2019年夏ドラマ

ドラマ『監察医 朝顔』最終回(第11話)ネタバレ感想・考察と特別編あらすじ【朝顔がついに仙ノ浦へと降り立ち、歩み出す!】

ドラマ『監察医 朝顔』最終回(第11話)ネタバレ感想・考察と特別編あらすじ【朝顔がついに仙ノ浦へと降り立ち、歩み出す!】

2019年9月23日に放送されたドラマ『監察医 朝顔』最終回(第11話)はもう御覧になりましたか?

前回のラストで、桑原が反社会的勢力と繋がりがあり違法な投棄を行っている建設会社・国江建設の調査を行っている時に土砂崩れに巻き込まれてしまいました!

桑原の運命はいかに!?いよいよ最終回です!

ドラマ『監察医 朝顔』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『監察医 朝顔』
ドラマ『監察医 朝顔』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年7月8日(月)からフジテレビにてドラマ『監察医 朝顔』第1話がスタートします。 上野樹里さん主演のこのドラマですが、上野樹里...

ドラマ『監察医 朝顔』1話~最新話はFODでご覧頂けます。1ヶ月以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

1ヶ月無料でFODプレミアムを利用する

無料おためし1ヶ月以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年9月時点のものです。
最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『監察医・朝顔』最終回(第11話)・あらすじ

深夜、朝顔(上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入る。山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったのだ。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)を平(時任三郎)に任せ、法医学教室へと急いだ。

事故直前、現場には、桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)の姿があった。反社会組織とつながり、違法な開発や投棄を行っている建設会社を追っていた桑原たちは、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、彼の案内で不法投棄の現場を見に行っていた。

朝顔は、茶子、光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、絵美(平岩紙)とともに不測の事態も想定してさまざまな機材や書類を準備。法医学教室の解剖案件は藤堂(板尾創路)と熊田(田川隼嗣)に任せて現地へと向かった。

早朝、災害対策本部が置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城)だった。

事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていた。土砂崩れによって下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の民家だという。しかし、二次災害の危険があることから、死傷者の数はまだわかっていなかった。

待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察・行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。ほどなく、そこに遺体が運び込まれてくるが……。

引用:公式サイト

ドラマ『監察医 朝顔』最終回(第11話)・ネタバレ

桑原真也(風間俊介)と神崎(市川右團次)は反社会的勢力と繋がりがあり違法な開発や投棄を行っている建設会社・国江建設の調査を行っており、勇気をもって内部告発してくれた現場監督・赤井(笠原秀幸)と共に、雨が降りしきり雷も鳴る中、不法投棄の現場を見に行っていました。

現場を確認し終えて戻ろうとした時、土砂崩れが起こり三人を巻き込んでしまいます…。 赤井と神崎はなんとか脱出するものの、真也の姿が見当たりません。二人は懸命に真也の姿を探すと、なんとか真也が見つかり、救出します。 意識もあり元気な様子のため、二人は安堵するのでした。

その後真也は朝顔(上野樹里)に「落ち着いて聞いて!山梨で土砂崩れが起きて、巻き込まれた。状況が分からないからとりあえず山梨県警行ってくる。明日帰るね!」と連絡します。

朝顔は真也との電話を終えた後すぐに主任教授・夏目茶子(山口智子)から「山梨県で大規模な土砂災害が発生したため、興雲大学法医学教室に応援要請がありました」と着信が入りました。

朝顔はつぐみを父・平(時任三郎)に任せ、法医学教室へと急ぎます。

法医学教室には皆揃っており、チャコ先生から「かなりの数の死傷者が出ています。」と説明を受け、現場に向かうメンバーを誰にするか相談します。

朝顔含め安岡光子(志田未来)、高橋涼介(中尾明慶)、藤堂絵美(平岩紙)の四人が行くことになりました。

山梨に到着した朝顔達は警察から土砂崩れの影響で、老人ホームや国江建設の社員寮、そして三棟の家屋が下敷きとなっていると報告を受けます。

チャコ先生の指示で速やかに遺体安置所を設置し始め、間もなくしてご遺体が続々と運び込まれるのでした。

その頃、平のもとに真也から「土砂崩れなのですが、人災かもしれません。土砂崩れの近くで国江建設が不法投棄を行っていたんです。」と電話で報告があり、神崎からは「役員の白石って男が真相を知っているかもしれないので調べてくれ」と頼まれ、平は承諾します。

山梨の遺体安置所では、身内を探している家族の泣き崩れる声や怒号が響き渡っていました。まだ身元がはっきりするまでは遺体の取り違い防止の観点から、いくら家族とは言え会わせることができないのです。

