2019年冬ドラマ

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第2話 電話の相手は山下先生(中村倫也)!?【あらすじ・ネタバレ&感想も】

初めて恋をした日に読む話

2019年1月22日(火)に放送されたドラマ『初めて恋をした日に読む話』第2話はもうご覧になりましたか?

 

恋も仕事も崖っぷちだったアラサーの塾講師・春見順子(深田恭子)は、
東大受験に失敗してから目標も持てずに母の目を気にしながら生きていました。

 

そんな彼女が父親に反発するピンク頭の高校生・由利匡平(横浜流星)との出会いで彼の目指す“東大合格”の為、勉強を教え一緒に頑張る事を決めます。そして由利匡平(横浜流星)の姿を見て、少しずつ過去の自分、今の自分と向き合っていきそうな感じがありましたね!

 

第2話では、過去の同級生との再会があり、仕事と恋と少しずつ変化が起こるのか?
春見順子(深田恭子)の人生にワクワク・ドキドキな出来事は起きるのでしょうか。

 

ちなみに、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第1話ネタバレはこちらからご覧になれます。

初めて恋をした日に読む話
ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第1話 おばさんじゃなくてパイセン!?【あらすじ・ネタバレ&感想も】2019年1月15日(火)にTBSで放送されたドラマ『初めて恋をした日に読む話』第1話をご覧になったでしょうか? 塾講師の鈍感アラ...

ドラマ『始め恋をした日に読む話』第2話 あらすじ

順子(深田恭子)の話を聞いて、父親への反発心だけではなく自らの意志で東大受験をすると決めた匡平(横浜流星)。かつて、東大受験に失敗してから前へ進めなかった順子も、匡平の真っ直ぐで熱い思いに惹かれ授業にも熱が入る。

東大受験を経験しているからこそ分かる知識を、時折自虐も加えながら話す順子に匡平も信頼し、いつしか順子に対する匡平の気持ちも変わり始める。

そんなある日、塾長の梅岡(生瀬勝久)が順子を含む塾講師を集めて近隣の高校への出張講師のチラシを配布する。給料減額の可能性もあると脅され慌てて行く事にした順子だったが、残っているのはみんなが嫌がっている匡平が通うおバカ学校の南高校だけ…。減額だけは避けたい順子は気合を入れる。

早速、打ち合わせのため南高校へ行く順子。偶然にも匡平を見つけ担当の先生を訪ねると、なんと担当の先生は順子と雅志(永山絢斗)の高校時代の同級生で、かつて順子に唯一告白をした山下一真(中村倫也)だった!

運命とも言える再会がさらに波乱を呼ぶ展開に…

引用:公式サイトより

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第2話 ネタバレ

15歳の自分からの手紙

ある日夜、春見順子(深田恭子)は由利匡平(横浜流星)の2人が夜遅くまで勉強しています。
時間を忘れるほど勉強に集中する由利匡平(横浜流星)と一緒に春見順子(深田恭子)です。

 

家に夜遅く帰ると残業続きの日が続いている為、父には労わりの言葉を言うと母からは厳しい言葉を言われます。

 

両親が結婚記念日だから旅行に行く話を聞くと、自分にもお祝いさせてと言う春見順子(深田恭子)でしたが、それに母が祝う気があるなら“出世”か“結婚”か形で示してほしいと言われます。

 

そういった母から婚活のパンフレットと郵便物を受け取り、自分の部屋へ向かう春見順子(深田恭子)は郵便物の中にある『15歳の自分からの手紙』を読みます。

 

東大へはいけましたか?

希望の仕事にはつけましたか?

どんな人と結婚していますか?

“なりたい自分にはなりましたか?”

 

と今の自分には刺さる言葉がありました。心の中で15歳の時の自分に返事をしながら春見順子(深田恭子)は、次の由利匡平(横浜流星)との準備をします。“なりたい自分とは程遠い”と思いながらも、それでももう一度頑張ってみようという気持ちになっている事を感じます。

 

そして由利匡平(横浜流星)との授業の中で、受験まで1年半…まずは志望学科を決めよう“ゆりえ”と由利匡平(横浜流星)のことを呼び、話をし始めます。一緒に目指すものを確認し、学科の説明をしオススメの学科を教えます。

 

そこに由利匡平(横浜流星)の高校の友人達が彼を借ります!と言って迎えに来ます。

 

どうやら、合コンに行くようです。合コンに行くと聞いて止める春見順子(深田恭子)は、
母にずっと言われ続けた言葉を由利匡平(横浜流星)に言ってハッとします。

 

すると春見順子(深田恭子)の友人・松岡美和(安達裕美)が高級車で現れます。そして楽しそうだからと合コンに一緒についていきます。自分が監督するからと一緒にお店に入り、合コンの様子を見守りながら、指示をします。

 

松岡美和(安達裕美)の勢いに春見順子(深田恭子)も渋々ついて行くが、松岡美和(安達裕美)のあんたの為にやってるんだから…と女子高校生の行動を解説しながら春見順子(深田恭子)に合コンについて教えます。

 

合コンに興味ない様子で参加していた由利匡平(横浜流星)は春見順子(深田恭子)に勉強が分からなった時に連絡するからと電話番号を聞きます。しかし、春見順子(深田恭子)は塾の決まりだからそれはできないと断れます。

 

そして松岡美和(安達裕美)を連れて帰ると言ってお会計をしようと髪をまとめる財布を探す春見順子(深田恭子)の姿に動きが止まります。そこで春見順子(深田恭子)がお財布忘れっちゃった…というとおまえ本当大人のくせに…と笑い松岡美和(安達裕美)からお金をもらい支払いに行く春見順子(深田恭子)を見つめます。

 

楽しそうな春見順子(深田恭子)を見たのは久しぶりだなとあった事を八雲雅志(永山絢)に話す松岡美和(安達裕美)は、ピンク頭の高校生が春見順子(深田恭子)が高校の時に勉強を教えていた子に似てるんだよねと言います。

 

そして八雲雅志(永山絢)の15歳の自分から届いた手紙を見せてもらい、その手紙に春見順子(深田恭子)への思いしか詰まっていない事に松岡美和(安達裕美)が泣ける~と言います。

責任は誰が取るの?

春見順子(深田恭子)は塾の営業の一環として塾講師が高校へ出向き出張授業をすることになります。

 

昨年は行かなくてよいと言われた彼女でした、今年は行かなくてもいいが減給もあり得ますよ…と塾長に言われ、減給は困る!とやります、やらせていただきますと答え、他の先生達が希望しなかった“南高校”へ行く事になります。

 

打ち合わせの為、南高校に行った春見順子(深田恭子)は校門の所で由利匡平(横浜流星)を見つけ声をかけます。今日は打ち合わせだから…と担当の山下先生ってどこかなと聞くと由利匡平(横浜流星)が山下先生のいる方を差します。

 

山下先生と言われた方へ向かい顔をちゃんと見ずに挨拶を始める春見順子(深田恭子)に山下先生(中村倫也)が名前を呼びます。呼ばれて顔を見て“山下君?”と聞きながら驚く春見順子(深田恭子)です。

 

場所が変わり2人は再会に驚きながら、互いの思い描いていない現実でないことを話し合います。その中で山下先生(中村倫也)が高校の時の春見順子(深田恭子)の事をカッコよかったな…あの頃のお前みたいな先生になりたかったんだけどなと話します。

 

春見順子(深田恭子)と由利匡平(横浜流星)の授業で中で無理して勉強する由利匡平(横浜流星)に受験は勉強を日常にすることが大切だと伝えます。だから無理ないようにゆとりを持つことも大切、恋愛禁止も間違っていた恋愛してもいいのだと、恋愛すると頑張れるものでしょ…と話します。

 

由利匡平(横浜流星)は春見順子(深田恭子)に肯定されることってことだろう…と別に恋愛だけじゃないだろうと言います。そして最初に春見順子(深田恭子)が言った“無敵ピンク”って言葉を思い出します。そして次の言葉を言おうとしようとすると、春見順子(深田恭子)がくしゃみをしてギックリ腰で腰の痛みを訴えます。

 

