この記事を書いた人:りんない

ついにお付き合いが始まった萬平(長谷川博巳)と福子(安藤サクラ)。
しかし、姉の咲(内田有紀)が結核だと判明し、福子はショックを受けます。
果たして咲の結核は良くなるのでしょうか…?

朝ドラ『まんぷく』9話あらすじ

“咲姉ちゃんが倒れたと聞いて、駆けつけた福ちゃんと鈴さん。
病気は結核と診断され、大きなショックを受けます。

福ちゃんをデートに誘おうとホテルにやってきた萬平さんは、事情を告げられ、自分にできることはないかと奔走。
結核の専門病院をみつけて、福ちゃんに知らせにやってきます。

ところが鈴さんに「福子に関わるのはもうやめてほしい」と告げられ…”

Yahoo!テレビ番組表から引用

朝ドラ『まんぷく』9話ネタバレ

咲(内田有紀)が結核だと分かり、ショックを受ける福子たち家族…
苦しそうな咲を見て、どうして結核に気付かなかったのかと母の鈴(松坂慶子)は真一(大谷亮平)を責める。
咲はそんな母を見て、心配をかけてしまったことを悔やむが、真一は自分の体のことを一番に考えるように諭す。

 

自宅に帰った次女の克子(松下奈緒)も、忠彦(要潤)と結核で苦しむ咲のことを心配していた。
忠彦は結核だから治るか分からないと言うが、克子はこんなときこそ周りが絶対治る!と信じないとと言う。
そんな克子を見て何かを思う忠彦。

 

福子はフロントで仕事をしながら、保科恵(橋本マナミ)に姉のことを話していた。
そこへ偶然、加地谷(片岡愛之助)と萬平(長谷川博巳)が仕事の打ち合わせのために、福子の働くホテルにやってくる。

 

萬平は、福子にデートの誘いをするが、仕事中だからと断る福子。
そんな福子を見て、恵は萬平の打ち合わせが終わる頃に抜け出し、事情を説明するべきだとアドバイスした。

 

打ち合わせが終わった萬平に、福子は咲の結核のことを説明する。
すると萬平は、結核専門のいい医者を探すから、見つかったらまた連絡すると話した。
福子に片思いしていた野呂幸吉(藤山扇治郎)は、複雑な表情でその様子を隠れて見ていたのだった。

 

自宅に帰り、鈴と夕食をとっている福子。
鈴は、真一が咲の病気に気付かなかったことを不審に思っている様で、福子の結婚相手は自分が決める!と言い張る。
しかし、福子はそれを断固拒否。

 

鈴は、それなら萬平にも会うのをやめなさいと言うが、福子は
会いません、今はね!と嫌味臭く言う。

 

そんな中、家の外から馬の雄叫びが聞こえてくる。
昔咲に結婚を申し込んで振られた牧(浜野謙太)が、結核に効くという漢方薬を持ってきたのだった。

 

翌日その漢方薬を持って病院に行った鈴は、なんとかこの薬を飲ませてくれと看護師さんに無理矢理押し付ける。
そんな母を見てお礼を言う咲だったが、咳が止まらず苦しそうな様子だった。

 

その頃、萬平は機械を無事完成させ、加地谷(片岡愛之助)に結核に詳しい病院があったら紹介して欲しいと頼んでいた。

 

咲の容態はなかなか良くならず、どうしたものかと悩んでいた福子のもとへ、萬平(長谷川博巳)が結核の専門病院が見つかったと会いに来た。
しかしそんな萬平に対し鈴は、しっかりした会社に勤めている人と結婚させたいから、福子とはもう関わるのを止めるように言う。

 

それに対して萬平は、引き下がることなく
それはできません!!お姉さんが元気になったら福子さんに結婚を申し込むつもりです!と男らしくハッキリ言うのだった。

朝ドラ『まんぷく』9話感想

今回は咲の結核を取り巻く家族模様がポイントでしたね。
みんなが咲を思って苦しんだり悩んだり…

 

萬平の何とかして福子の助けをしたいという優しい姿に福子はまたキュンとしていましたね(笑)
そして極めつけは、最後のシーン。

 

松坂慶子さん演じる母親の鈴がもう会わないで欲しいと頼む中、男らしく一言。
結婚するつもりです!なんて今どきの男性はなかなか言えるものじゃありません。

 

ハッキリと言い切った萬平の姿に、福子はキュンキュンしちゃってましたね(笑)
安藤サクラさんの恋をしてる表情もとてもうまかったです♪

 

咲の結核で大変な中にも、白馬の王子様のような登場シーンを見せてくれる牧(浜野謙太)がいたりと、
ずっと緊迫した空気が続かないところもまんぷくらしいな♪と感じました。

まとめ

本日の9話はいかがだったでしょうか?
咲の体調も心配だし、福子と萬平の恋模様も見逃せませんよね!
明日の10話もどうなるか楽しみです♪

Twitterフォローもよろしくお願いします

おすすめの記事