その時、朝顔の元に赤井がやってきて「あの、身元確認のお手伝いをさせてください。こんな状況になったのは自分達のせいなんです。」と告げるのでした。

赤井は会社の指示で現場近くで不法投棄を行っていたことを朝顔に話し、朝顔も真也と同様に平へ「自然災害ではなく人災かもしれない」と報告します。

その夜、真也は無事に自宅へと帰宅することができました。 平は真也に「桑原くん。良かった、無事で。」と心底安堵した表情を浮かべ、真也も「はい」と噛みしめるように頷くのでした。

つぐみが寝た後、平は真也に「白石の姿がまだ掴めない。そっちは何か掴めたか?」と聞き、真也は「いえ。でもこれが自然災害じゃないとしたら、大量殺人です。絶対に捕まえます。」と怒りをにじませます。

翌日、強行犯係では懸命に白石の行方を追い、聞き込みを行っていました。しかしいまだ白石の行方が掴めないため、真也は以前遺体で見つかった鮫島組の西川が白石の名刺を持っていたことから、何か白石に繋がる情報を掴めないかと西川の遺体の再解剖をベテラン法医学者・藤堂雅史(板尾創路)に頼み、藤堂は承諾するのでした。

再解剖の結果、西川の身体から寄生虫が見つかりました。南米に多い寄生虫のため、白石も高跳びするなら南米かもしれないと推測することができました。

遺体安置所には更に20名のご遺体が運ばれてきました。

朝顔達は土砂崩れではなく他の原因で亡くなったと見られるご遺体が見つかったため、ご遺体の解剖を行うことになりました。

その結果、塩素ガスを吸ったことによる中毒死だと分かりました。

一方強行犯係では、平の作戦のおかげで白石を捕まえることができ、白石は自白するのでした。

これにより、国江建設が不法投棄を行ったことにより土砂崩れが発生し、更に国江建設が危険な毒物も不法投棄していたことが明らかになりました。そして全てのご遺体が解剖されることが決定し、正確な死因が明らかになることが約束されました。

朝顔達は法医学教室へと戻り、チャコ先生は皆にお礼を述べ「今日は皆さん大切な人の元へ帰ってゆっくり過ごしてください。そして明日からまたいつも通り元気に頑張りましょう」と微笑みます。

その夜、真也は朝顔に「俺、死ぬかと思ったよ。土砂に埋もれて苦しくて、自分はもう死ぬんだなと思った。…行ったんだ、遺体安置所。その時、中も見た。もしかしたらあそこに並んでいたのは自分だったかもしれない。たまたま生き残っただけで、あっちに居ても全然おかしくなかった。そしたら朝顔にもつぐみにももう会えなかったんだなあって。こうやって、三人で並んで寝ることももうなかったんだって。生きててよかった。俺も、朝顔もつぐみも、皆、本当に生きてて良かった。」と話します。

朝顔は「桑原くん、来週、灯籠流しがあるんだ。お母さんの故郷の仙ノ浦で。毎年、ずっと行きたいなと思っていたんだけど。今のところまだ行けてなくて。お母さんの故郷、桑原くんとつぐみに見て欲しいな。人が優しくて自然がいっぱいで。海もとってもきれいなんだ。」と告げ、真也も「行こうよ、四人で。」と微笑むのでした。

そして迎えた灯籠流しの日。お弁当を持って四人で仙ノ浦へと向かいます。

仙ノ浦に到着し、朝顔はホームに降り立つとすぐに立ち止まってしまいました。しかし1歩ずつ足を前に踏み出し、朝顔は皆と一緒に歩き出すことができるのでした。

そして朝顔の祖父・浩之(柄本明)の家に到着し、つぐみは大じいじと初めて対面し、真也も初めて挨拶することが出来ました。

皆で楽しく梨を向いて食べてる時、浩之は里子(石田ひかり)が皆と一緒に食卓を囲む幻覚が見えます。

しかしやはりそれは幻のため、我に返った浩介は里子の遺影の前で「どうしてここに里子がいないんだ!どうして!」と泣き崩れます。

平はそっと家を抜け出し、朝顔も後を追います。

平は朝顔に「今、お母さんが…里子が、すぐ側にいるような気がする。」と告げます。

朝顔も海に向かって「お母さん、そこにいるの?会いに来てくれたの?私、夫の桑原くんと、娘のつぐみと、やっと、やっと帰ってこれたよ。私、結婚して、子供も産んで、お母さんになったよ。お父さんとじいちゃん、寂しがり屋だから、ちゃんと見守っててね。心配しないで。皆といるから。皆と一緒にいるから。大丈夫だからね。」と話かけるのでした。

東京に戻った四人はいつも通りの日常を送ります。朝顔も、平も、以前よりも前を向いて生きているのでした。

ドラマ『監察医 朝顔』と原作の漫画『監察医 朝顔』を比較したい場合は最新刊まで無料で読む方法がおすすめ!

ドラマ版と原作、どのくらい内容が違うのか?キャストの設定が違うのか気になったりしますよねオ。そこで今回は、原作『監察医 朝顔』を無料で読む方法をお伝えいたします。

結論!

