2019年冬ドラマ

ドラマ『3年A組』第6話・ハンターは武智大和(田辺誠一)!ヒーロー編開幕!【あらすじ・ネタバレ&感想も】

3年A組

2019年2月10日(日)に放送されたドラマ『3年A組』第6話はもうご覧になりましたか

 

第5話では、生徒が全員無事であることが分かり、澪奈を陥れたフェイク動画を作成したのは半グレ集団・ベルムズ、そして依頼をしたのは魁皇高校の教師ということが分かり、疑惑は教室の外へ向けられました。

 

第6話でさらに真相に近づけるのでしょうか。
ドラマ『3年A組』第5話のネタバレはこちらから

3年A組 5話
ドラマ『3年A組』第5話 景山澪奈(上白石萌歌)を陥れたのは魁皇高校の教師【あらすじ・ネタバレ&感想も】2019年2月3日(日)に放送されたドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』第5話はもうご覧になりましたか? 第4話では澪奈...

ドラマ『3年A組』第6話・あらすじ

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。驚くA組生徒たち。話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。

第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。その向かう先を示す第6話。
必見。
引用:公式サイトより

ドラマ『3年A組』第6話・ネタバレ

ヒーロー編、開幕

柊一颯(菅田将暉)によって「景山澪奈(上白石萌歌)を陥れたのは魁皇高校の教師」という投稿がマインドボイスに投げられ、さらに生徒が全員生きている証拠写真を公開したことで、「柊はヒーローなのか?」というコメントも見られるようになりました。

『ヒーロー編、開幕!!』柊は高らかに笑いました。

結城美咲(箭内夢菜)のSNS投稿が災いを呼ぶ

柊と手を組んだと思っていた生徒たちは、人質になったふりをしながら多少のびのびと過ごしていました。しかし、柊の指示を待たずに結城美咲(箭内夢菜)がSNSに投稿をしたのをきっかけに、教室の空気はピリつきます。

 

そんな中、柊は武智(田辺誠一)に電話をかけて教師たちと話し、「20時までに“ハンター”が名乗り出なければ教室を爆破する」と宣言しました。そうはいっても自分たちは殺されないと思っている生徒たちですが、柊は「澪奈の死の真相のためなら手段は選ばない。お前たちに協力を求めたのは“命を差し出して欲しい”という意味だ。」と答え、再び携帯とカバンを没収しました。

 

しかし、美咲は回収したものを運ぶ手伝いをするふりをして自分の携帯をこっそり抜き取りました。そんな中、茅野さくら(永野芽郁)は何かに気づきました。

相楽文香(土村芳)は動画で何についての話をしているのか?

美術準備室に戻った柊は、相楽文香(土村芳)の動画を見ていました。文香は動画の中で、なぜベルムズに頼んだと思うのかという柊の問いに「前に聞いたことがあって。あの人から。」と答えています。“あの人”というのがハンターのことなのでしょうか。

相楽孝彦(矢島健一)が事件から相楽文香(土村芳)を遠ざけたい理由とは

郡司(椎名桔平)は相良家を訪ねていました。しかし、孝彦(矢島健一)に門前払いされてしまいます。郡司が来たことに気づいた文香が、柊が自分のために事件を起こしているなら警察に全部話した方がいいと出て来ましたが、孝彦は遮って扉を閉めてしまいました。

 

孝彦は一貫して事件に文香を関わらせないようにしています。その時、宮城(細田善彦)から連絡が入りました。

水泳部顧問・坪井(神尾佑)がハンター最有力候補?

教室では、教師の誰が“ハンター”なのか?話し合っていました。その中でも水泳部の顧問・坪井(神尾佑)は生徒に対して厳しく、水泳部部長の熊沢花恋(堀田真由)も坪井が怖くて辞めた部員は大勢いると証言します。辞めた部員の1人である水越涼音(福原遥)に話を聞こうとしますが、「思い出すだけでヘドが出る」と教室を出て行ってしまいました。

 

涼音は坪井に水泳部員の前で中尾蓮(三船海斗)との写真をばら撒かれ、「練習をサボって遊ぶような生徒のコーチはしない」と部を辞めさせられていました。涼音は病院に行っていただけなのですが聞いてもらえず、自分が蓮と付き合っていることが分かったから嫌がらせで辞めさせられたと思っていました。そして、澪奈も同じように坪井に追い込まれたのではと考えたのです。

 

トイレに逃げ込んだ涼音は、美咲と顔を合わせました。美咲が携帯を隠し持っていることを知った涼音は、そのことを隠しておく代わりに動画の撮影を頼みました。そして坪井がフェイク動画を依頼した犯人に違いないという内容の動画を撮影し、美咲にマイボイスへ投稿するよう頼みました。

柊一颯(菅田将暉)を信じる茅野さくら(永野芽郁)

柊は涼音と美咲のやりとりを監視カメラで確認していました。その様子は偶然夕食を取りに来ていたさくらも見ていました。止めなくていいのかと矢継ぎ早に質問するさくらに、柊は質問を1つにしぼるよう答えます。そして「先生の目的は犯人を捕まえることですか?」という質問をしたさくら。柊は「俺の目的はその先にある。」と答えました。

さくらは机に置いてあった柊のメガネをかけ、「私は先生を信じる」と言いました。

スーツアクター時代の柊一颯(菅田将暉)

その頃、郡司と宮城は柊がかつて働いていた撮影所を訪れていました。柊は特撮作品で使う小道具などを作っていましたが、身体能力の高さからスーツアクターをするようになったのです。同じ作品に出ていたファイター田中(前川泰之)から話を聞いた郡司たちは、柊が癌でスーツアクターを引退し、彼女の文香と同じ教職の道に進んだことを知りました。

 

田中が文香のことを知っていることに驚いた郡司でしたが、文香は社長の娘、つまり孝彦はこの撮影所の社長だったのです。

坪井(神尾佑)が水越涼音(福原遥)を辞めさせた本当の理由

20時が近づき、柊が教室に戻って来ました。そしてまず涼音の動画について話し始めました。そしてテレビ電話で教師たちと話し始めた柊は、生徒たちの予想では坪井が犯人だと思っていると伝え、涼音と坪井を話させました。坪井を責める涼音でしたが、校長(ベンガル)に本当のことを話すよう言われた坪井はなぜ涼音を辞めさせたのか話しました。

 

坪井は涼音の努力を認めていました。しかし、その努力のせいで涼音は体を悪くしていたのです。涼音が病院に行った日、涼音の母親から病院に呼ばれた坪井は涼音の体の状態を聞きました。涼音は運動誘発性の致死性不整脈、つまり激しい運動をすると不整脈を起こし、そのまま運動を続けると失神や心肺停止になる恐れがあるということです。

 

涼音の母親から説得と頼まれた坪井でしたが、話をしても無理をするであろう涼音を止めるには、その方法しか思いつかなかったというのです。

「本質から目をそむけるな」

そこで一旦テレビ電話を止めた柊。誤解が解けた涼音は動画を投稿してしまったことを後悔していました。しかし、柊は美咲が動画を投稿する前に携帯を没収したため、ネットには流れていませんでした。安心する涼音でしたが、柊は「自分の不用な発言で身に覚えのない汚名を着せられ、周囲の人間も巻き込まれたかもしれないということを考えたのか」と責め立てます。

 

涼音をかばう生徒たちにも「本質を考えろ」と話し、同じことを繰り返さないように、変わるように言いました。もう感情に任せて失敗してもいい歳ではないのです。柊はこの日の授業で「自分の言葉と行動に責任を持て」ということを伝えました。

保身に走った教師

テレビ電話を再開した柊は、“ハンター”が名乗り出なかったため教室を爆破しました。柊が爆破したのはB組の教室だったため、生徒は無事です。教室では生徒が腰を抜かしていましたが、さくらは「先生はヒントをくれていた」と話します。

 

柊はメガネをかけているときは信じろ、かけていないときは信じるな、と言っていたのです。さくらが柊のメガネをかけて「先生を信じる」と言ったことで、柊もさくらには伝わっていると分かっていたでしょう。外では、生徒を見殺しにして保身に走った教師たちを見た世間が、批判をはじめていました。

柊一颯(菅田将暉)と相楽孝彦(矢島健一)はグル

その頃、郡司と宮城は撮影所を訪れていたときに、ファイター田中に美咲がマインドボイスに投稿していた手足の造形物を見せていました。その後孝彦が個人名義で造形物の発注や大量の火薬の仕入れをしていたことが分かり、孝彦と柊は繋がっていると気づきました。

 

孝彦はマインドボイスにある動画を投稿していました。その動画には澪奈と帽子をかぶったスーツの男がビルの中に入っていき、その後男がビルから走って逃げて行ったあと救急車が通るという内容です。

ハンターは武智大和(田辺誠一)?

そして柊はハンターに声をかけました。

「いよいよ追い詰められましたよハンターさん。いや、武智大和先生。」

フェイク動画を依頼したのは武智なのでしょうか。

犯人を突き止めたその先にある柊一颯(菅田将暉)の目的とは

柊とさくらの会話の中に、柊の目的は犯人を見つけることではなく、その先にあるということが分かりました。その先とは一体なんなのでしょうか?

帽子の男=武智大和(田辺誠一)=ハンターなのか?

ドラマは後半戦に入り、今回から第2章となっています。そろそろ全貌が見えてきてもいいような気がしますよね…。第6話のラストでハンターは武智だと名指しされましたが、孝彦が投稿した動画の帽子の男も武智なのでしょうか。走る後ろ姿が田辺さんに見えないという意見もありましたが、あの動画の中に何かのヒントが隠されていたのでしょうか。

 

武智は第1話からこの事件を楽しんでいる節がありましたが、もし澪奈を殺した犯人ならばだんだん真相にたどり着こうとする柊をもっと恐れてもいいような気がします。しかし、第6話で「フェイク動画顧客リストだけではなんの証拠にもならない」とひとり冷静な武智を見て、五十嵐(大友康平)は不審に感じたようですね。次回の放送で明らかになるのかもしれません。

相楽孝彦(矢島健一)と五十嵐徹(大友康平)が協力者になったきっかけとは?

孝彦と柊が撮影所で出会い、教職の道に入ったのは文香がきっかけということで繋がりが明らかになりましたが、まだ文香が何に巻き込まれて教師を辞めたのか分かっていません。

 

そして、柊の協力者に捜査一課理事官の五十嵐がいますが、孝彦とも繋がりはあるのでしょうか。郡司には何も話さない孝彦ですが、同じ警察の人間である五十嵐と協力しているのか気になるところです。そんな五十嵐が柊に協力している理由もまだ明らかになっていませんよね。

 

犯人を見つけた「その先」へ踏み込む時に、ある程度の権力を持っているであろう五十嵐の存在が重要になって来るのかもしれません。

ドラマ『3年A組』第6話・ネット上の感想

第6話では柊が生徒に教えた「物事を上辺だけで見るな、本質から目を背けるな」という言葉が多くの人に刺さったようです。ドラマでは高校生相手ですが、どの世代でも言えることですよね。気をつけないといけないですね…!

ドラマ『3年A組』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『3年A組』の地上波放送後1週間以内は『Tver』『日テレオンデマンド』で視聴が可能です。
また1週間以上経過している場合はParaviで配信される可能性が高いです。

 

Tverでの視聴はこちらから

Huluでの視聴はこちらから

※本ページの情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

 

Huluでは過去の放送された人気ドラマも多数配信されています。

  • 高嶺の
  • 年花
  • 探偵が早すぎる
  • トドメの接吻
  • ゼロ一攫千金ゲ
  • わーム
  • Missデビル
  • 獣になれない私たち
  • 今日から俺は!!

ドラマ『3年A組』第6話・感想

第6話では最後にハンター=武智大和の疑惑が強まりましたが、謎を解くというよりも涼音と坪井のわだかまりが溶け、柊から生徒へ伝えたかったことがメインのストーリーになっていたような気がします。

 

実際に動画投稿が問題になっている事件が起こっていたり、タイムリーな話題でしたね。

 

第7話では、武智が名指しされ、新たな動画が投稿されたことで、真相にぐっと近づくのではないかと思われます。手に汗握る展開ですが、次回の放送も楽しみですね!