2019年秋ドラマ

ドラマ『同期のサクラ』第8話 ネタバレ感想・考察と第9話あらすじ【心が壊れてしまったサクラを元気づけようと同期達が奮闘するのだが…。】

ドラマ『同期のサクラ』第8話 ネタバレ感想・考察と第9話あらすじ【心が壊れてしまったサクラを元気づけようと同期達が奮闘するのだが…。】

2019年12月4日に放送されたドラマ『同期のサクラ』第8話はもうご覧になりましたか?

前回は夢が絶たれたり最愛のじいちゃんが亡くなってしまい、サクラの心は壊れてしまいました。

今回は壊れたサクラの心をどうにか元に戻そうと同期達が奮闘するのですが…。

ドラマ『同期のサクラ』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『同期の桜』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】
ドラマ『同期のサクラ』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】2019年10月から日本テレビにてドラマ『同期のサクラ』第1話がスタートします。 このドラマは、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障...

日テレドラマ ドラマ『同期のサクラ』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年12月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『同期のサクラ』第8話のあらすじ

2019年12月―。サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる……。  

2016年11月。自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう……。  

そして2018年1月。百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞る4人。葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと考える。  

翌日。百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねる。髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、荒れ果てた部屋に百合を上げる。「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があるのだと話す。  

菊夫がサクラを連れてきたのは二人の思い出の場所。そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思う菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もなく……。蓮太郎はサクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗。さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまう。駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがなく……。誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようとするも、あえなく撃沈。さらに百合は、サクラのあまりに自暴自棄な態度から口論になってしまい……。  

心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たち。サクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼む。今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人はそれぞれ強い喪失感に襲われて……。  

数日後。サクラの元に書留が届く。それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていた……。

引用・公式サイト

ドラマ『同期のサクラ』第8話・ネタバレ

2019年12月。眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室に、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)が来ていました。

4人は、サクラの意識の回復が見込めないため、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれ、どうするか決めかねていました。

するとそこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)と息子が訪れ、「北野さんがこんなことになったのは私達のせいなんです。」と必死に謝るのでした。

時は遡ること2016年11月。サクラは度重なる不幸に、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていました。なんとか会社に出社しようとするものの、その日サクラは会社に辿り着く前に自宅へと引き返してしまうのでした。

そして2018年1月。サクラは体調不良を理由に1年以上も会社を休職しており、同期達はサクラにメールを送ったり部屋の前まで行ったりするのですが、誰一人サクラには会えていませんでした。サクラは誰にも会わずずっと部屋に引きこもっているのです。

そんなサクラをなんとか元気づけようと同期4人はいつもの喫茶店で相談します。

翌日、百合がサクラの部屋をノックし、「仕事の悩みの相談に乗って欲しい」と言うと、サクラが扉を開けてくれました。 久しぶりに会ったサクラは髪が伸びてぼさぼさ、部屋の中はゴミの山が出来ていました。

百合はサクラに「菊夫がどうしても連れていきたい場所があるみたいよ。」と言います。

菊夫はサクラを二人の思い出の場所である図書館へと連れていくのですが、サクラの心は完全に壊れてしまっており、菊夫はなすすべもありませんでした。

続いて蓮太郎は実家のラーメン屋に連れていき、自分の設計図をサクラに見せて意見を求めるのですが、サクラは「すいません。何も浮かびません。いくら見ても何も思い浮かばないんです。」と言い泣き出してしまいます。

そんなサクラをスミレ(相武紗季)は抱き締め「そんなに辛いならなんでもっと早くに私を頼らなかったのよ。」と言うのですが、サクラは「スミレさんに迷惑かけたく無かったからです。だって私のせいでスミレさんは異動になってしまったから。」と答えます。

するとスミレは「そんなことは大丈夫。私今年から人事部に戻ったのよ。」と微笑み、サクラは安心して更に泣きだしてしまいます。

続いて葵はサクラを街に連れ出し、プロポーズするのですが、やはり撃沈。

その後、サクラは百合と合流します。

完全に自暴自棄になっているサクラに百合は「私はいつものサクラが好き。私には夢がありますって言ってるサクラが好き。元のサクラに戻ってよ!サクラの夢を叶えるために私達も夢を持つからさ!」と言うのですが、サクラは「夢夢夢夢うるさいんだわね。」と言い、そこから二人は口論になってしまいます。

その夜、サクラが喫茶店に行くと、同期の4人が集まっていました。

サクラは皆に「さっきはすみませんでした。」と頭を下げ、「この頃うまく感情がコントロールできないんです。私みたいなやつもう放っておいてください。」と告げます。

皆は「サクラだったら俺たちのこと何があっても放っとかないだろ。俺たちは皆サクラに助けられたんだ。どうしてもサクラに元気になって欲しい。じいちゃんの為にも残った夢叶えようよ。」と声をかけます。

