2019年秋ドラマ

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【末っ子・藍が隠していた過去が明らかに!】

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【末っ子・藍が隠していた過去が明らかに!】

2019年10月18日に放送されたドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話はもうご覧になりましたか?

前回は、みことの愛する義姉・沙羅が一年後に亡くなってしまうことが分かりました!しかしみことは絶対に沙羅を死なせないと心に誓っていましたね。

今回は、花巻家の末っ子・藍の抱える秘密が明らかになります!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・動画見逃し配信・無料視聴方法】
ドラマ『4分間のマリーゴールド』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・動画見逃し配信・無料視聴方法】2019年10月からTBSにてドラマ『4分間のマリーゴールド』第1話がスタートします。 このドラマは、手を重ねた人の「死の運命」が“視...

ドラマ『4分間のマリーゴールド』1話~最新話はParaviでご覧頂けます。
30日間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

30日間無料でParaviを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話のあらすじ

1年後の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命にある―――。 みこと(福士蒼汰)は、沙羅と初めて会った日に視えた“死の運命”が今も変わっていないことに動揺するが、絶対に沙羅の運命を変えると心に誓う。

沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)だった。藍は、みことの様子に違和感を覚える。

そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密があった…。 なぜ料理を作り始めたのか、その理由や家族への思いを知ったみことは、藍に“死の運命”が視える特殊能力があることを告白する。

ある日、みことは救急出動した先で、藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)と出会う。和江は、過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼び困らせていた。

しかし数日後、和江が本当に病で倒れてしまう。和江の救命に駆けつけたみことは、和江の手に触れた際、彼女の“死の運命”を視てしまい…

引用・公式サイト

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話・ネタバレ

1年後の28歳の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死んでしまう運命にあることにみこと(福士蒼汰)は向き合い、「絶対に沙羅を死なせない」と心に誓います。

翌朝、みことが出勤すると救急要請が来たため、仲間達と駆けつけるのですが、そこには息子が亡くなった寂しさから頻繁に救急車を呼んでは救急救命士を困らせている和江(松金よね子)がいました。

みことの上司・江上(三浦誠己)が和江に「こういうことされると本当に必要な人のもとへ行くことができなくなるんで、やめてください。」と注意をし、引きあげます。

翌日、藍(横浜流星)の買い出しに付き合わされたみことは、スーパーで和江を偶然見かけます。

藍は和江に「和江ちゃん!」と親し気に声をかけたため、みことは驚くのですが、なんと藍は和江から料理を教わったのだと言うので、いわば和江は藍の【料理の師匠】なのだそうです。

三人で公園に行き、和江が作った料理を食べていると、藍の高校の同級生が通りかかり「花巻じゃん。あいつまたババアとデートしてるよ」と馬鹿にしたように笑っていました。

帰宅後、みことは藍に「何か困ったことがあったらなんでも相談しろよ」と声をかけるのですが、藍からは「お互いにね。最近みこ兄変だよ。」と言われてしまうのでした。

藍は、最近みことが過剰に沙羅のことを心配している様子に気が付いていたのです。

翌日、和江の家から救急要請が入り、みこと達は駆けつけます。しかしやはり和江は仮病で、すぐに元気になり皆に料理を振舞おうとします。

みことは皆に和江と二人きりにしてください、と伝えて和江の話を聞くことにします。

和江は愛する息子が亡くなったことをずっと引きずっており「どうやったら生きていてくれたのかなあ。急にいなくなるなんて思わないもんねえ。」と呟く和江を、みことは切ない表情で見つめるのでした。

その夜、兄弟四人でご飯を食べている時、話の流れで廉が「いつ死んでもいい」と冗談で発言し、みことは怒ります。 沙羅まで「短くても充実した人生を送る方がいいな」と言い出すので、「大切な人にはちょっとでも長く生きていて欲しいって思うでしょ。」とみことは強く言うのでした。

そのままシロの散歩に出ていったみことを沙羅が追いかけ、みことは和江が10年たっても息子の死を乗り越えられていない話をします。 みことの話を聞いて沙羅は、先日みことに勧められた人間ドッグを受ける決意をするのでした。

翌日、藍が和江のもとを訪ねると、和江は体調が悪そうで、ついには倒れてしまいます。 藍が救急要請し、みこと達が急いで駆けつけるのですが、みことが和江と手を合わせると【死の運命】がみえてしまうのでした。 そこには泣き崩れる藍の映像もはっきりと見えました…。

