ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察【明かされた10億円強奪事件の主犯、その動機は・・・?!】

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察【明かされた10億円強奪事件の主犯、その動機は・・・?!】

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』の第5回が放映され、今回の放映で、遂に遊佐清春(賀来賢人)が事件にまつわる重要な記憶を取り戻しました。

10億円強奪事件の黒幕は、驚くべき人物だったのです。

しかし、重要な記憶を取り戻した遊佐清春(賀来賢人)は、ベルムズの元リーダー・Kこと喜志正臣(栄信)を殺害した容疑で緊急逮捕されてしまいます。

碓氷班のメンバーの前を、手錠をかけられて連行される遊佐清春(賀来賢人)でしたが、才門要(井浦新)がバイクで救い出し、逃走しますが・・・。

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察はこちらから

ドラマ『ニッポンノワール』【視聴率一覧&ドラマネタバレ・まとめ・見逃し動画配信・無料視聴方法】

日テレドラマ ドラマ『ニッポンノワール』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

DNA鑑定までしてはっきりさせていた克喜と清春の親子関係

碓氷薫(広末涼子)は、捜査一課に配属され、警察学校の講師を務めた時に教え子だった遊佐清春(賀来賢人)と再会しました。

しかし、碓氷薫(広末涼子)の言葉によれば、遊佐清春(賀来賢人)は2人が男女の関係を持ったことさえ忘れていたと詰っています。

遊佐清春(賀来賢人)にとっては、一夜の関係に過ぎなかったのかもしれなかったと。

しかし、その時に碓氷薫(広末涼子)は妊娠。その子供が克喜(田野井健)だったのです。

碓氷薫(広末涼子)は、DNA鑑定を実施して遊佐清春(賀来賢人)と克喜(田野井健)が父子関係にあることを確定させた上で、遊佐清春(賀来賢人)にその事実を告げました。

ここで、ふと疑問がわきます。

一夜限りの相手だと思っていたような男の子供を妊娠し、独身のキャリア警察官である碓氷薫(広末涼子)が出産するでしょうか?

父親も警察庁長官でもあったわけですから、極秘にお腹の子供を中絶するという選択をしそうな気もします。

周囲から見て父親のはっきりしない子を生んだのは、碓氷薫(広末涼子)が遊佐清春(賀来賢人)に対して本気で愛情を抱いていたからかもしれません。

「あなたにとっては一夜限りの関係だったかもしれないけれど、私にとってはこの10年いろいろあった」という言葉も遊佐清春(賀来賢人)に投げかけていましたから。

もしかしたら、父親である警察庁長官がニッポンノワールの極秘プロジェクトに関わっており、その被験体となる子供が欲しくて娘に出産させた・・・という可能性もあるかもしれませんが。

克喜と清春はニッポンノワールの被検体なのでは?

碓氷薫(広末涼子)の父親として、元警察庁長官(大和田伸也)が登場しました。

呼び出された南部修介(北村一輝)は「薫さんを殺した犯人を捕まえ、10億円も取り戻します」と元警察庁長官(大和田伸也)に返答します。

さらに元警察庁長官(大和田伸也)は「克喜(田野井健)はどこにいる?」と聞き、遊佐清春(賀来賢人)に預けてあると聞かされ、「そろそろ返してもらわんとな」と言いました。

それを聞いた南部修介(北村一輝)は、一瞬苦々しげな表情を見せますが・・・。

このやり取りからすると、強奪された10億円がニッポンノワールの軍資金であり、それを取り返すと言っていることになりますよね。

つまり、元警察庁長官(大和田伸也)はニッポンノワールの一員の可能性があるということです。一連の事件の黒幕かどうかはまだわかりませんが。

さらに、南部修介(北村一輝)も10億円を取り返すと発言していますから、元警察庁長官(大和田伸也)が10億円を取リ戻そうとしているということを知っているということになります。

南部修介(北村一輝)はニッポンノワールの構成員ではないかもしれませんが、何かしらの関係を持っているのでしょうね。

彼らの会話で違和感を覚えたのが克喜(田野井健)に関するやり取りです。

母親を亡くしたばかりの実の孫を、なぜ遊佐清春(賀来賢人)に預け、「そろそろ返してもらわんと」という発言をするのでしょう?