春見順子(深田恭子)を心配しテスト期間中で入ってはいけない講師ルームに入り座るのを手伝います。そこに他の先生達が入ったので由利匡平(横浜流星)は机の下に隠れます。他の先生達から由利匡平(横浜流星)の父親が文部科学省の仕事をしている事を知ります。

 

そしてこんな人の息子…そもそも南高校から東大受験なんて無理難題なこと…彼が落ちたら誰が責任とるんですかと笑いながら話をしていると春見順子(深田恭子)が机を両手で叩きで、責任は自分が取るんですよ、親は関係ない、生徒に教えてと言われた教えるのが自分の仕事と熱くなって言います。

 

その一言に由利匡平(横浜流星)が春見順子(深田恭子)の膝に頬をのせるとそれに驚いて椅子から落ちた春見順子(深田恭子)です。

 

その頃春見順子(深田恭子)に電話をしようか、しまいかと悩む八雲雅志(永山絢)が登場します。後輩のはっきりとしたツッコミに電話をする決意をします。そして電話をするとまさかの事を春見順子(深田恭子)から聞かれ驚き戸惑います。

南高校への出張授業

由利匡平(横浜流星)と春見順子(深田恭子)が次の授業の話をすると山王ゼミナールに入学したいと合コンの時に知り合った江藤美香(吉川愛)が現れます。

 

初めは誰このコ?といった感じの春見順子(深田恭子)でしたが、彼女が話し出すと合コンでの事を思い出し“恐怖のられたされた女”と思い出します。そして由利匡平(横浜流星)にやるな若いの~よし恋も受験も頑張ろうと言って江藤美香(吉川愛)の入校案内をします。

 

入校手続きが終わり見送りをしようとする春見順子(深田恭子)は、ギックリ腰のため杖を持ちながら歩いていました。そこへ八雲雅志(永山絢)が高級車で現れます。由利匡平(横浜流星)の友人達が、彼氏?と聞くと否定して八雲雅志(永山絢)を従兄として紹介します。そして東大の理系を出ているは八雲雅志(永山絢)に由利匡平(横浜流星)を紹介して勉強教えてもらおうかな…というもそれを断る由利匡平(横浜流星)です。

 

うん、いいその心意気!と由利匡平(横浜流星)を誉める春見順子(深田恭子)に送るよと言って八雲雅志(永山絢)が春見順子(深田恭子)を車に乗せ、講習会に行くを近くまで送ります。

 

由利匡平(横浜流星)が春見順子(深田恭子)を見つめる姿や八雲雅志(永山絢)が登場したときに見せた表情で江藤美香(吉川愛)が先生のこと好きでしょと由利匡平(横浜流星)に言います。そうゆんじゃねよ…あいつに余計なこと言うなよ…と言って友人達と帰っていきます。

 

春見順子(深田恭子)は由利匡平(横浜流星)に勉強を教えていく過程で、勉強って楽しんだなって改めて分かったと八雲雅志(永山絢)に言います。そして、なりたい自分になってほしいと由利匡平(横浜流星)の話をします。

 

出張授業の最終打ち合わせで南高校へ行っていた春見順子(深田恭子)が階段から落ちそうになるのを守ろう庇い、由利匡平(横浜流星)は手を怪我します。

 

由利匡平(横浜流星)の自宅に山下先生(中村倫也)と一緒に謝罪に行きます。由利匡平(横浜流星)の父親は謝罪を受け入れるが春見順子(深田恭子)に講師を辞めてほしいと伝えます。これは怪我とは関係なく、春見順子(深田恭子)の能力の問題であると言います。

 

今までの経歴を調べた結果、クビを宣告されるのです。他の塾に通わせるから…と由利匡平(横浜流星)の父親が言った事を受け入れる春見順子(深田恭子)だが、ひとつだけお願いをします。それは、彼のやる気を決して折らないでください、本人の自発性と集中力はお金で買えないですからと言います。

 

次の日、南高校での授業は生徒たちが話を聞くつもりもない雰囲気で自由に話します。
そして生徒の1人が春見順子(深田恭子)にこんな勉強して何の役に立つの?と聞きます。その質問に対して、私もそう思うと答えてます。

 

そして、勉強を自分の為でなく大事な人を守るため時の知識や知恵や力が足りなかったら…どんな自分になりたいか考えてそれに必要な勉強をしてほしい、自分と自分の未来の大事な人のために…と伝えます。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』教えて下さい!

