2019年冬ドラマ

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第3話 山下先生(中村倫也)はバツイチではなく既婚者だった!!【あらすじ・ネタバレ&感想も】

初めて恋をした日に読む話

2019年1月29日(火)に放送されたドラマ『初めて恋をした日に読む話』第3話はもうご覧になりましたか?

 

第2話では、いよいよ春見順子(深田恭子)と由利匡平(横浜流星)の2人が東大受験を目指した勉強が本格的に始まりました。そんな時に中学生の時の自分からの手紙が届き、過去の自分が想像していた大人になれていない…と感じながらも新ためて頑張ってみようと感じられることが見つかり、前向きな春見順子(深田恭子)の姿もありました。

 

そして塾の仕事で高校へ出張授業を行うことになった春見順子(深田恭子)は、
そこで元同級生・山下くん(中村倫也)に再会するのです!

 

第3話では、由利匡平(横浜流星)との受験勉強がどう進むのか…再会した同級生・山下くん(中村倫也)、従兄弟・八雲雅志(永山絢斗)との関係がどうなるのかと気になります!

 

ちなみに、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第2話ネタバレはこちらからご覧になれます。

初めて恋をした日に読む話
ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第2話 電話の相手は山下先生(中村倫也)!?【あらすじ・ネタバレ&感想も】2019年1月22日(火)に放送されたドラマ『初めて恋をした日に読む話』第2話はもうご覧になりましたか? 恋も仕事も崖っぷちだった...

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第3話 あらすじ

順子(深田恭子)は教え子・匡平(横浜流星)の勉強法について悩んだ末、親友の美和(安達祐実)に相談する事に。美和は仕事も大事だけど婚活もすべき、と昔からの知り合い男子はどうかと順子に提案をする。

その帰り道、順子は山下(中村倫也)と遭遇、2人で飲みに行くことに。
“昔からの知り合い男子”の美和の言葉を思い出しひとりドキドキする順子。しかしある事実が発覚する…

後日、順子が山下と2人で飲んでいた事を知り、嫉妬する匡平。
いつも子供扱いを受ける匡平は順子にいら立ち、授業中に教室から出て行ってしまう。匡平がこのまま授業に来なかったらどうしようと嘆く順子。

そんな中、月末に順子とデートがしたくて仕事で無理を重ねた雅志(永山絢斗)は、ついに過労で倒れてしまう。

偶然にも匡平たちが雅志を見つけ救急車を呼ぼうとするが、仕事を理由に雅志はそれを拒否。順子も慌てて駆けつけ、雅志のピンチを救おうと奮闘する中、ついに雅志が動き出す─。
引用:Wikipedia

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第3話 ネタバレ

東大に受かるためには?

山下先生(中村倫也)、八雲雅志(永山絢)、由利匡平(横浜流星)の3人が、春見順子(深田恭子)に電話をかけて、誰と電話で話すのかと気になる続きから始まります。

 

春見順子(深田恭子)はどうしたら、由利匡平(横浜流星)を東大に入学させることができるのか・・・と夜遅くに塾の売れっ子教師である勅使河原先生(高橋洋)に電話していたのです。

 

そして翌日出勤すると、勅使河原先生(高橋洋)に謝りながら東大受験に受かるために“どんな勉強方法があるか”と聞きます。
いやー昨日も無理って話したと、勅使河原先生(高橋洋)が答えます。

 

そこで塾長(生瀬勝久)が、勅使河原先生(高橋洋)がどうしてダメなのかと教えてくださいと言います。勅使河原先生(高橋洋)は、いいですか…と言いながら東大受験までに必要な勉強すべき科目数と受験までに残っている時間が足りないんです。そして万が一合格したら、2次試験こそが本番だからと言います。

 

そこで何の科目が大切になるのか、と春見順子(深田恭子)に聞きます。数学ですか、と聞く春見順子(深田恭子)に違います。理数系はただでさえ、理系に強い人が集まるのです。だかた、大切なのは文系ですと話します。そして、文系をしっかりとやることで、他の科目に時間を使っても差をつける事が出来ると説明するのです。

 

