ドラマ『同期のサクラ』第9話 ネタバレ感想・考察と第10話あらすじ【眠りから目覚めたサクラ!しかし自分の無力さを痛感して故郷に帰る決断を下し…。】

ドラマ『同期のサクラ』第9話 ネタバレ感想・考察と第10話あらすじ【眠りから目覚めたサクラ!しかし自分の無力さを痛感して故郷に帰る決断を下し…。】

2019年12月11日に放送されたドラマ『同期のサクラ』第9話はもうご覧になりましたか?

前回はついにサクラが9ヶ月ぶりに目を覚ましました!

今回はサクラが故郷・美咲島に帰る決断を下す…!?

ドラマ『同期のサクラ』の視聴率とネタバレ記事はこちらからご覧になれます。

ドラマ『同期のサクラ』【視聴率一覧&ドラマ・ネタバレ・まとめ・見逃し配信方法】

日テレドラマ ドラマ『同期のサクラ』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。

本ページの情報は2019年12月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『同期のサクラ』第9話のあらすじ

2019年12月―。サクラ(高畑充希)が9ヶ月間の長い眠りからついに、目覚めた。

翌日。知らせを受け病室に駆けつけた同期の四人は、意識の戻ったサクラとの再会に喜ぶ。そんな中、サクラは退職を引き延ばそうとしてくれた黒川(椎名桔平)の力も及ばず、自分が花村建設から解雇されたことを知る。かける言葉を見つけられない4人だが、「信じ合える仲間と沢山の人を幸せにする建物を造る夢を叶えるために頑張る」と話すサクラ。その前向きな姿に、4人は以前のサクラが復活したことを感じていた……。

 数週間後。百合(橋本愛)に付き添われ退院したサクラは、同期たちが折半して契約を延長してくれていた自分の部屋へ。サクラは、百合が自分の経験を生かした託児所を作るために花村建設を辞めて起業しようか悩んでいると相談を受ける。

 一方、リハビリの様子を見に来た葵(新田真剣佑)と話したサクラは、副社長になった黒川の元で葵がバリバリ働いていることを知る。いまだにサクラに思いを寄せつつも百合との関係にけじめをつけたいと悩む葵にサクラはなんの助言もできず……。

 職を探すサクラは蓮太郎(岡山天音)と共にかつて同期でよく集まった喫茶店の後にできたネットカフェへ。仙台でボランティア活動をしている菊夫(竜星涼)とネット電話で通話したサクラは、菊夫がNPOの代表になってほしいと頼まれて悩んでいることを知る。助けになりたいサクラだが、菊夫はバタバタと忙しそうな様子で電話は切れてしまう。蓮太郎は重責に悩む菊夫の気持ちがわかると話し……。営業への異動を言い渡されたという蓮太郎は、設計を続けるために転職をしようか悩んでいた。妻のすみれ(相武紗季)に相談した方がいいと話すサクラだが、蓮太郎はすみれに心配させたくないので秘密にして欲しいと頼む。

 自分が眠っている間にそれぞれの人生に向き合い一歩先を行く同期たちをまぶしく感じるサクラ。その夜、履歴書を書いていたサクラのもとにすみれが様子を見にやってくる。蓮太郎の秘密をバラすまいと焦るサクラをお見通しのすみれは、嘘がつけないサクラの就活がうまくいくか心配するが……。

 そして、再び建設会社で働くためサクラの就活の日々が始まる。しかしすみれの心配通り、花村建設を解雇された経緯を正直に話すサクラは軒並み面接で落とされてしまう。貯金も底をつき、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けるサクラはだが、同期の悩みを聞こうと、鍋パーティに誘う。当日、一人準備をするサクラの元に、同期から次々と欠席の連絡が。そして、自分たちで問題を解決していく同期に無力感を覚え、ふるさとの島に帰ることを決意する・・・。

引用・公式サイト

ドラマ『同期のサクラ』第9話・ネタバレ

2019年12月。ついにサクラ(高畑充希)が9ヶ月間の長い眠りから目覚めました。

目覚めてサクラが真っ先に思ったのは「皆に会いてえ」ということでした。

翌日、知らせを受けて同期の四人はサクラの元へ駆けつけ、サクラとの再会に喜びます。

葵(新田真剣佑)は、サクラに解雇通知書を見せ、サクラは自分が会社を解雇されたことを知ります。

同期の皆はそんなサクラを励まし、サクラは「私は信じ会える仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作るという夢のためにも頑張ります」と前向きな発言をし、同期達は「やっとサクラが帰ってきた」と喜ぶのでした。

サクラは歩行のリハビリを開始し、数週間後に百合(橋本愛)に付き添われ退院しました。

同期達が折半して契約を延長してくれた自分の部屋に帰ると、ベッド等の家具が置かれており、サクラは百合にお礼を言います。

すると隣人の中村小梅(大野いと)が尋ねてきて、サクラに「息子を助けていただいてありがとうございました」とお礼を言いに来ました。

百合はサクラに、働く女性が気軽に預けられる託児所を作るために会社を辞めて企業をしようか悩んでいることを相談します。

サクラは百合に「葵くんに相談したらどうですか?」と告げると、百合は「あいつとは結婚する気ないから。葵は今でもサクラのことが好きみたいだから。」と答え、サクラは驚くのでした。