春見順子(深田恭子)の授業する姿を見て山下先生(中村倫也)が、自分のクラスの生徒が真面目に授業している所を初めてみたよ…と伝え連絡先の交換をします。

 

南高校から帰ろうする春見順子(深田恭子)を由利匡平(横浜流星)が呼び止め、分からない所があるから塾行っていいですか…と聞きます。由利匡平(横浜流星)の父親の話を思い出し、でも…と言う春見順子(深田恭子)に父親なら大丈夫、春見順子(深田恭子)に教えてもらえないなら受験辞めるって言ったら勝手にしていいと言われた事を伝えます。

 

そして、由利匡平(横浜流星)はギプスが外れるまでに英単語覚えるからと約束します。すると笑顔を見せ、単語帳2冊追加ねと答えます。そこに由利匡平(横浜流星)の友人達も合流して、春見順子(深田恭子)にこれからは由利匡平(横浜流星)を応援するし、春見順子(深田恭子)の授業も感動したし…と話します。

 

出張授業の打ち上げ!と言って松岡美和(安達裕美)も呼び出し、食事をしに行きます。松本美和(安達裕美)が婚活として山下(中村倫也)はどうなのよ…と聞くと酔っていてまともに返事できずにいた春見順子(深田恭子)です。そして酔ってお好み焼きでジャケットを汚し洗いに行きます。

 

由利匡平(横浜流星)は洗いに行って戻ってこない春見順子(深田恭子)を心配し様子を見に行きます。そこで酔った春見順子(深田恭子)が由利匡平(横浜流星)のことを松岡美和(安達裕美)だと思い抱きつき、婚活をしている隙間がないくらい、由利匡平(横浜流星)に夢中なの~絶対に合格させたいと話します。

 

春見順子(深田恭子)の言葉に由利匡平(横浜流星)は、先生それ酔ってない時に言ってよと言います。

 

最後の所で春見順子(深田恭子)の事を想っている八雲雅志(永山絢)、山下先生(中村倫也)、由利匡平(横浜流星)の3人が電話をします。由利匡平(横浜流星)は春見順子(深田恭子)が山下先生(中村倫也)に電話番号を教えている時に聞いて覚えていたようです。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』電話の相手は山下先生(中村倫也)?!

春見順子(深田恭子)の事を想っている3人が電話をかけますが、誰の電話と繋がるの?!と思ていると最後の最後にタバコを吸いながら『もしもし?俺だけど…』と言う山下先生(中村倫也)の姿があります!

 

一方で電話に出る春見順子(深田恭子)の姿もありますが、はっきりと誰と話しているのかは…その声は春見順子(深田恭子)からは聞こえません。

 

バーでタバコを吸いながら、電話をする中村倫也さんの姿が、カッコいいすぎると思っている人も多かったようです!

やはり山下先生(中村倫也)の最後のシーンにドキドキしてしまう気持ちは分かります!
何よりもタバコを吸いながらの飲んでいる姿が似合いすぎます!

 

これから3人がどのように春見順子(深田恭子)に想いを伝えるのか…と楽しみです。
これからも3人のイケメンには注目して色んな表情を見ていきたいですね。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第2話 感想

今回も春見順子(深田恭子)の天然な可愛さと、突然強気にはっきりと話す姿が沢山ありましたね!そんな春見順子(深田恭子)の言動に振り回される従兄の八雲雅志(永山絢)、ときめきを感じ始める由利匡平(横浜流星)の姿がとても面白かったです!

 

そして山下先生(中村倫也)さんの登場で、いよいよ八雲雅志(永山絢)が動き出すのか?!とこれからの展開が気になります。

 

前回よりも第2話の方が春見順子(深田恭子)がハキハキしている姿があったので、
今後の仕事や恋で春見順子(深田恭子)がどう変わっていくのかが楽しみです!