なるほど・・・と春見順子(深田恭子)を含め、他の先生達も納得しながら聞いています。
そして、勅使河原先生(高橋洋)はさらに続けます。では、春見順子(深田恭子)はどんな人が東大に合格しやすいと思いますか。と聞きながら、今までの経験で受かりやすい人の特徴話します。

 

 前向きなこと
 素直なこと
 同じことをコツコツと出来ること
 情緒が安定していること

 

特に一番大事なのが、情緒が安定していることです、と言います。
最後の『情緒が安定していること』という言葉に、なぜ自分が東大落ちたのか分かりました…と話します。

 

勅使河原先生(高橋洋)の話を聞いて、試行錯誤しながら準備をして古文の授業を始まる春見順子(深田恭子)です。由利匡平(横浜流星)は、どうしたの?と聞きながら、春見順子(深田恭子)の態度が変わったことに戸惑いつつ、授業に参加します。そしてなぜか隣には、江藤美香(吉川愛)が座り一緒に参加します。

 

授業を聞きながらも、酔った春見順子(深田恭子)に言われた“ゆりゆりに夢中なの”という言葉が頭に浮かび、忘れる事ができない一方で全くそのことを覚えていない春見順子(深田恭子)は、由利匡平(横浜流星)の事を子ども扱いするのです。そして子ども扱いされる度に反応してしまい、そんな由利匡平(横浜流星)の姿に反応するのは、江藤美香(吉川愛)でした。

 

授業が終わり、春見順子(深田恭子)の携帯に八雲雅志(永山絢)からの電話が入ります。春見順子(深田恭子)は昨日の電話に出られなかったことを謝りながら、相談したことがあると話をします。そして、2人は会う約束をするのです。

 

春見順子(深田恭子)と2人で会う約束をすることが出来て、大喜びします。しかし一方で嫌味を言う職場の人に対抗して仕事が増えた八雲雅志(永山絢)は、部下にデートできないですね、と言われて初めて自分を追い込んだ事に気付きます。ですが、春見順子(深田恭子)とのデートの為仕事を終わらすと言って仕事に取りかかります。

由利匡平(横浜流星)に合った勉強法

由利匡平(横浜流星)を東大に合格させるためには自分とは違う勉強方法でないといけないはず“普通じゃない勉強方法って・・・”と考えながら、思い浮かべるたのが親友の松岡美和(安達裕美)です。

 

松岡美和(安達裕美)を呼び出し、ご飯を奢ると言って勉強方法について聞きます。ですが、春見順子(深田恭子)は自分がした質問に返ってきた回答を聞いて、聞く相手間違えたと気づきます。松岡美和(安達裕美)に仕事に目覚めるのはいいけど、婚活も頑張られないと…と言いながら“昔からの知り合い男子は”と言われ、昔からの…そんな男子どこにいるのよと返事します。

 

その言葉に松岡美和(安達裕美)は、春見順子(深田恭子)が八雲雅志(永山絢)のことを男性として見ていないと感じて驚きます。

 

そんな話をしながら食べていると、江藤美香(吉川愛)を見かけ一緒に食べる事にします。江藤美香(吉川愛)は由利匡平(横浜流星)と自習をしていたと話します。

 

そして、松岡美和(安達裕美)に合コンの時から彼狙いだったもんねと言うと、今まで年上の人と付き合ってきたからと言って過去の恋愛の話をして“大人に裏切られてきた”経験を打ち明けます。春見順子(深田恭子)には、由利匡平(横浜流星)は今まで“大人に裏切られた”経験がないから、先生なんかの事を信じるんじゃないと言います。春見順子(深田恭子)は何かを言おうとすると、そうゆう大人大嫌いと言ってお店から出てきます。

 

松岡美和(安達裕美)は江藤美香(吉川愛)の姿を見送りながら裏切られたか、責任転嫁しないと自分を守れなかったのかなと言います。そして春見順子(深田恭子)に、江藤美香(吉川愛)の事を気をつけてみた方がいいよとアドバイスします。

 

その帰り道歩いている後ろから追いかけられている高校生がぶつかってきて、転ぶ春見順子(深田恭子)は高校生たちを追いかける元同級生・山下先生(中村倫也)に遭遇します。そして一緒に飲むことになります。春見順子(深田恭子)はそこで、松岡美和(安達裕美)に言われた“昔からの知り合い”という言葉で山下先生(中村倫也)の事を意識するのです。

