2019年春ドラマ

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話 ネタバレ感想・考察と8話あらすじ【結衣が定時に気づかず残業?】

わたし、定時で帰ります

2019年5月28日(火)に放送されたドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話はもうご覧になりましたか?

前回、種田(向井理)の好きだと言う告白、お酒が入ってたにしても気になりますね。婚約者の巧(中丸雄一)に向かって言っているし・・・

今回は、結衣の実家の問題もある上に、愁(桜田通)から気を付けてと前から言われていた、福永(ユースケ・サンタマリア)も勝手に問題を起こしそうな感じです。

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話 あらすじ

酔っぱらって「(結衣のことを)今でも好きですよ」と言った晃太郎(向井理)に、絶句する結衣(吉高由里子)とフリーズする巧(中丸雄一)。
声もでず、固まっている二人をよそに、晃太郎は突然その場で寝始める…。
その日の帰り道、結衣に突然実家の父から「お母さんが家出した」と連絡が入る――。
一方、福永から予算に見合わない新規案件が制作4部に舞い込んできて…。

引用:公式サイトより

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話ネタバレ

結衣(吉高由里子)のことが今でも好きだと種田(向井理)が言うと、結衣(吉高由里子)は、酔っているよね?言います。そして種田(向井理)は、その場で寝てしまいます。

結衣(吉高由里子)と巧(中丸雄一)は、店に種田(向井理)を置いて帰ります。結衣(吉高由里子)は結婚したいのは巧(中丸雄一)だからと言います。

帰り道結衣(吉高由里子)の父親から電話がきます。母親が家出したと言うのでした・・・

実家に着いた結衣(吉高由里子)は父親から、泊りがけでゴルフに行っていて戻ったら、もう家には帰りませんと書置きがあったと言います。

喧嘩とか浮気したと結衣(吉高由里子)は聞きますが、そんなことはしていないと父は言います。ふと結衣(吉高由里子)が昨日は母親の誕生日だと言うと、父親は今年も忘れていたようで驚きます。しかも今年は還暦なのに・・・

以前母親が、還暦迎えたら、父親と一緒に温泉に旅行に行きたいと言ってたよと、父親に言います。とりあえず謝ろうと結衣(吉高由里子)がメールしますが、結衣(吉高由里子)が結婚したら、離婚しようと返信が来ました。

次に日、父親から、母親からの連絡はないかと確認のメールが何度も来て結衣(吉高由里子)の仕事にも影響がでそうです。

職場では、衣料雑貨メーカーの星印工場から公式サイトのリニューアルの仕事を福永(ユースケ・サンタマリア)が引き受けて来ますが、ミーティングで社員から、大手の会社で、納期5ヶ月で予算3500万円では、予算は少なすぎると言います。

この予算の見積もりは福永(ユースケ・サンタマリア)が作ったと言いました。営業が撮ってきた仕事では無く、福永(ユースケ・サンタマリア)の昔の得意先で、頼んできたと種田(向井理)が説明します。

そして、この納期で人手が足りないなら残業をすればいいと言う福永(ユースケ・サンタマリア)に、結衣(吉高由里子)は、最初から残業を当てにすると、トラブルが起きたときにフォローできなくなると言いました。

この見積もり通りやって欲しいと福永(ユースケ・サンタマリア)は言いますが、種田(向井理)は、これから先方と相談していくからと言いました。担当は結衣(吉高由里子)がすることになりました。

休憩中に、吾妻(柄本時生)は、売却した福永(ユースケ・サンタマリア)の会社の事を話します。ブラックで凄く働かせた社員が逃げて行ったんだってと言います。

その話を聞きながら、種田(向井理)と福永(ユースケ・サンタマリア)が楽しそうに笑っているのを見て心配になる結衣(吉高由里子)です。

後日、星印工場の担当者の所に、福永(ユースケ・サンタマリア)と種田(向井理)と結衣(吉高由里子)が打ち合わせに行くと、福永(ユースケ・サンタマリア)の見積もりの内容で会社に話が通っていて、この通りで無いと困ると言われてしまいます。

種田(向井理)が見積もりを作り直すと言いますが、結衣(吉高由里子)は、私が作るかららと断ります。

また父親から電話がかかってきて、結衣(吉高由里子)はそんなに心配なら捜索願を出したらと言います。

WEBの製作交流会で種田(向井理)は、巧(中丸雄一)に会いこの前の事を謝りますが、巧(中丸雄一)に、仕事以外の事は結衣に頼らないで下さいと言われ、自分が何を言ったのか分からない種田(向井理)です。

仕事中も父から、銀行のカードはどこだとか印鑑がない、電子レンジが動かないとメールが続けてきて、結衣(吉高由里子)の仕事のリズムがくるってきます。

上海飯店に来た種田(向井理)は王丹(江口のりこ)に、この前自分が何て言ったか聞きます。今でも結衣が好きだと巧(中丸雄一)に言っていたことが分かりました。

仕事を終わらせた結衣(吉高由里子)でしたが、定時に気づかなかったことに職場の仲間はビックリします。帰りに上海飯店に寄って持ち帰りの注文をしていると、賤ヶ岳八重(内田有紀)と三谷佳菜子(シシドカフカ)がやってきて、何かあったか聞きました。

結衣は母親が家出していて、父親は60歳過ぎて一人で何もできないと話しました。

実家で夕飯を食べていると、結衣(吉高由里子)はお父さんみたいな働き方はしないし、お父さんみたいな人とは結婚しないと怒ります。

結衣(吉高由里子)に社内審査に出したから、星印工場の見積もりは作らなくて良いからと

福永(ユースケ・サンタマリア)は言いますが、石黒さんが赤字になる案件を通すと思わないと結衣(吉高由里子)は言いました。管理部の石黒は、赤字になる案件をはねつけるのに生きがいをかける人だと説明します。

結衣(吉高由里子)に知らない番号から電話が入り、実家から煙が出ていて、近所の人が消防に連絡したから見に着てと、言われてしまいます。

賤ヶ岳八重(内田有紀)と三谷佳菜子(シシドカフカ)が結衣(吉高由里子)と一緒に実家に行きました。キッチンに焦げたハンバーグがあって、これが煙の原因でした。

会社の仲間が帰った後、食事の片付けを父親も手伝ってくれて結衣(吉高由里子)は、ビックリします。そして、父親に言い過ぎたと謝りました。そして共働きの時代の今は、巧(中丸雄一)のほうが合っているんだし、お母さんも結衣(吉高由里子)の好きなハンバーグも上手く作ってくれるしと言います。

すると、登別温泉に行っていた母親が帰ってきました。離婚はどうでもよくなり、今度はお父さんと一緒に行こうと言いました。

結衣(吉高由里子)が、会社で母親のお土産を配っている頃、福永(ユースケ・サンタマリア)が、星印工場の件をお願いしていました・・・

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話・ネット上の感想

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話 感想・考察

典型的な昭和の働き方のお父さんには、結衣のように仕事を定時で切り上げて、自分の時間を有効に使う今の時代の働き方を理解するのは、難しそうですね。

一生懸命働いてくれても、一つもお父さんと一緒の思い出が無いなんて寂しいし種田(向井理)のように、倒れてしまったら心配になってしまいます。でも種田(向井理)は、そんな働き方を止められなかったんですね、今もそうやって働いているところをみると。

とにかくお母さんが、今度は一緒に行こうと言っていたので仲直り出来て良かったです。

ただ福永(ユースケ・サンタマリア)が強引に星印工場の件を進めていたので気になりました。以前の福永(ユースケ・サンタマリア)の会社でのやり方も分かってきたので、結衣(吉高由里子)達の会社も同じ結果にならないように思っています。

わたし、定時で帰ります。』第8話 あらすじ

福永(ユースケ・サンタマリア)の昔のクライアントで、赤字必至な星印の案件が厳しい社内審査をなぜか通ってしまう。
ディレクターには賤ケ岳(内田有紀)が任命され、残業を免れない厳しい予算とスケジュールの中、制作4部のメンバーは作業を進める。
そんな中、賤ケ岳に夫・陽介(坪倉由幸)から「おふくろが倒れた…」と連絡が入り、陽介は一人で急遽熊本に帰省することに。
東京に残り、一人で双子育児に仕事に奮闘する賤ケ岳であったが…。

一方、一緒に住みはじめて順調そうな結衣(吉高由里子)と巧(中丸雄一)だったが、ひょんなことから喧嘩になってしまう――。

引用:公式サイトより