ドラマ『ニッポンノワール』第1話 ネタバレ感想・考察と第2話あらすじ【賀来賢人の演技の振り幅に驚きの声多数】

ドラマ『ニッポンノワール』第1話 ネタバレ感想・考察と第2話あらすじ【賀来賢人の演技の振り幅に驚きの声多数】

2019年10月13日(日)に放送スタートとなったドラマ『ニッポンノワール』第1話はもうご覧になりましたか?

ドラマ『ニッポンノワール』は、記憶を失くした主人公・遊佐清春が上司・碓氷薫の殺人事件の容疑者として追われながらも自ら事件の真相を追い、それが未解決の「十億円強奪事件」の真相に繋がっていくというストーリーです。

同じ枠で放送されていたドラマ『今日から俺は!!』でコミカルな演技を披露していた賀来賢人さんが帰ってきたことや、ドラマ『ニッポンノワール』がドラマ『3年A組』の半年後の設定で同じキャストの方が同じ役で出演することが話題となっていました。

ついに第1話放送となりましたが、遊佐清春はこれからどうやって真相を究明していくのでしょうか!

ドラマ『ニッポンノワール』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『ニッポンノワール』【視聴率一覧&ドラマネタバレ・まとめ・見逃し動画配信・無料視聴方法】

こちらは、別目線で見たドラマ『ニッポンノワール』考察記事になります。

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』考察【遊佐清春は碓氷薫を殺したのか?!】

日テレドラマ ドラマ『ニッポンノワール』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ニッポンノワール』第1話・あらすじ

#1 笑えねぇ日々の始まり

生い茂る木々。風が吹きすさぶ森。その中にある一軒の山小屋。
うっすらと瞼を開けた男、遊佐清春(賀来賢人)。
彼の目に最初に飛び込んできたのは一人の女性刑事:碓氷薫(広末涼子)の亡骸――。
そして、自分の右手には拳銃が握られていた。確実に自分が彼女を殺したこの状況。
しかし、清春はなぜかここ数ヶ月の記憶が綺麗に吹き飛んだようになくなっていた。
「笑えねぇ」
焦りや焦燥よりも、苛立ちが先にきた。
自分に薫を殺す理由も道理もない。だが、記憶を失った以上その可能性は拭いきれない。
俺が殺したのか……、それとも何者かにハメられたのか……。
清春はこのままだと自分が疑われるに違いない証拠の数々を綺麗に消し山小屋を後にする。
だがすぐに警察からのお呼びがかかる清春。殺人事件の現場招集として、今度は「刑事」として先ほどまでいたあの山小屋へ向かうこととなる。
薫が死亡したのは2日前。その間無断欠勤をしていた清春は、「警視庁のガン」とも称される前評判も相まって薫殺害の疑いの目を捜査員一同から向けられることに。
そんな中、清春は捜査一課長の南武(北村一輝)から薫の一人息子:碓氷克喜(田野井健)の世話をするように言われる。この出会いが、大きな運命の始まりとは未だ知らず……。
そして、薫殺害事件の捜査はやがて薫が死の直前に追いかけていた「十億円強奪事件」と
繋がりを持っていくこととなる。既に解決済みとされていたこの「十億円強奪事件」には、実は警察関係者が犯行に関与していた疑いがあり、その捜査中に薫は命を失ったのだという……。キナ臭すぎる二つの事件。もしも罪を犯した警察関係者の人間が薫を殺害したのだとしたら……。
この瞬間、清春も含め、すべての人間が今回の事件の容疑者となる―――。

薫殺害の犯人は誰か―――。
なぜ、薫は殺されてしまったのか―――。
薫が追いかけた「十億円強奪事件」との関連は―――。
9歳の息子:克喜が握る母の死の真相の鍵とは―――。
そして、清春の記憶喪失の原因は―――。

疑いが加速し、裏切りが止まらない、アンストッパブル・ミステリー…ここに開幕。
類い希なるキャラクターの数々。次々に動き、化かし続ける謎の連鎖。
一度見たら、誰かと話さずにはいられない。異色異端の「刑事ドラマ」、始まる。