 

話し合うの中で“先生とは・・・”について話し合いながら、職業が続いているしありかも?と感じながら山下先生(中村倫也)の事を見つめ、ドキドキしてきたと感じます。ドキドキしながら何か話題を…と言って、八雲雅志(永山絢)の話題を始めます。

 

八雲雅志(永山絢)はエリートか…と話しながら、どんな仕事をしてるのと聞かれた春見順子(深田恭子)が答えます。それに山下先生(中村倫也)が、そういえば結婚式の時も八雲雅志(永山絢)の話していた高校生の同級生いたな…と言い、春見順子(深田恭子)は彼が結婚していたことを知り慌ててその場から退散します。

 

翌日、山下先生(中村倫也)は由利匡平(横浜流星)を呼び止め、春見順子(深田恭子)から聞いたけど東大受験に本気なんだってな、俺も出来ること少ないかもだけど力になるからと話します。由利匡平(横浜流星)は山下先生(中村倫也)が春見順子(深田恭子)と2人で飲みに行っていたという事実を知って表情を変え、自分でなんとかするので大丈夫ですと答えます。

 

江藤美香(吉川愛)は友人達との帰り道で由利匡平(横浜流星)と同じ塾に通っていることを話すと、それは“重いって”と馬鹿にされたように言われ固まった表情を見せます。そして塾で由利匡平(横浜流星)の授業が終わるのを待ち夕飯に誘いますが、冷たく返事をされ暗い表情をします。

 

春見順子(深田恭子)が由利匡平(横浜流星)にこの後ちょっと時間があるかと聞き、由利匡平(横浜流星)とその友人、江藤美香(吉川愛)のみんなで夕飯を食べに行くことになります。そこで、それぞれに古典の勉強が出来る漫画を渡します。

 

ですが江藤美香(吉川愛)は、うっとしいと言って漫画を返したり、強い口調で春見順子(深田恭子)を責めると由利匡平(横浜流星)にもう帰れと言われて、お店を出ていきます。春見順子(深田恭子)は江藤美香(吉川愛)を追いかけますが見失よいます。

春見順子(深田恭子)は本当の大人!

翌日、由利匡平(横浜流星)は授業で春見順子(深田恭子)に子ども扱いされるのが耐えられず、授業の途中で早退します。そして江藤美香(吉川愛)も授業を休んでいたのです。

 

生徒の気持ちを分かっているつもりで全然わかってないんです…という事に気付き、どうすればいいのかと悩む春見順子(深田恭子)の姿を見て、塾長(生瀬勝久)がやっと仕事をしてくれるようになりましたか、と言って本気でやらないと悩みなて出ないですかねと話します。

 

そこに江藤美香(吉川愛)が講師ルームに入り、塾を辞めますと春見順子(深田恭子)に言ってから質問をします。先生は友達とかにある日急に嫌われたらどうしようとか思ったことないの…と聞き、どうしたら好きになってもらえるのか、裏切られないのかが分からないと話します。

 

泣きながらどうやったら好きになってもらえるのかわからないと続けていると、春見順子(深田恭子)が別の部屋で話そうと伝えると、なんでみんな美香(吉川愛)の事がきらいなんだろうね…と言って出ていきます。

 

塾を出ていった江藤美香(吉川愛)は、元家庭教師で彼氏・水野とホテルに向かいます。ホテルに入る前に踏み止まり、誰か止めてくれないかな…とつぶやきます。すると、春見順子(深田恭子)が現れ、うちの生徒になにか用ですかと言って2人に近寄ります。

 

元家庭教師で彼氏・水野が言い訳を始めると、春見順子(深田恭子)は江藤美香(吉川愛)に顔を挙げて良く見なさい、このゴミを…と言って彼氏が逃げていくと行こうとその場を離れて歩きます。そして、誰かを好きになった自分に責任を持ちなさいと話し、報われない恋でも自分が好きになった気持ちは無駄じゃなかったと思える人を好きになりなさい。と言って彼女を抱きしめます。

 

