2019年冬ドラマ

ドラマ『節約ロック』6話 あらすじ・ネタバレ&感想【節約ロッカーズがカッコ良すぎる!】

節約ロック

ドラマ『節約ロック』6話が放送されました。

 

話し合いはコミュニケーションの最も遅い手段だ。音楽の方がもっといい。bYジョン・レノンってどういうこと?説明するより、歌を聞けば分かってくれるということでしょうか?謎です・・・

 

是非ネタバレ込みで読んでみてください。
ちなみに、ドラマ『節約ロック』5話ネタバレはこちらからご覧になれます。

節約ロック
ドラマ『節約ロック』5話 あらすじ・ネタバレ&感想【つなぐ鉛筆削り・TSUNAGOが凄い】ドラマ『節約ロック』5話が2月19日(月)に放送されましたね。 「思うにいつもグラマラスな日常を送っていたね。それは今に始まった事...
日テレドラマ

ドラマ『節約ロック』1話~最新話はHuluでご覧頂けます。2週間以内に解約すれば無料です。退会・解約も非常に簡単に行えます。 

本ページの情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『節約ロック』6話 あらすじ

「散財こそロックだ!」と、タカオ(上田竜也)が高級シャンパンで泥酔して帰宅すると、運悪くそこには呆れ顔のマキコ(藤井美菜)が。憧れの桑田(宇梶剛士)からも冷たくあしらわれ、落ち込むタカオ。そこへ、後輩のリン(アヤカ・ウィルソン)から突然自宅への招待が。ギターをかき鳴らすタカオを見て好きになったというリンは、大金持ちのアメリカ人IT社長を父に持つ超お嬢様で、一人暮らしする家も超大豪邸!仕事もやめてここで暮らせばいいという甘い誘惑にタカオの心は揺れる。「節約をやめないで!」という稲葉(重岡大毅)の悲痛な叫びを振り切って、タカオはダークサイドへ堕ちてしまうのか……
引用:公式サイトより

ドラマ『節約ロック』6話ネタバレ

前回の、フレディーマーキュリィーにそそのかされた、松本タカオ(上田竜也)は、ギターを買い、酔っ払って家に帰ってきます。「金使うって、気持ち良い~!」っと叫んでいると、部屋には、大黒マキコ(藤井 美菜)が居ます。

 

7万7千円のギターと、7万円のシャンパンを買ったことが分かり、松本タカオ(上田竜也)は、大黒マキコ(藤井 美菜)にビンタされてしまいます。大黒マキコ(藤井 美菜)が部屋を出てドアが閉まった音を聞きいた、松本タカオ(上田竜也)は、「しまった!」と気づきます。仕事中も、昨日の事が気になり、大黒マキコ(藤井 美菜)にラインをするけど、既読スルーされてしまいます。

 

松本タカオ(上田竜也)の会社に来た、コーピーライターの桑田ケイゾウ(宇梶剛司)に、前回の仕事の事を謝っても、「ソーリー。これから、エアーなんだ。」と仕事も上手く行きません。隣で話を聞いていた椎名リン(アヤカ・ウィルソン)に、「そっか、だからあんな爆音で、ギター弾いていたのか!」と言われてしまう。「あれ見てたの?」と驚く松本タカオ(上田竜也)に、「すっごくカッコよかったです!会社にいる松本さんと違うから。自分も一緒にヘドバンかましちゃいました。」と笑顔の椎名リン(アヤカ・ウィルソン)。

 

見られていた事にビックリしている松本タカオ(上田竜也)に、「今度、うち来ません?松本さんのギター聴かせてください!」と椎名リン(アヤカ・ウィルソン)が誘います。ギターを持って歩いている松本タカオ(上田竜也)に、椎名リン(アヤカ・ウィルソン)が迎えにきて、「ここで、一人暮らしをしているんです。」と言う。屋敷のような家に、松本タカオ(上田竜也)は、ビックリ!元々母の実家で、母親は父親の仕事について海外に行っていると言う。

 

驚いている松本タカオ(上田竜也)が、父親の仕事を聞くと、アメリカのIT社長で、セレブランキングにも載っていると、椎名リン(アヤカ・ウィルソン)は、言います。金持ちなのに、何で会社で働いているのかと聞くと、「庶民の仕事も知っておけけ。」と親に言われたからと椎名リン(アヤカ・ウィルソン)。そして、自分が入社できたのは、今の会社の社長と、椎名リン(アヤカ・ウィルソン)の母親が小学校のクラスメイトで、コネ入社だった。

玄関に入ると、執事の奥田さんが現れ、松本タカオ(上田竜也)は、お風呂に案内されます。

 

赤い絨毯ひかれた階段の片隅に、大量の加湿器!メガネが曇った執事の奥田さんが、「冬場の乾燥対策は、十分行っておりますので」と言う。「そうみたいですね・・・」松本タカオ(上田竜也)は、苦笑い。白いお湯のお風呂に、エステでマイナスイオンも当てられた後、食事をすることになります。

 

そして注がれるワインは、ロマネコンティ1988年物。

 

