萬平(長谷川博巳)と会えない日々が続く福子(安藤サクラ)。
結核の専門病院を萬平が紹介してくれましたが、その後容態はどうなのでしょうか?

 

まだ朝ドラ『まんぷく』9話ネタバレをご覧になっていない場合はこちら

朝ドラ『まんぷく』10話あらすじ

“萬平さんに紹介された結核の専門病院に入り、咲姉ちゃんの病状が少し回復しました。
でも、福ちゃんは萬平さんに会わないまま。
病気が治って、また会えるようになる日を心待ちにしています。
お義兄さんで画家の忠彦さんは、春なのに外に出られないから、ときれいな桜の絵を描いて贈ってくれました。
家族の思いを受けて回復の兆しをみせていた咲姉ちゃんでしたが…”

Yahoo!テレビ番組表から引用

朝ドラ『まんぷく』10話ネタバレ

福子(安藤サクラ)からの手紙を読む萬平(長谷川博巳)。

 

萬平が紹介してくれた専門病院に咲(内田有紀)が転院することができ、回復に向かっているということと、
先日の母・鈴(松坂慶子)の失言についての謝罪、そして、また会えるのを楽しみにしていますと手紙には書いてあった。

 

そこへ会社に聞いたことのない声の人物から電話がくる。

 

立花さんはいますか?と何度も聞くその人物に不信感をあらわにする萬平。
しかし、その声の主は世良勝夫(桐谷健太)だった。

 

加地谷(片岡愛之助)に嫌われている世良は、わざと声を変えて電話をしてきたようだ。

 

咲の病室には鈴が訪ねてきていた。
そこへ、克子(松下奈緒)と忠彦(要潤)が会いに来る。

 

忠彦は、外に出られない咲のために桜の絵を描いてきてくれた。
その絵に感動し、夏までには退院しようと改めて誓った咲と家族たち。

 

その頃、萬平は世良とラーメンを食べていた。
福子との恋はどうなっているのか聞く世良だったが、咲が治るまでは会わないという萬平に対して、結核は長引くと忠告する。
そして、仕事に打ち込むという萬平に、一緒に販売したいと加地谷に伝えてもらえるよう頼んだ。

 

仕事の休憩中、咲の病気と萬平のことで頭がいっぱいな様子の福子。

 

そこへ、福子に失恋した同じホテルの料理人・野呂幸吉(藤山扇治郎)がやってきて、お姉さんにこの牛肉の缶詰を食べさせてあげてと渡してきた。
こういうのは困ると断る福子だったが、福子のことが好きとかそういうのではなく、咲のために何かしてあげたいのだと言った。

 

それを見ていた福子の先輩の保科恵(橋本マナミ)は、いつまでも福子のことを思ってるのは迷惑だとハッキリ言う。
すると、恵にも同じ缶詰を渡す野呂。
なんで私に渡すの?と聞く恵に対して、聞くなよ!と去っていく野呂を見ながら、呆気に取られる恵だった。

 

咲の病院にお見舞いにきた福子は、咲の旦那の小野塚真一(大谷亮平)と、咲から専門病院に転院できた萬平への感謝の気持ちを言われる。
次はいつ会うの?と咲に聞かれた福子は、木曜日に会うかなと思わず嘘をついてしまう。

 

家に帰ると鈴が夕食を作っていた。
食事をしながら自然と話は萬平のことに…
鈴は、結婚をして英語教師になる夢も諦め、旦那が死んだあと必死に子供達を養った苦労があるからこそ、福子たち3人を心配しているのだった。

 

そんな中、萬平が仕事をしていると加地谷がやってきて、根菜切断機ではなく、軍に気に入られるためにも、戦争に使う新型兵器を作るべきだと言ってきた。
社長の言うことが聞けないのか!と言う加地谷。

 

萬平は自分の作ってきた機械の設計図を悩みながら見ていると、以前送られてきた福子からの手紙を見つける。
そして、再び手紙を読みながら、福子への想いを馳せるのだった。

 

しかし、咲の容態は悪化してしまう。
もう何日も持たないと宣告する医師。

 

実は咲と真一は体調が良くない事を知っていたが、心配をかけたくないと思い黙っていたのだった…

朝ドラ『まんぷく』10話感想

今回も福子と萬平が会うことはありませんでしたね。
しかし手紙を通してお互いに思いやる2人の気持ちはとても素敵でした♪

 

今回もメインは咲の病気に対して、前を向いて進んでいく家族がポイントでしたね。

 

前回の9話で克子の話を聞き、何かを思い筆をとり絵を描き始めた忠彦でしたが、咲のために桜の絵を書いていたんですね。
口数は少ないながらも、心の中では家族のことを大切に思っている忠彦の想いに感動しました。

 

ですが、みんなの思いとは反対に、咲の病状は悪化してしまいました…
何日も持たないと医師から宣告された咲。
どうかみんなの思いが通じて欲しいと願ってしまいます。

まとめ

本日の10話はいかがだったでしょうか?
咲の体調が何よりも心配です…
明日の11話も見逃せませんね!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事