江藤美香(吉川愛)はその後由利匡平(横浜流星)に会いに、彼の自宅に行きます。そして春見順子(深田恭子)の良さが分かった、なんだかんだで本当の大人だった…だから、子ども扱いされてもしかないんじゃんと話します。

 

由利匡平(横浜流星)は江藤美香(吉川愛)にやることないなら、本気で勉強してみればと言います。その言葉に、江藤美香(吉川愛)は私も決めた由利匡平(横浜流星)の恋に負けないからと言って帰ります。

 

一方の春見順子(深田恭子)は、自分の部屋で1人お酒を飲んでいると母(壇ふみ)に呼ばれ部屋に入ってきます。母(壇ふみ)は、春見順子(深田恭子)の机の上にあった東大の本を見つけるとなぜ今頃と聞きながら、自分ができなかった事を子どもに背負わせてもあなたの人生は何にも変わらないのよとキツく言います。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』既婚者・山下先生(中村倫也) 

前回は、最後の電話の相手が山下先生(中村倫也)と勘違いしています最後でしたが、そんな2人がまたまた偶然会って飲みに行く事になった時は、春見順子(深田恭子)のドキドキが伝わってきました!

 

そして恋が始まるのか?と感じた春見順子(深田恭子)の気持ちとは裏腹に、まさかの山下先生(中村倫也)は既婚者でした!これには驚きましたし、えっ・・・じゃ電話したのは奥様?と気になります。

 

山下先生(中村倫也)が既婚者という設定には、同じように驚いている方も多いようです。

春見順子(深田恭子)は彼が既婚者だと知り慌てて帰ります。

 

既婚者だったとしてもこれからも作品のなかで登場をたくさん見たいと思ってしまします。どの表情もカッコよくていいですね!

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』言葉にして伝える

授業を早退した次の授業もボイコットした由利匡平(横浜流星)に、落ち込み悩む春見順子(深田恭子)です。

 

一方で寝ずに仕事を進めていた八雲雅志(永山絢)でしたが、ギリギリの所でトラブルが起きて休んでいない中でも仕事を成功させると言って無理をした所でついに道端で倒れます。ちょうど近くにいた由利匡平(横浜流星)が遭遇して、春見順子(深田恭子)を呼び出します。

 

春見順子(深田恭子)は八雲雅志(永山絢)を見て、また1人で無理して…と言いながら何がなんでも仕事を終わらせようとする八雲雅志(永山絢)に手伝わせてと言って彼の代わりに運転してトラブルの解決のお手伝いをします。八雲雅志(永山絢)と2人で向かうつもりが、気付けば由利匡平(横浜流星)も助手席に乗っていた事に驚きます。

 

なんとか、八雲雅志(永山絢)が仕事で必要な荷物を受け取る事が出来た春見順子(深田恭子)に、八雲雅志(永山絢)が”東大に入ったっていいこなかったぞ”“欲しいものを手に入れるには人の倍やるしかない”と話します。その言葉を聞き、由利匡平(横浜流星)に本気じゃないなら受験なんてやめなさい、次サボったら2度と期待なんかしない、と言って次なる目的地に向かいます。

 

春見順子(深田恭子)達のおかげで、なんとか八雲雅志(永山絢)の仕事が無事に終える事が出来て車の中で休んでいた八雲雅志(永山絢)も目が覚めます。そして、伝えないと伝わらないよな…と言って、後ろから春見順子(深田恭子)を抱きしめて、告白をするのです。

 

そんな場面を買い物に行っていて戻ってきた由利匡平(横浜流星)も目撃してしまいます。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』感想

今回は自分の気持ちに気付き、酔っぱらった春見順子(深田恭子)にトキめくような言葉を言われたものの、全く覚えていない春見順子(深田恭子)に子ども扱いされることが嫌になり反発していましたね。だけど最後の方には、何かが吹っ切れたような感じの彼もいたように感じます。

 

春見順子(深田恭子)が本当に鈍感で、八雲雅志(永山絢)もダウンして助けてもらった春見順子(深田恭子)にきちんと伝えないと伝わらないと言って、後ろから抱き着いての告白でしたね!春見順子(深田恭子)がどう反応するのか、由利匡平(横浜流星)がどう行動するのかと気になります!