しかしサクラは「もう無理なんです。なんだか今まで自分がやって来たことが全部無駄なような気がするんです。これからどんなに頑張っても意味がないように思うんです。せめてじいちゃんからのファックスが来ないかなって思うんですけど。じいちゃんが死ぬ前ファックスを送ってくれたんです。桜は決して枯れない。たとえ散ってもたくさんの人を幸せにする。でも私はそんな人間じゃないんです。

皆さんに会うのも辛いんです。頑張れっていわれるたびに苦しいんです。だから、もう私なんか仲間なんて思わないでください。」と告げ、喫茶店を出ていってしまうのでした。

蓮太郎が実家に戻ると、スミレが待っててくれていました。スミレがサクラの様子を聞くと、蓮太郎は「何もできなかった。やっと本当の仲間ができたと思ったのに。」と悔しそうに話します。

菊夫は故郷の妹に電話し、元気がないことを心配されますが、「大好きだったやつに振られただけ。」と冗談っぽく答えます。

葵と百合は一緒に帰っており、葵は百合に「大丈夫か?お前が一番頑張ってたからサクラのために。」と告げ、百合は「そっちこそ大丈夫?サクラに振られて。私はなんだか自分のいる世界が変わっちゃったような気がする。世界で一番信頼できるサクラが世界で一番遠くに行っちゃった。私に初めて出来た親友なのに。」と泣き出します。

そんな百合を葵が抱きしめるのでした。

数日後。サクラの元には書留が届きました。差出人は会社からで、このままだと解雇になる、という内容でした。 封筒の中には黒川(椎名桔平)から「一度本社に顔出せ」というメモも入っていました。

サクラは黒川の元を尋ね、退職届を差し出すのでした。

サクラはその足でいつもの喫茶店に行くと、店主から「この店をもう畳むことにしたわ」と告げられます。

とぼとぼと歩いていると、AIスピーカーなるものが販売されていることに気が付き、興味を惹かれたサクラはAIスピーカーを購入します。

2019年3月。

サクラはAIスピーカーに「エアコンつけて」や「音楽かけて」など次々話しかけていました。

そして「ねえAI、私はどうしたら仕事に行く気になるんだろ」と尋ねると、AIスピーカーは仕事に行きたくない理由ランキングを喋り始めます。サクラは「私はじいちゃんが死んじゃったし、故郷に橋を架ける夢も叶わなかったから。」と呟きます。

サクラは「なんで人生はこんなに辛いの?なんでこんなことになっちゃったの。同期達ともっと喜びや悲しみを分かち合いたかった。私みたいなやつはやっぱり死んだ方がいいのかな。私はこれからどうすればいいの。教えてよ、AI。」と言い、床に寝転がり、眠りにつくのでした。

その頃、菊夫は熊本に地震が発生したことがきっかけで仕事を辞めてボランティア団体に入っており、蓮太郎はスミレと結婚して仕事に励んでいました。

百合は葵との子供を出産しました。葵は子供の名前について「夢ってどうかな。」と言い、百合も「珍しく気が合ったね。」と微笑みます。

そして葵は「結婚しよう」と言うのですが、百合は「やめておく。相談もなしに産んだのは私だし。葵はまだサクラのこと忘れられてないでしょ?」と告げます。

その時、菊夫と蓮太郎も駆けつけました。

百合は「皆にお願いがあるの。子供を産むとき意識が朦朧として色んなことを思い出した。その中で、サクラのおじいちゃんにサクラをよろしくって頼まれたことを一番はっきり思い出したの。私達サクラのこと諦めていいのかな。最後に一つだけ試してみたいの。協力してくれるかな。」と言います。

サクラが目を覚ますと、AIに「今日は何日?」と聞くとAIは「2019年3月31日です。サクラさんお誕生日おめでとうございます。」と答えます。

サクラは冷蔵庫の横の隙間から同期達と一緒に撮った写真を見つけます。じっと眺めていると突然ファックスが送られてきました。

「俺たちはいつまでも待ってる。」「おまえとまた一緒に働ける日を」「だからどんなに辛くても諦めない」「サクラのいない世界なんかに生きていたくないから」と綴られており、最後は「じゃあまた明日」と締めくくられていました。

サクラは紙をじっと見つめ、涙を流しながら『じいちゃん、サクラには、こんな素敵な仲間がいるよ。皆に会いてえ』と思い、外へと歩き出します。

すると公園では隣人夫婦と子供がボール遊びをしていたのですが、子供がボールを追いかけ道路に飛び出してしまい、バイクに轢かれそうになってしまいます。サクラが咄嗟に子供を庇ったので子供は無事でしたが、サクラ自身は負傷してしまいました。

隣人夫婦は「大丈夫ですか!?病院に行った方が!」と言うのですが、サクラはフラフラになりながら自宅へと戻ります。

自宅に戻る間もずっと「私には夢があります。故郷の島に橋を架けることです。一生信じ会える仲間を作ることです。その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作ることです。それだけは絶対、諦められないので。私は、自分にしかできないことをやります。」と呟いていました。