翌日、サクラがリハビリを頑張っていると、葵がサクラのもとを訪れました。

葵は副社長になった黒川(椎名桔平)の元で働いており、プライベートでは百合との関係をはっきりさせたいと悩んでいることを知りますが、サクラは何の助言も出来ませんでした。

その後サクラは蓮太郎(岡山天音)と一緒に、皆でよく集まった喫茶店の後にできたネットカフェへ行き、蓮太郎に職探しを手伝ってもらっていました。

すると仙台でボランティア活動をしている菊夫(竜星涼)からネット電話がかかってきて、菊夫はサクラにNPOの代表になってほしいと頼まれて悩んでいることを相談します。

そんな菊夫の気持ちが蓮太郎は分かると言います。実は蓮太郎は営業への異動を言い渡されたらしく、設計を続けるために転職をしようか悩んでいるのでした。

蓮太郎の妻・すみれ(相武紗季)は妊娠中のため、すみれに心配させたくないので秘密にして欲しいと蓮太郎はサクラに頼みます。

その夜、すみれはサクラの自宅を訪れ、ご飯を差し入れします。サクラは蓮太郎から聞いた話をすみれに悟られないよう意識するばかりに挙動不審となり、すみれに不審がられます。

サクラはしらを切り通そうとしますが、人事にいるすみれは蓮太郎が営業部に異動を命じられていることをすでに知っていました。

翌日からサクラの就活の日々が始まりましたが、サクラは花村建設を解雇された経緯を正直に話すため、次々面接で落とされてしまうのでした。

貯金もいよいよ8万円となり、サクラはコンビニでアルバイトをしながら就活を続けることにしました。

しかしサクラのもとには企業からお断りのメールが届くばかりでした…。

サクラは今の自分の出来ることは同期の悩みを聞くことだと思い、同期の四人を鍋パーティーに誘います。

当日、サクラは同期の皆にアドバイスすることをノートにまとめ、鍋の準備も一人でせっせとしていました。

しかし、同期からは次々に欠席の連絡が入るとともに、それぞれの悩みを皆自分で解決していたのです。

百合も蓮太郎も退職することを決意しており、菊夫はNPO法人の代表になることを決め、葵はサクラのことをふっきることを決意し、百合の気持ちも理解したのでこれからは前向きに仕事を頑張ると決断していました。

サクラは『じいちゃん、サクラがいなくても皆自分達で解決していたよ。』と心の中で語りかけ、自分の無力感を覚えるのでした。

翌日、コンビニでバイト中、大きな声で下世話な通話をする男性にサクラは忖度せず注意をしてしまいます。

すると男性は激怒し、サクラの代わりに店長が土下座して謝罪する事態に発展してしまったのです…。

そしてコンビニバイトをクビになったサクラの元に、また企業からお断りのメールが入ります。

すると故郷の島民からサクラのもとに電話が来て「何かあったらいつでも帰ってくるんだよ」と優しい言葉をかけてくれるのでした。 そしてサクラは故郷に帰る決意をします。

故郷に帰る日、お別れの挨拶をするために同期の皆を呼び出します。 同期達がサクラのもとに来ると、四人はサクラに以前使っていた眼鏡に似た眼鏡をプレゼントをするのでした。

サクラは同期達に「新潟の建設会社に就職が決まったので故郷に帰ります」と嘘をつくのですが、皆には嘘だということはバレバレでした。

そんなサクラに皆は「それでいいの?焦ってもいいことないよ。」と言いますが、サクラは「今回のことで自分は何もできない人間だということが分かったんです。私は何も成し遂げられてないんです。」と話します。

そして「私みたいに忖度できない人間は東京には合わなかったんです。じゃあ、またいつか」と言い、去っていくのでした。

その後同期達はサクラをとある場所へ連れ出します。

そこは、新人研修でサクラが社長賞を取るべきだと言った保育園の建設中の場所でした。 この保育園を設計した人は、サクラがあの時褒めてくれたからどんなに辛いことがあっても諦めずにやってこれて、そして建設まで辿り着いたとのことです。

皆は「サクラは自分が何も成し遂げられてないって言ってたけど、サクラがやってきたことはこうやって土台がしっかりできてるんだよ。」と言い、その後もサクラのことを全力で励まします。

するとサクラは「お前には自分にしかできないことがある。大人になるとは自分の弱さを認めることだ。本気で叱ってくれるのが本当の友だ。辛い時こそ自分の長所を見失うな。大切なのは勝ちより価値だ。人生で一番辛いのは自分に嘘をつくことだ。桜は枯れない。例え散っても必ず咲いてたくさんの人を幸せにする。

皆、じいちゃんがファックスで送ってくれた言葉なんです。それを全部今皆さんに言われたような気がしました。

私には夢があります。いつか、この素晴らしい仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作ることです。天国で見守ってくれてるじいちゃんに今日もサクラは頑張ってるよって毎日胸を張って報告することです。故郷にかけたかった橋に負けないような橋をこれから出会う人達の心にかけることです。