引用:公式サイト

ドラマ『ニッポンノワール』第1話・ネタバレ

山小屋で目を覚ました遊佐清春(賀来賢人)。手には拳銃が握られている。そして自分の傍らには上司の碓氷薫(広末涼子)の遺体。

「笑えねぇ」

自分の記憶が曖昧になっていることも相まって苛立ちが隠せない清春は、明らかに自分が容疑者となるこの現場の証拠隠滅を図り、山小屋をあとにした。そして半グレ集団・ベルムズの元リーダー・貴志(栄信)に物証の焼却をさせていると召集がかかった。清春は警視庁捜査一課の人間なのだ。そして薫が班長をつとめる碓氷班に所属している。

現場となった山小屋に戻り、薫の死亡推定時刻を確認すると「おとといの夕方頃」という返事が返ってきた。どうやら清春は丸1日、山小屋で気絶していたらしい。薫が異動してきたあとの記憶がない清春は、薫の着任日を聞いて自分の記憶が3ヶ月抜け落ちていることを知った。

「警視庁のガン」と呼ばれるほど素行が悪く、薫の死亡推定時刻から無断欠勤していた清春は、宮城遼一(細田善彦)をはじめとする捜査員全員から容疑をかけられた。碓氷班のメンバーは反発し、乱闘騒ぎとなったところへ公安部の才門要(井浦新)がやってきた。薫を殺害した凶器は警察官が所持する拳銃だったことがわかり、薫のことをよく知る捜査一課の人間が犯人である可能性が高いというのだ。

薫に関する記憶がほとんどない清春は、碓氷班のメンバーから薫のことを聞いた。そこで薫の1番の功績は「十億円強奪事件」だということを知った。犯人のアジトを薫が特定し、碓氷班が踏み込むと仲間割れによる殺し合いで被疑者全員死亡、十億円のありかは不明という内容だ。

そこへ捜査一課長・南武(北村一輝)が薫の息子・克喜(田野井健)を連れてきて、清春に預かるよう命じた。清春の監視役も兼ねているようだ。

逃げ帰ってきた清春だったが、克喜は碓氷班の高砂明海(立花恵理)から清春の自宅の場所を聞いて訪ねてきた。清春は元刑事の深水喜一(笹野高史)が営む喫茶店に住まわせてもらっているのだ。大人びている克喜は、嫌がる清春を見てか「近所に叔母がいるから一人で大丈夫だ」と言って自宅に戻った。喜一の娘・咲良(夏帆)に「あんなの嘘に決まってる」と言われ、喜一から「事件の鍵を握っているのでは」と言われた清春は、克喜を追いかけて薫の部屋に向かった。

薫の部屋の中は荒らされていて、なぜか要がいる。疑いの目を向ける清春だったが、要から「十億円強奪事件」のことを聞かされた。犯人は実はもう一人いて、その犯人はまだ十億円を手にしていないことを薫は突き止めていたというのだ。「その口封じに殺された可能性がある」と話した要は、「誰も信じるな」と忠告した。

清春はアリバイ証明するために偽の監視カメラ映像を貴志に作らせた。そこで「気になる映像がある」と見せられた清春。

「犯人はあいつか…。」

薫が殺された場所に行きたいと克喜に頼まれた清春は山小屋へ連れて行った。すると突然の銃声。山小屋の外から清春を狙っている人物がいる。しかし清春はその人物が誰かわかっていた。貴志に見せられた映像に映っていた人物、碓氷班の名越時生(工藤阿須加)だ。名越は捜査一課理事官・本城諭(篠井英介)から薫を殺したのは清春だと聞き、薫のことが好きだった名越に清春を狙わせたのだ。

しかし奇襲に失敗し、清春の返り討ちにあった名越。そこに響く銃声。「薫を殺したのは清春」ということを聞いた克喜が清春に向けて撃ったのだ。清春は克喜に目を覚ましたら記憶を失くしていたことやその時の状況を話し、「犯人かもしれないしそうじゃないかもしれない。自分の目でジャッジしろ。」と言った。

克喜と一緒に暮らすことにした清春は名越も連れて自宅に戻った。薫を殺した犯人が憎い名越と目的が同じになった清春は手を組むことを提案した。部屋のロッカーを開けると封筒が入っており、中には「十億円強奪事件」で使われた拳銃と犯行の計画書が入っていた。清春の頭の中に「犯人は十億円のありかを聞き出そうとして薫を殺した」という要の言葉を思い出していた。誰かが清春をはめようとしているのか?

