2019年夏ドラマ

ドラマ『ルパンの娘』第6話 ネタバレ感想・考察と第7話のあらすじ【苦悩する桜庭和馬(瀬戸康史)と泥棒を決意する三雲華(深田恭子)】

ドラマ『ルパンの娘』第6話 ネタバレ感想・考察と第7話のあらすじ【苦悩する桜庭和馬(瀬戸康史)と泥棒を決意する三雲華(深田恭子)】

ドラマ『ルパンの娘』第6話をご覧になったでしょうか?

第5話では遂に三雲華(深田恭子)の正体が桜庭和馬(瀬戸康史)にバレてしまいましたね。さすがに泥棒と警察では結婚という流れまでは難しいのではないか?と物語を観ながら思っていましたが、果たしてどうなっていくのか?・・・・・・

ということで、ドラマ『ルパンの娘』第6話のネタバレをご覧ください。ちなみに、ドラマ『ルパンの娘』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ルパンの娘 モス
ドラマ『ルパンの娘』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月からフジテレビにてドラマ『ルパンの娘』第1話がスタートします。 このドラマは、2015年8月に発表された横関大氏の同名小...


ドラマ『ルパンの娘』1話~最新話はFODプレミアムでご覧頂けます。
1ヶ月以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

FOD無料おためし1ヶ月以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『ルパンの娘』第6話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は自身が“Lの一族”であることを、ついに桜庭和馬(瀬戸康史)に知られてしまった。もはや警察官の和馬との結婚などあり得ないと嘆き悲しむ華。そんな時、渉(栗原類)が新たな獲物を発見する。政務活動費を使い込んで辞職した悪徳政治家が所有する名画が都内の美術館に無償で貸し出されたのだ。だが、この名画は“ブラックマンバ”という史上屈指の国際窃盗団にも目をつけられている代物。しかし、尊(渡部篤郎)と悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)たちは気にもせず、盗み甲斐があるとさっそく下見に行くことに。するといつもは乗り気でない華が同行すると申し出た。

名画が展示された美術館で客を装ってセキュリティーなどを調べる華たち。だが、華は和馬のことが気になりミスをしそうになってしまう。尊はそんな華に任務を外れるよう言い渡した。心のやり場を失う華に、円城寺輝(大貫勇輔)が和馬と別れたのかと尋ねる。“Lの一族”だと和馬にバレたと話す華に円城寺はすぐに逃げるよう促す。しかし、華は、和馬は他の警官には話さないと告げる。もし、和馬が話していればとっくに逮捕されているからだ。

和馬は華の正体を知ってしまったことに悩んでいる。そんな和馬に橋元エミリ(岸井ゆきの)が再び接近。一方、華は尊に和馬と別れたことを打ち明け、名画窃盗を続けさせて欲しいと頼む。“Lの一族”としての運命を受け入れて生きる覚悟をしようとする華。しかし“Lの一族”逮捕に、警察も威信を賭けて動き出す。

引用:公式サイトより

ドラマ『ルパンの娘』第6話 ネタバレ

自分がLの一族だという事が和馬(瀬戸康史)に、バレてしまった華(深田恭子)は元気がありません。

そんな中、渉(栗原類)は、都内の美術館に飾られる追憶という絵画が、100億の価値がると言います。この絵は、政務活動費を使い込んだ悪徳政治家が所有しているが、今回無償で貸し出すことにしたそうで、マツ(どんぐり)は、良い人のフリをして政界復帰を狙っているんだろうと言います。

この絵画は、国際窃盗団で盗む為には人も殺すと言うブラックマンバも狙っていると渉(栗原類)は言います。

早速下見に行くことにした尊(渡部篤郎)達ですが、華(深田恭子)は危険でも自分も行くと言いました。

追憶の展示スペースで華(深田恭子)は、てんとう虫3号を放って調べていましたが、途中で警報機が鳴り、撤収することに。

戻ってきた尊(渡部篤郎)に、任務中に他の事を考えてしまっていた華(深田恭子)は今回の件から外れるように言われます。

和馬(瀬戸康史)は、父の典和(信太昌之)と晩酌をしながら、もし母親の美佐子(マルシア)に嘘を付かれていたらどうすると聞きます。父は仮にそうだったとして、その嘘の奥に何が隠れているのかを見抜くのが刑事だと言われます。

1人で追憶の調査に行った華(深田恭子)は、途中で尊(渡部篤郎)に止められます。自由に生かしてやれなくすまないと尊(渡部篤郎)は言いますが、この運命からは逃げられないなら、運命を受け入れて生きると華(深田恭子)は決めたから、続けさせて欲しいと頼みます。

和馬(瀬戸康史)は、先輩刑事の巻(加藤諒)から、Lの一族を逮捕する為なら、証拠を捏造しても構わないから捕まえるように言われます。

尊(渡部篤郎)達が調査中の絵画展に、和馬(瀬戸康史)と巻(加藤諒)にやってきますが、調査を終えた華(深田恭子)は、動かなくなったてんとう虫3号を回収しその場を後にします。

和馬(瀬戸康史)と巻(加藤諒)は別の事件で取り調べをしていた犯人から、ブラックマンバも絵画を狙っていることを聞きます。巻(加藤諒)からは、Lの一族を見つけたら、殺しても構わないと和馬(瀬戸康史)は言われてしまいます。ブラックマンバがLの一族を殺したことにすると。

華(深田恭子)は、今回は自分一人でやると言い何かあれば尊(渡部篤郎)が助けることに。ブラックマンバが追憶を盗んだ後、華(深田恭子)は絵画を取り戻しますが、和馬(瀬戸康史)達警察の包囲に逃げ場が無くなり、いったん絵を隠すことに。しかし、華(深田恭子)はブラックマンバに捕まってしまいます。

華(深田恭子)の落とした羽を見つけた和馬(瀬戸康史)は、華(深田恭子)を助ける為に一人でブラックマンバと闘います。警察無線でLの一族は逃げたと伝え華(深田恭子)を逃がします。

和馬(瀬戸康史)は華(深田恭子)の職場に会いに行き、今までの功績から捜査1課に移動になったこと、華(深田恭子)の嘘の辛さを知ったことを話し、プロポーズをするのでした・・・

ドラマ『ルパンの娘』第6話・ネット上の感想

https://twitter.com/ryusei_0916love/status/1161998721455837184?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1161998721455837184&ref_url=https%3A%2F%2Fdorama9.com%2F2019%2F08%2F15%2Flupin-no-musume-netabare-06%2F

ドラマ『ルパンの娘』第6話 dramania7読者の感想

20代女性
20代女性
Lの一族の一員だった華とわかった恋人であり刑事でもある和馬の異変を感じ取った巻がエミリとくっ付けようと画策し、エミリ自身も得意の俳句で「ハナが好き、されど散りゆく、定めかな」と明らかに華のフェイク動画の一件で和馬の動揺を狙いすましたように止めを刺そうとする動きが怪しく、警察上層部が急にLの一族を抹殺したいような、逮捕のためなら捏造、どさくさ紛れの殺害も許可するなど、巻の一族が上層部にいるのは確かなので、和馬を欲しがるエミリのために動き出した気がしています。そう考えると和馬の華へのプロポーズはLの一族の逮捕のためのフェイクの可能性を疑っていて、素直な華が心配です。

10代男性
10代男性
今回は、警察に命を狙われヤラレテしまうのではないかとドキドキしました。ですが、気になったのが1件。エミリの電話で話していたあの「私は私の仕事をします」というあの言葉。

Lの一族との遭遇率が高く、今回の事件で取り逃がしたのに捜査1課の異動が決まったのは和馬を利用しようとしている?と疑い始めてしまいます。和馬に気の有るそぶりもしていたエミリですが何か事件を持ち込むのは必須だと思うので最終回まで目が離せません。

30代女性
30代女性
政治家の絵を盗もうと計画したため、うまくいくのか、すごく気になりました。美術館に保管されており、厳重に警備されているので、これをLの一族が盗ったらすごいなと思いながら見ていました。

しかし、Lの一族は盗めないと判断したため、先にブラックマンバに盗ませてそのあとに盗もうと計画したのがおもしろかったです。ブラックマンバから奪うことができたのですが、警察に囲まれて逃げ場を失ったため、華がひとまず違う場所に絵を隠してしまい、またブラックマンバに盗られたので残念でした。

40代女性
40代女性
和馬は華がLの一族だと知ってしまったので二人は破局すると思いましたが、華が警察に捕まるわけにはいかないと思ったのか、和馬がとっさに庇ってしまったのには驚きました。しかも、和馬の方から婚約指輪までプレゼントしたので、和馬は警察官としてはやってはいけないことをしてしまいました。

この行動から、和馬は最終的に警察官を辞める方向になるような気がします。華が泥棒を辞めるのかと思いましたが、最悪、和馬も泥棒の味方になってしまう展開になる可能性もあると思いました。

30代男性
30代男性
和馬が華のことをLの一族だと知って、それでもなお結婚したいとプロポーズしたことが本当に感動でした。運命を受け入れなければと悩んでいたけど、共に乗り越えようなんて、華はとても嬉しかっただろうなと思います。

2人が結婚することは嬉しいけど、これから2人はいろんなウソを重ねて行かなきゃいけないんだろうなと思いました。そんな立ちはだかる壁を目の前にした時に、華と和馬が最終的にどんな決断をするのかが楽しみです。ハッピーエンドになってくれることを期待しています。

20代男性
20代男性
相変わらずの、深田恭子ちゃん演じるはなちゃんが美しい!盗む対象となる絵画を見に行った時のメガネ姿、立ち振る舞いともになんとも美しかったです。自分が泥棒である、けれども警察官であるかずくんのことも思っている、というはなちゃんの気持ちがすごくよくわかります。

Lの一族という運命を背負いながらも恋にしっかり生きるはなちゃんがかっこいい!決め台詞の「悔い改めな!」は変わらずかっこよかったです。かずくんのアクションシーンもたくさんあって、瀬戸さんの想いがしっかり伝わりました。

ドラマ『ルパンの娘』第7話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)から正式なプロポーズを受ける。和馬は華が“Lの一族”と知った上で、ともに運命を乗り越える決心をしたからだ。華から話を聞いた尊(渡部篤郎)は、折を見て自分たちが“Lの一族”だと伝えると言い出す。しかし、華は反対。まだ、マツ(どんぐり)以外で、桜庭家が警察一家と知っている家族はいなかった。
一方、和馬も典和(信太昌之)たちに華へのプロポーズを報告。だが、典和や美佐子(マルシア)が喜んだのは和馬の捜査一課への異動だった。典和は、結婚には和一(藤岡弘、)への報告も必要と和馬を促す。和一は、覚悟は出来ているかと和馬に尋ねただけで、滝に打たれに出かけてしまった。

和馬が三雲家に挨拶に来ると、尊と悦子(小沢真珠)は泥棒への勧誘を始める始末。見送りに出た華は和馬に謝る。和馬は、これからはお互いに嘘をつかないこと、華は泥棒をもう二度としないことを約束しようと話した。華は和馬に真実を伝えようと、尊たちの留守に本当の住まいであるタワーマンションへ案内する。渉(栗原類)は自室で爆睡中。数々の盗品に和馬が目を丸くしているとマツが現れ、二人を応援すると言う。そこに尊と悦子が帰って来てしまった。華は和馬を渉の部屋に隠し、マツの協力で何とか乗り切ろうとする。
和馬が家に帰ると、典和が結納を行うと言う。しかも、桜庭家が代々結納を行って来た旅館に泊まりがけ。華と和馬はお互いの両親に家族の職業がバレないよう作戦を練るが…。

引用:公式サイトより

The following two tabs change content below.
アバター

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
アバター
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