この記事を書いた人:sawa018

2018年12月10日(月)に放送されたドラマ『SUITS/スーツ』第10話はもうご覧になりましたか?

 

第9話では遊星がチカに大輔の経歴詐称を暴露してしまいました。
そして甲斐も検事時代に関わった件で動きがあります。2人がそっとしておきたい過去はどのような影響を及ぼすのでしょうか。

 

ちなみに、ドラマ『SUITS/スーツ』第9話ネタバレはこちらからご覧になれます。

ドラマ『SUITS/スーツ』第10話ネタバレ

ある日、甲斐(織田裕二)と大輔(中島裕翔)の前に最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れました。
そこで大輔は甲斐がかつては検事だったことを知りました。

 

『幸村・上杉法律事務所』に戻った大輔は真琴(新木優子)にそのことを話しますが、
真琴は甲斐がプロフィールに検事だったことを記載していないと教えました。

 

遊星(磯村勇斗)から大輔の経歴詐称を聞いたチカ(鈴木保奈美)は甲斐を問い詰めました。
甲斐は隠すことはせず、すでに実務をこなしている大輔のことを告発すればファームもただでは済まないと言いました。
そして柳が接触してきたことを話しました。柳は10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていました。

 

甲斐はそれが原因で検事をやめたのです。
チカは柳の件で手伝うことがあれば言うようにということと、大輔のことは自分が預かると甲斐に伝えました。

 

チカはさっそく大輔と蟹江(小手伸也)を呼び出し、まとめて欲しい案件があると頼みました。

 

『与謝野ホールディングス』の社長が倒れて寝たきりになり、2人の娘に公平に遺産が分配されるよう遺言書を作成したいと言っているのですが、姉・藤代(町田マリー)と妹・雛子(本仮屋ユイカ)の仲が悪く話し合いを拒絶しているため、大輔と蟹江に相続希望の聴取役をして欲しいということでした。

 

その話を聞いた甲斐は、大輔に「絶対に勝て」と強く言いました。

 

大輔は雛子、蟹江は藤代の話を聞くと、2人ともお互いが納得する落とし所はないと言いました。
藤代は雛子の母のせいで自分の母が追い出されたと思っているため、雛子に遺産を渡す気は一切ないのです。
社長が後妻のために立ち上げた会社のアパレル部門だけは守りたい雛子と、早く売却したい藤代とで意見は真っ二つに分かれていました。

 

そんな時、甲斐のもとに後輩であり最高検の監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)が現れ、柳の不正捜査への協力を求めました。
澤田は「黙っているとも先輩も捜査対象になりますよ」と迫りましたが、甲斐は自分は関係ないと言って聞きませんでした。
そして改めて柳に会い、柳を裏切ることはしないが味方でもないと伝えました。

 

澤田はファームに乗り込んできました。
伽倻子(中村アン)は慌ててチカに報告し、出迎えたチカは澤田にファームで捜査をすることは認めないと言いました。
澤田は甲斐の許可を得て話を聞きに来ただけだと言いますが、チカは甲斐の代理人弁護士として同席しました。

 

澤田は柳の不正の証言しなければ弁護士資格の剥奪もあり得ると迫りました。
甲斐は取り合わず、柳が不正をしていた証拠を見せるよう言いました。

 

甲斐は柳の不正を知っていました。常に被害者目線で戦っていた柳ですが、
その気持ちが強すぎて勝つためには手段を選ばず、ついには証拠隠しまでしていたのです。

 

甲斐が澤田に協力しないのは、検察の権力争いが絡んでいる内輪モメに利用されたくないからでした。

 

そんな時、砂里(今田美桜)から大輔に泣きながら電話がかかって来て、
自分の経歴詐称がチカに知られていることを知りました。

 

チカに説明しに行くと言う大輔に、甲斐は「ファームに残りたければ今回の案件を自分の力で絶対に勝て」と言いました。
アパレル部門を売却してすぐに新会社を作り、社員を全員引き抜くという罠を仕掛けた大輔でしたが、蟹江にバレて先に手を打たれてしまいます。
そこで次の手を考えた大輔は、蟹江が盗み見ることを見越してアパレル部門の買収オファーに関する書きかけのメールを残して席を立ちました。

 

最高検を訪れた甲斐は澤田に、柳の不正の状況証拠を見せてくれたら協力すると言いました。
はじめは断っていた澤田でしたが、甲斐の証言がどうしても欲しいために捜査資料をファームに送りました。
その資料の中に甲斐が検事時代に担当した「世田谷女子高生殺害事件」があり、甲斐はあることに気づきました。

 

雛子がアパレル部門の売却に同意したことで藤代と雛子の話し合いは終わりを迎えようとしていました。

 

合意の前に蟹江が、『U&T』という会社からアパレル部門の買収オファーが来ており、
合意書にサインをすれば即座にアパレル部門は『U&T』のものになることを確認してきました。

雛子は同意しました。

 

柳に会った甲斐は、柳の不正に関する状況証拠が、様々な事件の重要証拠を裁判所に提出していないことだったということを話しました。
検察にすべての証拠を提出する義務はないと言う柳に甲斐は同意しますが、甲斐が担当した「世田谷女子高生殺害事件」だけは違うと言います。
甲斐はその事件で実刑判決を受けている栗林は冤罪だということに気づいたのです。

 

甲斐は柳に検察から退くように迫りますが、柳は聞き入れませんでした。

 

アパレル部門を売却した『U&T』の社長に雛子が就任したという話を聞いて蟹江が怒鳴り込んで来ました。
大輔のメールを盗み見て裏をかいたつもりの蟹江でしたが、それが大輔の罠でした。
大輔を「卑怯だ」と責める蟹江に、「不正を働いた人間が自分を正当化するな」と甲斐は急に声を荒げます。

 

しかし蟹江はこうなることを予測して、『U&T』に法外な金額でアパレル部門を売却していました。
もともとアパレル部門は採算が取れていなかったこともあり、雛子は借金まみれの会社の社長になってしまったのです。

大輔は負けていたのです。

 

そのやりとりを見ていた伽倻子は甲斐の姿を見ていられず、自分が持っていた柳の不正の証拠であるICレコーダーをチカに渡して「甲斐先生を救って欲しい」と頼みました。
チカは柳に会いに行き、すぐに検察庁を辞めるように言いました。

 

チカが不正の証拠を持っていることを信じない柳でしたが、
チカがICレコーダーを再生して顔色が変わりました。

 

最高検は柳の捜査を終了し、甲斐は証言する必要がなくなりました。
チカは甲斐に、柳の件が終わったため大輔にファームから出て行ってもらうと言いましたが、甲斐はあと1件だけ大輔に手伝ってもらいたいと言います。
そして13年前に起きた「世田谷女子高生殺害事件」で柳が証拠隠しを行ったために、無実の人間を服役させてしまったと話しました。

 

甲斐は栗林を刑務所から救い出すつもりです。

ドラマ『SUITS/スーツ』第10話・織田裕二の正義感

大輔が蟹江に責められているところで甲斐が声を荒げるシーンがありましたが、「不正をした人間が自分を正当化するな」というセリフは蟹江に言っているようで自分にも向けられているように聞こえました。

 

柳が証拠隠しをしたせいで自分が冤罪事件を生み出してしまったことに気づいた甲斐はずっとそのことを考えていたんでしょうね。
ラストでチカに「救い出す」と言った織田さんの目の演技が鋭くてとても素敵でした。

ドラマ『SUITS/スーツ』第10話・中島裕翔のウインクが光る

蟹江は絶対なにか仕掛けてくるだろうと探るような目をしつつ「ラブラブでいきましょう」とウインクする中島さん。
殺傷能力があると言われるのも分かります(笑)弁護士として少しずつ自信がついてきたのか、蟹江にもうろたえることなく堂々とやり合っていましたね!

ドラマ『SUITS/スーツ』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『SUITS/スーツ』の地上波放送から1週間以内であれば、
verやFODで見逃し動画を無料視聴することができます。

Tverでの視聴はこちら

FODでの視聴はこちら

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『SUITS/スーツ』10話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『SUITS/スーツ』第10話感想

甲斐の検事時代の事件も絡んでいた柳の不正。伽倻子の働きぶりが素敵すぎましたね!
伽倻子の秘書としての能力の高さも垣間見えましたし、甲斐と伽倻子の信頼関係が強いものだと改めて分かりました。

 

大輔の経歴詐称を知ってもすぐにクビにすることなく実力をはかるようなことをしたチカも、ファームを守る責任を果たそうとするとともに、ちゃんと人を見ようとする姿勢があって懐の深さを感じました。

 

次回はついに最終回です!法曹界を揺るがすようなかなり大きな事件となりそうですね。
ストーリーはもちろん、登場人物たちの掛け合いもリズミカルで面白く、
毎週楽しみにしていたので終わってしまうのは寂しいですが、早く観たい気持ちも強いです。

次回の放送も楽しみですね!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事