実の祖父なら、通常であれば母親を亡くしたばかりの孫を、直接引き取って養育するはずです。

それなのに預けたということは・・・。

1,克喜(田野井健)が極秘プロジェクトの被検体であり、飲んでいるクスリはそのプロジェクトの開発したものである

2,遊佐清春(賀来賢人)の危機を察知して呼応するように克喜(田野井健)が暴れたことがあることを考えると、克喜(田野井健)の飲んでいるクスリは遊佐清春(賀来賢人)のドリンク剤と呼応する性質を持っているのではないか

3,呼応する性質を試したくてあえて遊佐清春(賀来賢人)と克喜(田野井健)を同居させた

という可能性も考えられます。

第2部のオンエア内容を見ながら、このあたりはもっと深く考察していきます。

10億円強奪事件の首謀者は薫だった!!

ベルムズの現リーダー・陣内ナギト(落合モトキ)を拘束した捜査一課碓氷班。

しかし、ガスマスクの男に扇動され、ベルムズが陣内を奪還するため警視庁捜査一課碓氷班を急襲します。

その時、ベルムズの元リーダー・Kこと喜志正臣(栄信)が乱入し、陣内ナギト(落合モトキ)を助け出したように見せかけ、屋上に連れ出し、遊佐清春(賀来賢人)を呼び出したのです。

遊佐清春(賀来賢人)の眼の前でガスマスクの男にベルムズの元リーダー・Kこと喜志正臣(栄信)が銃撃され、駆け寄った遊佐清春(賀来賢人)はガスマスクの男に壁にニッポンノワールのシンボルマークのフラッシュを見せられ、また気を失ってしまいました。

目が覚めた遊佐清春(賀来賢人)は喜志正臣(栄信)殺害容疑で緊急逮捕されますが、連行されながら、碓氷薫(広末涼子)に告白された重大な記憶を取り戻します。

「10億円強奪事件の真犯人は、私よ」

「あなたと私の息子・克喜(田野井健)のためにやったの」と。

そんな遊佐清春(賀来賢人)を才門要(井浦新)が救い出します。

ここで、第1部が終わるのですが・・・。

なぜ、碓氷薫(広末涼子)は半グレ集団を使ってまで、ニッポンノワールの軍資金である10億円を強奪させたのか?

遊佐清春(賀来賢人)に「2人の子供である克喜のためだった」と言っていること、ベルムズの現リーダー・陣内が遊佐清春(賀来賢人)に「碓氷克喜だっけ?俺はあいつのすべてを知っている」と語っていることを合わせて考えると・・・。

ニッポンノワールの極秘プロジェクトに克喜(田野井健)が大きく関わっており、母親である碓氷薫(広末涼子)は、息子を助けるために、極秘プロジェクトを妨害するために10億円を強奪したのだと推測できます。

克喜(田野井健)は、ニッポンノワールの極秘プロジェクトの被検体なのかもしれませんね。

自分がニッポンノワールに命を奪われる危険性を察知していたであろう碓氷薫(広末涼子)は、実の父親である遊佐清春(賀来賢人)にすべてを打ち明け、克喜(田野井健)を守ってくれと託したのでしょう。

遊佐清春(賀来賢人)は克喜(田野井健)が自分の息子であることをまだ消化しきれていませんが、克喜(田野井健)はボナールで深水親子から聞かされたか、或いは碓氷薫(広末涼子)から聞かされたかして、遊佐清春(賀来賢人)が父親だと知っているのだと思います。

だからこそ、小学校の3者面談に来てほしい、とお願いしたのでしょうね。

ガスマスクの男は誰か

第4回のオンエア終盤で遊佐清春(賀来賢人)と直接対決したガスマスクの男は、非常な手練でした。

しかし、ボナールを襲撃したのはそれよりも弱く、ベルムズの現リーダー・陣内ナギト(落合モトキ)だったことが判明します。

警察の上層部(ニッポンノワール?)とベルムズは繋がっており、碓氷薫(広末涼子)の父親である碓氷元警察庁長官(大和田伸也)は、南部修介(北村一輝)に釈放を迫ります。

南部修介(北村一輝)が釈放要求を一蹴すると、碓氷・元警察庁長官(大和田伸也)は誰かに電話をかけ、ベルムズの現リーダー・陣内ナギト(落合モトキ)の件は君に一任する、と伝えました。

すると、陣内ナギト(落合モトキ)を拘束し、取り調べている最中、別のガスマスクの男がベルムズを扇動し、警視庁捜査一課碓氷班を襲撃したのです。

ということは、碓氷・元警察庁長官(大和田伸也)はトップかどうかはわかりませんが、ニッポンノワールの上層部の人間なのではないでしょうか。

さて、ベルムズの暴動を扇動したガスマスクの男は誰でしょうか?