しかしみことは「絶対に死なせない!」と決意し、硬膜外血腫の疑いがあるため通常搬送される病院ではなくて最初から設備が整った青波総合病院に向かうように言うのですが、江上達はみことの言うことを聞いてくれません。 加えて、「現場を混乱させるようなことは言わないで欲しい」と注意を受けてしまうのでした。

和江は検査の結果やはり青波総合病院に搬送されます。 みことが駆けつけると、そこには藍もいました。

そこで、みことは藍から和江との出会いを聞きます。

藍は学校で虐められており、真っすぐ家に帰る気になれなくて公園にいたら、和江に声を掛けられたのだそうです。

そして和江の料理を食べてあまりの美味しさに感激し、そこからちょくちょく会うようになり、料理を教えてもらったのだと藍は話します。

そうするうちに藍は学校での悩みなんてどうでもよくなったため、和江は藍の恩人なのです。

「和江ちゃん早く目覚ましてくれないかな」と呟く藍にみことは「藍、俺、ごめんな…」と泣き出します。

すると看護師さんから声がかかり、和江のもとへ駆けつけると、和江はもう息を引き取っていました。

数日後、みことと藍は公園で二人きりで話をします。

藍はみことに「和江ちゃんの病気って、急性硬膜下血腫だっけ。みこ兄、救急車の中でもう分かってたよね。医者でもすぐには分からない病気が、みこ兄には分かるの?」と聞き、みことはなんとかはぐらかしますが、藍はみことに「何かあるなら話してよ。」と迫ります。

ついにみことは藍に手を合わせるとその人の【死の運命】がみえることを打ち明け、藍は「じゃあ和江ちゃんのことも死んじゃうって分かってたんだ。それなのに、助けようとしてくれたんだ。ありがとう」と頭を下げるのでした。

後日、廉と沙羅の人間ドッグの結果が届きます。廉は悪玉コレステロールなどやばい数値が多かったのですが、沙羅はどこも異常がありませんでした。

子供達に絵を教える沙羅を見つめながら、みことは「沙羅を死なせたくない。俺は運命を変えなきゃいけないんだ。」と改めて誓うのでした。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話・ネット上の感想

https://twitter.com/seina_ryoma0426/status/1185194382061756417

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話 感想・考察

今回は末っ子・藍メインのお話でした。

藍が学校で虐められていた過去を持っていたなんて驚きました。あんな聡明で顔の綺麗な子が虐められるのか…と衝撃を受けましたが、きっと僻みでしょう。

そして藍が家に帰り辛くて公園にいたころを和江に声を掛けられたことが、和江と仲良くなるきっかけだったのですね。

藍は和江に料理を教わり、そうするうちに学校での辛いこともだんだんどうでも良くなっていったとのことなので、藍は和江に出会えて本当に良かったですね。

みことの能力を藍に打ち合えた時、藍が「和江ちゃんを助けようとしてくれてありがとう」とみことに頭を下げたシーンでウルウルきてしまいました。

二人ともとっても良い子です。

また、沙羅は人間ドッグの結果どこも異常ありませんでしたね。どうして一年後死んでしまうのでしょうか…。病名とか分かればみことも対処しやすいと思うのですが、何にも分からないとなると、困ってしまいますね。

でもみことは「絶対に沙羅を死なせない」と今回も強い決意をしていたので、なんとか運命を変えて欲しいです。

来週も楽しみにしています!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』第3話・あらすじ

みこと(福士蒼汰)は緊急出動した事故現場で廉(桐谷健太)の親友であり、幼なじみの青葉広洋(佐藤隆太)と再会する。フリーカメラマンとして海外で活躍する広洋は、次の仕事で日本を発つまで花巻家で暮らすことになる。

藍(横浜流星)の手料理で皆が食卓を囲む中、広洋は、絵を描くために様々な世界を見てみたいと言う沙羅(菜々緒)に、自分のアシスタントとして一緒に海外を旅しないかと誘う。 沙羅も乗り気になり、みことは複雑な感情を抱く。みことは沙羅の夢を応援したい反面、沙羅との残された時間を考え苦悩する。

そんな中、みことは救急で向かった工事現場で不意にケガを負ってしまう。 それを聞いて心配で駆けつけた沙羅に対して、みことは敢えて平静を装い、海外行きの背中を押してしまう…。

ある雨の日、車で駅まで沙羅を迎えに行ったみこと。 やはり海外には行って欲しくないと思い切って伝えようとしたみことに、沙羅は突然秘めていた思いを告白し…!?

引用・公式サイト