『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしと『U-NEXT』の31日間無料トライアルを利用することで原作『監察医 朝顔』を無料で読むことができます。

その理由ですが、下記の表をご覧ください。

U-NEXT 登録時600pt
music.jp 登録時961pt
FODプレミアム 1300pt
ebookjapan 登録時300pt

実は、各動画配信サービスには無料おためしに登録すると、ポイントがもらえます。

今回は『FODプレミアム』『U-NEXT』に焦点を置いてお伝えしますが、『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしを利用すると、登録時に100pt、8がつく日(8日/18日/28日)にそれぞれ400ポイントずつ貰うことができ、無料おためし期間中は最大で1,300ポイントを無料で貰えて使用することができます。

この1300ポイントを利用することで、2冊分が無料で読めてしまいます。しかもプレミアム会員ならいつでも20%ポイント還元されるので、『監察医 朝顔』1冊450ポイントの20%還元なので、90ポイントが還元されます。

つまり、実質360ポイント✕3冊=1080ポイントなので、3冊分が無料で読めてしまう計算になります。単行本で買うと 533円+税がかかってしまいます。

つまり、単行本で買うと1700円以上するはずが、FODプレミアムを利用すると、無料で3冊読めるので、1700円以上がお得になるということなんです。

もちろん、退会・解約も非常に簡単に行えます。

FODプレミアムの1ヶ月無料おためしを利用する

1ヶ月無料おためし期間内で解約すれば、1円もかかりません。
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

本ページの情報は2019年9月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアム公式サイトにてご確認ください。


 

music.jpの30日間無料おためしを利用する

無料おためし30日間以内で解約すれば、1円もかかりません。

本ページの情報は2019年9月時点のものです。
最新の配信状況はmusic.jp公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『監察医 朝顔』最終回(第11話)・ネット上の感想

ドラマ『監察医 朝顔』最終回(第11話) 感想・考察

先週から真也の安否がものすごく不安でしたが、序盤で真也が助かったのでホっとしました。神崎も赤井も生きていましたし、皆無事で本当に良かったです。

しかし、国江建設が毒物を含む不法投棄を行っていたせいで何十人もの人が犠牲になってしまったのはとても辛かったです。

白石がなかなか捕まらなかったのでハラハラしましたが、平の作戦のおかげで無事に捕らえることが出来て良かったですね。

真也が朝顔に「俺、死ぬかと思ったよ。」と話しだすシーンは胸にぐっとくるものがあり、真也の話を聞き終えた朝顔が今まで訪れることの出来なかった仙ノ浦に行こうと誘う流れもとても良かったです。

そして仙ノ浦では、何と言っても浩之が里子の幻覚を見て、我に返った後に里子の遺影の前で泣き崩れるシーンが切な過ぎて私も号泣してしまいました。

今まで浩之があんなに泣く姿を見たこと無かったので、余計に胸が苦しくなりました。

その後、朝顔が平と共に海に向かって里子に語り掛けるシーンも素晴らしかったですし、本当にドラマ『監察医 朝顔』の役者さんは皆演技が上手だなあと実感しました。

朝顔もようやく仙ノ浦に行けたことで一歩前へと踏み出すことが出来て、本当に良かったですね。

お母さんはいつでも皆のことを暖かく見守ってくれていると思います。

今回で最終回のため、とても寂しいなと思っていましたが、なんと来週2時間スペシャルで特別編が放送されるとのことで、すごく嬉しいです。

朝顔と真也の出会いも描かれるらしいので、期待しています。

特別編も楽しみにしております!

ドラマ『監察医 朝顔』特別編・あらすじ

朝顔(上野樹里)は平(時任三郎)、桑原(風間俊介)、娘のつぐみ(加藤柚凪)とともに、震災以来、行くことができなくなっていた母・里子(石田ひかり)の生まれ故郷を訪れて祖父の嶋田浩之(柄本明)とも再会し、新たな1歩を踏み出す。

そんな朝顔が、ある日、興雲大学法医学教室に出勤すると光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、熊田(田川隼嗣)、丸屋(杉本哲太)、絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)らがミーティングの準備をしていた。

この日、運ばれてきたのは推定70歳から80歳の高齢者の遺体で、外傷もなく、身元につながる物は一切身につけていなかった。また、指紋を調べても何も出ず、歯も1本もない状態だった。山倉(戸次重幸)、森本(森本慎太郎)、江梨花(坂ノ上茜)ら野毛山署強行犯係は、少しでも遺体について何か分かるよう、解剖に一縷の望みをかけていた。

主任教授の茶子(山口智子)が不在のため、朝顔と藤堂が解剖にあたった。あまりにも手がかりの無い遺体を前に、朝顔が思い出したのはあの事件だった……。

引用:公式サイト