この記事を書いた人:sawa018

2018年10月11日(木)からドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』が放送開始となりました。

もうご覧になりましたか?

 

主演・米倉涼子さんの「新しい挑戦をしたい!」という意気込みで制作が実現したこのドラマは、
弁護士資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子の集めた弱小弁護士集団が、大手法律事務所と対立しながら弱者を救っていく正義と涙の法廷ドラマとなっています。

 

第1話は、喪服姿の翔子がヒールを鳴らして颯爽と歩くシーンから始まります。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』での米倉涼子さんの安定のかっこよさ!

テレビ朝日系木曜ドラマで主演が米倉涼子さんと聞いたら、やはり『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』が頭をよぎりますよね。
放送前から米倉さん演じる小鳥遊翔子のかっこいい女性像に期待が寄せられていました。

 

新聞に掲載されている訃報記事の葬式場をまわり、抱えているであろうトラブルをメモに残していく小鳥遊翔子(米倉涼子)。
そのうちの一箇所で御墓参りをしていた青島圭太(林遣都)。

 

青島は敗訴が原因で依頼人の母親を自殺に追いやってしまい、思いつめた表情で断崖絶壁から海を見つめていました。
そこに翔子が現れて二人は出会います。

 

翔子は自分が作ろうをしている法律事務所に青島をスカウトしに来たのです。

 

大学の講義で翔子と出会った弁護士の京極雅彦(高橋秀樹)は、一緒に法律事務所を作ろうと言われてその気になり、
資金調達などを行いましたが翔子と連絡がつきません。

 

恩師の京極を尊敬するヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)は詐欺だと断言しますが、
事務所の住所を突き止めて翔子と出会い、「京極法律事務所」が準備されていることを知ります。

 

ちゃんと事務所が用意されていたからよかったものの、
京極は騙されたかもしれないのにかなり能天気でしたね(笑)

 

翔子は勝手にパラリーガルの面接を行い、伊藤理恵(安達祐実)と馬場雄一(荒川良々)を採用します。
二人とも明るく自己紹介していましたがそれぞれ前科があり、それを聞いた大鷹のお茶の吹き出し方が漫画のように見事でした!

 

青島は事務所に向かう途中の駅で痴漢事件に遭遇します。

 

三島麻央(山谷花純)が安田勉(児嶋一哉)に痴漢されたと騒いでいたのです。
安田は無実を主張しますが、聞き入れられず逮捕されてしまいます。

 

見過ごせない青島は安田の弁護を引き受けました。
はじめは痴漢冤罪事件にやる気を見せなかった京極法律事務所の面々。

 

しかし安田が一部上場企業の「君島化学」の社員で、ほぼ安田のアイデアによる研究の特許が取れた場合の経済効果が、
約300億円ということを聞いて目の色が変わります。

 

君島化学側の弁護士・海崎勇人(向井理)は、勝ち目のない裁判に時間を使わず会社の為にも早く罪を認めて示談に応じるか、
裁判をやめないなら会社を辞めるよう安田に言います。

 

自分のことを信じてもらえていなかったショックで安田は投げやりになり、
青島も安田に言われるがまま裁判をやめようとしますが、翔子はそれを認めませんでした。

 

ここから安田の無罪を証明する為に翔子たちは動き始めます。弁護士資格がないからと調査を事務所の面々に任せつつ、
単独で自由に動き回り着々と証拠を抑えていく翔子。

 

裁判では裁判長と検事がズブズブの関係で不利な状況が続きますが、翔子は鉄道専門家として証人の立場から裁判に参加します。
青島のフォローをしながら三島の証言が嘘であることを暴き、安田の無実を証明しました。

 

それに加えて安田の痴漢事件は仕組まれたものであることを明らかにし、安田を守ろうとしなかった会社へも損害賠償請求をして、
事務所の利益も獲得。裏で青島たちを操りながら目的を達成した翔子。

 

依頼人の利益を考えつつも、気持ちいいくらい悪をバッサリ切る姿はとてもかっこよかったですね!
お金目当て…?という疑惑は拭いきれませんが、見ていて爽快でした。

 

米倉さんの立ち居振る舞いや演技でさらにスカッと感じられるような気がします。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』青島圭太役の林遣都さんが可愛いと評判

優秀だがあがり症で、裁判ではうまく切り返せず敗訴が続いている若手弁護士・青島圭太。翔子に急に「ポチ!」と呼ばれていましたが、
確かになんだか可愛がりたくなるような純粋なキャラクターでしたよね。SNSではそんな青島を演じる林遣都さんの可愛さについて盛り上がっていました。

 

翔子の理屈は時にめちゃくちゃですが、弁護士資格を持たないことを事務所の面々に指摘されるなか「資格がないと誰も助けたらダメなのか」と言い放つ翔子に、青島は「一緒に頑張りましょう」と素直に言える心を持っていて、大事なことを見失わない強さがあるのではないかな、と思いました。もしかしたら翔子もそれを見抜いてスカウトしたのかも…?

 

今後は可愛いだけでなくかっこいい青島も見てみたいですね!

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』の地上波放送後1週間はTVerで、1週間以上経過している場合は『auビデオパス』で視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

[PR]『auビデオパス』での視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『リーガルV』の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第1話感想

米倉涼子さん主演で、タイトルの雰囲気も似ているからか『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』が頭をよぎってしまい、やはり似ていると感じた方も多かったようですね。

 

個人的には、小鳥遊翔子の雰囲気は大門未知子のオフの時に似ているかなと思いましたが、
ストーリーに関してはまるっきり同じ流れだとは思いませんでした。

 

大門未知子のように「腕はいいが表舞台に立たせられないから隠される」のではなく、
最初から裏方として動いているので、京極や青島をうまく立ち回らせる感じが面白かったです。

 

そしてやはり米倉さんの存在感は圧倒的でした!
あれだけ高いヒールの靴を履いて颯爽と歩けるだけでもかっこいいですが、思ったことや正しいことをバシッと言い切るかっこよさも健在でした。

 

これから京極法律事務所の仲間たちとどのように連携して正義を貫いていくのか楽しみです。
第1話ではあまり出てきませんでしたが、菜々緒さんとの美脚対決や素敵な衣装にも注目していきたいと思います。

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事