外の様子がおかしいことに気づき、窓の外を見てみると本城が捜査員を連れて清春の自宅を包囲していた。果たして清春はこの状況を切り抜けることができるのだろうか?

ドラマ『ニッポンノワール』第1話・賀来賢人の演技の振り幅に驚きの声多数

https://twitter.com/vOwqXGmhePzr7kC/status/1183573547362316289?s=20

同じ枠で過去に放送されていたドラマ『今日から俺は!!』でも主演だった賀来賢人さんですが、その時のアドリブ盛りだくさんのコミカルな演技とは正反対のシリアスな演技に「かっこいい!!」という声が多く集まりました。共演の工藤阿須加さんも真面目な好青年を演じることが多かったため、今回のキャラクターで殻を破った感じがありますよね。

賀来賢人さんは福田雄一監督の作品に出演してからコメディ俳優のイメージが強かったかもしれませんが、『ニッポンノワール』では賀来さんの本領発揮!という感じがします。清春役は渋くてステキですね♪

ドラマ『ニッポンノワール』第1話・ネット上の感想

https://twitter.com/afuro_dorama/status/1183381553339977728?s=20

https://twitter.com/karara37/status/1183765927252226049?s=20

ドラマ『ニッポンノワール』第1話・感想

ついに放送スタートとなったドラマ『ニッポンノワール』ですが、ドラマ『3年A組』の半年後の設定であることもあって、さっそくいろいろなことを考察している方が現れています。オープニングで映った映像も、今回の放送では出てこなかった部分が多いので、今後どのように繋がってくるのか気にしておいた方がいいのかもしれませんね。

“ドラマ『3年A組』の半年後”という設定をわざわざ公表しているのであれば、やはり関係してくるのでしょうか。同じキャストの方が同じ役で出演しているのには意味があるのではと思ってしまいます。

あとは清春が薫が異動してきてからの3ヶ月だけ記憶を失くしていることや、清春を犯人に仕立てあげようとしている動きがあること、克喜の役割など、多くの謎が出てきたので、第2話以降も伏線を見落とさずに追っていけば真相にたどり着けそうですよね。次回以降、捜査が本格的に始まっていくかと思いますので、じっくり見ていきたいと思います。次の放送が待ち遠しいですね!

ドラマ『ニッポンノワール』第2話・あらすじ

#2 2つの事件

碓氷薫(広末涼子)殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来賢人)。
ここ数か月の記憶は綺麗に吹き飛んだように消え去っていた。
殺害された薫が死の直前まで追っていた「十億円強奪事件」の真相。
その犯行には警察関係者が関与していた疑いが浮上していた。

清春の自宅に残されていた「十億円強奪事件」の計画書と犯行に使われた拳銃。
清春は本当に犯人なのか。それとも……。
そしてついに、本城諭(篠井英介)率いるSITが突入する。そのとき清春は……!?
警察の用意周到な包囲網。まだ自らが犯人だという根拠を持てない清春は思う。
『誰かが俺をハメようとしている――』
身内であるはずの警察関係者すべてが怪しく見えてくる。

碓氷班の面々は捜査一課長の南武(北村一輝)から「碓氷薫殺害事件」と「十億円強奪事件」を同時進行での捜査を指示される。
2つの事件の鍵を握るのは薫の一人息子・克喜(田野井健)。
清春は克喜とともに薫が隠した「十億円強奪事件」の証拠を追う。
その捜査の中、本城の娘:芹奈(佐久間由衣)が隠していた「ある秘密」が明らかになる。
そして芹奈は1週間前に今は亡き薫と会っていたという―――。
さらに捜査を進める清春。だがその頃、克喜のもとには“意外な人物”の手が伸びていた……。
清春と克喜を狙う人物の正体は…?
絡み合う2つの事件。入り混じる謎と裏切りに次ぐ裏切り。
登場人物すべてが容疑者のアンストッパブル・ミステリー…謎の連鎖は加速してゆく。

引用:公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA