどか(水原希子)に、離婚しようと考えていたが娘が泣いたことで悩んでいる事、夫・壮一郎(唐沢寿明)ともう1度話し合ってから決める事と話します。それを起きていた多田征大(小泉孝太郎)は聞いてしまい複雑な表情をします。

 

翌朝、4人は東城数也(宇崎竜童)の動画の状況を再現しようとした際にある事に気付きます。そして恋人・小川唯奈(松本まりか)に動画を全て見せてほしいとお願いしに行くのです。なんとか動画を見せてもらう事ができ、そこである事に気付いた蓮見杏子(常盤貴子)は、妻・みちる(銀粉蝶)に確認するのです。

ドラマ『グッドワイフ』 脇坂正道(吉田鋼太郎)の新事実

今回は脇坂正道(吉田鋼太郎)の離婚もありましたが、ここで妻・怜子(峰村リエ)が登場したのには訳がありましたね!

 

妻・怜子(峰村リエ)は離婚がするために、前々から夫・正道(吉田鋼太郎)の弱みを探していました。そして、彼女が蓮見杏子(常盤貴子)に担当を依頼したのにも理由がありました。

 

最初はただ蓮見壮一郎(唐沢寿明)に勝ちたいだけかと思いきや脇坂正道(吉田鋼太郎)にはまだまだ秘密がありそうです。その秘密の1つであった違法捜査を妻・怜子(峰村リエ)によって明らかになります。

 

そして新たな事実から色々な脇坂(吉田鋼太郎)について感じる事や今後を予想している方がいるようですね!

https://twitter.com/miina444/status/1094588985316323330

https://twitter.com/lacht12/status/1094585317451939840

https://twitter.com/BanA32300798/status/1094585225244372993

脇坂正道(吉田鋼太郎)は、1話進むごとに驚く事実や裏でやっていた事が明らかになっています。

次回もまた彼の良くない事実…あるいは事件について関わっている事が分かりそうですね。どのように話が進んでいくのかと注目したいと思います。

ドラマ『グッドワイフ』 事故の真相と新たな事実

 

動画に写っていたのは30年前に作ったと聞いていたオリジナルのキーボードでした。蓮見杏子(常盤貴子)は、その事実を妻・みちる(銀粉蝶)に一緒にいたのかと聞きます。しかし、妻・みちるは私じゃないは、3人で作ったと言ったでしょう、と話します。そして妻・みちる(銀粉蝶)は、なぜそんなことをしたのか…とつぶやくいたのです。

 

犯人はマネージャーで長年一緒に仕事をしていた、三宅博之(阿南健治)だったのです。
東城数也(宇崎竜童)は恋人・小川唯奈(松本まりか)と出会う前に、遺言書を準備していたのです。そしてそれによると、財産は妻・みちる(銀粉蝶)と三宅博之(阿南健治)に残すつもりだったのです。

 

しかし子どもができた事でその遺言書を変える旨を三宅博之(阿南健治)に伝えた事で、三宅博之(阿南健治)は今回の殺害を計画したようです。

 

離婚前だったことで、財産は全て妻・みちる(銀粉蝶)が相続することになるのです。
妻・みちる(銀粉蝶)は、その事実を聞いた上で全ての財産を恋人・小川唯奈(松本まりか)とお腹の子に譲ると言います。その代わり、延命について互いの気持ちが納得するまで話し合いたいと言うのです。

 

その後蓮見杏子(常盤貴子)は、もう1つの離婚弁護である脇坂怜子(峰村リエ)に夫・博道(吉田鋼太郎)が離婚に応じた旨を報告します。

 

内容を確認し署名するように伝えると、脇坂怜子(峰村リエ)はこれにサインしたら何も話せないのよねと聞きます。それが離婚の条件である事を再度伝える蓮見杏子(常盤貴子)に、サインをする前に脇坂正道(吉田鋼太郎)は蓮見杏子(常盤貴子)の自宅を盗聴している事を話します。

 

衝撃を受けた蓮見杏子(常盤貴子)は、自宅の捜索をすると2つの盗聴器が出てくるのです。
その事実を蓮見杏子(常盤貴子)は夫・壮一郎(唐沢寿明)に会いに行き、伝えるのです。

 

蓮見壮一郎(唐沢寿明)は、その事実を脇坂正道(吉田鋼太郎)に言って黙る代わりに保釈を要求します。そしてその後、蓮見杏子(常盤貴子)に保釈が決まったことの連絡が入ります。

 

蓮見杏子(常盤貴子)はそのことを多田征大(小泉孝太郎)に報告すると、彼は話があると言って歩き出します。

ドラマ『グッドワイフ』第5話 感想

今回は多田征大(小泉孝太郎)の元カノが登場、脇坂正道(吉田鋼太郎)の妻・怜子(峰村リエ)が登場したと同時に驚くような事実が明らかになります。離婚弁護を担当しながら、自身の離婚についてもどうするかを決めた蓮見杏子(常盤貴子)ですが、夫と話をしてから最終的に決めるという事実を聞いた多田征大(小泉孝太郎)の気持ちを考えると切なくなりました。

 

多田征大(小泉孝太郎)が蓮見杏子(常盤貴子)を応援、支えたい気持ち以上に彼女への想いが大きくなっているのがとても伝わった第5話でした。

 

そして少しずつ夫・壮一郎(唐沢寿明)の事件についても新たなことが明らかになります。
やはり何を考えているのか分からない夫・壮一郎(唐沢寿明)は怖いし、保釈になってほしくないと思ってしまします。

 

第6話では、ついに多田征大(小泉孝太郎)が想いを伝え、蓮見杏子(常盤貴子)もどうするのかを決めたようです。どのように話が展開していくのかと楽しみです!

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