2019年夏ドラマ

ドラマ『監察医 朝顔』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【桑原から朝顔へ涙のプロポーズ!】

ドラマ『監察医 朝顔』第2話 ネタバレ感想・考察と第3話あらすじ【桑原から朝顔へ涙のプロポーズ!】

2019年7月15日に放送されたドラマ『監察医 朝顔』第2話はもう御覧になりましたか?

前回の放送では、朝顔の母・里子が東日本大震災の日から行方が分からなくなっており、父・平は今でも里子を探しているという胸が苦しくなる事実が明かされました。

物語ラストで朝顔がお母さんを想って涙するシーンもとても切なかったですね。第2話はどのような内容となっているのでしょうか?さっそく見て行きましょう!

ドラマ『監察医 朝顔』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『監察医 朝顔』
ドラマ『監察医 朝顔』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月8日(月)からフジテレビにてドラマ『監察医 朝顔』第1話がスタートします。 上野樹里さん主演のこのドラマですが、上野樹里...

ドラマ『監察医 朝顔』1話~最新話はFODでご覧頂けます。1ヶ月以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

無料おためし1ヶ月以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年7月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『監察医・朝顔』第2話・あらすじ

朝顔(上野樹里)が法医学者として働く興雲大学の法医学教室に、アルバイト希望の医学部生・安岡光子(志田未来)がやってくる。時給目当てで応募しただけで法医学には何の興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、呆気にとられる高橋(中尾明慶)や絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)たち。主任教授の茶子(山口智子)は、そんな光子を気に入り、採用を即決する。

同じころ、野毛山署強行犯係の平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け、現場に急行する。男は、財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も所持していなかった。検視官の伊東(三宅弘城)は、熱中症による急性心不全の可能性に言及しながらも、司法解剖をしてもらった方が良いと告げる。平は、遺体と一緒に興雲大学の法医学教室へと向かうよう桑原に指示すると、現場周辺の捜査を始める。

連絡を受けた茶子は、藤堂に解剖の執刀を頼み、朝顔にもサポートをするよう指示する。ほどなく、遺体が運びこまれた。丁寧に調べていく藤堂と朝顔。ところがその最中、記録用に写真を撮っていた光子は、あまりの光景にショックを受け、意識を失って倒れてしまう。そんな光子を室外に出し、解剖を続けた朝顔たちは、この男性が30℃以上もあった暑さの中で何故か凍死していたことを知るが……。

引用:公式サイト

ドラマ『監察医 朝顔』第2話・ネタバレ

新人法医学者・万木朝顔(上野樹里)とベテラン刑事の父・平(時任三郎)はいつも通り仲良く朝ごはんを囲んでいます。 今日の夜ご飯は平の当番なので、朝顔にリクエストを募りますが、「朝ごはんの時に夜ご飯の話しないでよね」と怒られてしまいます。 「今しか聞くタイミングがないから」と平が言うと、朝顔は「じゃあカレーかな。お父さんの作るカレー妙に美味しいよね」と言い、今夜のメニューはカレーに決定しました。

朝顔が法医学教室に出勤すると、アルバイト希望の医学部生・安岡光子(志田未来)が突然やってきます。 明るい性格であっけからんとしており、時給目当てで応募しただけで法医学には興味が無いらしいです。

主任教授・夏目茶子(山口智子)はそんな光子を見て、即採用としました。 光子には朝顔が教育係としてつきますが、光子は「まだ見習いの人に教わるんですか?」と口に出してしまう始末。思ったことを素直に口に出してしまう性質の様です。

その頃、平と朝顔の恋人・桑原真也(風間俊介)は路地裏で身元不明の男性遺体が見つかったとの連絡を受け、現場に来ていました。遺体は朝顔の法医学教室に運ばれ、ベテラン法医学者・藤堂雅史(板尾創路)が執刀して朝顔もサポートすることに。 光子は遺体の写真を撮っていましたが、気分が悪くなり倒れてしまい、オペ室の外に運ばれました。

執刀の結果、その男性は凍死だということが明らかになりました。しかし本日の気温は30℃を超えた真夏日です。真夏日に凍死とは一体どういうことなのでしょう。 気になった朝顔は現場に向かうことにしました。

仕事が終わり家に帰ろうとする朝顔に、桑原からLINEで「ちょっと話したいことがある」と連絡が入ります。

その頃平は、カレーの材料を買って帰ろうとお買い物メモを見返していると、朝顔から「ごめん。夕飯食べて帰る」と連絡が入り、残念な気持ちになります。 平は花屋で花束を買って帰路につき、一人で夕食の準備をしていると妻・里子との思い出が蘇ってきました。

朝顔と桑原は二人でいつものもんじゃ焼き屋でもんじゃ焼きを作っていると、桑原ががちがちに緊張しながら「万木朝顔さん、僕と結婚してください」と突然言いだし指輪を差し出してきました。 しかし朝顔は「いやいやいやこんなところでプロポーズするかね」と呆れてしまいます。 その帰り道、朝顔は桑原に「さっきのノーって意味じゃないよ。タイミングが違うだけで、結婚が嫌ってわけじゃないからね」とフォローを入れました。

翌日、身元不明の男性が凍死した原因が判明します。遺体発見現場は夜になるとビル風が通っているため、地面も冷たくなることが朝顔の調査で分かったのです。男性が汗をかいた状態で地面に倒れたとしたら凍死になる可能性は十分考えられるとのことです。

そのことを朝顔がチャコ先生に報告していると、新たな情報が入ってきました。 男性は死亡直前にフグを食べていて、フグの毒にあたって地面に倒れ、凍死したことが分かりました。

一方、平と桑原の調査では、その男性はホームレスであり、ホームレス仲間からは「課長」と呼ばれていたことが分かりました。 その男性はいつも横暴な態度で、よく揉め事を起こしていたとのことです。

朝顔達は男性がどのフグを食べたのか特定したいのですが、どこからフグを調達するか困っていると、光子が「小田原キャンパスにいっぱいいますよ」と教えてくれたため、さっそく朝顔と光子が出向き、あらゆるフグを調達してきました。 そしてフグを解剖し、男性がどのフグを食べたのか調査開始します。 その光景を光子が見て「法医っていうより魚屋さんみたいですね。」と呟きます。 

朝顔が帰宅すると、平が桑原のことを「あいつ頑張ってるぞ。この前は普通って言ったけど、よくやってるよ」と話します。

翌日、平と桑原は現場調査を行い、ホームレス仲間・田所がフグ鍋を作って男性に振舞ったのでないかという疑いを掛けます。平と桑原に問い詰められると、田所は逃走しますが、桑原の決死の体当たりで捕らえます。「俺は殺していない」と叫ぶ田所に対して、平は「分かってます」と告げます。

その頃法医学教室では、男性が食べていたのがヒガンフグだということが分かりましたが、朝顔は「男性は何匹もフグを食べて、自殺したのかもしれない」と朝顔が話します。

平達の調査でも、男性が自らフグをたくさん釣ってきて、「最後くらいうまいもんでも食って死にたい」と言っていたことが田所の証言で判明していました。

男性は毒の症状が出始めてもフグを食べ続き、身体中熱くなったため涼しい場所を求めて遺体発見現場に辿りつき、力尽きて凍死したのではないかと朝顔は推測します。

そして男性の身元が判明しましたが、最近唯一の肉親である母親が亡くなったため、もう身内は誰もいないとのことです。

桑原は平に「一人寂しく死んで、誰からも弔ってもらえないなんて。あの人の人生なんだったんですかね。」と問いかけると、平は「勿体ない。生きたくても生きられない人がいるのに勿体ないよな。」と呟きます。

朝顔がチャコ先生と屋上でアイスを食べていると、朝顔が「先生、この間父と行ってきました。母の故郷。でも、電車降りて海を見たら急に怖くなって。一歩も動けませんでした。」とチャコ先生に話しました。

仕事が終わり朝顔が大学を出ると、桑原が自転車で迎えに来ており「一緒に帰ろう」と微笑みます。そんな桑原を見て朝顔も笑顔になるのでした。

二人で帰宅している途中、朝顔が「ごめん、隠してたわけじゃないんだけど。桑原くんにはお母さんのことちゃんと言っておかなきゃね。お母さんいなくなったんだ。2011年3月11日。」と話し出し、震災の時のことを桑原に話し始めました。

「お父さんと一緒にお母さんを探して病院とか避難所とか毎日探してた。それで遺体安置所に行ってみたんだ。溺死で身体が変色した人もいたし、津波で揉まれて身体の一部が無くなっている人もいた。妊婦さんも、赤ちゃんもいた。そこで、チャコ先生に会ったの。私は毎日お母さんを探していたけど何にもできなかった。そしたらチャコ先生に声をかけられたの。」と続けます。

最初チャコ先生に声をかけられた時は放心状態で返事をすることが出来なかったのですが、チャコ先生の「あなた、生きているのよね」という言葉にハッとさせられ、それからチャコ先生の手伝いをするようになったのだと話します。

そして朝顔は「お母さんにやってあげられること何かしなきゃ」と考えるようになり、法医を目指すようになったのだと言います。

朝顔の話を聞き終えた桑原は涙でぐちゃぐちゃの顔で、「万木朝顔さん、僕と結婚してください」とプロポーズをします。

朝顔は「え、いや、こんな道端で言うことじゃないでしょ?」と言いますが、桑原は「ごめん、どうしても今言いたくなった。」と朝顔を抱きしめ、「絶対に幸せにします。だから僕と結婚してください」と告げます。そして朝顔も力強く「はい」と答えるのでした。

朝顔が帰宅すると、平から「朝顔、桑原くんと付きあっているだろ?いくつかの事象からそうだと確信した」と言われます。

朝顔は「別に隠すつもりなかったんだけどね。実はそうなんだよね。ついでに言っちゃうんだけど今日実は桑原くんからプロポーズ…」と言いかけると、平は食い気味で「挨拶がない。紹介もされてない。どういうこと?」と低いトーンで話します。

「でも、お父さん、もういい大人なんだし朝顔が選んだ人ならそれでいいって…」と朝顔が反論しますが、「撤回する。あいつは俺の部下だ。話も変わってくる。」と平は言います。

「もしかして、反対?」と朝顔が尋ねますが、平は何も答えません。そんな平を見て不安げな表情を浮かべる朝顔…。

ドラマ『監察医 朝顔』と原作の漫画『監察医 朝顔』を比較したい場合は最新刊まで無料で読む方法がおすすめ!

