この記事を書いた人:sawa018

2018年10月22日(月)に放送されたドラマ『SUITS/スーツ』第3話はもうご覧になりましたか?

第1話、第2話と視聴率2桁をキープしているこちらのドラマ。第3話は出勤途中の甲斐と大輔の何気ない会話から始まります。

 

まだ、『SUITS/スーツ』2話のネタバレをご覧になっていない場合はこちらから

ドラマ『SUITS/スーツ』第3話ネタバレ

甲斐(織田裕二)の仕事ぶりを見て勉強したい大輔(中島裕翔)ですが、甲斐はクライアントの元に連れて行ってはくれません。

 

同行もダメ、会議出席もダメと言われている大輔はパラリーガルの真琴(新木優子)に「仕事が欲しい」と愚痴をこぼします。
甲斐のアソシエイトについた弁護士は同じような理由で次々と辞めていたようで、事務所では大輔が辞めるかどうかの賭けが行われるほどでした。

 

そこへ、仕事を欲しがる大輔の噂を耳にした蟹江(小手伸也)が声をかけてきます。

 

その頃、甲斐はクライアントの老舗時計メーカー「KAMIYA」へ訪れていました。
「KAMIYA」では社長の加宮忠が急死し、娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が葬儀についてもめていました。

 

その場に居合わせた工場長の岡林達樹(きたろう)もなぜか機嫌が悪い様子でした。
蟹江に連れ出された大輔は、格闘技のジムで相手をさせられていました。

 

連れてこられた理由が分からない大輔でしたが、ジムにはゲームメーカー「BPM」のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)も来ていました。
会社の顧問弁護士ともめているらしい藤ヶ谷に、ハーバードの同期である大輔を使って自分を売り込もうとしたのです。

 

甲斐は静佳から話を聞いていました。安樂たちは、社長が亡くなる前から水面下で会社の海外移転を目論んでおり、
すでに東南アジアで土地探しをしているというのです。

国内工場も閉める計画らしく、甲斐は岡林の不機嫌にも納得がいきました。

 

ハーバード時代の話で藤ヶ谷に取り入るよう大輔に言う蟹江でしたが、藤ヶ谷は蟹江にはあまり好意を持っていない様子でした。
しかし大輔は、蟹江の指示とは関係なく「KAMIYA」の時計や「BPM」のゲームの話で藤ヶ谷と盛り上がりました。

 

事務所に戻った大輔は、甲斐から「KAMIYA」のあらゆる資料を読んで記憶するよう指示されました。
目的だけでも教えるよう大輔が食い下がると、甲斐は一言「新社長を会社から追い出す」と言うのでした。

 

新聞に安樂が次期社長としてインタビューに答えている記事が載りましたが、次期社長を任命する取締役会がまだ開かれていないことを知っている甲斐は、新しい社長候補を見つけて引っくり返せると考えていました。

 

しかし、なかなか新しい社長候補を見つけられない甲斐は、安樂に直接会って工場移転を延期させるしかないと考えます。
新社長候補に岡林を提案する大輔でしたが、藤ヶ谷に誘われて昼間から酒に酔っていたために甲斐の部屋から追い出されてしまいました。
そんな時、砂里(今井美桜)から電話がかかって来ます。

 

砂里は大輔の祖母から、大輔が弁護士として働いていることを聞き、真偽を確かめます。
替え玉受験がバレて弁護士にはなれないということを知っていたからです。

 

大輔から経歴詐称をして弁護士として働いていることを聞きますが、今まで兄・遊星(磯村勇斗)に乗せられてひどい目に遭っているのを見ているだけに、大輔のことを心配します。

 

安樂に会いに行った甲斐は、そこで蟹江と出くわします。
蟹江は安樂の代理人として海外の土地売買の交渉をしているというのです。

 

甲斐は「KAMIYA」というブランドを守るために動き始めます。

 

「KAMIYA」の持株比率を調べるよう指示された大輔。静佳が前社長の株を相続して54%を保有しており、
筆頭株主であることが分かります。

 

そこで甲斐は、静佳に臨時株主総会を開かせようとします。
現在、安樂派3名・反安樂派2名の取締役に、反安樂派をあと2名増やして、多数派にしようと目論んでいるのです。

 

そして甲斐と大輔の説得により、岡林は新社長の候補になることを決めました。
準備を進めていく甲斐と大輔に、真琴も手伝います。

 

取締役会当日、大輔は事務所に残っていましたが、甲斐の秘書・玉井伽倻子(中村アン)に「頑張り方を間違ってる気がする」と言われ、
甲斐を追って「KAMIYA」に向かいます。

 

しかし、取締役会は蟹江によって開始を1時間早められ、安樂が新社長に承認されてしまいました。
甲斐も顧問弁護士を解任されてしまいます。

 

事務所に戻った大輔は岡林から、安樂を「KAMIYA」に連れて来たのは甲斐であること聞いた話をします。
甲斐は、前社長が大切にしていたマニュファクチュールだけは守るという約束で安樂を会社に迎え入れましたが、
安樂は前社長が亡くなるとすぐに約束を反故にしたのだと大輔に話しました。

 

その時、事務所に藤ヶ谷が現れます。
「BPM」の顧問弁護士を蟹江に依頼しに来たのです。

 

藤ヶ谷の姿を見た甲斐は、ある策を思いつきます。

 

「KAMIYA」に乗り込む甲斐、大輔、岡林。甲斐は静佳の代理人として現れました。
「KAMIYA」に「BPM」から買収のオファーが来ており、静佳が買収に応じるということを伝えに来たのです。

 

そして藤ヶ谷からの希望で、新社長にはマニュファクチュールを大事にする人物・岡林が就任となりました。
また、藤ヶ谷は甲斐と大輔に「BPM」の顧問弁護士を依頼しました。

 

「KAMIYA」の件が終わり、お礼がしたいと真琴を食事に誘う大輔でしたが、“同じファームの先生とは行かない”と断られてしまいます。
しかし真琴はまんざらではない様子。

 

甲斐は行きつけのバーで幸村が男と会っているのを目撃したのでした。

ドラマ『SUITS/スーツ』織田裕二のスーツは特注品?

ドラマ『SUITS/スーツ』で織田さんが着用しているスーツは、実は特定されていません。

 

今はまだ噂の段階ですが、インターネット上では、原作の主人公ハーヴィーが『TOM FORD』のスーツを愛用していたことから、織田さんのスーツも同じではないかと推察する人がいたり、フジテレビの関係者の中に「あのスーツは今回のドラマのため、織田さんが一流ブランドに完全オーダーメイドして仕立てた私物」という噂も流れているそうです。

 

実際のところは何が正解か分かりませんが、織田さんが甲斐というキャラクターになりきるなら、
オーダーメイドのスーツを着用していても不思議はないような気がします。

 

どちらにせよ、スーツがとてもお似合いであることに間違いはありません!

ドラマ『SUITS/スーツ』第3話・スプレーまわしの中島裕翔が話題

甲斐に指示されて「KAMIYA」の資料を記憶したものの、甲斐の部屋を散らかしてしまった大輔は部屋の片付けをします。
部屋を出たところで会った伽倻子に、自分が事務所をクビになるか残るかどちらに賭けたのか聞きますが、上手くかわされてしまいます。

その時、伽倻子に渡された消臭スプレーさばきがSNSで話題となっていました。とてもスマートにまわしていましたね。

ドラマ『SUITS/スーツ』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『SUITS/スーツ』の地上波放送から1週間以内であれば、TverやFODで見逃し動画を無料視聴することができます。

 

Tverでの視聴はこちら

FODでの視聴はこちら

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『SUITS/スーツ』3話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『SUITS/スーツ』第3話感想

第3話では、不利な状況からどのようにどんでん返しが起こるのか予想できませんでした。
同じ事務所内で蟹江は甲斐の足を引っ張ろうとするので、油断なりません。

 

それでも最後は気持ちのいい勝ち方をするところが面白いです。

 

甲斐は無茶なやり方をする弁護士かもしれませんが、大輔に対して優しさが垣間見えます。
業務的なことは雑に指示を出しますが、本質的なところは自分で考えさせて気付かせるように促しているような気がします。

 

スーツや持ち物に関する2人の会話も見ていて楽しく、最終的に甲斐は大輔を認めるのか気になります。

 

食事の誘いは断りましたが、真琴と大輔の距離も少しずつ近づいてきていますよね。
第3話で真琴と砂里が顔を合わせ、第4話の予告では三角関係勃発?というシーンがちらりと映りました。

 

それ以外にも、甲斐や伽倻子が見ているキャラメルはなんなのか?など気になるポイントがまだまだ散りばめられています。
これからの放送も楽しみですね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事