この記事を書いた人:りんない

萬平(長谷川博己)は憲兵隊の厳しい取り調べにも耐え続けます。
そしてついに世良(桐谷健太)のおかげで、怪しい人物が浮かび上がります。

 

まだ朝ドラ『まんぷく』16話ネタバレをご覧になっていない場合はこちら

朝ドラ『まんぷく』17話あらすじ

“福ちゃんにまた会いたいと、憲兵隊の厳しい取り調べに耐え続ける萬平さん。

福ちゃんはそんな萬平さんを救うために奔走しました。協力を買って出た世良さんの調べによって、怪しい人物の影が浮かんできます。
そしてついに三田村会長が動き、憲兵隊に顔のきくある大物に会いにいくことに…。”

Yahoo!テレビ番組表から引用

朝ドラ『まんぷく』17話ネタバレ

世良(桐谷健太)は、従業員の竹ノ原(宮田佳典)になぜ萬平(長谷川博己)はやっていないと思うのか尋ねる。
すると、萬平は売り込みが苦手で、在庫管理も含め全て加地谷(片岡愛之助)がやっていたから、萬平が犯人なら加地谷が気付かないわけがないというのだった。

 

そうなると横流しができるのは、加地谷しかない!と言う竹ノ原。
加地谷は遠藤社長という謎の人物とよく会っていたということが発覚する。
その人が憲兵の可能性があるのではないか?と疑う世良。

 

どんなにひどい拷問を受けても萬平は認めない。
殺してしまうのではないか…というくらいひどい暴力をする村城(平原テツ)に対して、
東大阪遣隊長の瀬沢(要冷蔵)は少し不審に思っている様子。

 

密談をしている加地谷と憲兵の村城。
やはりこの二人が裏で繋がっていたのだ。

 

いつまで経っても萬平が罪を認めないため、殺すしかないと加地谷は言う。
加地谷は、自分の言う通りに人殺しの道具を作らなかった萬平に対して憎しみを持っていた。

 

三田村(橋爪功)と世良は、元陸軍大将の神宮幸之助(麿赤兒)のもとを訪ね、萬平の無実の罪を晴らしてくれるように頼む。
実は、世良は昨夜加地谷と憲兵の村城が話している会話を盗み聞きしていたのだった。
萬平は優秀な男だから、もしも死んでしまうことがあったら、大阪の経済界にとって大きな損失となってしまうと訴える三田村。

 

その夜、帰宅する福子(安藤サクラ)。

 

だが、部屋は真っ暗…裏手に回ると、鈴(松坂慶子)はお風呂を温めてくれていた。
そして、さっき世良が家に来て、ついに萬平の釈放が決まったと教えてくれた。

 

翌日、世良と福子は釈放された萬平を迎えに来ていた。
福子の手を握り、生きていられるとは思わなかったと泣く萬平。

 

それから、萬平が釈放されて一週間…
萬平のところに世良が来ており、村城は捕まったが加地谷は逃げ出したという話を聞いた。

 

萬平に命の恩人と言われ喜ぶ世良。
どうして三田村が助けてくれたのか?と聞く萬平に、世良は福子が頼んでくれたおかげだと教える。

 

福子も毎日お弁当を持って萬平のところに来ており、すでに妻のようだったと世良に冷やかせれる。
鈴のことを心配する萬平だったが、福子はもう許してくれているという。
しかし、鈴は許してなーい!と克子(松下奈緒)たちの前で大声で叫ぶのだった。

朝ドラ『まんぷく』17話感想

今回の17話では、やっと萬平は釈放されました!
拷問を受けている萬平を見てずっとモヤモヤしていましたが、やっとスッキリする回となりましたね♪

 

調子のいい世良ですが、今回は萬平のために一肌脱いでくれて、加地谷とずっと怪しかった憲兵の村城が犯人だということも判明しました。
これから、萬平と福子は結婚に向けて進んでいけるといいですね!

まとめ

本日の17話はいかがだったでしょうか?
三田村と神宮のおかげで、ついに萬平が釈放されました。
これから二人の恋愛模様にも変化が訪れていくかもしれないですね♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事