サクラはやっとの思いで自宅に辿り着き、這うようにして同期と一緒に撮った写真を掴み、力尽きたサクラはそこで目を閉じるのでした。

そして現在。

同期達は眠り続けるサクラに「皆お前が目覚めるって信じてるから。」「俺たちはいつまでも待ってる。」「おまえとまた一緒に働ける日を」「だからどんなに辛くても諦めない」「サクラのいない世界なんかに生きていたくないから」「じゃあまた明日」と話しかけ、転院の話を先生とするため病室を後にします。

するとサクラの目から涙がこぼれ、ついにサクラが目を覚ますのでした…。

ドラマ『同期のサクラ』第8話・ネット上の感想

https://twitter.com/KMF2_Momoka/status/1202234686254112769

ドラマ『同期のサクラ』第8話・感想・考察

今回も重く苦しい展開が続き、見ているこちらも胸が締め付けられました。

サクラの心は完全に壊れてしまっていて、あんなにきちんと整理整頓されていたサクラの部屋はゴミ屋敷になっており、サクラ自身も髪は伸び放題でぼさぼさで、以前とはまるで別人でしたね。

サクラは間違いなく心の病を患っていたと思うのですが、同期達は誰一人サクラを精神科へと連れていこうとしなかったのが不思議でしたが、同期達は同期達のやり方でサクラを見事前向きにさせることが出来ていたので、流石だと思いました。

同期達のあのファックスは泣けました。タイミングよく主題歌も流れてきてかなり泣いてしまいました。

しかし、サクラがようやく前向きになって外に出たのに、まさか隣人夫婦の子供を庇ってあんなことになってしまうなんて辛すぎます。

隣人夫婦もすぐに救急車を呼んでくれればいいのに。サクラが可哀想でたまりません。

病院ではサクラが目を覚ます見込みがないため転院も進められているし、これからどうなってしまうのかなと心配していましたが、物語の最後にサクラがついに目を覚ましましたね!

また、百合の子供の父親が葵ということも今回発覚し、驚きました。葵はあの日、一夜だけ百合と関係を持ったのですね。

葵のプロポーズをはねのける百合がとてもかっこよかったです。

来週の放送も楽しみで仕方ありません!

ドラマ『同期のサクラ』第9話・あらすじ

 

2019年12月―。サクラ(高畑充希)が9ヶ月間の長い眠りからついに、目覚めた。 

翌日。知らせを受け病室に駆けつけた同期の四人は、意識の戻ったサクラとの再会に喜ぶ。そんな中、サクラは退職を引き延ばそうとしてくれた黒川(椎名桔平)の力も及ばず、自分が花村建設から解雇されたことを知る。かける言葉を見つけられない4人だが、「信じ合える仲間と沢山の人を幸せにする建物を造る夢を叶えるために頑張る」と話すサクラ。その前向きな姿に、4人は以前のサクラが復活したことを感じていた……。

 数週間後。百合(橋本愛)に付き添われ退院したサクラは、同期たちが折半して契約を延長してくれていた自分の部屋へ。サクラは、百合が自分の経験を生かした託児所を作るために花村建設を辞めて起業しようか悩んでいると相談を受ける。

 一方、リハビリの様子を見に来た葵(新田真剣佑)と話したサクラは、副社長になった黒川の元で葵がバリバリ働いていることを知る。いまだにサクラに思いを寄せつつも百合との関係にけじめをつけたいと悩む葵にサクラはなんの助言もできず……。

 職を探すサクラは蓮太郎(岡山天音)と共にかつて同期でよく集まった喫茶店の後にできたネットカフェへ。仙台でボランティア活動をしている菊夫(竜星涼)とネット電話で通話したサクラは、菊夫がNPOの代表になってほしいと頼まれて悩んでいることを知る。助けになりたいサクラだが、菊夫はバタバタと忙しそうな様子で電話は切れてしまう。蓮太郎は重責に悩む菊夫の気持ちがわかると話し……。営業への異動を言い渡されたという蓮太郎は、設計を続けるために転職をしようか悩んでいた。妻のすみれ(相武紗季)に相談した方がいいと話すサクラだが、蓮太郎はすみれに心配させたくないので秘密にして欲しいと頼む。

 自分が眠っている間にそれぞれの人生に向き合い一歩先を行く同期たちをまぶしく感じるサクラ。その夜、履歴書を書いていたサクラのもとにすみれが様子を見にやってくる。蓮太郎の秘密をバラすまいと焦るサクラをお見通しのすみれは、嘘がつけないサクラの就活がうまくいくか心配するが……。

 そして、再び建設会社で働くためサクラの就活の日々が始まる。しかしすみれの心配通り、花村建設を解雇された経緯を正直に話すサクラは軒並み面接で落とされてしまう。貯金も底をつき、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けるサクラはだが、同期の悩みを聞こうと、鍋パーティに誘う。当日、一人準備をするサクラの元に、同期から次々と欠席の連絡が。そして、自分たちで問題を解決していく同期に無力感を覚え、ふるさとの島に帰ることを決意する・・・。

引用:公式サイト