この記事を書いた人:sawa018

2018年10月18日(木)に放送されたドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第2話はもうご覧になりましたか?

第2話は、鉄道オタクの小鳥遊翔子(米倉涼子)が真岡鐵道 SLもおか号に乗車しているところから物語が始まります。

 

ちなみに、『リーガルV』1話ネタバレはこちらから確認できます。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第2話ネタバレ

小鳥遊翔子(米倉涼子)は、ドラマ『現場百回』のエキストラに参加するべく真岡鐵道 SLもおか号に乗車していましたが、
隣に座っていた乗客から「撮影は昨日だった」と教えられます。

 

「京極法律事務所」に戻った翔子は「日付の確認もできない奴は弁護士失格!」と青島圭太(林遣都)を叱りつけます。
そんな中、事務所に弁護依頼の電話がかかってきます。

 

依頼主は世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)。
女性役員として活躍していた美鈴ですが、部下から立て続けに3件もパワーハラスメントを受けたと訴えられたというのです。

 

美鈴はそのせいで役員を不当解任されましたが納得いかず、会社に対して損害賠償請求する民事訴訟を起こしたものの、口頭弁論の前に弁護士が辞任してしまったために京極法律事務所に依頼しに来たのです。パワハラなどしなさそうな風貌の美鈴ですが、翔子は“裏があるのではないか” “弁護士が途中で辞任したのは100%勝てないと判断したからなのではないか”と疑います。

 

しかし、損害賠償の請求金額の高さ=成功報酬の高さを聞いて態度を一変させ、依頼を受けることにします。

 

被告代理人は、「太陽製紙」の顧問弁護を務める「Felix & Temma法律事務所」の白鳥美奈子(菜々緒)です。
美鈴の担当弁護士となった青島と、「京極法律事務所」の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)は、白鳥からパワハラの証拠となる音声データを渡されます。

 

事務所に戻って、渡された音声データを確認した事務所の面々は、言い逃れできない内容に言葉を失います。
美鈴はビルから飛び降りるように迫り、暴力を振るっている内容だったのです。

 

美鈴は自分でもそのデータを聞いていましたが、仕事が忙しかったためか記憶になく、とても驚いていました。

 

音声データのような一面が美鈴にあるのか確かめるため、翔子は食事会を設けて美鈴を試します。
しかし、料理に虫が入っていても、ワインをこぼされても、食事の途中で席移動を頼まれても一切怒らない美鈴。
そんな美鈴の姿を見て、翔子は音声データは捏造されたものではないかと疑い始めます。

 

さらに、どれだけお酒を飲んでもまったく酔わない美鈴。
美鈴は酔って記憶をなくしたことはないと言います。
翔子は音声データの時の記憶がないことを不思議がります。

 

そして、パワハラの確たる証拠があるにも関わらず訴訟をやめようとしない美鈴に、何か勝算があるのかと問います。

 

翔子は、美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優(平山浩行)を証人として確保していることを美鈴に伝えると、美鈴は断って欲しいと言います。
そんな美鈴に翔子は、勝つ気がないなら別の事務所に行くように言うのでした。

 

第一回口頭弁論期日、顔を合わせる翔子・青島と白鳥・海崎(向井理)。被告側の証人として「太陽製紙」生産事業課長・角野が、美鈴に日常的に暴言を浴びせられて深刻なPTSDになっていると証言しました。

 

それに対して美鈴側は城野を証人として証言させる予定でしたが、城野は出廷しませんでした。

 

城野を裁判に呼べなかった青島は翔子に「弁護士のクズ以下」だと怒られます。
青島は城野に何かあったのかもしれないと思い、「太陽製紙」に向かいますが、城野は青島に会おうとしません。

 

帰ろうとする青島ですが、角野が出世するという話を耳にしました。

 

翔子は事務所でドラマ『現場百回』を見せ、鎧塚刑事を見習って資料を熟読するよう指導します。
美鈴はパワハラ被害が訴えられた日が同じ週に集中していることに気づいていたのです。
青島も事務所に戻り、掴んだ情報を共有します。

 

被害を申告した3名とも社長派の美鈴と対立する専務派であり、事件のあと昇進しているというのです。

 

調べを進めていくうちに、美鈴が多忙を極める原因となった契約を無理に推し進めたのは専務であり、被害者3名が普段ではありえないミスをして美鈴を困らせていた、ということが分かってきました。

 

そして京極は、美鈴が役員を解任された直後に契約を打ち切られた「大松加工」の社長を証人として確保してきました。

 

第二回口頭弁論期日、被告側の証人として「太陽製紙」生産事業課主任・里崎が美鈴から受けたパワハラについて証言していました。
美鈴側の新しい証人として「大松加工」社長を呼んでいるはずでしたが、京極が日付を間違えて伝えていたために、またしても証人が出廷していません。

 

二度も証人が出廷しないことについて白鳥に追及され、あおられた青島は手の内をすべて話してしまいます。

 

翔子は「大松加工」社長と城野をおさえるように指示しますが、「Felix & Temma法律事務所」に先手を打たれ、城野は会社側の証人となってしまいました。手詰まりになったと頭を抱える青島たちですが、翔子だけは諦めていませんでした。

 

証拠の音声データを録音した被害者のうちの一人、
松尾の弱みを握って味方に引き入れるというのです。

 

「太陽製紙」の社員などから松尾や城野の情報を集める翔子たち。
城野は永島のお気に入りだったことや、社内に婚約者・中山あかねがいたことなどが分かります。
そして松尾の弱みをでっち上げて味方に引き入れることに成功します。

 

最終口頭弁論期日、城野は被告側の証人として出廷していました。
しかし、美鈴の「パワハラはなかった」と証言しはじめます。

 

「太陽製紙」側の証人を引き受けたのは、昇進するか飛ばされるかと脅されたからだったのです。
そして美鈴側の証人として松尾が出廷します。

 

松尾は専務に命令され、録音した音声データは美鈴をわざと怒らせてパワハラを想起させる言葉を言わせ、暴力を振るわれているように捏造したと証言しました。

 

切り取られる以前の音声データが流され、真相が明らかになります。
専務のパワハラが一連の事件の原因だったのです。

 

翔子と美鈴はもおか号に乗っています。
美鈴は裁判に勝ち、会社からの謝罪を受け、和解金も手に入れました。

 

「新しい一歩を踏み出せる」という美鈴に、翔子は音声データにはさらに続きがあることを伝えます。
続きの内容は、美鈴があかねに嫌がらせをして会社を辞めさせたという内容でした。
美鈴が城野が証人になることを拒んだ理由は、この件が明るみに出ることを恐れたからでした。

 

美鈴はこのやりとりを覚えていたのです。

 

翔子はあかねとSLもおか号で出会っていました。あかねは美鈴の裁判の傍聴にも来ており、
翔子は何か事情があると勘づいていました。翔子は美鈴とあかねを会わせ、話をさせました。

 

パワハラを受けて辛い思いをしたことについて謝って欲しいというあかね。
過去を償うチャンスだという翔子でしたが、美鈴は謝らずにお金で解決すると言い残して去っていきました。

 

またしても「京極法律事務所」に負けた「Felix & Temma法律事務所」。
天馬壮一郎(小日向文世)は翔子について調べさせていました。
「心配するような情報はない」と報告する秘書にワインを浴びせる天馬。

 

天馬と翔子の間に何があったのでしょうか。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第2話で小日向文世が一番パワハラだった?

翔子のことをかなり敵視している天馬。立て続けに「京極法律事務所」に負け、かなり腹が立っているようです。
そしてなんとか翔子の弱みを握ろうとしているのか?秘書に調査させますが、思うような結果が得られず秘書にワインを浴びせるという…。

この時の表情が、笑顔の中に恐ろしさを含み過ぎていて「怖すぎる」と話題になっていました。笑顔がこんなに怖い人もいるのですね…。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第2話でもやはり林遣都はかわいかった

https://twitter.com/chorotankento12/status/1052937843734020096

第2話でも林遣都さんの人気は絶大でした!

 

城野を証人として出廷させることができず、翔子に「クズ」と呼ばれていた青島が重要な情報を掴み、呼び方を「ポチ」に戻してもらった時の「ありがとうございます!!」や、酔っ払って寝ている姿に、SNSでは大盛り上がりでした。

 

第3話予告での赤パーカー姿にも多くの方が反応していたので、次回も林さんから目が離せませんね!

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』の地上波放送後1週間はTVerで、
1週間以上経過している場合は『auビデオパス』で視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

[PR]『auビデオパス』での視聴はこちらから

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『リーガルV』2話の動画を無料視聴する方法はこちら

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第2話感想

今回は最終的に一人の依頼者に対して二件の依頼を受ける形となりましたが、まさかこのような広がり方をしているとは思っていませんでした。
冒頭から出ていたサングラスの女性がどのように物語に関わってくるのか、まったく予想できませんでした。

 

青島はすでに翔子を尊敬しているようですし、「京極法律事務所」の面々もなんだかんだと文句を言いながら一つにまとまってきているように感じました。

 

敵対する「Felix & Temma法律事務所」のメンバーでは、今回は菜々緒さん演じる白鳥が活躍していましたね。
米倉さんとの美脚対決もそうですが、向井理さんと並んだ時のお二人のスタイルの良さは圧巻でした!

 

海崎と翔子も過去に何かあったようですし、天馬が今後どのように動くのかも気になります。

第3話も楽しみです!

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事