「松本さんが生まれた年ですよね、お取り寄せしておいたんです。」と椎名リン(アヤカ・ウィルソン)。松本タカオ(上田竜也)は、ロマネコンティの値段が気になります。「1本1万円ぐらい?」と執事に聞く椎名リン(アヤカ・ウィルソン)。執事の奥田は、「120万円でございます」と答え、松本タカオ(上田竜也)は、飲んでいたロマネコンティを、吐き出します。

 

「惜しかった!」と可愛くベロ出し笑顔の椎名リン(アヤカ・ウィルソン)に、「惜しくなんかねぇーよ。」と心の中で思う松本タカオ(上田竜也)でした。あまりにもかけ離れた感覚に、松本タカオ(上田竜也)は、唖然とします。ステーキが出てきて、「ブリちゃんだ!」と喜ぶ椎名リン(アヤカ・ウィルソン)に対し、「これが、ぶりちゃん?」と松本タカオ(上田竜也)が不思議がり、二人で首を傾げる執事の奥田さんが、「これは、A5ランクの松坂牛のシャトーブリアンで、お嬢様は親しみを込めて、ブリちゃんと呼びます。」と笑顔。

 

「松本さんて、意外とお馬鹿さんなんですね。」と椎名リン(アヤカ・ウィルソン)。頭が混乱し、テーブルに頭を打ち続ける松本タカオ(上田竜也)。何とか終わった食事に、ほっとしながらも、松本タカオ(上田竜也)は、ワインとステーキの美味しさには感動していた。「家、気に入ってもらえました?」と聞く椎名リン(アヤカ・ウィルソン)に、最高だったよ。こんなに贅沢させてもらって。」と松本タカオ(上田竜也)が言うと、「だったら、ずっと居ていいですよ。一緒に暮らしましょう、ここで。」と椎名リン(アヤカ・ウィルソン)が提案します。

 

「同棲ってこと?」と松本タカオ(上田竜也)が聞くと、「それ!」椎名リン(アヤカ・ウィルソン)が言います。理由を聞く松本タカオ(上田竜也)に椎名リン(アヤカ・ウィルソン)が、ギターを弾いてる松本タカオ(上田竜也)が素敵だと思っていて、元々音楽ができる人が、好きだと、言います。

 

椎名リン(アヤカ・ウィルソン)に「一緒に生活してくれたら、生活するお金を全部出す。会社も辞めて好きな音楽だけやっててもいい。」と言われた松本タカオ(上田竜也)は、魅力的な話に気持ちが揺れます。

 

椎名リン(アヤカ・ウィルソン)の提案は、ヒモになりませんか、と言うことでした。月20万くらいの為に必死に働くのは、馬鹿らしいと思うと、椎名リン(アヤカ・ウィルソン)は言います。しかし、松本タカオ(上田竜也)は、「俺には、大黒マキコ(藤井 美菜)が居る。」と悩みます。そこに、クラッシックの神、ベートーヴェンが現れ、優雅な暮らしには、優雅な神が舞い降りると言う。

「迷うことは無い。はした金を求めるより、星を求める生活をしなさい。贅の限りを尽くすのです。それが貴方の運命」と囁き、誘惑するベートーヴェン。節約飲みに誘うラインを、稲葉コウタ(重岡大毅)が送りますが、既読スルーしている松本タカオ(上田竜也)。

 

稲葉コウタ(重岡大毅)が電話をすると、家で飲もうと、松本タカオ(上田竜也)が誘います。執事の奥田さんと現れた松本タカオ(上田竜也)は、ワイン片手に金色のロングガウン姿。エステを二人で受けながら、贅沢な生活で良いのかと聞く稲葉コウタ(重岡大毅)に、「ケチな生活をしているから、ケチな人間になるって言われた。開き直ってお金使ったら、今の生活が転がり込んできた」と松本タカオ(上田竜也)は、言います。

 

節約の気持ちが無くなってしまった、松本タカオ(上田竜也)に寂しそうに帰る稲葉コウタ(重岡大毅)。外玄関の庭の木の下に、寝ていたロックの神様のジョン・レノンを稲葉コウタ(重岡大毅)が見つけます。「大丈夫ですか?」と声をかけると、松本タカオ(上田竜也)の心の中から追い出されたロックの神だと言います。

 

ジョン・レノンは、松本タカオ(上田竜也)を助けてほしいと稲葉コウタ(重岡大毅)に、お願いされる。「今の松本タカオ(上田竜也)は、本来の自分を見失っている。ロックの心を失っている」とロックの神のジョン・レノンは、言います。「でも今僕が何を言っても、意志が固くて」と稲葉コウタ(重岡大毅)は言います。

 

するとロックの神ジョン・レノンは稲葉コウタ(重岡大毅)に言います。「話し合いはコミュニケーションで最も薄い手段。音楽の方がずっといい!」「松本タカオ(上田竜也)と稲葉コウタ(重岡大毅)が最も通じ合えるコミュニュケーションは、何ですか?」

 

稲葉コウタ(重岡大毅)と松本タカオ(上田竜也)のコミュニケーション?
稲葉コウタ(重岡大毅)は何か閃きました。

 

一方、松本タカオ(上田竜也)は椎名リン(アヤカ・ウィルソン)にギターを弾いてと頼まれますが、いつものように音楽が降ってこなく、ギターを弾くのを辞めました。そのタイミングで稲葉コウタ(重岡大毅)から自宅に招待したいとのメールが届きました。

 

稲葉コウタ(重岡大毅)の自宅に着いた松本タカオ(上田竜也)はお風呂に入るか食事にするか聞いてきたので、松本タカオ(上田竜也)はお風呂に入ることにしました。お風呂に入った松本タカオ(上田竜也)はいつも聞いているお金が降ってくる音が少し聴こえました。

 

お風呂の後は、食事の用意をしていた稲葉コウタ(重岡大毅)に促され、テーブルにつきました。出されたのは、30年もののワインと、黒毛和牛の赤みステーキでした。美味しく食べていた時に、心の中にお金が鳴る音が聴こえた松本タカオ(上田竜也)。

しかし、松本タカオ(上田竜也)は節約好きの稲葉コウタ(重岡大毅)が贅沢な食事を提供したことに疑問を持っていたので聞いたところ、稲葉コウタ(重岡大毅)は【贅沢なんかしていません!】という答えが返ってきました。ワインはスーパーで買った580円のハウスワインと言いました。お肉も同じスーパーで買った100g298円のお肉だと言いました。

 

驚く松本タカオ(上田竜也)。
次々と節約術を松本タカオ(上田竜也)に教える稲葉コウタ(重岡大毅)。
贅沢は節約術でできると稲葉コウタ(重岡大毅)が言いました。

 

そして松本タカオ(上田竜也)が以前大黒マキコ(藤井美菜)に手作りのイオン導入器を出す稲葉コウタ(重岡大毅)。稲葉コウタ(重岡大毅)は独創的な発想を持っていると松本タカオ(上田竜也)に言います。

 

贅沢は節約の魔法で叶えられると叫ぶ稲葉コウタ(重岡大毅)の顔を見て、松本タカオ(上田竜也)は心に鳴るお金の音が聴こえると稲葉コウタ(重岡大毅)に言いました。松本タカオ(上田竜也)はずっと聴こえなかったあの音が稲葉コウタ(重岡大毅)と一緒にいると、あの『節約ロック』音が聴こえると言いました。

 

椎名リン(アヤカ・ウィルソン)の自宅を出ることにした松本タカオ(上田竜也)。
前の暮らしに戻っても良いのかと椎名リン(アヤカ・ウィルソン)は言いました。松本タカオ(上田竜也)は良い暮らしをさせてもらったことには感謝しているが、前の暮らしの方がいい音がするからと言い残し椎名リン(アヤカ・ウィルソン)の元を去ります。

 

松本タカオ(上田竜也)は以前、節約呑みができる居酒屋に誘うメールを稲葉コウタ(重岡大毅)にしました。喜んだ稲葉コウタ(重岡大毅)でしたが、足元にあった空き瓶に足を取られ、思いっきり後ろから地面に叩きつけられました。

 

約束の時間に来ない稲葉コウタ(重岡大毅)に電話をする松本タカオ(上田竜也)でしたが、稲葉コウタ(重岡大毅)は気を失ってしまいました。。。。。。

ドラマ『節約ロック』6話 感想

今回の第6話では会社の後輩、椎名リン(アヤカ・ウィルソン)の私生活がメインになりましたね。富豪の両親を持つ椎名リン(アヤカ・ウィルソン)、一人で生活するには大きすぎる家に住んでいました。

 

一緒に暮らそうと言った椎名リン(アヤカ・ウィルソン)。
なぜ、松本タカオ(上田竜也)を選んだのかというと、道で爆音でギターを弾いていた姿に惹かれたというのが驚きでした。椎名リン(アヤカ・ウィルソン)もヘッドバンキングしていましたからね(笑)

 

第1話からの流れで、椎名リン(アヤカ・ウィルソン)がお金持ちのお嬢様だというのは何となくわかっていましたが、ロック好きだったというのは意外でしたね~。ダークサイドに落ちた松本タカオ(上田竜也)でしたが、心の中にあるお金の音が鳴らないことに違和感を覚えていたということは、節約が体に染み込んでいたということでしょう。

 

そして、節約術を披露した稲葉コウタ(重岡大毅)。
節約の向こう側に一緒にいけると信じていた稲葉コウタ(重岡大毅)の叫びが松本タカオ(上田竜也)の節約魂に火を付けましたね。

 

そして、劇中の『節約ロッカーズ』が流れましたが、カッコよかったですね。特に稲葉コウタ(重岡大毅)はドラマでは好青年という設定だったのですが、節約ロッカーズのときの革ジャン姿は新鮮でカッコいいなと思いました。

 

ドラマの終盤で、稲葉コウタ(重岡大毅)が後頭部を地面に叩きつけて気を失ったシーンがあったのですが、ここからの展開は何となく読めたのですが、その通りになりました。稲葉コウタ(重岡大毅)が記憶喪失になるというパターンです。

 

今後どのように稲葉コウタ(重岡大毅)が、
記憶を戻していくのかも非常に気になります!

The following two tabs change content below.

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