遊園地での遊佐清春(賀来賢人)との対決シーンを見ると、遊佐清春(賀来賢人)が刑事になった時に教育係を務めた公安の才門要(井浦新)のようにも見えます。

特に、最後に右手を大きく振り上げたところは、公安から追われる身となった才門要(井浦新)が、自分をつけてきた若い公安の刑事を返り討ちした時にも同じ動作をしていました。

才門要(井浦新)は、ガスマスクの男から遊佐清春(賀来賢人)を救い出した、と言っていましたが、本当にそうなのでしょうか?

才門要(井浦新)は、恋人だった深水星良(入山法子)をニッポンノワールに殺され、その存在を追い続けています。その手法は、これまでのオンエア内容からすると、ニッポンノワールに深く食い込み、彼らの信頼を得ながら、その裏で追い詰めていくスタイルのように見えます。

ニッポンノワールの信頼を得るために、遊佐清春(賀来賢人)と戦い、その後助けたのは気まぐれ、と言い訳したとも考えられますが・・・。

警視庁碓氷班を襲撃したガスマスクの男の可能性がある人物は、もう1人います。

第5回目のエンディングは、ガスマスクの男が1人で訓練?している映像でしたが、身体の動きを見ると、若いように思えます。

だとすると、遊園地に行くことを知っていた人物がもうひとりいますね。

遊佐清春(賀来賢人)の後輩・名越時生(工藤阿須加)です。あの身のこなしは非常に似ているように思いました。

ガスマスクの男は、ニッポンノワールに所属しているようなフリをしながら実は裏切っている才門要(井浦新)か、あるいは名越時生(工藤阿須加)のどちらか。

もしかしたら、遊園地が才門要(井浦新)で、碓氷班襲撃が名越時生(工藤阿須加)かもしれません。

ガスマスクの男の正体は、これからのオンエアも見て考察し続けます。

まとめ

10億円強奪事件の主犯は、碓氷薫(広末涼子)でした。

恐らく、碓氷薫(広末涼子)は、遊佐清春(賀来賢人)との間にもうけた一人息子・克喜(田野井健)が関わってしまっているニッポンノワールの極秘プロジェクトを妨害するために、10億円を強奪し、隠したのでしょう。

その隠し場所も遊佐清春(賀来賢人)は打ち明けられているはずですが、その記憶はまだ取り戻していないようです。

才門要(井浦新)がガスマスクの男だとすると、10億円のありかを遊佐清春(賀来賢人)に思い出させようとしているのかもしれません。

ニッポンノワールの極秘プロジェクトに関わりがあるのか、ベルムズの構成員が続けて何人も行方不明になっています。

しかも、そのうち2名は警察病院にいるところを写真に撮られていました。

要再検査という診断で克喜(田野井健)が南部修介(北村一輝)に付き添ってもらった警察病院でたまたま写真に写っていたのですが、まだ断言はできないものの、ニッポンノワールの極秘プロジェクトに警察病院も関わっている可能性はありますよね。

極秘プロジェクトを告発しようとして命を奪われた深水星良(入山法子)は精神カウンセラーでしたから、極秘プロジェクトは何らかのマインドコントロールの開発に関わるもの、及びクスリの開発なのかもしれません。

元ベルムズのリーダーK・喜志正臣(栄信)を殺害した容疑で追われることになった遊佐清春(賀来賢人)は、同じく公安に切り捨てられて追われる身となっている才門要(井浦新)に救い出されました。

逃亡の身でありながら、才門要(井浦新)はどうやら捜査一課碓氷班の紅一点の刑事で恋人の高砂明海(立花恵理)に匿ってもらっているようですが・・・。

第2部、遊佐清春(賀来賢人)は克喜(田野井健)を連れ、逃亡しながらニッポンノワールに反撃を開始するようです。

第2部の展開、ものすごく面白くなりそうですね!これからのオンエアを楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA