2019年冬ドラマ

ドラマ『グッドワイフ』キャスト・あらすじ!放送はいつからいつまで?

グッドワイフ

2019年1月13日(日)夜9時からTBSにて初回25分拡大スペシャルで新ドラマ『グッドワイフ』が始まります。今回は16年ぶりの連続ドラマで主演を務めるのが常磐貴子ということで話題にもなっています!

 

アメリカの人気ドラマが原作であり『グッドワイフ』シリーズは日本でも人気となり、韓国でもリメイクをされています。そして、日本でもリメイクされることとなり、どのように話が進み展開するのか楽しみです。

 

今回はドラマ『グッドワイフ』のキャストやあらすじ、放送日についてまとめてみました。

2019冬ドラマ『グッドワイフ』あらすじ

2019年冬ドラマ『グッドワイフ』1話あらすじ

蓮見杏子 (常盤貴子) は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。
専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 (唐沢寿明) と共に、幸せな日々を送っていた。

だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。
法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱していく。記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。
そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大 (小泉孝太郎) だった。二人は司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていたが、その気持ちとは別に杏子の弁護士としての能力を高く評価し、杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵 (賀来千香子) を何とか説き伏せた。ただ、それはあくまでも仮採用。杏子は、半年後までにたった一席の本採用を賭けて、若手弁護士の朝飛光太郎 (北村匠海) と競うことになる。

そんな中、最初の相手となるのは人気キャスター日下部。インターネットで配信している日下部の番組で、スーパーでの幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと放送。世論の風評に追い詰められた母親は自殺してしまい、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。多田と共にこの事件を担当することになった杏子は、“表現の自由” を巡り、争うことになる。パラリーガルの円香みちる (水原希子) とともに、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めるのだが

一方、新たに特捜部長に就任した脇坂 (吉田鋼太郎) は、壮一郎と腹心の関係だった検事の佐々木 (滝藤賢一) を担当に指名し、壮一郎を落とそうとする。そんな検察側に対して壮一郎もある策を講じていた。

引用:公式サイトより

2019冬ドラマ『グッドワイフ』のキャスト一覧!

蓮見 杏子役:常盤 貴子

『神山多田法律事務所』 で仮雇用の弁護士。
エリート検事の夫・壮一郎のスキャンダルにより、16年ぶりに主婦から弁護士に復帰。真面目な性格で、行動力があり明るく社交的。完璧主義者ゆえに、人を頼ることが苦手で、自分だけで抱えてしまうことが多々ある。
大学を卒業後、現役で司法試験に合格し、司法修習時代をトップで卒業。若手弁護士として高い評価を受けている中、壮一郎と知り合い結婚。長男が病弱だったこともあり専業主婦になる。幸せな生活の最中に、夫のスキャンダルが発覚。弁護費用と、息子と娘を守るため、16年ぶりに弁護士復帰を決意。しかし、長いブランクもあり、雇い先が見つからない中、司法修習時代の同期の多田の誘いもあり、『神山多田法律事務所』 で働くことに。
妻として、母として、弁護士として、そしてひとりの女として――
杏子の大いなる戦いが始まる。

引用:公式サイトより

詳しい個別キャスト記事はこちら

多田 征大役:小泉 孝太郎

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#小泉孝太郎 マジメに💓

@ cheerskouchiがシェアした投稿 –

『神山多田法律事務所』 の共同代表。
頭脳明晰で頼りになる性格。端正なルックスと誠実な立ち振る舞いから女性に好かれ、依頼人からの信頼も非常に厚い。だが自分の弱い部分を見せることができず、真の友人、真の恋人を作ったことがない。司法修習時代に杏子と出会い、彼女の美しさと人柄に惹かれるが、成績優秀だった杏子に見合う男になってから想いを伝えようと気持ちを胸にしまっていた。将来有望な若手弁護士として、法曹界で注目されるようになった頃、杏子の結婚の話を聞き、落ち込む。杏子の結婚後は、弁護士としてこれまで以上に仕事に打ち込むように。
時は過ぎ、杏子の夫・壮一郎のスキャンダルを知り、10数年ぶりに彼女と会い、事務所に誘う…

引用:公式サイトより

円香 みちる役:水原 希子

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Coach F/W 2018 ・ #kikomizuhara #kikoxxx #水原希子 #mizuharakiko #i_am_kiko #미즈하라키코

kiko mizuhara 水原希子 fan accountさん(@ai15_kiko)がシェアした投稿 –

『神山多田法律事務所』 のパラリーガル。
訴訟に勝つ上で重要な証言を取ってくるために、幅広い交友関係を駆使して、手段を一切選ばない。あらゆることに精通しており、弁護士たちのまさに右腕的存在。その仕事ぶりから多田や神山からも絶大な信頼を得ている。一方でプライベートは謎に包まれていて、どこに住んでいるのかさえ知られていない。唯一わかっていることは、前職が検察事務官で、壮一郎によって、その職を辞したということだけである。

引用:公式サイトより

朝飛 光太郎役:北村 匠海

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NYLON JAPAN×BURTON WEBにて公開中 @nylonjapan ______ 武道館まであと少し。 みんな待ってるよ。 来てね。

北村匠海さん(@take_me_1103)がシェアした投稿 –

『神山多田法律事務所』 で仮雇用の若手弁護士。
勤勉タイプで知識も豊富。ロースクール時代は成績優秀だった。上司に物おじせずにズバズバ意見するため、一見生意気に見られるが、抑えるべきところは抑え、自然と人の懐に入り込んでくる子犬のような性格。事務所でも、神山と多田に可愛がられている。イケメンであり、本来ならモテるのだが、本命の円香には全く相手にされていない。しかし、めげない。

引用:公式サイトより

詳しい個別キャスト記事はこちら

蓮見 壮一郎役:唐沢 寿明

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#唐沢寿明 さん♥ #ラストコップ #映画 #楽しみ #撮影頑張ってください ♥

@ asagaodriveがシェアした投稿 –

杏子の夫で東京地方検察庁特別捜査部の元部長。
現在は収賄容疑で拘留中。
学生時代から成績優秀で、リーダー気質で後輩思いだった。押しが強く、どんな相手でも決してひるまず、不正や犯罪を絶対に許さないが、その反面、時には強引な手段を使ってでも徹底的に戦う。
ある事件の捜査をしていた壮一郎は、ひとりの女性記者と知り合い、情報提供を通して信頼関係を築いている中である日、酔ってその女性記者と朝を迎えてしまう。この一件でマスコミが壮一郎の汚職疑惑と不倫関係を報じ、壮一郎は職を追われることに。スキャンダル報道後の記者会見で、汚職疑惑は強く否定するものの、女性スキャンダルは認め、杏子の信頼を失ってしまう…。

引用:公式サイトより

神山 佳恵役:賀来 千香子

https://twitter.com/zhendai0623/status/1074974800504737792

『神山多田法律事務所』 の共同代表。
大手法律事務所でやり手弁護士として名をあげ、男性が活躍する業界の中で、女性として肩を張り合ってきた自負があり、プライドが高い。
豪快な性格で、自分の人を見る目に間違いはないと信じ、多田にパートナーとしての絶大な信頼を寄せている。
プライベートもなく、仕事に捧げてきた分、専業主婦から復帰した杏子に対して、懐疑的な態度をとる。

引用:公式サイトより

林 幹夫役:博多 華丸

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

博多座でお休みをいただいて ひと月ぶりに名古屋CBCテレビへ来ました〜 歓迎されてる模様です(嬉)

博多華丸さん(@okazakimitsuteru)がシェアした投稿 –

壮一郎の顧問弁護士。
真面目で堅実な性格。知人の紹介で壮一郎の疑惑を晴らすために弁護を務めることになる。人当たりがよく、柔和な雰囲気ではあるが、時折見せる目の奥の鋭さから、優秀さを感じさせる。壮一郎に関して、その後釜についた脇坂との関係や事情もよく把握しており、検察庁内部の人間関係で誰が味方で敵かどうか共に見極めようとする。

引用:公式サイトより

脇坂 博道役:吉田 鋼太郎

東京地方検察庁特別捜査部の新部長。
検事として優秀ながら、2期下に蓮見壮一郎という自分を上回る優秀な検事がいたことで、2期に一人しか選ばれない検事総長への道は厳しいと目されてきた。やがて、将来の検事総長が座るとされる特捜部長の席を壮一郎がとり、脇坂は横浜地検に異動。壮一郎は、脇坂にとって目の上のたんこぶであり、壮一郎の脱落を心底願っていた。壮一郎の逮捕により後釜として特捜部長に就任。再び手にしたチャンスをなんとしても掴むために、壮一郎の前に立ちはだかる。

引用:公式サイトより

佐々木 達也役:滝藤 賢一

東京地方検察庁特別捜査部員。壮一郎の8期下。同期内では抜きんでた優秀さで、将来の検察庁幹部候補生として、壮一郎も目をかけていて、若い頃から検察官のイロハを叩き込まれた壮一郎の腹心。その正義感は壮一郎譲りで、特に検察官として崇高な理想と高い誇りを持ち、検察が日本の正義を守るものだと自負している。壮一郎が逮捕されて、取り調べを担当することになる。

引用:公式サイトより

蓮見 隼人役:小林 喜日

杏子と壮一郎の息子。高校1年生。
物心ついたときから、平日休日問わず家に父親がいない生活だったが、父・壮一郎を誇りに思っていた。しかし、そんな父が逮捕され、その事実に誰よりも傷つく。母・杏子が働き始めてからは、母を思いやり、家事を率先して手伝う。料理が得意。

引用:公式サイトより

蓮見 綾香役:安藤 美優

https://twitter.com/tnkzwtsk/status/1078170243745206273

杏子と壮一郎の娘。中学1年生。
母譲りの社交的な明るい性格で、家庭でも両親や兄から可愛がられて育った。
杏子が弁護士復帰してからは、家での話し相手はもっぱら兄の隼人。ただ、学校で起きたことは中学に上がってからは家庭内であまり話さなくなってきている。たまに来るようになった祖母・幸枝は少し苦手で、祖母の対応は母や兄に任せがち。

引用:公式サイトより

2019冬ドラマ『グッドワイフ』の放送はいつからいつまで?

2019年1月13日(日)夜9時からTBSにて初回25分拡大スペシャルで放送がスタートします。

チビ
チビ
日曜劇場ドラマ『グッドワイフ』だけど、原作は僕は観たことないんだよね。
ストーリーを観ると非常に興味をそそるし、主演の常盤貴子さんをドラマで観るのは久しぶりな気がする。16年のブランクがある弁護士が職場復帰するのって実際には難しいみたいだけれど、その辺もどうなっていくのか楽しみ♪

 

2019冬ドラマ『グッドワイフ』ネット上での評判は?

まとめ

2019年1月13日(日)夜9時からTBSにて初回25分拡大スペシャルで始まる新ドラマ『グッドワイフ』のキャスト、あらすじ、放送日について紹介しました。

 

常盤貴子さん主演のこのドラマ。
16年というブランクがある弁護士が、不倫スキャンダルで叩かれた挙げ句、
不倫という妻にとっては最悪の状況にどう立ち向かうのか非常に気になるドラマです。

 

ドラマ開始から色々な展開が起きそうな予感。
日曜の夜が楽しみになりそうですね♪

The following two tabs change content below.
アバター

ルッキー

はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪
ABOUT ME
アバター
ルッキー
はじめまして!サイト運営者兼編集長のルッキーといいます。 このサイトはドラマ好きによるドラマ好きの為サイトです。 協力して頂いているメンバーと共にこのサイトを運営しています。 訪れてくれた人が楽しさを感じて頂けたら嬉しいです♪