それだけは諦められないので、これからも北野サクラであり続けます。じゃ、また明日!」と言い、去っていくのですが、サクラが何かを思いだしたように戻ってきました。

そしてサクラは「皆で写真を撮りましょう!」と言い、同期5人で写真を撮るのでした。

それからサクラはまた以前のように前を向いて外に出て、就活を再開します。そしてとある建設会社の面接を受けたところ、雇ってもらえることになるのでした。

するとそこに黒川がやって来て、「久しぶりだな。実はお前に良いニュースと悪いニュースがある」と言うのでした。

サクラが何か尋ねると、悪いニュースはこの会社にサクラを雇うと花村建設との取引は白紙となること。

そして良いニュースは、「花村建設に戻って来い。俺のもとで働かないか。」ということでした…。

ドラマ『同期のサクラ』第9話・ネット上の感想

ドラマ『同期のサクラ』第9話・感想・考察

今回はサクラが九ヶ月もの長い眠りから目覚めて『復活』した回でしたね!

花村建設をクビになったサクラは就活を開始するのですが、花村建設の解雇理由を正直に話してしまうために軒並み落とされてしまうというエピソードがとてもサクラらしかったですね。

物語最後でようやく小さな建設会社に雇ってもらえることになり、サクラ良かったねと思っていたら突然黒川が登場したので驚きました。

そしてまさかの「花村建設に戻ってこい」とは…。う~ん、なんだか次回予告を見ても不穏な空気が漂っていたので、サクラはあのまま新しい会社で再スタートを切った方が良かったのでは、と心配になってしまいます。

また、今回同期達がサクラが提案した鍋パをドタキャンしたのはすごく悲しかったです。サクラがせっかく鍋の用意をしていたのに。それも5人分。あの鍋をサクラが一人で食べたかと思うと、辛い気持ちになります。

今回はTwitter上の感想も割と「同期達が非常識」という感想が目立ちました。

確かに私も見ていてちょっとこの同期達は鍋パ意外にもサクラを『自分の理想のサクラ』のままでいさせたい思いが強いというか、何がなんでもサクラを頑張らせたいという印象を受けたので、ちょっと見ていてモヤっとしてしまいました。

しかし、話の展開は面白いし見ていてとても引き込まれます。

来週はいよいよ最終回ですね!

この物語の結末は全く予想がつかないので、とても楽しみです。サクラにとってハッピーエンドになると良いなあと願っています。

ドラマ『同期のサクラ』第10話・あらすじ

 

2020年4月―。満開の桜の下にサクラ(高畑充希)の同期四人が集まっていた。花村建設の新入社員として出会ってから11年。今はバラバラの道を歩む同期たちは「まさか、最後にあんなことになるとは」と、サクラの激動の人生を振り返っていた……。  

その1ヶ月前。建設会社の面接に落ち続けていたサクラは、花村建設の副社長となった黒川(椎名桔平)から「俺の下で働かないか?」と誘われ古巣への復帰を果たしていた。問題ばかり起こしていた自分が再雇用されたことを疑問に感じていたサクラに、会社の未来に危機感を抱いていた黒川は、新しい発想と熱い情熱を持って上に逆らってもチャレンジする人材が必要なのだと話し、新規プロジェクトのリーダーにサクラを任命する。やりがいを感じて目を輝かせるサクラ。黒川は今までのサクラの失敗の原因は頑固で融通が効かないことではなく、「力がないからだ」と教える……。  

新しく着工する橋の重役会議に黒川と共に出席したサクラは、橋のデザインと安全面に関する忖度なしの意見を述べて早速重役たちの不信感を買う。しかし、副社長の黒川がサクラの意見に同調した途端、風向きが変わり……。“力”を持っていれば今まで無下にされて来た正しい意見がきちんと通せることを目の当たりにするサクラ。さらに黒川が組織の問題点を指摘し、自分が自分らしくあるためには力を持つしかない、と冷静さと情熱を持つ黒川に次第に感化されていく………。同じプロジェクトチームに参加する葵(新田真剣佑)はそんなサクラをどこか不安そうに見守っていた。葵は飄々とした黒川のつかみ所のなさを信頼しきれないでいた……一方、新規事業と育児に追い詰められている百合(橋本愛)の話に耳を貸さず仕事に戻ってしまったり、NPO団体の代表となり悩みを抱える菊夫(竜星涼)からネット電話を受けても、皆忙しいという理由で聞き流してしまう。さらに、就活中の蓮太郎(岡山天音)からの悩み相談よりも黒川からの着信を優先するサクラ……これまで、忖度しない言動の度に、組織との軋轢を生んでいたサクラは、初めて仕事で高揚感を感じる。そんなサクラに、同期たちは、「あなたは、変わった。仲間なんてもう必要ないの?」と苦言を呈されるが、反論できない。  

サクラは、会社での「力」のために、仲間を捨てるのか? 第三の答えを見つけ出すのか? 夢を追い続けたサクラと同期たち仲間の10年間が激動のラストを迎える。

引用:公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA