2019年春ドラマ

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第8話 ネタバレ感想・考察と9話あらすじ【巧の嫉妬が爆発!結衣との関係に亀裂が入る?!】

わたし、定時で帰ります。

2019年6月4日(火)に放送されたドラマ『わたし、定時で帰ります。』第8話はもうご覧になりましたか?

福永(ユースケ・サンタマリア)は、自分が持ってきた案件を何とか通そうと、一人動いていますが、その影響が結衣(吉高由里子)達の会社に出るんじゃないかと心配ですね。

独立を止めた種田(向井理)と、結衣(吉高由里子)と一緒に働いている状況が気になる巧(中丸雄一)の3人の関係も気になりますね。

ちなみに、ドラマ『わたし、定時で帰ります』第7話のネタバレはこちらから。

わたし、定時で帰ります
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話 ネタバレ感想・考察と8話あらすじ【結衣が定時に気づかず残業?】2019年5月28日(火)に放送されたドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話はもうご覧になりましたか? 前回、種田(向井理)の好きだ...

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第8話 あらすじ

福永(ユースケ・サンタマリア)の昔のクライアントで、赤字必至な星印の案件が厳しい社内審査をなぜか通ってしまう。
ディレクターには賤ケ岳(内田有紀)が任命され、残業を免れない厳しい予算とスケジュールの中、制作4部のメンバーは作業を進める。
そんな中、賤ケ岳に夫・陽介(坪倉由幸)から「おふくろが倒れた…」と連絡が入り、陽介は一人で急遽熊本に帰省することに。
東京に残り、一人で双子育児に仕事に奮闘する賤ケ岳であったが…。

一方、一緒に住みはじめて順調そうな結衣(吉高由里子)と巧(中丸雄一)だったが、ひょんなことから喧嘩になってしまう――。

引用:公式サイトより

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第8話ネタバレ

福永(ユースケ・サンタマリア)が進めていた、星印工場の案件が3500万円の見積もりのままで、社内審査を通ったと報告し、結衣(吉高由里子)達は驚きます。担当は賤ケ岳(内田有紀)になりました。

打ち合わせで種田(向井理)は、サブに結衣(吉高由里子)と三谷佳菜子(シシドカフカ)がついて欲しいと言います。この案件が通った事が不思議に思うし、旦那の育休明けで子どもの送り迎えが始まる賤ケ岳(内田有紀)の事も心配します。

結衣(吉高由里子)は審査の担当した石黒(木下隆行)に、星印工場の案件が通った理由を聞くと丸杉常務からの横やりが入ったと言います。今回は利益を出せなくても赤字は駄目だと石黒(木下隆行)は言います。

仕事中に賤ケ岳(内田有紀)に、夫の陽介(坪倉由幸)からおふくろが倒れたと連絡が入ります。陽介(坪倉由幸)は一人で九州の実家に行くことになります。

結衣(吉高由里子)が自宅に帰ると、結婚式のパンフレットが山積みになっていて、取り寄せたのは巧(中丸雄一)の母でした。

知り合いだけのこじんまりした結婚式にしたい結衣(吉高由里子)でしたが、巧(中丸雄一)は、会社の人間や、親戚、同級生など沢山招待してやるつもりで、結衣(吉高由里子)は、少し戸惑いました。

会社では、賤ケ岳(内田有紀)が、倒れた母親は脳梗塞でまだ安心できない状態だと結衣(吉高由里子)に話します。忙しい時だから会社の仲間には、伝えないで欲しいと言います。

賤ケ岳(内田有紀)や福永(ユースケ・サンタマリア)、結衣(吉高由里子)達メンバーが星印工場に打ち合わせに行くと、星印工場側は、牛松1人だけが打ち合わせに来ます。種田(向井理)が話しを進めても、牛松が答えられないので、課長が戻るまで待つことに。

牛丸について相談していた愁からメールが届きます。牛松翔30歳で、福永(ユースケ・サンタマリア)が担当した星印工場のサイトがきっかけで知り合った事、父親の牛松彰正は、明成銀行の頭取と分かりました。

結衣(吉高由里子)は、愁と種田(向井理)との関係を心配しますが、特に話はしないけど、調子がよく家事の手伝いもしていると聞き結衣(吉高由里子)は安心します。

結衣(吉高由里子)が家に帰ると、玄関で巧(中丸雄一)の母親が待っていました。慌てる結衣(吉高由里子)でしたが、仕事で巧(中丸雄一)が遅くなり、二人で晩御飯を食べることに。

巧(中丸雄一)の母親は、結衣(吉高由里子)が定時で帰って居るから、仕事に興味がなく結婚後は仕事を辞めると思っていたと言い、結衣(吉高由里子)は辞めるつもりは無いと言います。

巧(中丸雄一)の母親は、仕事を続ける結衣(吉高由里子)を責めるのではなく、働かないで専業主婦になったからうらやましかったと言います。応援するから頑張って欲しいと言います。

そのことを伝えると巧(中丸雄一)は、働かなくても暮らせていたのにと言います。その言葉に結衣(吉高由里子)は、気になります。

星印工場側との打ち合わせで、仕事の内容の返信が無いことを牛松に聞いても、上には聞いているんですがと、返事がもらえず、結衣(吉高由里子)達は不安になります。

星印工場の仕事が立て込んでいて忙しい賤ケ岳(内田有紀)の方は自分が助けるから、結衣(吉高由里子)は無理するなと種田(向井理)は言います。仕事の負担が多くなっている種田(向井理)の事を結衣(吉高由里子)は心配していました。

倒れたお母さんの世話で旦那が居ない状態の、賤ケ岳(内田有紀)のを手伝いに行きます。夫の陽介(坪倉由幸)は、大学の仕事を辞めて、九州の実家に戻ると言われ、賤ケ岳(内田有紀)は何の為に働いているのかと思うと、結衣(吉高由里子)に言います。

家族になるって、相手の人生も背負うってことなんだねと言われ、難しいねと言いあう結衣(吉高由里子)と賤ケ岳(内田有紀)でした。

残業をしている種田(向井理)の所に、福永(ユースケ・サンタマリア)が差し入れにやって来て、朝活をしたらどうかと提案しますが、今はそれどころでないと思いますと種田(向井理)が話していると、牛松から連絡が入りやっとデザインに進めることになりました。

一週間後、牛松から納期を早めて欲しいと電話が賤ケ岳(内田有紀)に来ます。今の状態でも押していて難しいと賤ケ岳(内田有紀)は言いますが、何とかお願いできないかと言うので、少し考えますと、電話を切ります。

賤ケ岳(内田有紀)は、星印の案件が牛丸だけでやるのは難しいと福永(ユースケ・サンタマリア)に伝え、福永(ユースケ・サンタマリア)の方から、相手の課長に打ち合わせに出てもらえないか聞いて欲しいとお願いしても、ごまかされてしまいます。

見かねた結衣(吉高由里子)が賤ケ岳(内田有紀)に、自分が納期の件を何とかすると言います。

定時になって慌てて帰る賤ケ岳(内田有紀)を他の仲間が、どうして急いでいるのか心配しています。

一方巧(中丸雄一)は、会社の仲間に結婚のお祝いをされていました。家に帰ってきた巧(中丸雄一)は、前の職場で大変な目に合っていたことを自分に言ってくれないんだと怒ってしまいます。心配かけたくなかったと言う結衣(吉高由里子)に、種田(向井理)には話したんでしょと言い、働き続けるのは種田(向井理)と働きたいからなんじゃないかと、言い争います。

家を出た結衣(吉高由里子)は、上海飯店に行き王丹に抱きついて、お酒を飲んでいました。そこに種田(向井理)が迎えに来ましたが住所が分からず、会社で寝かせます。

朝目が覚めた結衣(吉高由里子)は、ご迷惑おかけしましたと書置きをして帰ります。家では巧(中丸雄一)が謝りますが、結衣(吉高由里子)の方は何か引っかかるような感じです。

どんなに忙しくても、結婚記念日は一緒に過ごそうと、陽介(坪倉由幸)が九州から戻ると、賤ケ岳(内田有紀)は悩んでいましたが、一緒に九州に行くことに決め、そのことを結衣(吉高由里子)に伝えます。

カッコよく仕事している先輩も家族といる先輩もどっちも好きだと結衣(吉高由里子)は言います。

休職届を出す賤ケ岳(内田有紀)に困ると福永(ユースケ・サンタマリア)が言うと、チーフは結衣(吉高由里子)が引き継ぐと言ってしまい、三谷佳菜子(シシドカフカ)も手伝うと言います。

福永(ユースケ・サンタマリア)は毎日綴定時に帰る結衣(吉高由里子)に、種田(向井理)が自分の会社を辞めて、どうしてネットヒローズに入ったのか、その理由を教えてあげると言うのでした・・・

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第8話・ネット上の感想

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第8話 感想・考察

今まで順調だった結衣(吉高由里子)と巧(中丸雄一)でしたが、結婚が近づいてお互いの考えの違いに気付き、言い争ってしまっていましたね。でも結婚前にお互いの考えを知ることができて良かったんじゃないかなと思います。

女性の仕事に対しての考え方は巧(中丸雄一)は、あまり分かっていないようですね。結衣(吉高由里子)と一緒に今まで居たのだから、どう思って働いていたのか分かっていると思って見ていましたが驚きでした。

そして、悩みながら家族と一緒に居ることを決めた賤ケ岳(内田有紀)が、親が大変な時でも結婚記念日に帰ってきてくれた旦那さんのそばには、居てあげたいと思った気持ちはわかりました。

そしてやっぱり福永(ユースケ・サンタマリア)は、このまま結衣(吉高由里子)達の職場をブラック企業のような働き方に変えて行ってしまうのか心配ですね。最後の、種田(向井理)の会社に来た理由も気になりました。

わたし、定時で帰ります。』第9話 あらすじ

福永(ユースケ・サンタマリア)から突然会議室に呼び出された結衣(吉高由里子)は、“晃太郎(向井理)が自分の会社を辞めた本当の理由”を聞かされ、チーフとして定時には帰らず、残業するよう提案される。

そんな中、赤字必至な星印の案件を進めるうちに、結衣の知らないところでサービス残業をする制作4部のメンバーと福永の姿が…。
残業続きで疲れた部署のメンバーを見かねた結衣もついに残業をするように…。

一方、結衣と巧(中丸雄一)は結婚式の準備を始めるが、結衣の仕事が忙しくなるににつれてすれ違いが増えていく――。

引用:公式サイトより