この記事を書いた人:りんない

2018年10月にスタートした『リーガルV』(テレビ朝日系・毎週木曜)は、
弁護士資格を剥奪された、スキャンダラスな元弁護士が弱い者たちを救う物語となっています。

 

ワケありな者たちが集まった弱小弁護士軍団と、大手法律事務所との戦いも毎話見逃せません!

 

『リーガルV』にはたくさんの個性豊かな俳優さん、女優さんがキャストに名を連ねております。
今回は第3話に登場する浅野洋平役の桐山漣さんにスポットを当てていきましょう!

ドラマ『リーガルV』浅野洋平役の桐山漣さんって誰?

まずは、桐山漣さんのプロフィールをご覧ください。

本名:西山英樹(にしやま ひでき)
生年月日:1985年2月2日(33歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県
身長:175cm
趣味:音楽鑑賞・スノーボード・ビリヤード・ドライブ
特技:ベース・スキー
2級小型船舶操縦士の資格保持者
活動期間:2006年〜
所属:ヒラタオフィス

引用:Wikipedia

桐山漣さんの本名は西山英樹さんといいます。
桐山漣という名前が、イケメンな顔立ちとピッタリ合うからか、西山英樹さんと言われても少し違和感がありますよね。

 

本名については、プロゴルファーっぽいという意見もあるそうですが、なんだか分かる気がします(笑)。

 

20代前半の頃から俳優を目指し、養成所でレッスンを受ける下積みの日々を送っていた桐山さん。
2006年に舞台『ミュージカル テニスの王子様』やドラマ『のだめカンタービレ』に出演し、俳優として芸能界デビュー。

 

桐山さんが一躍有名になったのは、なんといっても2009年に放送された平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』にて左翔太郎・仮面ライダーW役ですね!
桐山さんと同じく人気俳優の菅田将暉さんとW主演を務め、注目を集めました。

 

最近では、ドラマは『探偵が早すぎる』『いつかこの雨がやむ日まで』
映画は『曇天に笑う』『ドルメンX』に出演しています。

 

放送前のドラマも合わせると、今年だけでドラマ12本に出演している大人気の桐山さん。
最近ではバラエティに出ている時のナルシストキャラも人気の一つになってそうですね♪

ドラマ『リーガルV』に出演する桐山漣さんの演技力は?

桐山さんの演技力はとても高く評価されています。
すでに30代になっていますが、整った顔立ちはデビュー当時と何一つ変わっていません。

 

最近ではイケメンな役だけでなく、個性的な役も積極的に演じており、どんな役でも演じきると評判のようです。

 

10代20代の若手イケメン俳優さんも数多くいますが、その俳優さんたちが主演を務めるときには、自分の存在感は残しつつも、彼らを立て魅力を引き出してあげているようで、今までとは違い助演として確固たる地位を築き上げているみたいで、今後の活躍が楽しみな俳優さんです!

ドラマ『リーガルV』に出演する桐山漣さんの役どころは?

今回『リーガルV』の第3話で桐山さんは、妻を殺害した容疑者の男・浅野洋平を演じます。

浅野は妻の遺体を確認して泣き崩れる姿が同情を買い世間から注目されますが、事件現場に妻と一緒にいて多額の保険金を妻にかけていたこと、そして愛人がいることまでもが発覚してしまいます。
しかし、それでも浅野は無罪を主張し続けますが、その供述は裏付けが取れない内容ばかりな様子…。
果たして浅野は犯人なのでしょうか?
今回の第3話のキーパーソンですね♪

ドラマ『リーガルV』に出演する桐山漣さんのネット上での評価は?

まとめ

桐山漣さんは、仮面ライダーで一躍注目された俳優さんです。
最近では様々な役柄を完璧に演じきっており、演技力にも定評があります。

今回は、世間からも非難され容疑者として扱われてしまうという役柄のようですが、米倉さんたちとどのように関わっていくのか楽しみですね♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事