ドラマ版と原作、どのくらい内容が違うのか?キャストの設定が違うのか気になったりしますよね。そこで今回は、原作『監察医 朝顔』を無料で読む方法をお伝えいたします。

結論!

『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしと『U-NEXT』の31日間無料トライアルを利用することで原作『監察医 朝顔』を無料で読むことができます。

その理由ですが、下記の表をご覧ください。

U-NEXT 登録時600pt
music.jp 登録時961pt
FODプレミアム 1300pt
ebookjapan 登録時300pt

実は、各動画配信サービスには無料おためしに登録すると、ポイントがもらえます。

今回は『FODプレミアム』『U-NEXT』に焦点を置いてお伝えしますが、『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしを利用すると、登録時に100pt、8がつく日(8日/18日/28日)にそれぞれ400ポイントずつ貰うことができ、無料おためし期間中は最大で1,300ポイントを無料で貰えて使用することができます。

この1300ポイントを利用することで、2冊分が無料で読めてしまいます。しかもプレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元されるので、『監察医 朝顔』1冊450ポイントの20%還元なので、90ポイントが還元されます。

つまり、実質360ポイント✕3冊=1080ポイントなので、3冊分が無料で読めてしまう計算になります。単行本で買うと 533円+税がかかってしまいます。

つまり、単行本で買うと1700円以上するはずが、FODプレミアムを利用すると、無料で3冊読めるので、1700円以上がお得になるということなんです。

もちろん、退会・解約も非常に簡単に行えます。

FODプレミアムの1ヶ月無料おためしを利用する

1ヶ月無料おためし期間内で解約すれば、1円もかかりません。
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアム公式サイトにてご確認ください。


 

music.jpの30日間無料おためしを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はmusic.jp公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『監察医 朝顔』第1話・ネット上の感想

ドラマ『監察医 朝顔』第2話 感想・考察

今回は何といっても物語終盤の桑原の朝顔への涙のプロポーズシーンがとても良くて私も号泣してしまいました。

朝顔は震災でお母さんが行方不明になってしまうというとても辛い経験をしていますが、桑原という心優しい男性に出会えたことは本当に幸運だと思います。なかなかこんな男性いないですよね。

このままスムーズに結婚への道を辿るのかと思いきや、物語ラストで平がまさかの反対オーラを醸し出していたので、平に認めてもらうのはなかなか骨が折れそうな感じがしました。刑事と結婚する大変さを分かっているから、娘には辛い思いをさせたくなくて反対しているのでしょうか。

今後、桑原はなんとか平に認めて貰えるよう更に頑張って欲しいですね。来週も楽しみにしています。

ドラマ『監察医 朝顔』第3話・あらすじ

朝顔(上野樹里)は、恋人の桑原(風間俊介)からプロポーズされる。が、すでにふたりの関係に気づいていた平(時任三郎)は「あいさつがない」などと言って交際に反対する。あくる朝、平は朝顔と話すことを拒むかのように、いつもより早く出かけようとする。そんな平を玄関まで追いかける朝顔。そのとき、ふたりのスマートフォンに火災が発生して多数の死傷者が出たという連絡が入る。

火災現場の雑居ビルでは、神奈川県警捜査一課を中心に捜査が進められていた。ビルは、1階は貸倉庫、2階は空き室で、火元となった3階には1年ほど前まで消費者金融が入っていた。出火原因は、何者かがガソリンを撒いて火をつけた可能性が考えられた。平とともに現場を訪れていた桑原は、係長の山倉(戸次重幸)から署に戻るよう指示される。桑原が命じられたのは、野毛山署に置かれる捜査本部の設営準備だった。

興雲大学の法医学教室を訪れた平たちは、朝顔らに現場の出入り口を映した防犯カメラの映像を見せる。そこには、5人の男がビルに入っていく姿が映っていた。だが、発見されたのはいずれも損傷が激しい4体の焼死体で、ひとりが姿を消していた。平は、遺体を調べて部屋に誰がいて誰がいなかったのかを特定してほしいと朝顔たちに依頼した。茶子(山口智子)が不在の中、朝顔は藤堂(板尾創路)や絵美(平岩紙)らとともに、1体ずつ遺体の解剖を行うが

引用:公式サイトより